【効果抜群】YouTube検索で上位表示するSEO対策ノウハウを解説!

この記事は8分で読めます

YouTubeアドセンスで大きな広告収入を得るためには、自身のチャンネル、動画の再生回数を伸ばしていく必要があります。

自分が投稿を行った動画の再生回数を増やすためにYouTube内での検索順位最適化(YouTube内SEO対策)を気にしている方は多いです。

この記事では「YouTube内SEO対策のノウハウやテクニックを知りたい!」、「YouTube内での自分の動画の検索順位をもっと上げたい!」といった方に向け、YouTube内SEO対策について解説していきます。

今回のノウハウ・テクニックを貴方のYouTubeチャンネルに取り入れれば、YouTube内検索において上位表示を実現できる可能性がグンと高まります。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

YouTube内SEO対策とは?

YouTubeでも普通の検索エンジンと同じようにキーワード検索を行い、自分の好きな動画を見つけることができます。

何らかのキーワードで検索されたときに自分の動画ができる限りYouTube内で上位表示されるのを目指すことをYouTube内SEO対策と呼んでいます。

なお、SEOという言葉はSearch Engine Optimizationの略であり、日本語に訳せば「検索エンジン最適化」です。

ここで言う「検索エンジン」とは通常のGoogleやYahoo!の検索エンジンを指すことが多いため、YouTube内SEO対策(YouTube内での検索エンジン最適化)という言葉は「YouTube内での上位表示を狙うことなのか」あるいは、「YouTube動画で通常の検索エンジンの上位表示を狙うことなのか」少し曖昧な部分があります。

この記事の場合は「YouTube内SEO対策」という言葉を、前者の「YouTube内で自分の動画を上位表示させる」意味で使っていきます。

 

YouTube内で検索順位を上げるのは無意味?

YouTube内で自分の動画を上位表示するYouTube内SEO対策にはいくつかのノウハウ、テクニックが存在します。

それらについては後述するとして、そもそもの話としてYouTube内SEO対策を頑張るのはあまり意味がありません。

もちろん、全く意味がないわけではないので、やらないよりはやったほうがいいのですが、YouTubeアドセンスで大きな金額を稼ぎたいと思っているのなら注力すべき部分はそこではありません。

なぜなら、YouTubeアドセンス攻略においてYouTube内の検索はあくまでも補助的なものだからです。

再生回数の多いチャンネルのYouTubeアナリティクスのデータを見ると、アクセスの8割以上は関連動画経由のアクセスとなっています。

これは私が所有している多岐にわたるジャンルの複数のチャンネルで確認できていますし、私がコンサルティングを行っている方々にも見られるデータです。

つまり、多くの視聴者はYouTube検索経由で貴方の動画にアクセスして来るのではなく、ほとんどが関連動画経由でアクセスして来ているのです。

 

おそらく、貴方自身も冷静に考えてみればそうだと思いますが、YouTubeを見る際に積極的に検索を駆使しているケースは稀です。

どちらかと言うと、検索を行って目的の動画を見た後で、そこに表示された関連動画を次々と見ていく…という利用が多いでしょう。

あるいは、すでにチャンネル登録を行っているチャンネルやYouTubeのトップページに表示されている「あなたへのおすすめ」から見ていくことが多いと思います。

例えば、YouTubeで1日10個の動画を見たとした場合、その10個の動画すべてにおいて「検索→閲覧」という流れで見ている方は少ないと思います。

 

このため、YouTube内SEO対策について学び、YouTube内の検索結果で上位表示を狙うこと自体は良いのですが、限られた時間でより大きな成果を出すことを考えた場合、YouTube内のSEO対策は、そこまで注力すべき項目ではないのです。

では、YouTubeアドセンスで成功するためにYouTube内SEO対策ではなく、何に注力すべきなのか?という点ですが、今回の記事ではYouTube内SEO対策について深く掘り下げるため「YouTubeアドセンスで成功するための本当のキーポイント」については別途、下記の無料メール講座内で解説することにします。

YouTubeアドセンスで成功するための本当のキーポイントとは?

