YouTubeのチャンネル登録者数1000人を突破させるためのテクニック

この記事は4分で読めます

2018年2月20日のYouTubeパートナープログラムの規約変更(登録者数1,000人&総再生時間4,000時間以上)をクリアするために、今も必死でYouTubeへの動画投稿を行っている方も多いと思います。

今回はそんな方に向けて、YouTubeのチャンネル登録者数1,000人を突破させるための一つのテクニックについて解説していきます。

なお、YouTubeの収益化新基準に関する影響と対策については、下記の記事でどこよりも詳しくまとめていますので、こちらも併せて読むことをお勧めします。

YouTube収益化の新基準をクリアするのは本当に大変なのか?登録者数1,000人以上、総再生時間4,000時間以上の広告掲載新基準を徹底解説!

チャンネル登録者数が1,000人に足りていない場合はプレゼント企画も効果的

もし、現在YouTubeチャンネルを運営していて、2月20日までにチャンネル登録者1,000人を達成できそうにないのなら、プレゼント企画を実施して登録者数の増加ペースを上げることも検討してみると良いでしょう。

ご存じの方も多いと思いますが、念のためご説明すると、YouTubeにおけるプレゼント企画とは「自身のYouTubeチャンネル視聴者に対して、視聴者が喜んでくれるようなプレゼントを提供する代わりに、自身のチャンネルへのチャンネル登録や高評価をお願いする企画」のことです。

多くの有名ユーチューバーの方々もプレゼント企画を実施しており、ヒカルさんやラファエルさんといった方が有名です。

 

YouTubeは特にチャンネル登録を行わなかったとしても、好きな動画投稿者の動画を見られるので、チャンネル登録を行わずに動画を見ているユーザーも多くいます。

海外と比較すると、日本ではまだまだチャンネル登録という文化が根付いていない印象もありますので、日本人はチャンネル登録をせずに動画を視聴している人も多いと思います。

実際に貴方も、定期的にチェックしているYouTubeチャンネルであっても、チャンネル登録を行わずに見ているといった経験があるのではないでしょうか?

そういった視聴者に関しては、何らかの機会に「チャンネル登録をして下さい」とお願いすることで、チャンネル登録をしてくれる可能性は高くなります。

このため、新規視聴者をチャンネル登録者に転換させるためにも、既存の視聴者をチャンネル登録者に転換させるためにも、プレゼント企画は有効であると言えます。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTubeのプレゼント企画では何をプレゼントするべきか?

いざ、自分のYouTubeチャンネルでプレゼント企画を実施しようと考えた際に悩むのは「プレゼント企画として何をプレゼントするのか?」ということだと思います。

一番シンプルで効果的なのは、自分のチャンネルの特色に合ったプレゼントを用意することです。

例えば、ゲーム実況を行っているチャンネルの場合、視聴者は高確率でゲームが好きなはずですから、ゲーム機やソフトをプレゼントすることで、企画への参加率が高くなるはずです。美容系のチャンネルであれば、視聴者は美容に興味がある可能性が高いので、化粧品などをプレゼントするのも良いでしょう。

 

プレゼント企画の話をすると、いわゆるテキスト系動画を作っている方たちは「自分のチャンネル登録者に対してプレゼント企画を実施するのは難しいのでは?」と考えてしまいがちです。

しかし、どのようなジャンル、動画形式のYouTubeチャンネルであっても、プレゼント企画を実施することは可能です。

自分のチャンネルの視聴者がどんなプレゼントを喜ぶのか分からない場合は、貰えれば誰もが喜ぶようなプレゼントを用意すればいいだけだからです。

例えば、Amazonギフト券を貰って嬉しくないという方はほとんどいないでしょうし、LINEのプリペイドカードを貰えるのなら喜んで貰いたいという方は多いでしょう。そういった無難なプレゼントであれば、多くの視聴者がプレゼント企画に参加してくれる可能性があります。

ちなみに、私もYouTubeチャンネル運営者の方が必ず喜んでくれるものをこちらでは無料でプレゼントしています。

 

