再生数1000回未満のYouTube動画でも収益再審査をクリアする方法【黄色の$マークへの対処法】

この記事は5分で読めます

2017年8月のYouTubeの仕様変更により、動画に黄色の$マークが出てしまい「ほとんどの広告主に適していない」と表示される仕様に困っている方も多いと思います。

私の場合、黄色の$マークに対しては、完全ではないにせよ、ある程度の傾向や解決策が見えているので、現状では特に困っていません。

ただ、継続して色々と検証を行っており、今回、直近で新たに分かったこともありましたので、改めて記事にしておきます。

今回の記事は、「黄色の$マークに対して収益の再審査リクエストを送りたいけれど、動画の再生回数が少なく再審査条件を満たしていないので困っている・・・」といった方にとって参考になる内容だと思います。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

黄色の$マークの正しい理解と対策に関する基礎知識

黄色の$マークに対する基本的な理解と、傾向や対策については、過去に下記の記事でかなり詳しくまとめています。

今回の仕様変更に関して、まだ知識を持ち合わせていない場合は、まずは下記の記事からチェックすることをお勧めします。

3つの記事を紹介していますが、忙しい場合には、最低限一番上の記事だけを確認すれば一通りの知識は身に付きます。

YouTubeの「ほとんどの広告主に適していない」表示をどうするべきか?収益化マークが黄色になった場合の正しい対応方法
“ほとんどの広告主に適していない”YouTube動画はその後どうなった?システム変更後にアドセンス報酬は激減したの?
YouTubeの収益審査システムが2017年10月に再び変更され、黄色の収益化マークが増えたり減ったりしている事象について解説

 

上記の記事に関しては、基本的に「再審査ができる」前提で執筆しているので、今回は「再生回数の条件などにより、再審査ができない場合はどうするべきか?」について解説を行っていきます。

 

「ほとんどの広告主に適していない」が表示されたときに再審査リクエストを依頼できる条件

YouTubeに動画をアップロード後、収益マークが黄色の$マークになり、再審査リクエストを送りたい場合、再審査を行ってもらうためには一定の条件をクリアする必要があります。

YouTube側に収益の再審査を行ってもらうためには下記の2つの条件のうち、どちらかを満たしている必要があります。

1.チャンネル登録数が10,000人を超えている

2.該当の動画の再生回数が過去7日間で1,000回以上

 

チャンネル登録数が10,000人を超えていれば、動画を限定公開でアップロードして収益マークが緑になるか黄色になるかを判断し、もし黄色になった場合は、限定公開のまま審査請求を送ることができます。

そこで問題なく、緑の$マークに戻ったら動画を公開すればいいだけです。

ただ、実情はチャンネル登録数が10,000人を超えていない人のほうが割合として多いと思いますので、1の方法で再審査リクエストを行うことは難しいでしょう。

 

一方、チャンネル登録数に関係なく、再審査リクエストを送りたい場合には該当の動画が過去7日間で1,000回以上再生されている必要があります。

ただし、こちらに関しても総再生回数1万回を超えたばかりのチャンネルで、やっと収益マークが出始めたのに、黄色の$マークになってしまっている・・・という人にとっては審査条件のハードルが高いです。

まだまだチャンネル登録数が少ないチャンネルにとっては1,000回再生を超えるのも大変だと思います。

結果的に、再生回数がそこまで大きくならないチャンネルを運営している動画投稿者にとって、YouTubeの用意している収益の再審査請求は、実質、機能していないのと同じだとも言えます。

 

逆に言えば、チャンネル登録者数が1万人以上になって毎回アップロードした動画が再生回数1,000回を余裕で超えるようなチャンネルを作ることができれば、再審査リクエストに関する心配はなくなります。

そういったチャンネルを作ることができれば、YouTubeで毎月毎月、継続的に稼ぎ続けることも可能です。

本記事のメインテーマとは離れてしまうので今回は割愛しますが、そんな稼げるYouTubeチャンネルを作りたい場合はこちらの無料メール講座をチェックしてみることをお勧めします。

 

黄色の$マークが出た動画の再生回数が1,000回未満でも再審査リクエストを依頼する方法

上記で解説を行っている通り、駆け出しの動画投稿者にとっては動画投稿後に黄色の$マークが出てしまうと、再審査リクエストで審査してもらえる可能性は薄いと言わざるを得ません。

実際には、動画アップロード後に黄色の$マークが出てしまったとしても、何もせずに2~3日放置しておくことで緑の$マークに戻ることはありますし、タイトルや説明文、タグを修正して2~3日待ち、緑に戻すこともできます。

 

そして、意外と知られていないことなのですが、現段階で条件を満たしていなくても再審査リクエストを送ることはできます。

私の場合、今まで審査条件をクリアしていない動画に関して「審査をリクエスト」を送ったことがなかったので、今回、実験的にやってみたところ、面白い結果が得られました。

 