 

YouTube内で動画の上位表示を実現する意義

YouTube内SEO対策に注力しすぎる意味はないのですが、もちろん、それでもYouTube内検索を攻略する意味はあります。

極端すぎる例ですが、YouTube内SEO対策について解説している動画のタイトルを「子猫の上手な育て方」にしていたら想定している視聴者はその動画にたどり着けません。

この場合は「YouTube」、「SEO」、「上位表示」、「検索対策」といったキーワードを入れ込んだほうが絶対にいいわけです。

最低限、動画のタイトルに適切なキーワードを入れることもYouTube内SEO対策の一つだと言えます。

 

そして、このYouTube内SEO対策が特に重要なのはチャンネル構築の初期段階です。

チャンネルを立ち上げたばかりの時は動画の投稿本数も少なく、他のチャンネルの関連動画に表示されにくいです。

そして、自分の動画→自分の別の動画といったアクセス導線も弱いです。

このため、動画の投稿本数が少ない段階ではYouTube内検索からのアクセスを拾っていく必要があります。

ですので、動画投稿を開始した最初の段階では自分が投稿する動画のタイトルに適切にキーワードを盛り込んでいくことを意識すると良いでしょう。

 

危険なYouTube内SEO対策のノウハウ&テクニック

ここからは具体的なYouTube内SEO対策のノウハウ、テクニックについて詳しく解説していきます。

まずは危険なYouTube内SEO対策のノウハウ、テクニックについて説明しますので、もし万が一、これらをすでにやってしまっている、または今からやろうと思っていた場合は、すぐに止めたほうがいいです。

最悪の場合、動画が削除されるだけでなく、YouTubeチャンネル自体が削除される可能性すらあります。

もっと最悪のケースの場合、Googleアドセンスアカウントが剥奪されてしまう可能性もゼロではありません。

 

動画のタイトルにキーワードを多く詰め込む

YouTube内の検索で上位表示を狙いたいからといって動画のタイトルにキーワードを詰め込み過ぎるのは完全にNGです。

YouTube内には過剰なYouTube内SEO対策によってキーワードが羅列されているような動画や関係ないキーワードまで盛り込まれている動画が存在します。

ただ、これは完全に逆効果です。

例えば、動画内で全くAについて言及していないのにもかかわらず、動画タイトルに「Aのレビューをしています!」と書いていたら明らかに視聴者が求めているものとの乖離します。

もしかすると、Aのキーワードで上位表示されるかもしれませんが、そこから流入してきた視聴者はすぐに離脱していくか低評価を押して貴方の動画から離れていきます。

当然、チャンネル全体の視聴維持率や高評価率は下がるためチャンネル自体の評価も下がっていきます。

 

動画説明欄に関連キーワードを多く羅列する

かつては、関連動画表示対策としても提唱され、未だに多くの人がやってしまっている間違いとして動画説明欄に関連キーワードを羅列する方法があります。

関連しているキーワードだけを記載しておけば検索結果から流入してきたユーザーが求めているものと乖離せず、視聴維持率も下がらない・・・と考えがちです。

確かに本当に関連しているキーワードのみの記載であれば視聴維持率や動画の高評価、低評価への影響は少ないでしょう。

しかし、本当に関連しているかどうかは個人の感覚によるものであり、適切なキーワードのみを記載することは不可能だと思います。

 

動画のタグに関連キーワードを多く設定する

YouTubeに投稿する動画はタグの設定が可能になっていますが、このタグに関連キーワードを多く詰め込む人もいます。

しかし、これについてもタイトルや動画説明欄への記載と同様にスパム的なやり方になりかねないためお勧めできません。

 

動画タイトル、動画説明欄、動画のタグのすべてに言えることですが、無関係なキーワードを入れることで視聴維持率が下がったり、低評価が増えたりするだけならまだいいです。

