YouTubeのカスタムURLを設定する方法!チャンネル名が日本語の場合の変更方法も解説!

この記事は11分で読めます

YouTubeチャンネルは色々な機能を利用することで、自分の好きなようにカスタマイズが可能です。

カスタマイズ機能の一つである「カスタムURLの設定」を行うと、自分のチャンネルだけの覚えやすいURLを取得することが可能なのですが、設定の際はいくつかの注意点があります。

また、YouTubeのチャンネル名が日本語の場合は上手く変更できずに困っている方も多いと思います。

この記事では、そんなYouTubeチャンネルのカスタムURLの設定について、徹底的に解説していきます。

YouTubeチャンネルのカスタムURL機能とは?

カスタムURL機能とは、自分のYouTubeチャンネルを表示する時のURLの一部に好きな文字列を入れることができる機能のことです。

YouTubeチャンネルを作成すると、そのチャンネルにアクセスするためのURLが発行されます。

通常、YouTubeチャンネルのURLは「https://www.youtube.com/channel/」+「チャンネルIDの文字列」となっています。

例えば、ラファエルさんのチャンネルのURLは下の画像の通り「https://www.youtube.com/channel/UCgQgMOBZOJ1ZDtCZ4hwP1uQ」です。

ラファエルさんのチャンネルURL

 

「channel/」のあとは「UCgQgMOBZOJ1ZDtCZ4hwP1uQ」といったランダムの英数字の文字列になっています。

この文字列に関して、カスタムURLの機能を使用すると、自分の好きな文字列を設定することができます。

例えば、ヒカキンさんは「HikakinTV」というURLを設定しています。

ヒカキンさんのチャンネルURL

 

はじめしゃちょーさんも「0214mex」というURLを設定しています。

はじめしゃちょーさんのチャンネルURL

 

ちなみに、「はじめしゃちょーの畑」というお仲間とやっているYouTubeチャンネルは、カスタムURLを使用しておらず、ランダムな英数字のままです。

はじめしゃちょーの畑のチャンネルURL

 

カスタムURLを利用しているチャンネルと利用していないチャンネルではURLが異なる

上の画像を見て、気づいたかもしれませんが、カスタムURLを利用した場合とそうでない場合では、YouTubeチャンネルのURLが若干異なります。

カスタムURLを利用していない通常のチャンネルの場合、URLは「https://www.youtube.com/channel/※チャンネルID※」となります。

一方、カスタムURLを利用しているチャンネルの場合、URLは「https://www.youtube.com/user/※自分で設定したカスタムURLの文字列※」となります。

 

カスタムURLを利用できるチャンネルの条件

すべてのYouTubeチャンネルがカスタムURLの機能を利用できるわけでなく、利用するためには一定の条件をクリアする必要があります。

条件と言っても、全くハードルは高くなく、以下の4つの条件をクリアしていればいいだけです。

・チャンネル登録者数が 100 人以上であること

・チャンネルを作成してから 30 日以上経過していること

・チャンネル アイコンの写真をアップロード済みであること

・チャンネル アートをアップロード済みであること

引用元:「YouTubeヘルプ チャンネルのカスタムURLを取得する」より

 

チャンネルアイコンとチャンネルアートについては、チャンネルを作成してすぐに設定できるので簡単にクリアできます。

チャンネルを作成してから30日以上の経過に関しても、ただ時間を待っていればいいだけです。

唯一、少しだけハードルが存在するのが「チャンネル登録者数100人以上」という条件ですが、これも決して高いハードルではありません。

普通に動画投稿を行っていけば、登録者数100人は余裕でクリアできるラインですし、YouTubeチャンネルの収益化を目指していくのであれば通過点に過ぎません。

 

上手く動画投稿をやっていけば、チャンネルを作成してから30日以内で登録者数100人を超えることも可能です。

このため、順調にチャンネル運営ができている方であれば、チャンネル作成後30日くらいでカスタムURL機能を使っていくこともできます。

もし、「チャンネル登録者数100人を超えられか不安・・・」と思っているのなら、こちらの無料メール講座で解説しているYouTubeチャンネルを効率的に成長させていくノウハウを使ってみると、余裕で登録者数100人を超えていけます。

