YouTubeの大人向け動画は今後も伸びる(稼げる)穴場のジャンル

この記事は7分で読めます

YouTubeへの動画投稿を考えている方の中には、「大人向けの動画はYouTubeで人気が出るんだろうか」、「大人向けの動画で広告収入を稼ぐことは可能なのか」といったことが気になっている方もいると思います。

結論からお伝えすると、YouTubeにおける大人向けの動画の需要はどんどん高まっていますので、非常に良い参入ジャンル(=美味しい、稼げるジャンル)だと言えます。

なぜなら、2019年頃からYouTubeでは大人の視聴者層をターゲットとした動画の人気が上がってきているからです。

この記事では、2013年からずっとYouTubeを研究し続け、広告報酬を得続けている現役の動画投稿者である私が、YouTubeにおける大人向けの動画・大人向けのチャンネルの可能性について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、「大人向けの動画を投稿しよう!」と考えている方は自分自身の方向性が正しいことが分かりますし、「YouTubeでどのジャンルの動画を投稿したらいいんだろうか・・・」と悩んでいた方は、大人向けの動画を投稿するメリットを理解できます。

YouTubeにおける大人向け動画・大人向けチャンネルとは

この記事では「大人向け動画・大人向けチャンネル」のことを、大人のユーザーからの視聴を意識したチャンネルと定義しています。

世間的にはYouTubeと言えば「小中高生が暇つぶしに見るもの」というイメージがあったと思います。

実際、そのイメージは間違いではなく、HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんなど、トップユーチューバーと呼ばれる方々の視聴者層・ファン層は小中高生がメインでした。

しかし、近年では社会人以上のユーザー層もYouTubeを積極的に見るようになってきています。ちなみに、その傾向が顕著に見られ始めたのは2019年からです。

もちろん、以前から20代以上のユーザーもYouTubeを見ていましたが、最近ではさらに大人世代のユーザーが増えてきています。

このため、20~50代あたりをメインの視聴者ターゲット層にしたチャンネルを運営していくことも、今後のYouTubeにおいては効果的な戦略です。

 

大人向けYouTubeチャンネルの具体例

大人向けのYouTubeチャンネルと聞いても、具体的なイメージが湧かない方もいるかと思いますので、具体的にいくつかのチャンネルを簡単にご紹介します。

 

堀江貴文 ホリエモン(ホリエモンチャンネル)

堀江貴文 ホリエモン

堀江貴文さんのYouTubeチャンネルです。

投稿している内容は多岐にわたっていますが、ビジネス関連の情報や対談、政治・経済関連のニュースに対する堀江さん独自の解説など、基本的には大人を対象とした内容が中心になっています。

実は、堀江さん自身は2009年からYouTubeへの動画投稿を開始しており、かなり長い期間YouTubeへの動画投稿を行っています。

しかし、急激に再生回数が伸びてきたのは2019年の初め頃からです。

2018年くらいまでの動画を見てみると、再生回数は数万回再生くらいが平均でしたが、2019年に入ってから、だんだん数十万回の再生回数が見られるようになり、中には再生回数100万回を超えるような動画も出てきています。

「堀江さんと同じようなチャンネルを作りましょう」と言いたいわけではなく、大人向けのYouTubeチャンネルが2019年頃から伸びてきているというデータを見るのに非常に顕著な伸び方をしているので紹介させていただきました。

 

メンタリスト DaiGo

メンタリスト DaiGo

メンタリスト DaiGoさんのYouTubeチャンネルです。

YouTubeの急上昇ランキングにランクインすることも多いので、知っている方も多いチャンネルかもしれませんが、このチャンネルに関しても大人が見ても楽しめるコンテンツの提供を意識して運営されています。

内容としては心理学やメンタリズム系の動画も多いですが、ライフハック系・ビジネスハック系の動画も多く、この辺は大人の層を狙っている動画でしょう。

 

マコなり社長

マコなり社長

TECH CAMP(テックキャンプ)というエンジニア養成のオンラインスクールを運営している真子就有(まこゆきなり)さんのYouTubeチャンネルです。

基本的にビジネス寄りのコンテンツを発信されていますので、完全に社会人を意識した動画になっています。

2020年3月現在、動画本数162本でチャンネル登録者数は53.3万人です。

大人向けYouTubeチャンネルの市場規模の大きさが分かる良い事例だと思います。

未だに「YouTubeと言えば、子供だけが見るようなくだらない動画しか投稿されていない・・・」と勘違いしている人も多いのですが、実際にはビジネスマンが見て役立つような動画の人気が出てきており、実際に数十万人単位で登録者を集めている現実があります。

この事実を知るだけでも、大人向けYouTubeチャンネルの可能性に気が付けるのではないでしょうか。

 

サラタメさん【サラリーマンYouTuber】

サラタメさん【サラリーマンYouTuber】

書評ユーチューバーのような活動をされているサラタメさんのYouTubeチャンネルです。

最初の頃はサラリーマンとして成功するための考え方など自己啓発的な内容を投稿していたようですが、最近ではビジネス書を分かりやすく解説する書評のようなコンテンツを投稿されています。

