YouTubeに他人の動画を転載して稼ぐことは可能なのか?

この記事は6分で読めます

YouTubeアドセンスは、YouTubeに動画をアップロードするだけで、毎日広告収入が入ってくる美味しいビジネスです。

これ自体は有名な話なので「自分もYouTubeに動画を投稿してお金を稼いでみたい!」という方は年々増えてきています。

そういった人の中には「YouTubeなんてテレビの動画とか、他人の動画を転載してアップロードすれば簡単に稼げるんでしょ!?」と思っている人もいるようです。

この記事では、今もYouTubeで稼ぎ続けている現役の動画投稿者の視点から「ぶっちゃけ、YouTubeって他人の動画の転載で稼げるの?」という疑問にお答えします。

YouTubeに「他人が作った動画をアップロードすれば稼げるのは本当か?

結論からお伝えすると、誰かが作った動画を勝手にYouTubeにアップロードしても稼ぐことはできません。

この記事のタイトルに関する回答は上記の文章がすべてなのですが・・・。

それでも「転載動画をアップロードする裏技とかあるんじゃないの?」といった気持ちを持っている人もいるかもしれませんので、ここからは理路整然と「なぜ転載動画では稼げないのか」について解説していきます。

 

ちなみに、転載動画をアップロードなんてしなくても、もっと合法的、かつ、クリーンにYouTubeアドセンスで稼ぐ方法は存在しますので、その辺の話も後ほど解説していきます。

まず、大前提として「YouTubeに他人が権利を持っている動画(テレビ、DVD、映画、他のYouTube動画、他の媒体の動画など)をアップロードしても稼げないので絶対にやめましょう!」ということを理解した上で、読み進めてみてください。

 

他人の動画を勝手にアップロードするのは確実に著作権違反

そもそもの話として、他人が制作した動画を勝手にYouTubeへアップロードしてしまうのは確実に著作権に引っかかります。

テレビの動画や映画など、多くのお金を費やして制作された動画だけでなく、1本数百円もかからずに素人が制作した動画であっても、どちらも立派な著作物です。

このため、それらの動画を勝手にYouTubeにアップロードすることは著作権法に違反する行為である可能性が高いです。(私は法律の専門家ではないので、あえて“可能性が高い”と曖昧に伝えていますが、現実は確実にNGでしょう)

「法律を犯してまで、お金を稼ぎたいんだ!」という人は、まずいないでしょうから、これだけでもYouTubeに他人の動画を勝手にアップロードして稼ごうという考えを捨て去る十分な理由になります。

 

ちなみに、私は自分がアップロードしたYouTube動画を、スパムユーザーにパクられて転載されたことが多々あります。

もしかすると、貴方がすでにYouTubeに動画をアップロードしているのであれば、そういった被害に遭った経験もあるのではないでしょうか。

はっきり言って、めちゃめちゃ腹が立ちますし、はらわたが煮えくり返る気持ちになります。

ただ、そういったスパムユーザーは間違いなく稼げていないので安心しましょう。

とはいえ、自分が作った大切な動画を転載されると、本当に腹が立つ気持ちは痛いほどよく分かります・・・。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

転載動画は第三者からの通報で削除される可能性が高い

他人の動画を転載することは著作権的にもNGですが、YouTubeのシステム的にもNGな行為です。

YouTubeユーザーは転載動画を嫌う傾向があるため、転載動画のコメント欄は荒れている事が多いです。

そういった動画は遅かれ早かれ、ユーザーからYouTubeへの違反通報が入り、動画を削除されます。

 

YouTubeではユーザーが違反動画を通報する仕組みが存在しており、これによってYouTube全体の健全性が守られるような仕組みになっています。

もちろん、イタズラ通報などもあるため、一度だけ違反通報を送ったら該当の動画が削除される・・・といった単純な仕組みではありません。

イメージとしては一定数以上の違反通報が蓄積されると、該当の動画が削除される仕組みだと予想されます。

 