 

YouTubeチャンネルでカスタムURLを使うメリット

カスタムURLの機能を使うことで得られるメリットは、視聴者に自分のチャンネルのURLを覚えてもらいやすくなるということです。

確かに、「UCutJqz67764xw3VVSvut_hQ」といったランダムな英数字の羅列よりも、「hikakinTV」という形でスッキリした意味のある文字列のほうが、視聴者としては圧倒的に覚えやすいです。

 

また、カスタムURLのほうが短くて意味のある文字列を設定できるので、スマートな印象を与えます。

ユーチューバーとしてきっちりとブランディングをやっていきたい方や、企業のYouTubeチャンネルとしてブランディングをやっていきたい企業にとっては、意味のある機能です。

例えば、世界的な超一流ファッションブランドのYouTubeチャンネルのURLが、意味のない文字列の羅列になっているのは、少しスマートさに欠けます。

それよりも、しっかりとブランド名をURLに設定したほうがユーザーに対する魅せ方としてはスマートで良いでしょう。

自分のチャンネルをよりスマートに見せ、ブランディングを行っていきたい方は、YouTubeチャンネルでカスタムURL機能を使ってみるのも良いと思います。

 

YouTubeのカスタムURLを設定する方法を画像付きで解説!

ここでは実際にカスタムURLを取得・設定する方法について、実際の操作画面を画像でお見せしながら手順を解説していきます。

まずは、カスタムURLを設定したいYouTubeチャンネルにログインします。

右上のアイコンをクリックして、「設定」をクリックします。

YouTubeチャンネルのカスタムURLを設定

 

続いて「その他の機能を見る」をクリックします。

YouTubeチャンネルのカスタムURLを設定

 

「ステータスと機能」という画面が表示されたら、画面をスクロールしてページの一番下まで移動します。

YouTubeチャンネルのカスタムURLを設定

 

「カスタムURL」という項目がありますので、下の画像の赤枠内にある「こちら」という箇所か、「有効にする」という箇所をクリックします。

YouTubeチャンネルのカスタムURLを設定

 

「詳細設定:YouTubeを思いどおりに設定」という画面が表示されますので、チャンネル設定にある「カスタムURLを使用できます。“こちら”で申請してください。」の「こちら」の箇所をクリックします。

YouTubeチャンネルのカスタムURLを設定

 

カスタムURLを取得するためのポップアップが表示されますので、設定したいほうの選択肢を選びます。

この画面が少しだけ分かりにくいのですが、上の選択肢だと「youtube.com/c/」のあとに今使っているチャンネル名がそのまま表示される形になります。

一方、下を選択すると「youtube.com/c/+チャンネル名+任意の文字列」という形式のカスタムURLが作成されます。(ここについては後ほどまた詳しく解説します)

YouTubeチャンネルのカスタムURLを設定

 

「何文字か追加してください」という箇所に任意の文字列を入力していきます。(=設定したいカスタムURLの文字列)

YouTubeチャンネルのカスタムURLを設定

 

「YouTubeでの見え方」という場所を確認すると、視聴者が貴方のチャンネルにアクセスした時に見る“実際の見え方”を確認できます。

下の画像の場合、「youtube.com/c/チャンネル名test_TEST」がチャンネルホーム画面のURLとなります。

YouTubeチャンネルのカスタムURLを設定

利用規約を確認して、同意するチェックマークを入れて「URLを変更」をクリックすれば、カスタムURLが申請できます。

 

日本語のYouTubeチャンネル名で“英字のみのカスタムURL”を取得する方法

上の手順を見ていただければ分かると思いますが、デフォルトの状態では「カスタムURL=チャンネル名」か、「カスタムURL=チャンネル名+任意の文字列」の2パターンしか申請できません。

チャンネル名が英字だけであれば、このままでも問題ありませんが、チャンネル名が日本語の場合、「日本語のチャンネル名+英字の文字列」となってしまうので不格好です。

シンプルに英数字のみのカスタムURLを設定するためには、2つの方法が存在します。

 

