YouTubeチャンネルを新規追加する方法と追加のメリット・デメリット

YouTubeチャンネルの運営に慣れてくると「もう一つ新しいチャンネルを作りたい!」、「サブチャンネルを作りたい!」といった気持になることもあると思います。

YouTubeチャンネルを追加する方法はとても簡単ですし、お金がかかることでもないので、チャンネルを追加したい場合には気軽にチャンネルを追加してみると良いでしょう。

この記事では、YouTubeチャンネルを追加する方法を画像付きで解説しつつ、チャンネルを追加するメリット・デメリット・注意点などについて解説していきます。

この記事を読めば、YouTubeチャンネルの追加に関する疑問はすべて解決すると思います!

YouTubeチャンネルを追加する方法は2つある

YouTubeチャンネルを追加するには2つの方法があります。まずはチャンネルを追加する前に、どちらの方法で追加するのが良さそうかを決めておきましょう。

 

Googleアカウント(Gmailアドレス)自体を分けてチャンネルを追加する方法

あなたがすでにYouTubeチャンネルを持っているのであれば、そのチャンネルにログインするGmailアドレスも持っていると思います。

一つ目の追加方法は、現在持っているGmailアドレスとは別に、新規でGmailアドレスを作成し、その新しいアドレスでYouTubeチャンネルを新規作成する方法です。

一つのGmailアドレスごとに一つのYouTubeチャンネルを作成

この方法はシンプルで分かりやすい追加方法ですが、YouTubeチャンネルごとにGmailアドレスが異なるため、Aチャンネルにログインしたあとで、次はBチャンネルにログインしようと思うと、ログアウト&ログインをしなければいけないため、少し面倒な点がデメリットです。

 

一方で、チャンネルごとに、そのチャンネルのテーマに沿ったGmailアドレスを作成できる点はメリットとも言えます。

この方法で新規チャンネルを追加する場合は、Gmailアドレスの新規作成とそのアドレスでYouTubeチャンネルを作成すれば良いだけなので簡単です。

 

同じGoogleアカウント(Gmailアドレス)内で複数のチャンネルを作る方法

もう一つのチャンネル追加方法は一つのGmailアドレス(YouTubeアカウント)内に、複数のYouTubeチャンネルを作成する方法です。

一つのGmailアドレスで複数のYouTubeチャンネルを作成

この方法の場合、一つのGmailアドレスを使ってYouTubeへログインすれば、アカウント切り替えを行うだけで自分が管理する複数のYouTubeチャンネルへ動画を投稿できるため便利です。この点はメリットと言えるでしょう。

どちらの方法で新規チャンネルを追加するかは自由ですが、おそらく、こちらの方法でチャンネルを追加する場合が多いと思いますので、次からこの方法について画像付きで追加手順を解説していきます。

 

一つのGoogleアカウント内にYouTubeチャンネルを追加する方法を画像付きで解説!

この方法は、あなたがすでに持っているGmailアドレスA=YouTubeチャンネルAに対して、YouTubeチャンネルBを追加する方法です。

この方法であれば、GmailアドレスAを使ってYouTubeにログインするだけで、チャンネルA・チャンネルBともにログアウトせずに管理できるようになります。

 

まずはYouTubeへログインします。この時、YouTubeの右上に表示される自分のアイコンをクリックしたときに出るメニュー内に【チャンネルを作成】というメニューがない場合は、【アカウントを切り替える】をクリックします。

 

下記の画像では、すでに複数のチャンネルが存在している状態ですが、この中からGmailアドレスの登録名が表示されているアカウントを選択します。(これがこのYouTubeアカウントにおける親アカウントです)

 

アカウントが切り替わったら、もう一度右上のチャンネルアイコンをクリックします。

 

今度は表示されるメニュー内に【チャンネルを作成】というメニューが表示されていると思いますので、こちらをクリックします。

万が一、【チャンネルを作成】というメニューが表示されない場合は【アカウントを切り替える】から、さらに別のアカウントを選択してみてください。必ず、いずれかのアカウントメニューには【チャンネルを作成】が存在します。

 

チャンネルを作成(=追加)するためのメニューが表示されますので、【始める】をクリックします。

 

「チャンネルを作成する方法を選ぶ」というメニューが表示されたら【カスタム名を使う】の方の【選択】をクリックします。

「自分の名前を使う」を選択する場合、自由なチャンネル名を付けることはできず、Gmailアドレスに登録している「姓・名」がチャンネル名となってしまいます。

 

チャンネル名の入力ボックスが表示されたら、好きなチャンネル名を設定します。ここで入力したチャンネル名が新規チャンネルとして追加されます。

ちなみに、チャンネル名に設定できる最大の文字数は100文字以内となっています。もし、この時点でチャンネル名が決まっていない場合は、あとから自由に変更することもできますので、仮で付けて設定しておきましょう。

チャンネル名を入力したら下にある【作成】がクリックできるようになるので、クリックします。

入力したチャンネル名で【チャンネルを※入力したチャンネル名を作成しました】と表示れます。

この画面で、新規で作成(追加)したチャンネルの情報を入力できますが、これ以降は、この時点で入力せずにあとで設定しても問題ありません。

 

チャンネルアイコンを設定したい場合は【画像をアップロード】をクリックして、アイコン画像を設定します。まだアイコン画像を準備できていない場合は、設定せずに飛ばしても良いですし、ここもあとから自由に変更できますので仮で設定しておいても良いです。

 

続いて、【チャンネルについて視聴者に説明する】という項目を入力します。ここは、いわゆる「チャンネル概要欄」に表示される内容を設定する箇所です。

一般的には自分がこれから運営するチャンネルが「どのようなチャンネルなのか」を記載しておきます。まだ決まっていない場合は空欄で次の項目へ進みます。

 