また、最近のYouTubeでは、該当の違反動画が1本だけ削除されるのではなく、YouTubeチャンネルごと削除されるケースが増えてきています。

結果的に、転載動画を使って稼ごうとすると、アドセンスアカウントまで剥奪されて、YouTubeで稼ぐことが一生できなくなってしまう恐れもあります。

 

YouTubeにテレビの動画を転載して逮捕された事例も・・・

YouTubeにテレビや映画の動画を転載している(しようと考えている)人の中には、「逮捕されるかもしれない・・・」と恐怖を抱いている人も多いと思います。(そんな恐怖を持っているのなら止めればいいのに…という感じでもありますが)

実際、過去にはテレビの動画やDVDの動画をYouTubeにアップロードしたことで警察に逮捕された事例も存在します。

 

確かに、逮捕までされてしまうのは全体数に対する割合としては低い割合ですが、数パーセントでも逮捕されるリスクがあるのならやるべきではないでしょう。

繰り返しになりますが、そんなリスクを背負っても得られるものは少ないですし、そんなリスクを背負わずともYouTubeで稼ぐ方法は存在します。

例えば、こちらで解説している方法などはリスクなく稼ぎ続けることが可能です。

 

権利元から許可を取ればアップロードすることは可能

ここまで解説してきた通り、私は誰かが制作した動画を勝手に転載することは絶対にNGというスタンスです。

ただ、他人が権利を持っている動画を唯一合法的に問題なく使用する方法があります。

それは「権利元から動画の使用許可をもらうこと」です。

 

テレビ局などでも視聴者提供の動画や、別の報道機関からの映像を使っているケースを見たことがあると思います。

あれらと同じように、どうしても自分のYouTubeチャンネルで使いたい動画素材がある場合は、権利元に許可を取ってみるのも一つの手です。

 

ただし、現実問題として、快く使用許可を出してくれる権利元は稀だと思います。

また、仮に権利元が許可してくれたとしても、YouTubeの収益審査は別物です。

「この動画は権利元である○○から使用許可を得ています!」と貴方が主張したとしても、YouTube側がその主張を認めてくれるかどうかは別問題ということです。

YouTubeからすれば、その主張が本当なのかどうかを確かめようがないからです。

 

ということで、理論上は権利元から掲載許可をもらえれば、合法的に自分の動画内で映像素材を転載は可能なのですが、万が一、許可が下りたとしてもYouTubeの収益審査でNGを食らう可能性があります。

本気で「どうしてもこの動画を世の中に広めたい!」といった志があって、動画投稿を行うのであればそれでも良いのかもしれません。

しかし、お金を稼ぐためにYouTubeへの動画投稿を行っているのであれば、いちいち掲載許可を取ってまで他人の動画を使うメリットは全くありません。

結果的に、一番いいのは他人の動画を転載しないことです。

 

動画の説明欄に引用URLを記載しておけば著作権的に問題なし?

この点に関しては勘違いしている人も多いので補足で説明しておきます。

「転載元の動画素材があるURLを、YouTube動画の説明欄に引用元として記載しておけば著作権的にOK」と思っている人がいますが、これはただの勘違いです。

 

転載動画の説明欄に「引用元:YouTubeやニコニコ動画のURL」といった表記がされているのを見たことがあるかもしれません。

ただ、あれに関しては動画を転載している人が勝手な解釈で「引用元として表記すれば問題ない」と主張しているだけであって、法律的・倫理的には明らかにNGです。

 

もちろん、本当に権利元から許可をもらった上で、上記のような記載を行っているのであれば問題ないですが、そういったケースはほぼありません。

さすがに有名ユーチューバーの方々にもなってくると、この辺の権利関係はしっかりとしていることが多く、他人の動画を自身の動画内で使用するときは「掲載許可をいただいています」といった注意書きを入れている場合がほとんどです。

 

とにかく、引用元として記載すれば転載してもOKと勘違いしている人もいますが、それは本来はNGなので気を付けましょう。

 

2018年以降のYouTubeは転載動画がほぼ100%稼げなくなった理由

YouTubeに他人の動画を転載してもリスクが大きいだけなので、全くおすすめできないことは理解していただけたと思います。

もっと言うと、2018年以降は転載動画で稼ぐことはほぼ不可能な状況になっています。

 

2018年2月20日以降、YouTubeチャンネルの収益化基準が変更されました。

YouTube収益化の新基準をクリアするのは本当に大変なのか?登録者数1,000人以上、総再生時間4,000時間以上の広告掲載新基準を徹底解説!

