YouTubeのチャンネル登録者数を増やすために今すぐできる6つの方法と考え方

この記事は7分で読めます

YouTubeでより大きな再生回数、より多くの広告収入を得るためには
貴方のYouTubeチャンネルを見てくれる視聴者を増やしていく必要があります。

毎回、動画投稿をするたびに動画を見てくれる方や
新規で投稿する動画を楽しみにしてくれるファンを増やすことができれば、
動画がどんどん再生されやすくなっていきます。

今回はチャンネル登録者を効率的に増やすためにできる施策と
YouTube内で使用できる機能について6つの項目に分けて解説していきます。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

動画内でチャンネル登録を呼びかける

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすための施策の一つである「動画内でのチャンネル登録の呼びかけ」について解説しています。

YouTubeのチャンネル登録者を増やすための施策として
自分の動画内で「チャンネル登録をお願いします」と呼びかけるのは効果的です。

今では多くのYouTuberがこの方法を実践していますので、
効果がないと思っている方もいるかもしれませんが、
逆に考えると、この方法がスタンダードになってきている今だからこそ、
これをきちんとやっていないのは勿体ないです。

顔出し、撮影系、テキスト動画、スライドショー動画など、
動画の形式にかかわらず、
チャンネル登録の呼びかけは効果的なので、
まだ実践していない場合は、必ず実践することをお勧めします。

 

「動画が面白ければチャンネル登録ボタンを押してくれるだろう」
と考えてしまいがちですが、
人間は「具体的な指示がないと行動しない」という性質を持っています。

このため、貴方のほうから具体的にお願いをしないと、
なかなか行動してもらえないものなのです。

さらに言えば、
「チャンネル登録をお願いします」という曖昧な指示よりも、
「動画内の右上のボタンをクリックしてチャンネル登録をお願いします」
といった形で、より具体的なお願いをすると行動してもらいやすくなります。

こういった人の性質も考えた上で、
動画内でしっかりとチャンネル登録を呼びかけていきましょう。

チャンネル登録者数を増やすためのより具体的なテクニックについては
こちらの無料メール講座でも詳しく解説しています。

 

動画の説明欄にチャンネル登録のためのURLを記載する

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすための施策として、動画説明欄にチャンネル登録用リンクを設置するのは効果的です。

YouTubeではデフォルトのデザインとして
チャンネル名の下にチャンネル登録ボタンが設置されています。

ただ、一人でも多くのチャンネル登録者を獲得するためには
このデフォルトのデザインからだけでなく、
様々な場所からチャンネル登録を促していくべきです。

動画説明欄に関しても
しっかりとチャンネル登録のためのURLを記載することをお勧めします。

YouTubeでは動画の説明欄を毎回しっかりと見る人は少ないですが、
それでもゼロではないので、
ここにもチャンネル登録のための施策を施しておきましょう。

 

説明欄に記載するURLは、
自分のYouTubeチャンネルのホーム画面のURLでもいいのですが、
それだと視聴者が該当のURLをクリックしてくれたとしても
「チャンネルホーム画面に遷移 → さらにチャンネル登録ボタンを押す」
といった形で二度手間になります。

それよりも、
すぐにチャンネル登録を行ってもらえるリンクを設置したほうが
チャンネル登録をしてもらえる可能性が上がります。

 

YouTubeのチャンネル登録用リンクに関しては、
下記のURLの「●●●」の部分に
自分のYouTubeチャンネルの「チャンネルID」を記載します。

http://www.youtube.com/channel/●●●?sub_confirmation=1

チャンネルIDについては、
自分のYouTubeチャンネルのホーム画面を表示した時のURLから確認できます。

自分のYouTubeチャンネルを表示すると、
https://www.youtube.com/channel/UC●●●
といった形で「UC」から始まる英数字が並んでいるはずです。
この「UC~」が貴方のチャンネルIDです。

 

チャンネルIDについてはYouTubeの設定画面からも確認可能ですが、
チャンネルホーム画面のURLから確認するのが最も簡単です。

貴方のチャンネルIDを先ほどURL
http://www.youtube.com/channel/●●●?sub_confirmation=1
の「●●●」に入力を行えば、
視聴者にチャンネル登録を行ってもらえるURLを作成することができます。

