YouTubeの1再生あたりの収入はいくら? 1再生0.1円は嘘?

YouTubeの広告収入単価は一般的に1再生あたり0.1円と言われています。(動画が1万回再生されれば1,000円、10万回再生されれば1万円の収入ということです)

「1再生あたり0.1円の収入が得られる」というのは、あくまでも目安であって「だいたいそのくらいの収入金額になることが多い」という数値です。

実際には大きな幅があり、1再生0.01円のチャンネルもあれば、1再生0.4円など高単価になるチャンネルも存在します。

せっかく、YouTubeへの動画投稿を行うのなら、あなたも1再生あたりで得られる広告収入をできる限り高くしたいと考えていると思います。

YouTube攻略の専門家
YouTube攻略の専門家
2013年からYouTubeの研究を行っていて、1再生あたりの単価の変動も見てきている筆者が、1再生あたりの単価が変わる要因について詳しく解説していきます!

この記事を読めば、「せっかく投稿した動画の1再生あたりで得られる広告収入が低かった・・・」という悲しい結果を避けられるようになります。

※2020年7月に最新の動向を踏まえて記事内容を更新しました。

YouTubeの「1再生で0.1円」はあくまでも目安

テレビやネットニュースなどで、YouTubeの再生回数に応じた広告収入について解説されている場合、大抵が「1再生で0.1円」と説明されています。

これはYouTubeに関する知識がない方に向けて分かりやすく説明するために簡略化しているからです。

ポイント

実際には1再生あたりの収入は幅があるが、一般的なYouTubeチャンネルは、1再生あたり0.1円前後になることが多いのは事実です。

 

世の中にあるYouTubeチャンネルをすべて平均して見てみれば、おそらく1再生あたり0.1円程度になると思います。

実際にすべてのYouTubeチャンネルの平均値を出すことは、Google(YouTube)にしかできないことなので100%正確なことは言えませんが、私自身の運営チャンネル経験や過去にコンサルティングを行ってきた方々の平均値を見ると、だいたい1再生で0.1円と考えても間違いはありません。

 

1再生=0.01円のチャンネルもあれば、1再生=0.4円もあり得る

「YouTube動画は再生回数に応じて、1再生あたり0.1円の広告収入を得られる」というのは、目安としては正しいです。

しかし、実際は1再生あたりの広告収入にはかなりの幅があります。

事例データ

1再生あたりの広告収入に関して、下は0.01円から上は0.4円超えまで、さまざまなチャンネルが存在します。

このくらいの幅は、実際にこの目で確かめたことがある数値です。

 

何の知識も持たずに動画投稿を行っていると、最悪の場合は「(1再生0.01円だとすると)自分の動画が100万回再生されても広告収入が1万円しかもらえない…」といったことになってしまう可能性もあります。

「頑張って動画投稿をしているのに全然収入につながらない…」という悲劇を避けたいのなら、YouTubeで効率よく稼ぐための攻略ノウハウを伝授する無料メール講座も行っていますので、気になる場合はぜひチェックしてみてください。

 

動画1再生あたりのYouTube広告収入が変動する4つの要因

YouTube動画の広告収入単価に0.01~0.4円といった大きな幅が生じるのは複数の理由があります。

1再生あたりの単価が変動する主な要因

・動画のジャンル

・再生される時期

・表示される広告の数

・再生される地域

 

単価が変化する要因をしっかりと理解すれば対策もできますし、再生単価が低くなってしまうようなチャンネルを作ってしまうこともなくなりますので、それぞれ詳しく解説していきます。

 

動画内容や投稿ジャンルにより、1再生あたりの単価が異なる

1再生あたりの広告収入単価が極端に低くなってしまっている場合、ほとんどは動画内容に問題があります。

注意

著作権侵害を行っている動画やYouTubeのコミュニティガイドラインに違反している動画には、広告が表示されにくくなります。

動画が再生されても広告が表示されにくいため、結果的に広告収入も少なくなってしまいます。

 

意外とやってしまいがちなミスとして代表的なのは、工 □系の動画を投稿してしまうことです。

YouTubeでは直接的なそれ系の内容は動画投稿自体が禁止されていますが、少しだけそっち寄りの内容であれば投稿すること自体は可能です。

ただし、YouTubeのシステムがそれ系の内容だと判断した場合は、動画に表示される広告が極端に少なくなります。

これは広告出稿主のブランドイメージが悪くなるのを防ぐために、YouTubeのシステムが機能しているからです。

 

例えば

広告出稿主の高級ブランドのオシャレな動画広告が、下品な動画の再生前に流れていたら、ブランドイメージが壊れるので絶対に嫌がるのは理解できると思います。

ブランドイメージが悪くなってしまうのを避けるために、YouTubeのシステムがそれ系の動画には広告を表示させにくくしているのです。

 

時期により、1再生あたりの単価が異なる

1再生あたりの広告収入が変動して動揺してしまう方も多いですが、そのほとんどは時期による変動です。

YouTube動画における1再生あたりの単価は、YouTube内の広告出稿量によって異なります。

要は、多くの広告出稿主がYouTubeへ動画広告を出していれば1再生あたりの単価が上がりますし、逆に広告出稿主が少なければ1再生あたりの単価は下がります。

 

1再生あたりの収入単価が上がる時期とは?