登録者数1万人以下のチャンネル内にある再生回数1,000回以下の動画に関して、収益再審査のリクエストを実際に送ってみた

私が運営している複数のチャンネルのうちの一つに、比較的、新しく作ったチャンネルで、ついこの前、総再生1万回を超えたチャンネルがあります。

このチャンネルについては、誰が見ても黄色の$マークが出てしまうような動画は投稿しておらず、実際に黄色の$マークはほぼゼロの状態でした。

たまに、黄色の$マークが出ることがあっても何もせずに、2~3日放置していれば勝手に緑の$マークに戻っているといった状況でした。

 

そんなチャンネルにおいて、先日アップロードした動画がなぜか黄色の$マーク状態になってしまいました。

普段であれば、2~3日放っておくことで緑に戻るのですが、なぜかその動画だけはいつまで経っても緑に戻る気配がありませんでした。

そこで、思い切って、再生回数が1,000回未満であるのにもかかわらず、再審査リクエストを送ってみることにしました。

何か面白い結果が出るかな?と思いながら、手順を画像キャプチャで取っておきましたので画像を交えて解説します。

 

まだまだ成長途上の某チャンネルにおいて黄色の$マークが出てしまったので「審査をリクエスト」をクリックして再審査請求を送ってみます。

YouTube 審査をリクエスト

「収益受け取り」のタブに遷移するので、「YouTubeチームによる確認を依頼する」をクリックします。

YouTubeチームによる確認を依頼する

ポップアップ画面のような形で審査リクエストの確認画面が出てきます。

ここにも「現在審査可能な動画は、過去7日間の視聴回数が1,000回以上の動画のみです」と記載されています。

今回の動画は再審査リクエスト時に視聴回数が19回しかなかったので、この条件は全くクリアできていません。

YouTube 審査をリクエスト

「この視聴回数に達した時点で動画の審査を開始し~」と記載されているので、YouTube側の説明では、視聴回数1,000回以下の動画で審査リクエストを送った場合、視聴回数が1,000回を超えたら審査してもらえるようです。

審査リクエストを送った後に、再度、動画の管理画面を見てみると、「審査リクエスト済み」と表示されていました。

YouTube 審査リクエスト済み

審査リクエストが完了すると、そのまま緑の$マークに戻るか、黄色の$マークのまま「手動審査により承認済み」と表示されるかのどちらかです。

審査リクエストを送ったのが15時30分頃だったのですが、その後、同日の19時頃に改めて管理画面を見てみると・・・なんと、普通に緑の$マークに回復していました!

YouTube 緑の$マークへ回復

動画の再生回数が1,000回以下であるにもかかわらず、審査リクエストから約3時間半後には緑の$マークに戻っていました。

審査リクエストを送ってから3時間半しか経っていないので、とても人の目による審査が行われているとは思えませんね・・・。

もしかすると、審査リクエストを送ることで、再度、YouTubeのAIによる自動審査をやり直してくれるのかもしれません。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

投稿した動画に黄色の$マークが出てしまったら、とりあえず再審査リクエストを送るのもアリ?

今回のケースでは、いつもなら緑の$マークに戻るはずの動画がずっと黄色の$マークだったので、ダメもとで再審査リクエストを送ってみたところ、数時間後に緑の$マークに回復する事象が見られました。

もちろん、検証数が多いわけではないので、今回のやり方が確実に黄色の$マークから緑の$マークへ回復させる方法だとは言えません。

 

しかし、チャンネル登録者数が1万人以下で、該当の動画の再生回数が1,000回を超えそうにない場合、再審査リクエストを送ること自体を諦めていた方も多かったのではないかと思います。

そういう方にとって今回の事例は、もしかすると希望の光になるのかもしれません。

私自身が今回の経験を通じて思ったのは「とりあえず、ダメもとで再審査リクエストを送ってみるのもアリ」ということです。

動画のアップロード後に、黄色の$マークになってしまい、タイトル、説明文、タグの修正を行って数日間放置しても緑の$マークに戻らない場合、その動画はずっと黄色の$マークのままである可能性もゼロではありません。

であれば、その動画が再生回数1,000回に到達していなかったとしても、とりあえず、再審査リクエストを送ってみることで、緑の$マークに変更される可能性に賭けてみるのも良いと思います。

 

ということで、YouTubeに動画をアップロードした直後に「ほとんどの広告主に適していない」と表示されて黄色の$マークが出てしまったら、まずは、タイトルや説明文、タグを修正して数日間放置することを推奨します。

その後、いつまで経っても黄色の$マークのままの場合、該当の動画が再生回数1,000回未満であっても、とりあえず、再審査リクエストを送ってみるのも良いでしょう。

今回の黄色の$マークのように、YouTubeは頻繁に仕様変更がありますが、本質的な力を身に付ければ、YouTubeが存在する限り稼ぎ続けることも可能です。

そんな本質的な稼ぐ力を身に付ける方法については下記の無料メール講座で詳しく解説しています。

黄色の$マーク以降も普通に稼ぎ続けているYouTubeノウハウを無料公開!

 






  • 2017 12.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年8月現在も4年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。まさに今も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ、ハウツー、テクニック、思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る