一時的にチャンネル名を英数字のみに変更してからカスタムURLの申請を行う

もっともシンプルなやり方は、一時的にYouTubeのチャンネル名を取得したカスタムURLと同じものにしてしまうことです。

例えば、「テストチャンネル」という日本語名のYouTubeチャンネルを運営していた場合で説明します。

まず、チャンネル名を「テストチャンネル」から「test_channel」などに変更します。

この後で、先ほどのやり方の通りにカスタムURLの申請手続きを進めていきます。

 

「test_channel」のままで良いのであれば上を選択すればいいですし、「test_channel○○」としたいのであれば、下の選択肢を選べばいいだけです。

YouTubeチャンネルのカスタムURLを設定

 

カスタムURLの取得が完了したら、「test_channel」という英語のチャンネル名から、再び「テストチャンネル」という日本語の名前に戻します。

これで、YouTubeのチャンネル名は「テストチャンネル」、チャンネルトップへアクセスするURLは「youtube.com/c/test_channel」というスッキリした形になります。

 

このやり方のデメリットとしては、一時的にYouTubeのチャンネル名を変更しなければいけない点です。

ただ、チャンネル登録者数100人くらいの段階でカスタムURLを申請するのであれば、日々の動画の再生回数も少ないでしょうし、一時的にチャンネル名を変更しても大きな問題はないです。

逆に、チャンネル登録者数が1万人などになってからカスタムURLを取得しようと思っているのであれば、一時的にでもチャンネル名を変更するのはあまり良くないので、次の方法でカスタムURLの申請を行ったほうが良いです。

 

YouTubeのサポートに英数字のみのカスタムURLにしてもらえるよう依頼する

通常のカスタムURLの変更手順では、「YouTubeのチャンネル名」または「YouTubeのチャンネル名+任意の文字列」にしか変更することができません。

しかし、YouTubeのサポートにメールで依頼することで、YouTubeのチャンネル名を一時的に変更しなくても、自分の好きな文字列のカスタムURLを取得することが可能です。

 

まずはYouTubeのヘルプページへアクセスします。

ヘルプページのどの箇所でも良いですが、せっかくなので、チャンネルのカスタムURLを取得するにアクセスしてみましょう。

YouTubeサポートへの問い合わせ

 

ヘルプページの右側のほうを見てみると、自分のGoogleアカウントのアイコンが表示されているちょうど下あたりに「サポートを受ける」という箇所があります。

YouTubeサポートへの問い合わせ

 

YouTubeのヘルプページは、ログインしているアカウントに基づいて内容がカスタマイズされています。

「サポートを受ける」をクリックしたあとは、適切な項目を選んでいき、YouTubeのクリエイターサポートチームへメールを送る画面まで進みます。

※適切に進んでいくと、「ご不明な点がある場合は、クリエイターサポートチームにお問い合わせください。」という選択肢が出てきますので、それを選択します。

 

サポートを受けるための入力フォームに必要事項を記入し、「英字のみのカスタムURLを使用したい」旨を伝えます。

内容としては下記のようなことを伝えれば良いでしょう。

カスタムURLを申請したいのですが、チャンネル名が日本語なので通常の手順では「日本語のチャンネル名+カスタムURL」になってしまいます。

「カスタムURLのみ」にしたいのですが、下記のカスタムURLを申請させていただきたいと思っております。

希望のカスタムURL:test_channel

 

YouTubeのサポートチームに依頼することで、サポートのほうでこちらが伝えたカスタムURLに変更を行ってくれます。

この方法であれば、一時的にチャンネル名を日本語に変更せずに、英字のみのカスタムURLを設定することが可能です。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

カスタムURLが設定できない場合の原因と対処法

先ほどの手順でカスタムURLを変更しようとしても、「カスタムURL」の箇所で「申請」ボタンが表示されていなかったり、「有効にする」ボタンが表示されていなかったりするケースもあるようです。

そういった場合は、以下のような原因が考えられますので、チャンネルの状況をチェックしてみましょう。

 