ただ、最悪の場合、動画自体が削除される可能性もあります。

これはYouTubeのコミュニティガイドラインに「タイトルやタグに無関係なキーワードを入れるのは止めましょう」、「動画説明欄にキーワードを羅列するのは止めましょう」と記載されているからです。

 

ということで、上記のような間違ったYouTube内SEO対策は絶対に行わないことをお勧めします。

もし、貴方が間違ったYouTube内SEO対策を行ってしまっているのであれば、貴方が取り組んでいるYouTube攻略ノウハウ自体が間違っている可能性もゼロではありません。

YouTubeで稼ぐための“正しいノウハウ”を知りたい場合は、YouTubeアドセンスで成功するためのノウハウを解説している無料メール講座を受講してみることをお勧めします。

 

正しいYouTube内SEO対策のノウハウ&テクニック

続いて、正しいYouTube内SEO対策のノウハウ、テクニックについて解説します。

 

動画タイトルに検索需要があるキーワードを盛り込む

動画タイトルには検索需要があるキーワードを適切な量だけ盛り込むことを推奨します。

“適切な量”が分からなければ言い換えなどを使わず、重要なキーワードは一つだけに絞れば良いでしょう。

“検索需要があるキーワード”については実際にYouTube内で検索されているキーワードを盛り込みます。

YouTube内でよく検索されているキーワードの見つけ方ですが、これは実際にYouTubeの検索窓に特定のキーワードを入力します。

例えば、YouTubeのSEOに関して解説している動画のタイトルによく検索されているキーワードを盛り込みたい場合は、「YouTube SEO」といった形で実際に検索してみます。

YouTubeの検索窓にSEO対策ワードを入力

 

YouTubeの検索窓にキーワードを入力すると、よく検索されている関連キーワードが表示されます。

この結果を見てみると、上から4番目に「youtube seo 対策」というキーワードがありますので、このキーワードを盛り込む形でタイトルを設定します。

例えば、「YouTube SEO対策を解説!」や「YouTube SEO対策はどうすればいいの?」といったタイトルにします。

 

動画説明欄に適切にキーワードを盛り込んだ説明を記載する

動画説明欄には関連キーワードを羅列するのではなく、動画内容をきちんと説明する、補足する形で自然な文章を書いておきます。

先の「YouTube SEO対策を解説!」の例で言えば、「SEO対策」とキーワード検索を行う人もいれば「検索対策」や「上位表示対策」と検索を行う人もいると考えられます。

そういった別キーワードでの需要も拾っていくためには、例えば下記のように動画説明欄に記載を行います。

「この動画ではYouTubeのSEO対策としてYouTube検索内で上位表示を実現する検索対策について解説しています」

 

こういった自然な解説文章であればスパムにならず、かつ、視聴者が動画内を見なくても動画説明欄を見るだけで何に関する動画なのかを理解できるようになります。

自然な補足説明はYouTube内のSEO対策になるだけでなく、視聴者にとっても親切なのです。

もし“適切で自然な動画に関する説明”が分からず、不自然なキーワードの羅列を行ってしまうくらいであれば動画説明欄には何も記載しないほうがいいと思います。

 

ライバルチャンネルが使っているキーワードをタイトルに盛り込む

これは非常にお勧めできるYouTube内SEO対策です。

自分が投稿しようと考えている動画にどんなタイトルを付けるべきか悩んでしまったら自分が付けようと考えているキーワードで実際にYouTube内で検索を行ってみます。

その検索結果の中で、視聴回数が大きい動画やチャンネル登録者数が多いチャンネルが投稿している動画を見ます。

それらに使われているキーワードは再生回数が大きくなっているという点においてYouTube内で検索需要がある可能性が高いからです。

 

また、チャンネル登録者数が多いチャンネルであれば、しっかりと戦略を考えて運営されている可能性が高いため、タイトルに付けているキーワードも
しっかりとした考えがあって設定されている可能性が高いです。

