YouTubeの1再生あたりの収入はいくら? 1再生0.1円は嘘?

この記事は6分で読めます

一般的にYouTubeの広告収入単価は1再生あたり0.1円だと言われています。(動画が1万回再生されれば1,000円、10万回再生されれば1万円の収入になる計算です)

本当のように語られている「1再生あたり0.1円」という再生単価は「本当と言えば本当だし、嘘と言えば嘘」です。

実は、YouTubeの広告収入における1再生あたりの単価というのは、動画投稿しているジャンルや時期、再生される地域によっても大きく異なります。

この記事では「YouTubeでは1再生あたり、いくらの広告収入が貰えるのか?」について詳しく解説していきます。

YouTubeの「1再生で0.1円」はあくまでも目安

テレビやネットニュースなどで、YouTubeの再生回数に応じた広告収入について解説されている場合、大抵が「1再生で0.1円」だと説明されています。

これはYouTubeに関する知識がない方に向けて分かりやすく説明するために、簡略化した表現だと言えます。

とはいえ、実際に一般的なYouTubeチャンネルは、1再生あたり0.1円前後に落ち着くことが多いです。

このため、世の中にあるYouTubeチャンネルを平均してみれば、おそらく1再生あたり0.1円程度になるのではないかと予想されます。

実際に全YouTubeチャンネルの平均値を出すことは、Google(YouTube)にしかできないことなので何とも言えませんが、私自身の運営チャンネルや過去にコンサルティングを行ってきた方々の平均を見ると、だいたい1再生で0.1円と考えても問題はないと思います。

 

実際には1再生=0.01円もあれば、1再生=0.4円もあり得る

「YouTube動画は再生回数に応じて、1再生あたり0.1円の広告収入を得られる」というのは、目安としては正しい見解です。

しかし、実際は1再生あたりの広告収入にはかなりの幅があります。

私が知っている事例だけでも、下は0.01円から上は0.4円超えまで、さまざまなチャンネルが存在しています。このくらいの幅については、実際にこの目で確かめたことがある数値なので、紛れもない事実です。

ただし、よほど間違ったことをしない限りは1再生あたり0.01円といった低すぎる単価にはならないので、その点は安心してください。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

1再生あたりの広告収入が変動する4つの要因

YouTube動画の広告収入単価に、0.01~0.4円といった大きな幅が生じるのは、複数の要因が関係しています。

細かく見ていけばもっと多くの要因が関係してくるとは思いますが、ここでは1再生あたりの単価が変動する主な要因として、4つを解説していきます。

変動要因を理解すれば、対策することもできますし、極端に再生単価が低くなってしまう事態は避けられます。

 

動画内容により、1再生あたりの単価が異なる

1再生あたりの広告収入単価が極端に低くなってしまっている場合、ほとんどは動画内容が問題になっています。

著作権侵害を行っている動画やYouTubeのコミュニティガイドラインに違反している動画には、広告が表示されにくくなります。

 

代表的なのは、大人向けの動画内容です。(SEO的な観点から、あえてぼかして書いています)

YouTubeでは直接的なそっち系の内容は動画投稿自体が禁止されていますが、少しだけそっち寄りの内容であれば投稿することは可能です。

どのレベルがOKで、どのレベルがNGなのかは線引きが難しいところですが、基本的に少しでもそっち寄りの内容が動画に含まれている場合は、広告が表示されにくくなると思っておくと良いです。

 

これは広告出稿主のブランドイメージが悪くなるのを防ぐために、YouTubeが実装している制御システムが働いているからです。

高級ブランドの動画広告が下品な動画の再生前に流れまくっていたら、ブランド側は嫌だと感じるのは理解できると思います。

 

時期により、1再生あたりの単価が異なる

1再生あたりの広告収入が変動して動揺してしまう方も多いですが、そのほとんどは時期による変動です。

YouTube動画における1再生あたりの単価は、YouTube内の広告出稿量によって異なります。

要は、多くの広告出稿主がYouTubeへ動画広告を出していれば1再生あたりの単価が上がりますし、逆に広告出稿主が少なければ1再生あたりの単価は下がります。

 

1年を通じて見てみると、クリスマス商戦・年末商戦で広告出稿が増える12月や、多くの企業の年度末である3月には毎年広告出稿が増える(=1再生あたりの単価が上がる)傾向があります。

時期による単価変動については、下記の記事でも詳しく解説を行っています。

3月のYouTubeアドセンス報酬が急上昇する理由とは?YouTubeアドセンスで稼げる時期と、さらに稼ぐ戦略

 

時期による1再生あたりの広告収入の変動については、動画やチャンネルの良し悪しとは関係ない部分なので、そういうものだと割り切って考えるしかありません。

 

設定している広告の数により、1再生あたりの単価が異なる

1再生あたり0.3円や0.4円といった高い広告単価を実現していくためには、この要因が大きくかかわってきます。

具体的には、ミッドロール広告やポストロール広告を設定するか否かということです。

動画本編の途中で挿入される広告がミッドロール広告、動画本編の視聴後に挿入されるのがポストロール広告です。

 

通常のYouTube動画の場合、動画本編の再生前に1回だけ広告が表示されます。

ただ、ミッドロール広告やポストロール広告を設定すると、1つの動画に対して複数の広告を表示できるようになります。

結果的に、1再生に対する広告収入単価が高くなるのです。

 

このため、広告が最初の1回だけしか表示されない動画と複数回表示される動画では、1再生あたりいくらの広告収入がもらえるのかが異なります。

なお、ミッドロール広告・ポストロール広告の詳細や設定方法については、下記の記事で詳しくまとめています。

YouTubeの広告収入単価を1.8倍も増やした裏ワザ

 