チャンネルがカスタムURLの利用条件をクリアできているか

こういったケースでもっともあり得る原因は、そのチャンネルがカスタムURLの設定条件を満たしていないことです。

先ほど解説した通り、カスタムURLを設定するためには、「チャンネルアイコンを変更する」、「チャンネルアートを変更する」、「チャンネル作成後30日以上経過する」、「チャンネル登録者数100人以上の状態になる」という4つの条件をクリアする必要があります。

うまくカスタムURLを設定できない場合は、いま一度、自分のチャンネルが設定条件を満たせているか確認してみましょう。

 

著作権違反やコミュニティガイドライン違反で動画を削除されていないか

カスタムURLの設定条件をクリアできていたとしても、チャンネル内の動画が著作権違反やコミュニティガイドライン違反で削除されてしまっている場合、カスタムURLを設定できない可能性も考えられます。

チャンネル内の動画が削除されると、チャンネルにはペナルティが課され、YouTubeチャンネルの機能の利用制限がかけられてしまいます。

動画が1本削除された状態(いわゆるファーストストライク)であれば、半年間が経過することでチャンネルが普通の状態に戻ります。

もし、原因として心当たりがあるのであれば、チャンネルの状態が回復するのを待ってから、再度カスタムURLの申請を行ってみましょう。

 

1年以内に3回以上カスタムURLを変更したことがないか

YouTubeのカスタムURLは、1年間で3回までしか変更することができない仕様になっています。

頻繁にカスタムURLを変更している場合、変更上限回数にあたってしまい、変更できなくなっている可能性も考えられます。

この場合も、ある程度の期間が経ってから、再度カスタムURLの変更を試みるしかありません。

なお、カスタムURL自体が「視聴者にチャンネルのURLを覚えてもらいやすくする機能」なので、頻繁にカスタムURLを変更することはお勧めできません。

 

カスタムURLに日本語やひらがなは使えるのか?

日本語やひらがなは、基本的にYouTubeのカスタムURLとして設定できないと思っておくのが良いです。

実際は設定自体はできるみたいなのですが、URLに日本語やひらがなを含めた場合、そのURLを人にシェアするときには「日本語・ひらがな → 長い英数字の文字列」に勝手に変換されてしまいます。

 

例えば、次のような日本語のURLを設定していたとします。

https://www.youtube.com/user/ユーチューブのカスタムユーアールエル

 

上記のように日本語を含めてしまった場合、リンクをシェアする時には下記のように変換されてしまいます。

https://www.youtube.com/user/%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%96%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%ab

 

せっかく、スマートにさせるためにカスタムURLを設定したのに、すごく長いURLで不格好になってしまうのです・・・。

このため、機能としては日本語やひらがなも設定できるのですが、カスタムURL本来のメリットがなくなってしまいますので、日本語やひらがなは設定しないほうが無難です。

 

一度、設定したカスタムURLは変更できないの?

以前は、設定したカスタムURLを変更することはできない仕様になっていました。

しかし、今はYouTubeの仕様が変更され、1年間に3回までであればカスタムURLの変更が可能になっています。

ただし、実際には変更ができるのではなく、いま設定しているカスタムURLを削除して新たに設定し直すという操作ができるようになっただけなので注意が必要です。

 

ちなみに、カスタムURLの変更可能回数は1年間で3回までとなっていますが、これは最初に変更した時から1年間というカウント方式になっているはずです。

要は、「2019年のうちなら3回まで変更できる」ということではなく、「2019年7月1日に最初の変更を行ったら、2020年6月30日までの期間の中で3回まで変更できる」という仕様だと思われます。

もし、カスタムURLを設定した後で変更する可能性があるのなら、変更可能回数と期間についてはしっかりと把握しておく必要があります。

 

カスタムURLの変更後はリダイレクトされないので要注意!