このため、実際に再生回数が大きな動画で使われているキーワードを貴方の動画に取り入れていくのも良い戦略です。

そして、この方法の良いところは同じような動画を投稿しているライバルチャンネルが設定しているキーワードを使っていくことにより、そのライバルチャンネルと貴方のチャンネルの関連度も上がっていく点です。

成功しているライバルチャンネルとの関連度が上がれば、貴方の動画がライバルチャンネルの関連動画表示枠に関連動画として表示される可能性も高くなります。

 

YouTubeチャンネル自体の評価を高くする

もし、貴方がYouTubeの検索アルゴリズムを決定する立場にいたとしたら、

・チャンネル登録者数が10万人のチャンネルが投稿した動画A

・チャンネル登録者数が10人のチャンネルが投稿した動画B

という2つの動画が、どちらも全く同じタイトルで同じ動画内容だった場合、どちらを上位表示するアルゴリズムにするでしょうか?

 

この答えは明白で、前者のAを上位表示するはずです。

これは通常の検索エンジンのアルゴリズムと同様に信頼性がある情報元(この場合はYouTubeチャンネル)のほうが視聴者にとって有益である可能性が高いからです。

信頼性があるチャンネル、YouTubeから高く評価されるチャンネルがアップロードしている動画のほうが視聴者に喜ばれる可能性が高いです。

このため、より根本的なYouTube内SEO対策を行い、貴方が投稿した動画すべてで上位表示を実現したいのであれば、そもそも自分のYouTubeチャンネル自体の評価を高めるべきなのです。

 

YouTubeチャンネル自体の評価を高めるためにはコツコツと動画投稿を続け、チャンネル登録者を着実に増やし、視聴者からも順調に高評価を貰っていくことです。

一朝一夕では実現できないので、多くのYouTubeアドセンス実践者はこれを実現する前に挫折して市場から退場していきます。

だからこそ、実践を継続するだけでも上位数%の結果が得られるのです。

先に解説している細かいノウハウ、テクニックを実践しながらも、中長期的な視点に立って、チャンネル自体の評価を高めていく努力を続けることをお勧めします。

YouTubeアドセンスで稼ぐための、こういった正しい知識を学びたいのであれば、ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出しているYouTubeで稼ぐための正しいノウハウをお伝えする無料メール講座もお勧めです!

 

YouTubeで稼ぐためにYouTube内SEO対策よりも大切な事とは?

すでにお伝えしている通り、YouTube内SEO対策は労力に対するリターンがそこまで大きくありません。

これはYouTube動画へのアクセスがほとんどは関連動画経由になっているためです。

このため、YouTube内SEO対策に関しては多くの時間をかけたり、タイトル設定に悩み過ぎてしまったりするのではなく、「最低限やるべきことだけをしっかりとやっておく」という意識で取り組んでいくのが良いでしょう。

要は、この記事で解説した最低限のSEO対策だけを行えば十分です。

 

YouTube内SEO対策に対して難しく考えてしまい、動画投稿の手が止まってしまうのであれば、とりあえず、どんどん動画をアップしていったほうが良いです。

そうすれば、実際にアクセスが来ているキーワードが分かりますし、再生回数が伸びる動画、伸びない動画が見えてきます。

YouTube動画は動画の内容自体は変えられませんが、動画タイトル、サムネイル、説明欄、タグはいつでも変更可能です。

ですので、まずはあまり難しく考えずに手を動かすことをお勧めします。

貴方がYouTubeアドセンスの実践において「大きな結果を出すために本当に力を入れるべきポイントはどこなのか」、「YouTubeアドセンスで稼ぐためのキモは何か」といったことを詳しく知りたいのであれば、下記の無料メール講座でズバリ“答え”をお伝えしています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeアドセンスで成功するためのキーポイントをお教えします!

 






  • 2017 10.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeで稼げない人

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る