続いて、自分のWebサイトやお店のホームページを持っている場合は【カスタムリンク】の箇所に登録します。ソーシャルリンクの箇所には、Facebook、Twitter、InstagramのアカウントのURLを設定できます。

ここに設定したサイトやSNSのURLは、チャンネル概要欄などに表示されます。こちらも特に持っていなければ設定しなくても問題ありません。

設定できる項目を設定したら、ページの一番下にある【保存して次へ】をクリックします。

 

これで新しいYouTubeチャンネル追加することができました。

このまま【動画をアップロード】を選択すれば、新しく追加したチャンネルに動画を投稿できます。

 

この方法でチャンネルを追加すると、GmailアドレスAでYouTubeにログインすれば、右上のアイコン画像から【アカウントを切り替える】を選択するだけで、チャンネルAとチャンネルBを切り替えることができるようになります。

チャンネルを切り替えるたびに、いちいちログアウトとログインを繰り返すのが面倒な場合は、この方法でチャンネル追加することをお勧めします。

 

YouTubeチャンネルの追加に上限数はなく、実質無限に追加できる

新規YouTubeチャンネルの追加方法を知ったところで、「YouTubeチャンネルってひとり何個まで追加できるんだろう?」と興味を持つ方もいると思います。

結論からお伝えすると、現在のYouTubeの仕組み上、実質、無限にYouTubeチャンネルは追加できます。

一つのGmailアドレス(Googleアカウント・YouTubeアカウント)に追加できるYouTubeチャンネルの上限数は50チャンネルまでとなっています。

 

しかし、Gmailアドレスは制限なく作ることができるため、GmailアドレスAでチャンネルを50個、GmailアドレスBでチャンネルを50個・・・と作成していけば、仕組み上は無限に作れてしまうことになります。

ただ、そんなに複数のYouTubeチャンネルを作ったとしても、とても管理しきれないですし、妙に新規チャンネルを作りすぎるとYouTubeのシステムからスパムとみなされて、アカウントを削除されてしまう可能性もゼロではありません。

このため、作成するYouTubeチャンネルの数は常識の範囲内にとどめておく方が良いと思います。

 

YouTubeチャンネルを追加したら必ず電話番号認証を行うべき

上記でご説明をした通り、YouTubeチャンネルは実質無限に作れる仕組みになっています。

しかし、きちんと動画投稿を行うYouTubeチャンネルとして考えた場合、多くのYouTubeチャンネル作るのは無意味です。

なぜなら、YouTubeチャンネルを作っただけではYouTubeチャンネルの機能をすべて使うことはできず、電話番号認証を行わなければ投稿用チャンネルとしてあまり意味がないからです。

 

電話番号認証とは、YouTubeチャンネルの管理画面から自分の携帯番号を登録することです。

これを行うことで、カスタムサムネイルの設定や15分以上の動画投稿ができるようになります。これらの機能はYouTubeチャンネルの視聴者数・再生回数を伸ばしていく上で必須の機能です。

 

ただし、YouTubeチャンネルの電話番号認証は一つの電話番号で半年間で2回までと決まっています。

つまり、本当の意味で“使える”YouTubeチャンネルを追加できるのは「年間で4チャンネルまで」となります。

 

YouTubeチャンネルを追加するメリット・デメリット

YouTubeチャンネルを追加することによるデメリットは、管理が複雑になるくらいなので、そこまで致命的なデメリットはありません。

ただ、あまりにも多くのチャンネルを作りすぎても一つ一つの運営にかけられる時間が少なくなってしまい、結果的にどのチャンネルも中途半端になってしまう可能性はありますので注意が必要です。

 

一方で、YouTubeチャンネルを追加するメリットは、テーマごとに適切なターゲット(視聴者)を囲い込むことができる点です。

 

例えば…

あなたが「ゲーム実況」と「料理」に興味があり、それらの動画を投稿していきたいと考えたとします。こういった場合には「ゲーム実況のチャンネル」と「料理のチャンネル」を分けて運用した方がメリットが大きいです。

 

ゲーム好きな視聴者が集まってくれているチャンネルに、いきなり料理の動画を投稿しても、視聴者にとっては興味のない動画を見せられる感覚になってしまうためです。

 

むやみやたらとチャンネルを追加するのは良くないですが、なんでもかんでも同じチャンネルに色々なテーマの動画を投稿してしまうのも良くありません。

この辺はあなたの中で適切な戦略を考えて、適切な数のチャンネル運営を心掛けることをお勧めします。

 

【限定特別キャンペーン】YouTubeチャンネルの登録者数・再生回数を激増させる“本物のYouTube攻略ノウハウ”を無料プレゼント中!

今なら下記の無料プレゼントを希望者全員に差し上げています!

  • 【5分で分かる】YouTubeチャンネルから広告収入を得るための基礎知識
  • YouTubeで実際に稼げるジャンルの暴露ファイル
  • チャンネル登録者数・再生回数を激増させる7つの必勝ポイント
  • 無料メール講座受講者限定のシークレットコンテンツ

これらの無料コンテンツを見るだけで「YouTubeで広告収入が得られる仕組みとは」、「1再生で何円の広告報酬がもらえるの?」といった動画投稿初心者の人が感じている疑問が解決します。

さらに、YouTubeの広告収入だけで月収1,000万円を稼ぎ続けている人が、今も実践中の超極秘ノウハウも知ることができます!!

もし、貴方がYouTubeから広告収入を得ることに少しでも興味があるのなら、下記の緑色のボタンをクリックして、今すぐ無料プレゼントを受け取ってみてください!

YouTube攻略 特別メール講座
【今だけ0円】初心者でも結果を出す人が続出中!
YouTube攻略 無料メール講座