カスタムURLの変更に関連して絶対に注意しなければいけないことは、変更前のカスタムURLは使用できなくなってしまう点です。

例えば、チャンネル作成時のURLが「https://www.youtube.com/channel/UC123456789」だったとします。(UC123456789の部分はデフォルトのURLだとします)

カスタムURLを使用したいと考え、「UC123456789」を「URL111」という文字列へ変更します。

上記の変更を行った場合、「https://www.youtube.com/channel/UC123456789」でも、「https://www.youtube.com/channel/URL111」でも、どちらのURLにアクセスしても貴方のYouTubeチャンネルは正しく表示されます。

 

ただ、「URL111」という文字列が気に入らなくなり、カスタムURLを「URL222」へ変更したとします。

この場合、「https://www.youtube.com/channel/UC123456789」と「https://www.youtube.com/channel/URL222」にはアクセスできるのですが、「https://www.youtube.com/channel/URL111」にはアクセスできなくなってしまいます。

アクセスできなくなったYouTubeチャンネル

 

変更前のURL(URL111)へアクセスしたユーザーを、自動で変更後のURL(URL222)へリダイレクトさせてくれるかと思いきや、リダイレクトしない仕様なのです。

つまり、「最初から自分のYouTubeチャンネルに与えられたURL」と「カスタムURLひとつ」までしか有効なリンクにはならず、変更前のカスタムURLは無効なURLになってしまうのです。

 

上記の例で言えば、最初に設定したカスタムURL(URL111)のチャンネルURLを多くの人がシェアしてくれていた場合、カスタムURLをURL222へ変更してしまうと、過去のチャンネルURLは機能しなくなってしまい、アクセスしたい人が困ってしまう可能性もあるわけです。

こういったリスクがあるため、カスタムURLを設定する場合は最初からバシッと一発でURLを設定し、その後は変更しないほうが良いです。

このように、YouTubeチャンネルの運営には意外な落とし穴も隠されています。

そんな落とし穴に落ちずに、順調にYouTubeチャンネルを成長させ、圧倒的なスピードでYouTubeから広告収入を得ていきたいのであれば、こちらの情報もチェックしてみることをお勧めします。

 

結局、YouTubeチャンネルでカスタムURLを使う必要ってあるの?

「YouTubeチャンネルでカスタムURLを設定するメリットはないので、特に設定する必要はない」というのが私の結論です。

YouTubeがメインの事業ではなく、それこそファッションブランドを展開していたり、何らかの高級サービスを展開していたりする場合は、カスタムURLをブランド名にすることで、ブランディングを行っていくのもありだと思います。

しかし、「ユーチューバーとして成功したい!」とか、「YouTubeから広告収入を得てみたい!」といった目的がメインであるならば、カスタムURLの設定は不要です。

 

そもそもの話として、私はYouTubeのカスタムURLがほぼ無意味な機能だと思っています。

自分自身の体験を少し思い出していただきたいのですが、自分が見たいと思っているYouTubeチャンネルのURLをWebブラウザに打ち込んで、そのチャンネルにアクセスしたことってありますか?

たぶん、それをやってことある人は、ほとんどいないと思います。

 

特定のチャンネルを見たい場合、Google検索やYouTube内の検索でチャンネル名を検索しますし、本当にお気に入りのチャンネルであればチャンネル登録をしているはずです。

また、多くの方はスマホのYouTubeアプリでYouTubeを楽しんでいると思いますが、アプリの場合、チャンネルトップにアクセスしてもURLは表示されません。

つまり、チャンネルURLをしっかりと認識している視聴者なんてほぼ存在しないですし、お気に入りのチャンネルのURLを覚えておく必要もないのです。

 

上記の理由から、この記事を書くまで、私は今まで一度もYouTubeチャンネルでカスタムURLを設定したことはありませんでした。

それでもチャンネル登録者数を増やしていくことは可能ですし、人気チャンネルを作っていくことも可能なのです。

事実、トップユーチューバーと呼ばれる方々の中にも、カスタムURLを設定していない人も多いです。

 

ズバリ言ってしまうと、カスタムURLを設定することなんかよりも、YouTubeチャンネルを成功させるために必要な事は他にたくさんあります。

カスタムURLを設定すること自体は特に否定しませんが、あまりそこばかりに時間をかけるのではなく、もっと結果に直結することを実践していったほうが良いです。

なお、YouTubeで結果を出すために必要な“稼ぎに直結するノウハウ”は下記の無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

資産になるYouTubeチャンネルをボンボン生み出せるYouTube攻略ノウハウを無料公開!!

 






  • 2019 07.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeの広告収入が激減

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2019年7月現在も6年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“6年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る