YouTubeチャンネルと自分のウェブサイトを関連付けて、動画内から外部リンクを貼る方法を画像で解説

この記事は4分で読めます

YouTubeでは終了画面機能やカード機能を使って、
動画内から自分のウェブサイトへ外部リンクを貼ることができます。

この記事ではYouTube動画から自分のウェブサイトへ外部リンクさせる設定手順を
画像を使って解説していきます。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

終了画面機能やカード機能を使ってYouTubeの動画内から貴方のウェブサイトへのリンクを設定する場合、最初にYouTubeチャンネルとウェブサイトの関連付けを行う必要があります。その設定方法について動画で解説を行っています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

YouTubeを利用してウェブサイトのアクセスアップを行うには?

現在、YouTubeは世界で最も有名で
アクセスの集まる動画メディアとなっています。

YouTubeアドセンスでお金を稼ぐ方法も人気ではありますが、
膨大なアクセスが集まっているので、そのアクセスを利用して
自社サイトのアクセスアップを実現したいという方も多くいます。

YouTubeの規約上、特に外部リンクを禁止しているわけではないですし、
外部サイトへ誘導を行うための機能も充実しています。

もっとも簡単にYouTubeから外部誘導を行うやり方は
動画の説明欄に自社サイトのURLを記載する方法です。

しかし、動画説明欄は見られない事も多いため、
本格的にYouTubeから自社サイトへ外部誘導を行っていきたいのであれば、
終了画面機能やカード機能を使って、
動画内から直接ウェブサイトへアクセスできる導線を設計するべきです。

 

YouTubeチャンネルと自分のウェブサイトを関連付ける手順

終了画面機能やカード機能を使って外部リンクを設置する場合、
事前にYouTubeチャンネルと自社サイトを関連付けておく必要があります。

下記にて、関連付けの手順を画像を使って解説していきます。

まずは、関連付けを行いたいYouTubeチャンネルへログインし、
右上の歯車マークからYouTubeの設定画面へ移動します。

 

YouTubeの設定画面で「その他の機能を見る」をクリックします。

 

左メニューにある「詳細設定」をクリックします。

 

詳細設定の真ん中あたりにある
「関連付けられているウェブサイト」の項目を確認します。

チャンネルにウェブサイトが関連付けられていない場合は空欄の状態になっています。

こちらに関連付けを行う自社サイトのURLを記載し、保存ボタンを押します。

 

保存を行うと「保留」という状態になり、
ウェブサイトの所有権を確認するようアラートが表示されますので、
「確認」のリンクをクリックします。

 

Googleのウェブマスターセントラルに遷移しますので、
そこに書かれている手順に従って、先ほど登録したウェブサイトが
貴方が所有しているサイトである事をGoogle側に申請します。

お勧めされている方法は、
ウェブマスターセントラルからダウンロードできるHTMLファイルを
登録したウェブサイトを運営しているサーバーにアップロードする方法です。

「このHTML確認ファイル」というリンクからダウンロードしたファイルを
登録したウェブサイトのドメインの「public_html」にアップロードします。

その後、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「確認」を押します。

 

きちんとサーバーにHTMLファイルをアップロードできていれば、
「http://~~~の確認が完了しました」と表示されます。

 

再度、YouTubeの設定画面から
「その他の機能を見る」→「詳細設定」に移動し、
「関連付けられているウェブサイト」を見てみると、
ステータスが「確認済み」になります。

これで、このYouTubeチャンネルと
先ほど登録を行ったウェブサイトの関連付けが完了した形になります。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTube動画から関連するウェブサイトへ外部リンクを貼る方法

続いて、実際にYouTubeの動画内から
先ほど関連付けを行った自社サイトへ外部リンクさせる手順を解説していきます。

今回は終了画面機能を使って、自社サイトへの外部リンクを設置してみます。

YouTubeチャンネルにアップロードしているいずれかの動画の編集画面に移動し、
「終了画面とアノテーション」のタブをクリックします。

「要素を追加」をクリックして、「リンク」の作成ボタンを押します。

 

リンクのURLを記載するウィンドウが表示されますので、
外部リンクさせたいページのURLを記載します。

「指定できるリンク先」の項目に先ほど登録したドメインが表示されていますので、
「http://~~~」をクリックすると
「リンクのURL」にドメインが自動挿入されます。

ちなみに、登録を行ったドメイン配下のURLであれば、
任意のURLを指定できます。

例えば、「http://aaa.com」というドメインを関連付けた場合、
「http://aaa.com/sale」や「http://aaa.com/campaign」といったURLへのリンクが可能です。

任意のURLを指定したら「次へ」をクリックします。

 

次に終了画面機能で表示させる文言を設定していきます。

「タイトル」の部分に行動を促すフレーズや外部リンク先の説明を記載します。

例:「公式ウェブサイトもチェックしてください!」、「キャンペーンページはこちら!」など。

「行動を促すフレーズ」という項目は
YouTube側で用意された
「登録」、「購入」、「アクセス」などのリンク文言を選びます。

右側の画像については、ウェブサイト上から自動で画像が取得されますので、
きちんと誘導を行っていくのであれば「画像を変更」から適切な画像に変更します。

すべての設定が終わったら「要素を作成」をクリックします。

 

実際に終了画面で外部リンクを設定した動画を見てみると、下記のように表示されます。

 

先ほどの設定画面で登録した画像が黄色の場所に表示され、
タイトルが「ここに説明文を入力します。」の場所に、
その下に「行動を促すフレーズ」が表示されます。

上記では終了画面機能を使った外部リンクの設定手順を解説しましたが、
今回の手順を踏んで自社サイトを関連付けておけば、
カード機能を使った場合も同じような形で外部誘導を行うことができます。

自社サイトへ誘導を行い、そちらで何らかの商品・サービスを販売する場合でも
結局はYouTube上でアクセスを多く集めることがアクセスアップの鍵を握ります。

YouTube上で多くのアクセスを集めることができれば、
そのアクセスを外部誘導に活用するだけでなく、
アドセンス報酬に変換して、効率的に収益を得ることも可能です。

もし、YouTubeアドセンスでの稼ぎ方についても興味があれば、
下記の無料メール講座をお勧めします。

ゼロからでもYouTubeで毎月30万円以上を得続ける方法とは?






  • 2017 05.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 電撃ランキング

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る