YouTubeチャンネル(アカウント)を自分で削除する方法

この記事は4分で読めます

「YouTubeに動画をアップロードしていたけれど、何らかの事情によってYouTubeチャンネル(YouTubeアカウント)ごと削除したい!」と思う時もあるかもしれません。

自分の黒歴史になるような動画をアップロードしてしまったのか、第三者から削除して欲しいと依頼されたのか、理由は様々だと思いますが、この記事では「自分で作成したYouTubeチャンネルを自分自身で削除する方法」について解説していきます。

なお、このページで解説する手順および画像は2018年6月22日現在のものであり、今後のYouTubeの仕様変更により操作画面などが変わる可能性もあります。

自分自身が作成したYouTubeチャンネル(YouTubeアカウント)を自ら削除する方法

自分が作ったYouTubeチャンネルを削除する方法は簡単です。

まずは、削除したいYouTubeチャンネルを作成しているYouTubeアカウント(=Googleアカウント)にログインし、クリエイターツールに移動します。

 

このアカウント内には、A・B・テストという3つのチャンネルを作成していましたが、今回は「テスト」というチャンネルを完全に削除します。

もう一度、アイコンをクリックして、アカウント内の「テスト」のチャンネルへ移動します。

 

削除を行うチャンネルの歯車マークをクリックして、YouTubeの設定画面へ移動します。

 

YouTubeの設定画面へ移動したら、左メニューにある「詳細設定」をクリックします。

 

「詳細設定」のページ最下部に「チャンネルを削除」というボタンがありますので、このボタンをクリックします。

 

ログインパスワードを求められますので、パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

 

「YouTubeコンテンツを削除」という画面へ移動します。

2018年6月現在では、YouTubeチャンネルのコンテンツを非表示にするか、完全に削除するかを選択できるよう仕様になっています。

 

「コンテンツを非表示にする」の部分をクリックすると、詳細説明が表示されます。

こちらはアップロードした動画と作成した再生リストをすべて非表示にする形になります。

ただし、貴方が作成したチャンネルページやチャンネル名自体は残ります。このため、動画や再生リストが存在しないだけで、チャンネル自体は検索結果などにも表示されることになると思います。

 

一方の「コンテンツを完全に削除する」をクリックして詳細を確認してみると、こちらは本当の意味で完全削除だと分かります。

動画や再生リストはもちろんのこと、YouTubeチャンネルページ自体や自分が書き込んだコメントなど、すべてが削除されます。

今回は完全に削除する方法を解説しますので、こちらで進めていきます。

 

「次のデータは完全に削除されます」にチェックを入れたら、「コンテンツを削除」をクリックします。

 

ポップアップで「コンテンツを削除しますか?」という確認画面が表示されます。

確認のためには入力フォームにチャンネル名を入力する必要があります。(今回の例で言えば「テスト」と入力)

これは、うっかり間違ってチャンネルの削除を行ってしまわないように、確認方法を複雑にしているのだと思われます。

チャンネル名を入力したら「コンテンツを削除」をクリックします。

 

「コンテンツを削除しています」という表示が出れば、YouTubeチャンネルの完全削除は完了です。

このページにも書かれている通り、アップロードした動画の数が多い場合には完全に削除されるまでに数日の時間がかかることもあるそうです。

ここまでの操作を終えたら、あとは削除されるのを気長に待ちましょう。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTubeチャンネルを削除する前に注意しなければいけない事とは?

上記の方法で「コンテンツを完全に削除する」を選択し、最後まで操作を完了すると、本当にすべてが削除されてしまいます。

貴方が今までYouTubeに投稿してきた動画はもちろん、チャンネルページ自体も削除されます。

削除が完了したあとで「やっぱり元に戻したい!」と思っても手遅れです。

すでに削除が完了した後では、動画を元に戻すことはできませんし、チャンネルを復旧させることはできません。

 

もちろん、YouTubeチャンネル自体はいつでも無料で作れますので、また同じチャンネル名でチャンネルを作成し、過去に投稿していた動画をアップロードしていけば、ある意味、同じチャンネルを復旧させることは可能です。

しかし、この場合は当然ですが、再生回数やチャンネル登録者数も完全にゼロの状態からとなります。

少しでも今後また同じチャンネルに対して動画を投稿していきたいと考えているのであれば、チャンネルの完全削除はあまりお勧めできません。

 

場合によっては完全削除ではなく、動画の非公開もアリ

YouTubeに投稿している動画やチャンネルを削除したい事情にもよりますが、完全削除に強いこだわりがあるわけでないのなら、一時的に動画を非公開にするのもアリです。

先ほどの解説画像で言えば「コンテンツを非表示にする」のほうを選択するということです。

 

動画を非公開にするだけであれば、外部からは貴方の動画が見えなくなりますし、もし時間が経ってから動画投稿を再開していきたいと思ったときにも、すぐに動画投稿を再開できます。

このため、よっぽどな事情がある場合以外は、動画を非公開にすることでチャンネルを一時的に休止するのが無難です。

とりあえず、一旦、今までにアップロードした動画を非公開設定にしたら、まずはこちらからYouTubeで稼ぐための正しいノウハウを学んでみませんか?

 

自分のYouTubeチャンネルに投稿している動画をすべて非公開設定に変更する方法

動画を非公開にする操作は、クリエイターツールの動画の管理からもできます。

まずは非公開にしたいチャンネルにログインして「動画の管理」へ移動します。

 

「操作」の左にあるボックスにチェックを入れると、現在表示されている動画のすべてにチェックが入ります。

下の画像の例で言えば、全部で63本の動画がアップロードされていますが、そのうち30本(1ページに表示される分)が選択されます。

今回は投稿している動画すべてを非公開にするので、「すべての動画を選択します。」をクリックします。

ここをクリックすると、投稿している動画すべてにチェックマークが入ります。

 

「操作を追加」をクリックして「プライバシー」をクリックします。

これはチェックマークを入れた動画を一括で編集・変更できる機能なので、どの項目を変更するのかを選択する項目です。

 

動画の編集項目に「プライバシー」の項目が追加されますので、「非公開」を選択します。

 

続けて、画面右にある「送信」をクリックします。

 

これにより、チェックマークを入れた動画(投稿している動画すべて)に対して、プライバシー(=公開設定)をすべて「非公開」に変更する処理を行えます。

この方法で動画を非公開にしておけば、第三者から見られてしまう心配もなくなりますし、YouTubeの検索結果や関連動画にも表示されなくなります。

そして、動画投稿を再開したり、チャンネル運営を再開したいと思ったら、先ほどと同じ操作で「すべての動画を選択」→「プライバシー」→「公開設定」に切り替えれば、またすべての動画をYouTube上で公開することが可能です。

 

繰り返しになりますが、よほどの事情がない限り、YouTubeチャンネルを完全に削除してしまうのはお勧めできません。正直、メリットよりもデメリットのほうが大きいからです。

個人個人で色々と事情があるとは思いますので、このページを読んで「とりあえず、非公開にしておけばいいかな・・・」と思った方は、一旦、非公開にしておくことをお勧めします。

その上で、YouTubeで成功するための正しいノウハウを学んで、再出発してみるのはいかがでしょうか。

ノウハウを学んでから今までのチャンネルを再度運営したくなるかもしれませんし、完全に削除するにしても、まずは下記の無料メール講座で学んでみてからでも遅くはないと思います!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ゼロからでもYouTubeで毎月安定した収入を得続ける方法を無料公開!!

 






  • 2018 06.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeで稼げない人

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る