【YouTubeの仕様変更情報】2018年2月20日以降のルール変更と対策をまとめて徹底解説!

この記事は4分で読めます

2018年2月20日以降、YouTubeパートナープログラム(YouTubeアドセンス)の規約が変更され、広告を掲載できるチャンネルの基準が引き上げられます。このルール変更に関して、不安に思っている方や悩んでいる方は多いようです。

当ブログでは、2018年2月20日以降の新基準に対する解説記事をかなり詳しく提供してきたところ、大きな反響をいただいています。

そこで、改めて情報整理をしたい方のために、YouTubeパートナープログラムの新基準について、どこよりも詳しく徹底解説していきます。

それぞれの項目で重要ポイントをまとめていますので、それらをチェックした上で、さらに詳細を知りたい場合は各記事を参照していただくと、2月20日以降の新規約にもスムーズに対応していけるはずです。

2018年2月20日以降、YouTubeパートナープログラムはどのように変更されるのか

1月17日付でYouTubeの公式が発表したところによると、2月20日以降については、チャンネル登録者数が1,000人以上で、かつ、過去12ヶ月間のチャンネル総再生時間が4,000時間以上のチャンネルにのみ広告が表示されるようになります。

このルール変更による影響と対策に関する重要ポイントをまとめると・・・

☑ 登録者数1,000人のみを意識すれば、過去12ヶ月間の総再生時間4,000時間は勝手にクリアできる

☑ 登録者数1,000人を達成するための総再生回数は40~60万回程度が目安(もちろん、ジャンルによる誤差あり)

☑ 今回の規約変更で違法アップロードや他人の動画の再アップロードをしているチャンネルは終わる

☑ YouTube上の数字を分析すれば、自分の投稿ジャンルで1,000人を達成するために必要な再生回数の目安が分かる

☑ 2018年2月20日以降、新規参入者は確実に減るので、いま新基準を満たしているチャンネルや、今後、新基準を満たせたチャンネルは収益性が高くなる可能性がある(稼げるチャンネルはより稼げるようになる)

といった感じです。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

詳細については、これらのポイントを意識した上で、以前の記事を読んでいただくと理解が深まります。

YouTube収益化の新基準をクリアするのは本当に大変なのか?登録者数1,000人以上、総再生時間4,000時間以上の広告掲載新基準を徹底解説!

 

YouTubeの規約変更で生活できなくなるユーチューバーは本当に続出するのか

YouTubeの規約変更が発表されてから、既存メディアはネガティブなニュースとして「ユーチューバーもついに終わりか!?」、「YouTubeの広告収入で生活できなくなる動画投稿者が続出する…」といった報道の仕方をしています。

ただ、これらは明らかにYouTubeアドセンスに対する知識が全くない人たちが書いている記事なので、鵜呑みにすると危険です。

この件に対する正しい知識としては・・・

☑ 今回の変更で生活できなくなるようなユーチューバーは存在しない

☑ 今回の変更の影響を受けるのは元々YouTube一本で生活はできていない人たちだけ

☑ 月間数十万円(それだけで生活できるレベルの収入)を確保できているユーチューバーの中で登録者数が1,000人に達していないチャンネルなんて存在しない(よって、生活できているユーチューバーは新基準の影響を受けない)

といった感じです。

 

ここに関しては「YouTubeアドセンスに一切取り組んだことがない人が書いているYouTubeに関する記事を鵜呑みにしたら間違った知識が身についてしまう」とだけ覚えておけば良いでしょう。

詳細について知りたい場合は、下記の記事を読んでみることをお勧めします。(とはいえ、これはそこまで重要ではありません)

2月20日以降のYouTubeの規約変更で生活できなくなるYouTuber難民が続出!?

 

YouTubeチャンネル収益化の新基準に関する疑問・質問に対する回答まとめ

2月20日以降に新基準採用後のYouTubeチャンネルの収益化に関する疑問・質問・悩みに対する回答記事も書いています。収益化新基準に対して何か疑問に思っている事がある場合は、下記の記事を読んでみると、解決すると思います。

下記の記事の重要ポイントをまとめると・・・

☑ 現時点で登録者数1,000人&4,000時間をクリアしていれば2月20日以降も何も変化はない

☑ 新基準を満たしていない場合は2月20日以降に改めて新基準をクリアすれば収益化される

☑ 新基準をクリアしているかどうかと、アドセンス報酬の支払いは直接的な関係はなく、アドセンスアカウントの残高が8,000円を超えていれば支払いが行われる

☑ 新基準の適用はGoogleアカウントごとではなく、YouTubeチャンネルごとで判断される

といった感じです。

▼おすすめ▼
ゼロからでもYouTubeで毎月30万円以上を得続ける方法とは?

 

もし、2月20日以降のパートナープログラムの新ルールについて疑問や悩みがある場合は、下記の記事の目次を見て、自分が気になる項目だけでもチェックしてみることをお勧めします。

YouTubeチャンネル収益化の新基準に関する疑問・悩み・質問と、その回答をまとめてみた!

 

登録者数1,000人をできるだけ早く突破するためのノウハウとテクニック

YouTubeのチャンネル登録者が1,000人に足りず、新基準では収益化できない方は、とにかくチャンネル登録者を増やす努力を継続して行っていくことをお勧めします。

継続的に動画投稿を行っていれば、遅かれ早かれ、必ず登録者1,000人は突破できます。

できる限り早く登録者数を増やすノウハウやテクニックとしては次のようなものがあります。

☑ プレゼント企画を行って多少強引にでもチャンネル登録者数を伸ばす(あと少しで1,000人という場合はかなり有効)

☑ 視聴者が求めている動画をしっかりと提供する

☑ 終了画面機能などYouTubeの機能を駆使してチャンネル登録しやすい環境を整える

☑ より需要が大きいジャンルで動画投稿を行っていく

☑ チャンネル全体の再生回数を伸ばす努力をする

 

チャンネル登録者数を伸ばすためのノウハウ・テクニックに関しては下記の記事が参考になると思います。

YouTubeのチャンネル登録者数1000人を突破させるためのテクニック
YouTubeのチャンネル登録者数を増やすために今すぐできる6つの方法と考え方
YouTubeチャンネルにおける定期更新・定時更新のすすめと、予約投稿機能が使用できない場合の対処法
YouTubeではライバル・競合が多いレッドオーシャンのジャンルのほうが稼げる可能性が高い!?

 

今回の記事を読んでいただければ理解できると思いますが、実は、今までも「YouTubeチャンネルをしっかりと育てていこう」という意識を持っていた方にとっては、今までと同じことを淡々と継続していけばいいだけの話なのです。

YouTubeの仕様、ルール、規約が変更されると、毎回大騒ぎになりますが、実際には本質的な部分(視聴者が求めている動画を投稿する)を重視している方にとっては何も影響がないとも言えます。

もし、あなたがより詳しく「視聴者が求めている動画とは何なのか?」を学びたい場合は、こちらの無料メール講座も受講してみることをお勧めします。

 






  • 2018 02.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年12月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る