YouTubeのサムネイル画像の推奨サイズは何ピクセル?推奨アスペクト比について解説!

この記事は4分で読めます

YouTubeへの動画投稿を始めたばかりのときは、サムネイル画像の適切なサイズ・ピクセル数が分からず、サムネイルが上手く設定できないこともあると思います。

適切なサイズのサムネイルを設定できていない場合、YouTube上でサムネイルが一覧表示されたときに、サムネイルの上や横が黒い背景画像になっていまいます。これだと、せっかく動画の中身が面白かったとしても、多くの視聴者に見てもらうことは難しくなります。

今回はYouTubeへの動画投稿を始めたばかりの方でも、適切なサイズのカスタムサムネイルを設定できるように、サムネイルのサイズについて解説していきます。

YouTubeのカスタムサムネイル画像を設定するときの最適なサイズは何ピクセルなのか?

YouTubeのカスタムサムネイル画像を作成する場合、適切なサイズは16:9になります。

16:9というのは「横:縦=16:9の比率になっているサイズ」という意味です。16:9になっていれば、ピクセル数はあまり関係ありません。

 

ただし、YouTubeにおいて比較的多く使われているサムネイルのサイズは、1280×720です。

YouTubeの公式ヘルプでも、横1280で縦720のサイズが推奨されています。また、YouTubeのヘルプページによると、最小幅は640となっているので、最小のサムネイルサイズは640×360ということになります。

小さいサイズのサムネイルであっても、16:9の比率になっていれば、サムネイルとして表示されたときにピッタリと表示されます。

 

しかし、画像のサイズが小さいと、それだけ解像度が低くなり、画質が荒くなってしまう可能性もありますので、1280×720のサイズでカスタムサムネイルを作成するのがお勧めです。私自身もYouTube動画のサムネイルは、いつも1280×720のサイズで作成しています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTubeのカスタムサムネイルを作成するときに注意するポイント

カスタムサムネイルのサイズは1280×720が推奨されていますが、この他にもいくつか注意点があります。

まず、YouTubeのカスタムサムネイルとして設定できるファイル形式は、JPG、GIF、BMP、PNGのいずれかになっています。そして、2MB以下のファイルサイズでないと設定できません。

 

私は今までに数千本レベルでサムネイル画像を作ってきましたが、おそらく、2MBを超えてしまったことは一度もなかったと思いますので、ファイルサイズについてはそこまで気にする必要はないと思います。

ただし、ファイル形式については編集ソフトの書き出し設定によって、JPG、GIF、BMP、PNG以外のファイルになってしまう場合もありますので、注意が必要です。

 

そもそもYouTubeでカスタムサムネイルを設定する意味とは

上記でご説明した画像サイズを守ってカスタムサムネイルを作成すれば、ピッタリのサムネイル画像を設定することができます。

もしかすると、毎回毎回カスタムサムネイルを作成するのが面倒なので、「カスタムサムネイルを設定せずにデフォルトで表示されるサムネイルの中から選べばいいのでは?」と考える方もいるかもしれません。

しかし、YouTubeで再生回数を伸ばしていくためには絶対にカスタムサムネイルを設定するべきなので、ここは面倒臭がらずに設定することをお勧めします。

 

YouTubeの視聴者は、検索結果や関連動画に表示された動画のサムネイルを見て、その動画をクリックするかどうかを瞬時に判断しています。

もし、適切なサイズでカスタムサムネイルを設定せずに、サムネイルが表示される領域の半分しか画像が表示されていなかったとしたら、それだけ視聴者に対して自分の動画の魅力をアピールできる機会を失っているのです。これは非常に勿体ないことです。

このため、1280×720(16:9の比率の画像)のサイズでカスタムサムネイルを作成し、視聴者が貴方の動画をクリックしてくれるように最大限アピールしていきましょう。

ちなみに、カスタムサムネイル以外のYouTubeで再生回数を爆発的に伸ばすためのポイントについては、こちらの無料メール講座でも詳しく解説を行っています。

 

YouTubeのカスタムサムネイルが何故か設定できない場合の対処法

人気のYouTubeチャンネルを作成するためにカスタムサムネイルの設定は必須項目と言えますが、アカウントによっては何故かカスタムサムネイルが設定できない状態になっている場合もあると思います。

数年前まではどのアカウントでもカスタムサムネイルを使うことができたのですが、2018年現在は「YouTubeアカウントの確認」を行わないとカスタムサムネイルを使うことができません。

 

手順としては非常に簡単で、カスタムサムネイルを使いたいアカウントにログインしたら、YouTubeの設定画面に移動して、アカウントの確認を行うだけです。

15分を超える動画をアップロードするために必要な電話番号の認証を行えば、同時にカスタムサムネイルも使えるようになります。

 

一つ注意しなければいけないのは、YouTubeアカウントの電話番号認証は、一つの電話番号で半年間 2アカウントまでしかできない点です。

例えば、090-AAAA-BBBBという電話番号でYouTubeアカウントXとアカウントYの確認作業を行ったとします。

追加で3つ目のYouTubeアカウントZの電話番号認証を行いたいと思っても、090-AAAA-BBBBの番号では半年待たなければいけません。

 

これはYouTube運営側がスパム的なユーザーを排除するために取り入れている仕組みです。

一つの電話番号で無制限に15分以上の動画をアップロードできるアカウントを作成できるようになってしまうと、スパマーが長い動画をYouTubeに大量にアップロードできるようになってしまいます。そうなると、YouTubeのサーバーに大きな負荷がかかります。

こうしたスパム対策のために、一つの電話番号でアカウント認証ができる期間に制限を設けているのです。

ただし、電話番号さえ入手すればアカウントの認証はできてしまうため、家族や友人の電話番号を一時的に借りることで、実質ほぼ無制限にカスタムサムネイルを作れるYouTubeアカウントを作成することは可能です。

 

もし、YouTubeアカウントでカスタムサムネイルの設定自体はできるようになっているけれど、サムネイルの変更が上手く行われない・・・という状況で困ってしまっている場合には、下記の記事で対処法を解説しています。

YouTubeのサムネイル画像が上手く変更されない時の対処法

 

YouTubeのサムネイルを作成するために画像編集ソフトは何を使えばいい?

YouTubeのサムネイル画像を作成するときに使う画像編集ソフトに関しては、どんなものを使っても問題ありません。

重要なのは、最終的に1280×720のサイズで画像の出力を行うことです。

 

サイズ規定を守るだけであれば、Windowsに標準で入っているペイントでも十分です。ペイントの「サイズ変更」からピクセル数を1280と720に設定すればいいだけです。

その他の編集ソフトに関しても、画像加工・画像編集を行う前にサイズ指定ができるようになっているはずなので、最初の段階で1280×720のサイズに設定を行いましょう。

 

私の場合は、YouTubeのサムネイル画像を作成するために有料の画像編集ソフトを使っていますが、無料でも高機能な画像編集ソフトは多く存在します。

無料の画像編集ソフトとして有名なものには、Photoscape(フォトスケープ)GIMP(ギンプ)などがあります。どちらも使ったことがありますが、無料ソフトとは思えないレベルの高機能な画像編集ソフトになっていますので、これらを使ってみるのも良いと思います。

 

ということで、1280×720のサイズ(ピクセル数)のサムネイルを作って、どんどん貴方の動画の再生回数をアップさせていきましょう!

YouTubeで大きな再生回数を稼ぎ、継続的な広告収入を得るためのさらに詳しいノウハウについては、下記の無料メール講座でも公開しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeで大きな再生回数を稼ぐためには具体的にどうすればいいのかを徹底解説!

 






  • 2018 03.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る