YouTubeチャンネルの登録者数が5000人を突破すると何かが起きる…?

この記事は2分で読めます

少し感覚的な話にはなりますが、YouTubeチャンネルに関しては、登録者が5000人を超えたあたりから、さらに再生回数の伸びが良くなる感覚があります。

なかなか正確なデータを導き出せるものではないので感覚的な部分も多いですし、当然、ジャンルによっても登録者数5000人のインパクトは異なります。

でも、YouTubeのチャンネル登録者数が5000人を超えると、動画を投稿してから1日経過した後の再生回数の伸びが今までとはだいぶ違ってくるかな?という感覚です。

例えば、今までは動画を公開して1日経過しても、良くて数百回の再生回数だったものが、登録者数5000人を超えると次の日にはほぼ確実に再生回数1000回を超えていくみたいな感じです。(数字はあくまでも仮定の数字です)

 

ただ、「これからYouTubeチャンネルの運営を頑張っていこう!」と思っている方が登録者数5000人と聞くと、「かなり途方もない数字だな・・・」と思うかもしれません。

でも、コツさえつかんで、チャンネルを軌道に乗せられれば、チャンネル登録者数5000人は全く不可能な数字ではありません。

というよりも、YouTubeから削除されない安全な動画を投稿して、コツコツと実践していけば、誰でも達成できる数字です。

 

極論を言えば、貴方が運営するYouTubeチャンネルで、最初に誰か1人でもチャンネル登録してくれた方がいたのであれば、2人、3人と登録者が増えていく可能性は十分にあります。

2人、3人と増える可能性があるのなら、10人、100人、1000人、5000人も可能だと思いませんか?

 

また、YouTubeチャンネルの成長過程として、最初はポツリポツリとしかチャンネル登録者数は増えていきませんが、ある時を境にドカッと増え始める傾向があります。

再生回数もそうですが、チャンネル登録者数に関しても、二字曲線のようにある時から加速度的に増えていくケースがほとんどです。

そして、チャンネル登録者5000人を目指す過程においても普通に広告収入を得られるのでYouTubeアドセンスは本当に美味しいビジネスです。

 

いずれにしても重要なのは、最初から「登録者5000人なんて大変そうだ・・・」と目標を高く見過ぎてしまってあきらめてしまうのではなく、「まずはやってみる、まずは続けてみる」という気持ちが大切です。

大きな目標を確実に達成しようと思ったのならば、その目標を小さな目標に分割して着実にクリアしていくのがお勧めです。

チャンネル登録者5000人を目標とした場合、最初は登録者数100人を目指して頑張っていき、次に500人、次に1000人という形で細かいゴールを設定していけば、いつかは達成できます。

YouTubeアドセンスに限らず、すべての物事において高い目標を実現するためには徐々に徐々に目標を高く設定し直していき、コツコツと努力を続けていくと、良い結果が得られます。

 

ただ、当たり前ですが、早くチャンネル登録者数を増やしたいからと言って、テレビ動画なんかをアップロードしていると、確実にYouTubeチャンネルはアカウント停止に追い込まれます。

特に最近はYouTubeにおける著作権違反やコミュニティガイドライン違反に対する取り締まりや動画削除の基準が上がってきています。

そういった一瞬だけ稼げるようなダメな方法ではなく、長く安定的に稼ぎ続けられるYouTubeアドセンスの手法について貴方が興味を持っているのであれば、下記の無料メール講座をチェックしてみることをお勧めします。

実際、私はこの方法だけを実践してYouTubeで4年以上も稼ぎ続けることができています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

チャンネル登録者数5000人を余裕で超えられるYouTubeのノウハウとは?

 

チャンネル登録者数を増やすための考え方やノウハウ、テクニックについては、下記の記事も役立つはずです。

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすために今すぐできる6つの方法と考え方
YouTubeのチャンネル登録者数1000人を突破させるためのテクニック

 






  • 2015 11.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年8月現在も4年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。まさに今も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ、ハウツー、テクニック、思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る