上記のチャンネル登録用のリンクについては
そのまま説明欄に記載を行っても問題はないですが、
URLが長いので少し見た目が悪くなってしまいます。

その点が気になる場合は短縮URLを使って短いURLを作成するといいでしょう。

短縮URLサービスは色々とありますので、
ご自身が使いやすいものを使ってURLを短縮すれば問題ありません。

特にこだわりがない場合は、
Googleが提供しているGoogle URL Shortenerを使い、
短いURLを取得するのがいいと思います。

 

なお、YouTubeの説明欄にチャンネル登録用のURLを記載する場合は、
説明欄の2行目までにURLを記載するといいです。

これは現在(2017年3月13日)パソコンで見たときに
デフォルトで説明文が表示されているのが2行目までだからです。

説明文の3行目以降は「もっと見る」というボタンを押さないと
表示されないようになっています。

少しでもクリックしてもらえる可能性を上げるために
チャンネル登録用のURLも2行目までに記載するのがいいです。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

ブランディング機能を使ってチャンネル登録者を増やす

YouTubeにはチャンネル登録者を増やすための便利な機能がいくつもあります。そのうちの一つであるブランディング機能(透かし・ロゴの追加)について解説しています。

チャンネル登録者を増やすための便利な機能の一つとして
YouTubeのブランディング機能(画像・ロゴの透かし)があります。

この機能を設定すると、
下記の画像のように再生画面の右下にロゴが表示されるようになります。

 

このロゴにマウスを合わせると、チャンネル登録ボタンが表示されるようになるため、
ここからもチャンネル登録を行ってもらえる可能性が上がります。

ただし、ブランディング機能に関しては
パソコンでYouTubeを見ている時にのみ表示される機能となっています。

「登録」や「ch登録はこちら」などの文言を記載した正方形サイズの画像を用意し
YouTubeの設定画面内の「ブランディング」→「画像・ロゴの透かし」から設定します。

表示タイミングについては「動画の最後」と「動画全体」を選択できますが、
ほとんどのユーザーは動画を最後まで見てくれないので、
「動画全体」に表示させておき、常に登録ボタンを表示させておくのがいいです。

 

ロゴの画像については、デザインなどをそこまで難しく考える必要はなく、
簡単な「登録」という文字のみを記載する場合や
チャンネルアイコンと同じ画像をそのまま使っている場合が多いです。

ただし、YouTubeの視聴者全員がこの機能を知っているわけではないので、
ただの画像を使うよりも、
このロゴ部分からチャンネル登録ができる事を文字で伝えたほうが親切です。

 

アノテーションリンクを使ってチャンネル登録を促す

※アノテーションリンクは、2017年5月2日で機能提供が終了していますので、
今後は後述する終了画面機能を使っていきましょう。

直近のYouTube市場の変化や仕様変更にも対応した最新情報については
こちらの無料メール講座でお伝えしています。

アノテーションリンクまたは終了画面機能を使ってYouTubeのチャンネル登録者を増やす方法についてお話ししています。 アノテーションリンクと終了画面は同じ動画内で同時使用ができない仕様になっているため「どちらを使っていくべきなのか?」についても解説しました。

アノテーションリンクを使うことにより、
好きなタイミング、好きな箇所で動画内にリンクを表示できます。

よく使われている手法としては、チャンネル登録を促す画像を作成して
動画の最後にその画像を5~15秒程度表示させて
その上にアノテーションリンクを重ねるやり方です。

アノテーションリンクにはメリットとデメリットが存在し、
メリットは動画の最後だけでなく、
自分の好きなタイミングで表示できる点です。

後述する終了画面機能は動画の最後でしか使用できませんが、
アノテーションリンクについては、
動画の途中でもチャンネル登録へのリンクを表示させたり、
外部サイトへのリンクを表示させたりできます。

 

一方で、パソコンで動画を見たときしかアノテーションリンクが表示されない
という点はデメリットだと言えます。

最近ではYouTubeもスマホやタブレット経由でのアクセスが多くなってきていますし、
今後もますますその傾向は強くなっていくでしょうから、
スマホで視聴しているユーザーにアプローチできないのはデメリットだと言えます。