・クリスマス商戦、年末商戦で広告が増える12月

・多くの企業の年度末である3月

時期による単価変動については下記の記事でも詳しく解説を行っていますので、さらに詳細を知りたい場合は併せて読んでみてください。

3月のYouTubeアドセンス報酬が急上昇する理由とは?YouTubeアドセンスで稼げる時期と、さらに稼ぐ戦略

 

時期による1再生あたりの広告収入の変動は、動画やチャンネルの良し悪しとは全く関係がない部分なので、そういうものだと割り切って考えましょう。

 

設定している広告の数により、1再生あたりの単価が異なる

1再生あたり0.3円や0.4円といった高い広告単価を実現していくためには、この要因が大きくかかわってきます。

再生単価を上げるポイント

ミッドロール広告やポストロール広告を設定することが重要。

※動画本編の途中で挿入される広告がミッドロール広告、動画本編の視聴後に挿入されるのがポストロール広告です。

 

通常のYouTube動画の場合、動画本編の再生前に1回だけ広告が表示されますが、ミッドロール広告やポストロール広告を設定すると、1つの動画に対して複数の広告を表示できます。

結果、動画再生時に表示される広告の数が増え、1再生あたりの広告収入単価が高くなります。

このため、「広告が最初の1回だけしか表示されない動画」と「複数回表示される動画」では、1再生あたり、いくらの広告収入がもらえるのかが異なってきます。

なお、ミッドロール広告・ポストロール広告の詳細や設定方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

YouTubeの広告収入単価を1.8倍も増やした裏ワザ

 

再生される国や地域により、1再生あたりの単価が異なる

全く同じ動画を再生した場合でも、その動画を見ている人が住んでいる国が違えば、表示される広告はまったく別のものになります。

これはYouTubeが動画を再生している人によって適切な広告を出し分けているからです。

意外と忘れがちですが、変動要因としては非常に大きいです。

例えば、ベトナム在住のベトナム人があなたの動画を見た時に、その人に対して日本でしか上映されていない映画の動画広告が表示されても何も意味がないわけです。

このため、ベトナムで見ている人に対しては、ベトナム向けの広告が表示されます。

 

そして、国や地域によってYouTubeに動画広告を出稿している企業の数は異なります。

例えば

日本では同時期に10,000社の企業がYouTubeに広告を出しているけれど、同じ時期にベトナムでは動画広告を出している企業が100社しか存在しない・・・といったことはあり得ます。(国・企業数はあくまでも例です)

この例の場合、単純計算で考えてもベトナムでの1再生あたりの単価は日本の100分の1になります。(10,000社:100社)

当然、ここまで単純計算できるものではありませんが、広告出稿主の数によって1再生あたりの単価が異なることは覚えておきましょう。

 

ずばり、YouTubeへの動画投稿初心者の方は、最初のうちは難しく考えずに日本向け・日本人向けの動画を作っていくことをお勧めします。

私はどこの国でどの程度の広告収入が見込めるか・・・といった実験も行っていますが、日本国内の1再生あたりの単価は安定して高い数値になっています。

ポイント

日本人向けに動画を投稿するのがもっとも稼ぎやすい

 

なお、どんなジャンルの動画が実際にYouTubeで稼げるのか?を知りたい場合は「YouTubeで実際に稼げるジャンルの暴露ファイル」を無料でプレゼントしていますので、お気軽にこちらのプレゼント申請フォームから無料でプレゼントの請求を行っておいてください。

 

1再生あたりの収入単価を知るための計算方法は「広告収入÷再生回数」

「自分のYouTubeチャンネルにおける1再生あたりの単価を上げたい!」という場合は、上記の4つの要因を分析して、それぞれ対策を行っていくことをお勧めします。

ただ、そもそも自分のYouTubeチャンネルにおいて「1再生あたり、いくらの広告収入がが発生しているのか」を把握できていない方も多いと思いますので、計算方法を解説します。

1再生あたりの広告収入単価の計算方法とは?

「広告収入 ÷ 再生回数」で計算できます。

それぞれの数値に関しては、YouTubeスタジオ(旧:YouTubeアナリティクス)に表示されている数値を入れてみましょう。

 

例えば、先月1ヶ月間の推定収益額を見たときに1万円だったとします。この同じ期間の再生回数は10万回だったとしましょう。

「1万円 ÷ 10万回再生 = 0.1円」となるので、このチャンネルでは「先月は1再生あたり0.1円の収入が得られた」と分かります。

なお、1再生あたりの単価計算を行うときは1日や数日単位ではデータ量が足りないため、1ヶ月程度くらいの期間の「広告収入」と「再生回数」を使って計算することをお勧めします。

 

「1再生あたり0.1円」は基準値として捉えるのが正解!