再生される国や地域により、1再生あたりの単価が異なる

この要因は多くの方にはあまり関係ないとは思いますが、意外と忘れがちで重要な変動要因です。

例えば、日本、ブラジル、ベトナムの3ヶ国でそれぞれ全く同じ動画を再生した場合、表示される広告は異なります。

これはYouTubeが動画を再生している人によって適切な広告を出し分けているからです。

貴方の動画をベトナムから見ているベトナム人の方がいたとして、その方に対して日本でしか上映されていない映画の動画広告が表示されても何も意味がないでしょう。

つまり、ベトナムで見ている方に対しては、ベトナム向けの広告が表示されます。

 

ただ、この話はなかなか複雑で、国や地域によってYouTubeに動画広告を出稿している企業の数は異なります。

例えば、日本では同時期に10,000社の企業がYouTubeに広告を出しているけれど、同じ時期にベトナムでは動画広告を出している企業が100社しか存在しない・・・といったことがあり得るのです。

この例で言えば、単純計算で考えても、ベトナムでの1再生あたりの単価は日本の100分の1になります。(10,000社:100社)

もちろん、ここまで単純に計算できるものではありませんが、「広告出稿主の数によって1再生あたりの単価は異なる」のは事実です。

 

この話を深堀していくと複雑になり過ぎるので割愛しますが、最初のうちは難しく考えずに日本向け・日本人向けの動画を作っていけば全く問題ありません。

余談ですが、ビジネスをグローバルに捉えてみると、日本がいかに恵まれた国であるかを再認識できます。

日本向け・日本人向けの動画で、どんなジャンルの動画が実際に稼げるのかについては、こちらの無料メール講座で暴露しています。

 

そもそも1再生あたりの単価はどうやって計算すればいいのか?

「自分のYouTubeチャンネルにおける1再生あたりの単価を上げたい!」という場合は、上記の4つの要因を分析して、それぞれ対策を行っていくのが良いです。

ただ、そもそもの話として、自分のYouTubeチャンネルが「1再生あたりいくら貰えているのか」という広告収入単価の計算方法を知らない方も多いと思いますので、計算方法を解説します。

 

1再生あたりの広告収入単価に関しては、「広告収入 ÷ 再生回数」で計算することが可能です。

それぞれの数値に関しては、YouTubeアナリティクスに表示されている数値を用いるのが良いでしょう。

 

例えば、YouTubeアナリティクスのデータで、先月1ヶ月の推定収益額を見たときに1万円だったとします。同じ期間の再生回数は10万回だったとしましょう。

「1万円 ÷ 10万回再生 = 0.1円」となるので、このチャンネルでは「先月は1再生あたり0.1円の収入が得られた」と分かります。

なお、1再生あたりの単価計算を行う際には、1日や数日単位ではデータ量が足りないため、1ヶ月程度の期間で計算することをお勧めします。

 

「1再生あたり0.1円」は基準値として捉えるべし!

ここまでの内容をまとめると、「概ね1再生あたり0.1円は正しいけれど、主に4つの要因によって、1再生あたりの単価は0.01円にも0.4円にもなる」ということです。

「1再生あたりいくら貰えるのか?に関して、こんなにも変動が大きいなら何を基準に考えればいいんだろうか・・・」と思ってしまうかもしれません。

しかし、私は基本的に1再生あたり0.1円を基準として考えることにしています。

 

先の計算方法によって自分のチャンネルの再生単価を導き出し、0.1円以下の場合は何らかの改善を加えたり、0.1円以上であれば現在の方向性が正しいと判断したりします。

1再生あたり0.1円という基準値は、自分のチャンネルの改善を考える時や参入ジャンル決定のためのリサーチの際にも役立ちますので、覚えておいて損はない数字です。

なお、参入ジャンルの選定方法やおすすめの参入ジャンルについては、こちらの無料メール講座でも詳しくお伝えしています。

 

2018年は1再生あたりの単価が上がっている傾向が見られる!?

100%正確なデータを取ることは難しいので何とも言えませんが、感覚としては2018年現在は2017年や2016年頃と比較して、1再生あたりの単価が上昇してきているような気がしています。(というか、おそらく、上昇しています)

これは2018年2月20日にYouTubeチャンネルの収益化基準が変更されたことが関係しています。

 

収益化審査の基準が変更されたことで、非常に規模の小さなチャンネルには広告が表示されなくなりました。

一つ一つのチャンネルが得ていた広告収入は小さいですが、そういったチャンネルが無数に存在していたことを考えると、表示されなくなった分の広告収入は結構な金額になるはずです。

それらの非表示になった広告は、新しい収益化基準をクリアしたチャンネルに表示されるようになりました。

結果的に、規模が小さなチャンネルでは広告が表示されなくなりましたが、登録者数1,000人以上のチャンネルに関しては広告表示が多くなりました。(=1再生あたりの単価が増えた)

 

こういったYouTubeの仕様変更により、登録者数1,000人を超えられるYouTubeチャンネルはますます稼ぎやすくなりました。

YouTubeの収益化審査基準の変更をネガティブに捉えている人も多いですが、実は冷静に考えると、大きなチャンスが訪れているのです。

そんなビッグチャンスが訪れているYouTubeで、2018年以降も稼ぎ続けていきたいのであれば、下記の無料メール講座を読んでみることをお勧めします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

登録者1,000人を簡単にクリアして、YouTubeで稼ぎ続けるためのノウハウを無料公開中!!

 






  • 2018 08.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年9月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る