YouTube動画の投稿時間・公開時間は何時がベストなのか?

この記事は6分で読めます

YouTubeに動画投稿を行い、広告収入を稼いでいくためには一つの動画を1再生でも多く再生してもらう意識を持つことが重要です。

「1再生でも多く!」という点を強く意識している方の中には動画の投稿時間にもこだわりを持って、動画投稿を行っている方もいます。

また、YouTubeへの動画投稿を始めたばかりの方は「動画の投稿時間(公開時間)は何時にするのが良いのか?」と悩んでいる方も多いようです。

そこで今回は「YouTubeへ動画投稿を行う際のベストな投稿時間は何時なのか?」について解説していきます。

なお、分かりやすいように動画投稿時間=動画公開時間として話を進めていきます。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTube動画の公開時間を固定するメリットについて解説しています。 正確なところはYouTube側にしか分かりませんが、公開時間を固定したほうが、結果的にYouTubeの急上昇ランキングに掲載される可能性は上がると予想されます。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!!YouTubeで稼ぐための正しいノウハウ

YouTubeの動画投稿時間を気にする意味はあるのか?

そもそもYouTubeへの動画投稿時間をそこまで気にする意味はあるのでしょうか?

この問いに対する答えは「動画投稿時間を気にすることは大きな意味があるけれど、動画投稿時間がバラバラでも人気チャンネルを作ることはできる」ということになります。

大物YouTuberも、私たちのように顔出しをせずにYouTubeアドセンスを実践している人も動画の投稿時間を固定している人が多いです。

これはYouTubeへの動画投稿時間を固定することによって視聴者の習慣に入り込むことができるようになる可能性が上がるからです。

 

これは週刊誌をイメージしてみると分かりやすいと思います。

毎週、発売日が違う週刊誌なんて存在しませんよね?

発売日を固定したほうが「今日は○○の発売日だ!」と覚えてもらいやすく、売れる可能性が高くなります。

これと同様に、YouTubeチャンネルへの動画投稿に関しても「毎日○時に動画投稿を行っている」とアピールすることによって、貴方のチャンネル・動画のファンになってくれている方々は毎日、その時間を楽しみにしてくれるようになります。

そして、毎日の習慣の中に「貴方の動画を見る時間」が作られている視聴者が増えていけば、どんどん再生回数も増えていくことになります。

 

一方で、「動画投稿時間がバラバラでも人気チャンネルを作ることはできる」と言えるのは、投稿時間を固定していなくても人気が出ているチャンネルは実際に存在するからです。

視聴者側からすれば、どうしても見たいチャンネルの動画であれば、動画投稿時間が固定されていなくても自分から見に行くことも多いでしょう。

私も好きなYouTubeチャンネルに関しては、気が向いたときに「新しい動画は投稿されているかな?」という感じで、そのチャンネルのホーム画面を訪れる事も多いです。

 

ただ、視聴者側からわざわざ見に来てくれるのはチャンネル登録者が多い大手のチャンネルか動画内容が相当おもしろいチャンネルに限られます。

まだまだ動画投稿を始めたばかりのチャンネルで登録者数も少ないうちは視聴者に自分のチャンネルの存在を認知してもらう目的で、できる限り定時更新を行っていくことをお勧めします。

もちろん、YouTubeへの動画投稿時間を固定するのは重要ですが、人気のYouTubeチャンネルを作るキモはそこではありません。

多くの人が分かっていない人気のYouTubeチャンネルを作る秘訣はこちらで解説します。

 

動画投稿時間を固定することで得られる意外なメリット

YouTubeへの動画投稿時間を固定することで視聴者の習慣に入り込むことができるというメリット以外にも、動画投稿時間を固定するメリットは存在します。

それは動画投稿時間を固定したほうが「YouTubeの急上昇ランキング」に載りやすいということです。

「YouTubeの急上昇ランキング」に掲載されると、YouTubeのトップ画面に自分の動画が表示される機会が圧倒的に増えるので、爆発的なアクセスが見込めます。

このため、YouTubeで多くの再生回数を集めたいのであれば、「YouTubeの急上昇ランキング」は狙っていくべき掲載場所です。

 

なぜ、動画の投稿時間を固定したほうが急上昇に載りやすいのかという話をする前に、YouTubeの急上昇ランキングの掲載ロジックについて解説します。

といっても、YouTubeの急上昇ランキングについてはYouTube独自の評価基準によって掲載される動画が決まる形なので、掲載ロジックはあくまでも仮説の範囲にはなります。(ただ、おそらくロジックは大きく間違っていないはずです)

 

YouTubeの急上昇ランキングは一定期間内で再生が集中したり、評価が大量に入ったり、コメントが大量に入ったりすると掲載されると予想されます。

実際、私のチャンネルの動画がYouTubeの急上昇ランキングに掲載されたときは、こういう条件が揃ったときでした。

ここで重要になるのは「一定期間内で再生、評価、コメントが集中」という点です。

 

仮に、貴方のYouTubeチャンネルのチャンネル登録者が1万人いたとします。

このとき、毎日の動画投稿時間がバラバラだったとしたら、1万人の視聴者がバラバラの時間に貴方の動画を見ることになります。

しかし、「毎日19時更新」と固定していたとするならば、新しい動画が投稿された19時からの数時間に再生が集中します。

つまり、チャンネル登録者、視聴者に投稿時間を覚えてもらい、一定時間内にできる限り多くの視聴者に動画を見てもらうことで、その動画へのアクセスが集中します。

アクセスが集中すれば、それだけ評価やコメントが入る可能性も増えるので、YouTubeの急上昇ランキングに掲載される可能性が上がります。

YouTubeの急上昇ランキングに掲載されることができれば、そこからさらに多くのアクセスを呼び込むことができます。

この観点からも、私としてはYouTubeへの動画投稿は定時に更新を行うことをお勧めしています。

▼おすすめ▼
要望が多ければ、YouTubeの急上昇ランキングに強引に掲載させる方法について、メルマガ限定公開するかもしれません・・・

 