ここまでの内容をまとめると、「1再生あたり0.1円は基本的に正しいけれど、主に4つの要因によって1再生あたりの単価は0.01円にも0.4円にも変動する」ということです。

「1再生あたりいくら貰えるのかに関して、こんなにも変動が大きいなら何を基準に考えればいいんだろうか…」と思ってしまうかもしれません。

しかし、私は基本的に1再生あたり0.1円を基準として考えることを推奨しています。

 

先の計算方法によって自分のチャンネルの再生単価を導き出し、0.1円以下の場合は何らかの改善を加えたり、0.1円以上であれば現在の方向性が正しいと判断したりといった基準として考えます。

1再生あたり0.1円という基準値は、自分のチャンネルの改善を考える時や参入ジャンル決定のためのリサーチの際にも役立ちますので、覚えておくと便利な数字です。

 

2018年以降、1再生あたりの単価は上昇傾向なので、これから始める人はチャンス!!

この記事を最初に執筆したのは、2018年でしたが、その時すでに2017年や2016年頃と比較して1再生あたりの単価は上昇していました。(2020年の今も上昇傾向が続いています)

これは2018年2月20日にYouTubeチャンネルの収益化基準が変更されたことが関係しています。

 

収益化審査の基準が変更されたことで、2018年2月20日以降、非常に規模の小さなチャンネルには広告が表示されなくなりました。

一つ一つのチャンネルが得ていた広告収入は小さいですが、そういったチャンネルが無数に存在していたことを考えると、表示されなくなった分の広告収入は結構な金額になるはずです。

それらの非表示になった広告は、新しい収益化基準をクリアしたチャンネルに表示されるようになりました。

結果的に、規模が小さなチャンネルでは広告が表示されなくなりましたが、登録者数1,000人以上のチャンネルに関しては広告表示が多くなりました。(=1再生あたりの単価が増えました)

 

結果的に、登録者数1,000人を超えたYouTubeチャンネルはますます稼ぎやすくなりました。

YouTubeの収益化審査基準の変更をネガティブに捉えている人は多いのですが、実は冷静に考えると大きなチャンスが訪れているのです。

ポイント

今のYouTubeは非常に大きなチャンス市場なので、副業としてお金を稼ぎたい人にとってはお勧めの市場です、

 

とはいえ、あなたは「具体的にどうやったらYouTubeで広告収入がもらえるのか分からない…」「YouTubeの広告収入を増やすための方法が分からない…」と悩んでいるのではないでしょうか。

そこで、2013年から今まで多くの方々にYouTubeで結果を出させてきた私が「ゼロからYouTubeで稼ぐための無料メール講座」をご用意しました!

 

私の無料メール講座では完全に初心者の方にもYouTubeビジネスを理解していただけるように「ゼロから始めるYouTubeの稼ぎ方」、「実際に稼げる具体的な動画ジャンル・動画内容の暴露ファイル」といった複数のプレゼントを無料で差し上げています。

もし、あなたがチャンスがあふれているYouTube市場で副業収入を稼いでみたいのであれば、まずは下記のリンクをクリックしてお気軽に無料プレゼントをチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

【限定特別キャンペーン】YouTubeチャンネルの登録者数・再生回数を激増させる“本物のYouTube攻略ノウハウ”を無料プレゼント中!

今なら下記の無料プレゼントを希望者全員に差し上げています!

  • 【5分で分かる】YouTubeチャンネルから広告収入を得るための基礎知識
  • YouTubeで実際に稼げるジャンルの暴露ファイル
  • チャンネル登録者数・再生回数を激増させる7つの必勝ポイント
  • 無料メール講座受講者限定のシークレットコンテンツ


これらの無料コンテンツを見るだけで「YouTubeで広告収入が得られる仕組みとは」、「1再生で何円の広告報酬がもらえるの?」といった動画投稿初心者の人が感じている疑問が解決します。

さらに、YouTubeの広告収入だけで月収1,000万円を稼ぎ続けている人が、今も実践中の超極秘ノウハウも知ることができます!!

もし、貴方がYouTubeから広告収入を得ることに少しでも興味があるのなら、下記の緑色のボタンをクリックして、今すぐ無料プレゼントを受け取ってみてください!

  • 2018 08.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 副業と本業
  2. ハッシュタグ

このブログについて

2020年9月現在も7年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者が書いているブログです。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“7年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る

YouTube攻略 特別メール講座
【今だけ0円】初心者でも結果を出す人が続出中!
YouTube攻略 無料メール講座