自分のYouTubeチャンネルの視聴者が
どんな端末でアクセスしてきているのかをデータで分析し、
アノテーションリンクを使っていくべきかどうかを考えていくといいでしょう。

基本的には外部サイトへの誘導はアノテーションリンクのほうが便利で
チャンネル登録を促す目的の場合は終了画面機能のほうが便利です。

 

終了画面機能を使ってチャンネル登録を促す

2016年の後半から使えるようになった新機能の「終了画面機能」は
アノテーションリンクの進化版というイメージです。

アノテーションリンクとの違いは
パソコンだけでなく、スマホで見たときにも
動画内のリンクがクリックできる状態になる点です。

アノテーションの場合、
パソコンで動画を見たときにしか表示されず、クリックもできなかったのですが、
終了画面であれば、スマホでYouTubeの動画を見ているときでも
タップすることで、そのままチャンネル登録を行うことができるようになりました。

終了画面の制約としては、動画の途中で表示することはできず、
動画の最後の5~20秒の時間でしか表示できないところです。

また、アノテーションリンクと終了画面を同じ動画内で
同時には使えない仕様になっているため、
どちらか一方を選択して、設定する必要があります。

 

スマホで見たときにも画面内にクリック(タップ)可能なリンクを表示できるのは
非常に大きなメリットだと言えるため、
特にこだわりがなければ、間違いなく終了画面を使っていったほうがいいです。

実際には自分のYouTubeチャンネルのYouTubeアナリティクスの数字を見て
スマホ経由でのアクセスがパソコン経由でのアクセスを上回っていれば、
迷わず、終了画面を使っていく形で問題ないです。

私の場合、終了画面が使えるようになってからは
完全に終了画面のみを使うように切り替えています。

また、アノテーションリンクより終了画面のほうが
クリック率が高いデータも出ています。

 

アノテーションリンクはパソコンで見たときも
クリックできるようになっている事が少し認識しづらいので、
終了画面のほうがクリック率は高くなるというのは自然だと思います。

設置箇所や設置個数についてもテンプレートが用意されており、
設定も簡単にできるようになっているので、ぜひ活用していきたい機能です。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

チャンネル登録者数を増やす究極の秘訣とは?

ここまでYouTubeの機能を活用した
チャンネル登録者を増やす方法について解説を行ってきましたが、
これらの方法はあくまでもテクニックや一部の施策です。

チャンネル登録者数を増やす究極の施策は
動画の質を高めていくことです。

極論を言ってしまえば、
今回ご紹介してきた施策をしっかりとやっていなくても
動画の内容が面白かったり、動画出演者が魅力的だったりすれば、
勝手にチャンネル登録者数は増えていきます。

終了画面やブランディング機能を駆使していたとしても
肝心の動画の中身が微妙であれば、
どんなにチャンネル登録をしやすい導線があっても
視聴者はチャンネル登録ボタンを押してはくれないでしょう。

 

だからと言って、ここまで解説を行ってきた施策が
まったく役に立たないという事ではありません。

動画の質を高める努力をしながらYouTube内の機能も活用していくことで
より多くのチャンネル登録者を獲得することができます。

「動画の質」と聞くと、
顔出しでの撮影や高度な編集スキルを想像するかもしれませんが、
「動画の質」というのは決してそれだけではありません。

そういった顔出しや高度な編集スキルがなくても
質の高い動画を作っていくことは可能です。

 

簡単に言えば、YouTubeにおける質の高い動画とは、
「視聴者が求めている動画を提供する」ということです。

「視聴者が求めている動画=質が高い動画」です。

視聴者が求めている動画を提供し続ければ、
自然とチャンネル登録者数が増えていきますし、視聴回数も伸びていきます。

そうすれば、自然と貴方が得られる広告収入の金額も増えていきます。

もし、貴方がYouTubeで
視聴者が求めている動画を提供して、多くのチャンネル登録者を獲得し、
大きな広告収入を得続けていきたいと考えているのであれば、
下記の無料メール講座も、きっと参考になるはずです。

簡単に作れる動画でも多くのチャンネル登録者を獲得できる秘密とは・・・?






  • 2017 03.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る