 

詳細については上記の記事を読んでいただくとして、この変更自体は真面目に動画投稿を行っているユーザーからすれば全く問題なく、むしろポジティブな変更です。

ただ、転載動画をアップロードしているような人たちにとっては大ダメージの変更となっています。

 

そもそも、テレビ動画などをアップロードしている人たちは、動画が削除される前提でアップロードしています。

要は「著作権違反で削除されてしまう前までに爆発的なアクセスを稼いで広告収入を得てしまおう!」という発想なのです。

確かに、2018年2月20日以前はその方法が通じたのかもしれません。

 

しかし、収益化基準の変更後は、チャンネル登録者数が1,000人以上になり、かつ、YouTubeの収益化審査に合格しないと動画に広告が付きません。

これは転載動画をアップロードしている人たちにとっては二重のハードルとなります。

 

まず、転載動画をアップロードしているようなチャンネルはファンが付きにくいため、登録者数1,000人まで集めるのが難しいです。

また、順調に登録者が集まっていったとしても収益化される前に、著作権違反でチャンネルごと削除される可能性が高いのです。

 

万が一、これらのハードルをクリアできたとしても、その次にはYouTubeの収益化審査が待っています。

テレビ動画などをアップロードしているような転載チャンネルが、この収益化審査に合格することはほぼ不可能であるため、結局は動画に広告が付かない結果に終わります。

 

つまり、今から「YouTubeに他人の動画を転載して広告収入を稼ごう!」というノウハウは、かなり時代遅れのノウハウということになります。

もし、そういったノウハウ(とすら言えないレベルですが…)で稼ごうと思っているのであれば、絶対にやめたほうがいいです。

まず間違いなく、そんなやり方では稼げません。

YouTubeで稼ぎたいのであれば、もっと王道的なノウハウを身に付けて、YouTubeが存続する限り永久に稼ぎ続けられるようなチャンネルを作り上げていきましょう!

 

100人のうち80人が成功する方法と、100人のうち1人しか成功しない方法

もしかすると、2018年11月現在でも「他人の動画を転載するだけでYouTubeで稼げる」と主張している人はいるかもしれませんし、実際にその人は稼いでいるのかもしれません。

ただ、間違いなく言えることは、いまの時代、そういったやり方で稼いでいる人は相当なレアケースだということです。

それこそ、そのやり方に100人が挑戦したら1人しか成功できないレベルのやり方だと言えるでしょう。

 

一方で、真っ当なやり方でYouTubeチャンネルを構築していけば、ほぼほぼ間違いなく稼ぐことができるようになります。

正確な数値を出したわけではありませんが、きちんとしたノウハウを学んで取り組んでいけば、100人挑戦した人のうち80人以上は成功できるのではないでしょうか。(数字はテキトーですが、それくらい成功確率が高いという意味です)

 

つまり、YouTubeで稼ぐためのノウハウとして、王道的なノウハウと転載動画などのやり方があった場合、どう考えても前者のほうが稼げる確率が高いわけです。

であれば、わざわざ稼げる可能性が低く、リスクも大きい転載動画のやり方に取り組むのなんて馬鹿らしいと思いませんか?

 

ということで、もし貴方が真っ当な王道ノウハウでYouTubeの広告収入を得ていきたいのであれば、下記の無料メール講座をチェックしてみることをお勧めします。

このノウハウを知ったら、他人の動画を転載するのなんて本気で馬鹿らしくなるくらいクリーンに稼ぐことができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

チャンネル削除におびえることなく、YouTubeで真っ当に稼ぎたい方限定の王道ノウハウ

 






  • 2018 11.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeのアカウント停止・チャンネル削除画面

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年12月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る