YouTubeでプレゼント企画を行う場合のコストとリターンを数字で考える

YouTubeにおけるプレゼント企画の有効性と、どんなチャンネルでも実施可能なことはご理解いただけだと思います。

ここで問題になってくるのは、プレゼント企画を行う場合のコスト(費用)だと思います。

YouTubeアドセンスを実践している方の中には、できる限りコストをかけずに実践していきたいと考えている方も多く、プレゼント企画にお金を使うことをためらってしまう方もいると思います。

しかし、ここに関しては反射的に「お金をかけるのは嫌だ!」と考えてしまうのではなく、しっかりとコストとリターンを考えて実践するかどうかを決めるべきです。

 

例えば、現在のチャンネル登録者数が800人で、2月20日までに登録者1,000人を超えるのが難しいペースだったとします。(今回は2月20日前後で考えていますが、基本的な考え方は2月20日以降も同様です)

このチャンネルにおいて、1日1,000円前後(月間約3万円)の報酬が発生しているのなら、プレゼント企画をやるメリットも出てきます。

2月20日以降、自然増に任せて3月末に1,000人を超えたとすると、2月20日~3月末までの期間は広告が表示されず、報酬が一切発生しなくなります。

それよりも、プレゼント企画を行い、2月20日以前に多少強引にでも1,000人を突破させてしまったほうが、継続的にアドセンス報酬が発生し続けるのでリターンが大きいと考えられます。

 

要は・・・2月 2万円、3月 0万円(3月末に1,000人突破)、4月 3万円で合計5万円の利益よりも、2月 3万円(うちプレゼント企画に1万円)、3月 3万円、4月 3万円で合計8万円の利益のほうが3ヶ月トータルの利益は大きくなりますし、1,000人到達までの時間短縮も図れます。

実際、登録者数が1,000人には届いていないけれど、日々のアドセンス報酬が1,000~2,000円くらい発生しているチャンネルは割と存在していると思います。

 

上記で挙げた数字はあくまでも例ですが、自然増に任せて1,000人を超えるのを待つよりも、多少のコストをかけてでも、できる限り早く1,000人突破を行ったほうが良いと判断できるのであれば、プレゼント企画を実施することで得られるメリットは大きくなります。

ただ単に「お金がかかるから」という理由だけで、プレゼント企画の実施を見送ってしまうのではなく、しっかりと数字に落とし込んで考え、実施するか否かを判断することが重要です。

確かに、チャンネル運営初期においてお金をかけてプレゼント企画を行うのはハードルが高く感じるかもしれませんが、こちらで解説しているノウハウを駆使すればプレゼント企画の費用くらいはYouTubeですぐに稼げるようになります。

 

プレゼント企画はあくまでも一つのテクニックに過ぎない

一般的にプレゼント企画で登録してくれた視聴者は、自発的に登録してくれた視聴者よりも、その後の継続的な視聴に繋がりにくいと言われています。

この点に関しては正確なデータを出せるわけではありませんが、プレゼント目当てでチャンネル登録をしたユーザーがその後の視聴に積極的ではないのは納得できます。

このため、YouTubeにおけるプレゼント企画はあくまでもチャンネル登録者を増やすためのテクニックだと捉え、本質的により視聴されるチャンネル、より登録者の多いチャンネルを作るための努力を行っていくことが大切です。

 

視聴者が楽しんで見てくれる動画を作っていくことで、自然とチャンネル登録者は増えていきますし、動画の視聴回数は伸びていきます。

結果的に、チャンネル登録者数1,000人という基準は簡単にクリアできるようになり、貴方が受け取る広告収入も増えていきます。

プレゼント企画については「あともう少しで登録者1,000人になるけれど、あと少しだけ足りない」といった場合に活用してみるのが良いでしょう。

ということで、プレゼント企画はあくまでもチャンネル登録者を増やすためのスパイスとして活用しながら、継続的に本質的なチャンネル運営ノウハウを実践していくことをお勧めします。

ちなみに、本質的なYouTubeチャンネルの運営方法については、こちらの無料メール講座で詳しく解説を行っています。

 






  • 2018 02.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る