先ほどまでご紹介した3名の方々は有名人でしたが、この方は普通のサラリーマンの方のようです。

繰り返しになりますが、こういった真面目系の勉強コンテンツもYouTubeでは人気が出てきています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

「大人向け」といっても18禁系のコンテンツは絶対にNG

「大人向けの動画」と聞くと、そっち系の動画コンテンツを思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、YouTubeの規約上「ヌードや性的なコンテンツは投稿すること自体がNG」となっていますので、いくら大人からのアクセスを集められるからといって、それ系の動画を投稿することは絶対にやめましょう。

それらのコンテンツと判断された動画には広告がほとんど表示されなくなってしまいますし、そもそも動画自体がコミュニティガイドライン違反として削除される可能性も非常に高いです。

YouTubeはこの手のコンテンツには非常に厳しい措置を取りますので、「大人向けの動画」の意味をしっかりと理解して、適切な動画を投稿していくことを心掛けてください。

 

大人向けのYouTube動画が今後も伸びるジャンルだと言える理由

この記事のタイトルでもお伝えしている通り、大人向けのYouTube動画・チャンネルは今後も視聴者数と視聴回数が伸びていくおすすめの参入ジャンルです。

なぜ、今後も伸びていくのかと言うと、下記の3つの理由があるからです。

 

年齢層が高い視聴者がYouTubeに費やす時間が増えてきている

20代、30代、40代、50代といった大人の層がYouTubeを見る時間が増えてきているため、これらの視聴者層を満足させるようなコンテンツが求められてきています。

しかし、実際にはまだまだ大人向けのコンテンツはYouTube上に少ないのが現状です。

このため、大人向けYouTube動画に関しては「需要(視聴したい人の数) > 供給(動画投稿者)」といった状態になっている、ある意味、穴場のジャンルとなっているのです。

 

YouTubeは動画広告の費用対効果を上げていきたい

貴方が投稿したYouTube動画に企業の広告が表示されることで、貴方はYouTubeから広告収入の一部を受け取ることができます。

これがYouTubeで動画投稿者が広告収入を得る仕組みです。

広告出稿企業は「広告効果がある」と考えてYouTubeへ広告を出しています。

そして、広告出稿企業が「YouTube広告には効果がある」と判断すれば、YouTubeにどんどんお金(広告予算)を使うことになります。

企業が使う広告予算が増えれば増えるほど、YouTubeの売上・利益も高くなります。と同時に、動画投稿者の収入も増えていきます。

 

YouTubeは、より多くの企業に、より大きな金額で広告出稿を行ってもらいたいと考えています。

そのためには、出稿した広告の効果を高めていく必要があります。

ひと言でいえば、正しいターゲットに対して、正しい広告を出せるようにYouTubeは日々改善を行っています。

 

例えば、30代の男性に見せたい動画広告をしっかりと30代の男性に届けることができれば、広告効果は高まっていきます。

ここで少し考えて欲しいのですが、小中学生と30代の男性ではどちらのほうがお金を持っているでしょうか。

答えは当然「30代の男性」です。

企業としては、小中学生に対して広告を見せるよりも、30代の男性に対して広告を見せたほうが実際に商品・サービスを購入してくれる可能性が上がると考えます。(もちろん、小中学生を対象とした商品・サービスもあるので、例外はあります)

つまり、広告出稿主の企業は「大人向けに広告をどんどん出していきたい!」と考えているわけです。

 

そんな状況において、大人の視聴者層をメインのターゲットにしているYouTubeチャンネルが存在していたら、企業はどう考えるでしょうか。

きっと「このチャンネルに広告を表示して、大人の視聴者に広告を見せたい!」と考えるはずです。

つまり、購買意欲が高い(お金を持っている)大人の視聴者層を抱えているYouTubeチャンネルには、「広告を表示したい!」という企業が多く出てきます。

よって、大人向けのYouTubeチャンネルは稼げる可能性が高いということです。

この話を聞いて、「大人向けのYouTubeチャンネルを運営して大きな広告収入を得てみたい!」と思った場合は、こちらの無料メール講座も受講してみることをお勧めします。

 

キッズ系ジャンルの広告表示問題で大人向けジャンルへの需要が増えた

2020年の初めにYouTubeは仕様変更が行われ、YouTubeが「子供向けの動画」と判断したコンテンツには広告の表示制限がかけられるようになりました。

なぜ、このような変更が行われたのかを大まかに説明すると、アメリカ国内でYouTubeに対する行政指導が行われたからです。

アメリカの連邦取引委員会(FTC)が、YouTubeに対して「13歳以下の子供が視聴する動画のデータを活用して広告を表示するのはやめなさい」といった指導を行いました。

結果的に、キッズ系のYouTubeチャンネルの広告表示に関するルールが変更されました。(今回の記事ではこの件の詳細は重要ではないため、割愛します)

 