YouTubeの動画投稿時間でおすすめの時間帯は・・・

YouTubeの動画投稿を定時更新にするメリットについては十分に理解して頂いた上で「投稿時間でベストな時間帯はいつなのか?」についてですが、これは「YouTubeチャンネルによってベストな投稿時間は異なる」というのが答えです。

例えば、多くのYouTuberが20時に動画投稿を行っていたからと言って、貴方のチャンネルも20時に動画投稿を行うのが適切かは分からないわけです。

もし、貴方が小さい子供向けのおもちゃの動画などを投稿していたとしたら、20時に投稿しても見てもらえない可能性が高いです。

その時間だと、子供は寝てしまっているかもしれないからです。

事実、小さな子供向けの動画を投稿しているチャンネルの場合、朝やお昼の時間帯に動画投稿している割合が多いです。

 

一方、20代~50代の大人の方に向けて動画投稿を行っている場合、お昼の時間帯に動画投稿を行っても見てもらえない可能性が高いでしょう。

日中はお仕事で忙しい方も多いでしょうから、昼間の時間よりも、夕方や夜の時間に動画を公開したほうが見てもらいやすいです。

つまり、貴方がターゲットとしているメインの視聴者が誰なのかを考えた上で、動画の投稿時間・公開時間を決めていくのが良いということです。

 

実際に動画投稿を行っていけば、YouTubeアナリティクスのユーザー層データで自分の動画がどの年齢層に多く見られているのかが分かります。

そのユーザー層データをもとにして自分のチャンネルにおける適切な動画投稿時間を決めるのが一番です。

ただ、YouTubeチャンネルを作った最初の段階ではYouTubeアナリティクスのデータがほとんどないので、その場合は、自分のチャンネルと同じようなチャンネルでチャンネル登録者数が多いチャンネルの投稿時間に合わせれば問題ないです。

重要なのは、自分のチャンネルを見ている視聴者の事を考えて自分のチャンネルに合った適切な投稿時間・公開時間を決めていくことです。

とはいえ、YouTubeで大ヒット動画を作るために重要な要素は、動画の投稿時間ではなく、もっと別のところにあります。この辺については、こちらの無料メール講座で包み隠さず公開しています。

 

YouTubeの投稿時間は“時間”だけでなく“曜日”も考慮すべき理由とおすすめの投稿曜日とは?

自分が運営しているYouTubeチャンネルの視聴者属性を考えてベストな投稿時間を探っていくことをお勧めしていますが、その際には時間だけでなく、曜日も考慮することをお勧めします。

YouTubeは、金曜日、土曜日、日曜日の週末のアクセスが多くなります。

金曜日と土曜日がアクセスが最も多く、その次に日曜日が続くイメージです。

これは私の運営チャンネルのYouTubeアナリティクスが示している明確なデータですし、YouTubeへの動画投稿を実践し、ある程度の再生回数を稼いでいる方であれば、知っている事実だと思います。

このため、金・土・日の週末に動画投稿を行うことで、より多くのアクセスを呼び込める可能性があります。

 

例えば、もし私がどうしても週に1本しか動画投稿をできないとしたら、金曜日か土曜日の夜に動画投稿をします。

個人的なお勧めは金曜日の夜ですが、ここはチャンネルのジャンルや視聴者属性によっても異なります。

金曜日の夜であれば、次の日は仕事が休みの人も多く、あまり時間を気にせずに夜遅くまでYouTubeを見てくれる可能性があります。

また、次の日(土曜日)になっても、多くの人が休みなので、積極的に自分の動画へアクセスしてくれる可能性が高いです。

つまり、金曜日の夜に動画を公開することで初速を付けられますし、最初の勢いを維持したまま土曜日も再生され続ける可能性が出てきます。

こういった形で、視聴者の生活リズムや生活スタイルまで考慮した上で動画の投稿時間や曜日を決めていくと、さらに再生回数を効率的に増やしていくことができます。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTubeで稼ぎたいのなら、常に視聴者の事を考えましょう!

ここまでYouTubeにおける適切な動画投稿時間について解説を行ってきましたが、根本的な考え方として「YouTubeの事で迷ったら、視聴者の事を考えてみる!」と覚えておくと良いでしょう。

1日単位で「何時に動画を公開するのがベストなのか?」という点もそうですが、もっと突き詰めて考えれば、「週単位、月単位でどういった動画をいつ公開していくのか?」まで考えを広げていくことができます。

 

実際、YouTubeで成功しているチャンネルの中で、小中高生が多く見ているチャンネルの運営者の方は春休み、夏休み、冬休み、といった長期休みのときには動画の投稿頻度を増やしたり、投稿本数を増やしたりしている方もいます。

これは非常に賢い戦略ですし、視聴者を意識した素晴らしい戦略です。

貴方の動画を見てくれるのはYouTubeの視聴者なので、視聴者の事を徹底的に考えることが貴方のアドセンス報酬に繋がっていきます。

下記の無料メール講座では、今回の話のように、YouTubeで稼ぐための本質的な考え方から再生回数を伸ばすためのノウハウ、テクニックまで、ブログでは公開することができないディープな情報を配信していきます。

もし、興味があれば下記の無料メール講座も併せてどうぞ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeで稼ぐための本質的ノウハウから裏技テクニックまで限定無料公開中!!

 






  • 2017 03.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る