上記の変化はあったのですが、実際、この点に関してはYouTube側も困っていたのだと私は予想しています。

例えば、今までは「30代の男性に動画広告を見せたい」と広告主が思ったとしても、実際に配信された広告は「父親(30代男性)のスマホを使ってYouTubeを見ていた3歳の子供に広告を見せていた」といったことが普通に起こっていたと考えられます。

要は、本当にターゲットとしている大人のユーザーに対して、正しく広告が届いていなかった可能性もあるということです。

 

キッズ系YouTubeチャンネルの広告表示ルールの変更に伴って、今後はきちんと「本当にターゲットとしているユーザーに対して広告を表示する」といった需要が満たされていくことになります。

この時、貴方のチャンネルが大人のユーザーをしっかりと囲い込むことができていたら、多くの広告が表示されて、大きな広告収入を得られる可能性が高くなるはずです。

 

自分の趣味関連の動画 = 大人向け動画と考えてもOK

「大人向けYouTube動画の魅力は分かったけれど、具体的にどんなジャンルの動画を投稿すれば良いのか分からない・・・」と悩んでしまう方もいると思います。

ただ、貴方がすでに20代以上の大人であれば、自分自身の趣味や興味のある事が、そのままイコール大人向け動画になると考えても問題ありません。

貴方の年齢が20代だとすると、大抵の場合、貴方が興味を持つことは、同じように20代の方から興味を持たれるような内容になっています。

 

例えば、貴方がデパートで売っているちょっと高めの化粧品・コスメに興味を持っている20代後半の女性であれば、それらに関する動画を見たがるのも同じような属性の20代後半の女性になるでしょう。

もし、貴方がバイクで一人旅をするのが好きな30代の男性であれば、それらの動画に興味を持つのは同じような年齢層の男性になることが多いです。

このため、大人向けYouTube動画と聞いてあまりピンと来ない場合は、まずは自分自身の趣味や興味関心があるジャンルで動画投稿を始めてみるのもお勧めです。(もちろん、貴方が20代以上の“大人”である場合に関して、です)

 

YouTubeで大人だけに見てもらう大人向けの設定は存在しない

YouTubeにおける大人向け動画の魅力については、十分に理解していただけたと思いますが、「大人の視聴者に見てもらうためにYouTubeでどのような設定をすれば良いのか?」と疑問に思っている方もいるかもしれませんので、この点についても補足で解説しておきます。

YouTubeにおいて、特定の年齢層に見てもらうための設定項目は存在しません。

動画の内容や取り上げるテーマによって、どういった年齢層が視聴してくれるかが決まってきます。

このため、普通にYouTube動画をアップロードするときの設定で問題ありませんので、設定に関しては特に気にせず、動画の中身で大人向けのコンテンツを発信してきましょう。

 

まとめ

大人向けのYouTube動画・大人向けのYouTubeチャンネルは、今後も間違いなく伸びていくジャンルのうちの一つです。

実際、すでに視聴回数やチャンネル登録者数が急激に伸び始めている大人向けのYouTubeチャンネルや動画も多くなってきています。

 

また、私が知っている方々の話でも、これらのチャンネルは広告報酬の1再生あたりの単価も高くなっていると聞いています。

先ほど解説したように購買に繋がりやすい層に広告を視聴させたい広告主は多いので、広告出稿のためのお金が集中しやすくなり、1再生あたりの単価が高くなりやすいのです。

ということで、これからYouTubeへの動画投稿を始めて成功したい方は、大人向けのYouTubeチャンネル運営も一つの選択肢として考えてみると良いでしょう。

もし、YouTubeチャンネルの運営で成功するための具体的なノウハウを知りたい場合は、下記の無料メール講座もチェックしてみることをお勧めします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeチャンネルの運営でライバルに圧倒的な差を付ける“本物のノウハウ”を無料公開!!

 

【限定特別キャンペーン】YouTubeチャンネルの登録者数・再生回数を激増させる“本物のYouTube攻略ノウハウ”を無料プレゼント中!

今なら下記の無料プレゼントを希望者全員に差し上げています!

  • 【5分で分かる】YouTubeチャンネルから広告収入を得るための基礎知識
  • YouTubeで実際に稼げるジャンルの暴露ファイル
  • チャンネル登録者数・再生回数を激増させる7つの必勝ポイント
  • 無料メール講座受講者限定のシークレットコンテンツ


これらの無料コンテンツを見るだけで「YouTubeで広告収入が得られる仕組みとは」、「1再生で何円の広告報酬がもらえるの?」といった動画投稿初心者の人が感じている疑問が解決します。

さらに、YouTubeの広告収入だけで月収1,000万円を稼ぎ続けている人が、今も実践中の超極秘ノウハウも知ることができます!!

もし、貴方がYouTubeから広告収入を得ることに少しでも興味があるのなら、下記の緑色のボタンをクリックして、今すぐ無料プレゼントを受け取ってみてください!

  • 2020 03.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

このブログについて

2020年5月現在も6年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者が書いているブログです。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“6年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る

無料でお得なので
とりあえず受け取ってみる!
close-link