YouTubeで1本あたりの動画の適切な長さは何分くらいなのか?

YouTubeには数秒から数十時間まで様々な長さ(尺)の動画が投稿されています。

YouTubeへ動画投稿を行う時に「動画の適切な長さは何分くらいなのか?」と悩んでしまうこともあると思います。

YouTube攻略の専門家
YouTube攻略の専門家
2013年からずっとYouTubeで稼ぎ続けている経験から、YouTubeにおける最適な動画の長さについて徹底的に解説していきます!

この記事を読めば「YouTubeにおける最適な動画の長さ(時間)とは?」に対する答えが分かり、動画制作時に、動画の尺で悩まず、スムーズに作業を進められるようになります!

動画の長さは短いほうがいいのか?長いほうがいいのか?

結論からお伝えすると、YouTubeへ投稿する動画の長さは「自分の好きな長さ(尺)で問題ない」です。

ポイント

「動画の長さ」にこだわるのではなく、「動画の質や面白さ」にこだわるほうが重要です。

なぜなら、YouTubeや視聴者が求めているのは「面白い動画」や「興味深い動画」だからです。

 

例えば、1分の動画は短いのでサクッと見ることができると考えると思います。

でも、動画の内容が全く面白くなければ、人はたとえ1分でも、その動画に自分の時間を使いたいとは思いません。

つまり、1分であっても視聴者は見てくれません。

1分の短い動画なら、待ち時間、トイレの中、ちょっとした休憩中などに最後まで見てくれそうなものですが、残念ながら、そんなに簡単なものではないのです。

 

逆に20分、30分といった長時間の動画であっても、内容が面白かったり、興味深かったりすれば、視聴者はわざわざ時間を作ってでも見てくれます。

これは、あなた自身がYouTubeの視聴者として、普段から行っている行動と一緒だと思います。

 

要は、YouTubeに投稿する動画の長さを考えるときは「動画が長い or 短いではなく、その動画が視聴者にとって面白いのか?」を意識するのがもっとも重要ということです。

もし、自分のチャンネルや動画投稿ジャンルで、視聴者にとって面白い動画・求められている動画の作り方が分からない場合は、こちらで無料で解説しているYouTube攻略ノウハウもチェックしてみることをお勧めします。

 

忙しい現代人を振り向かせる現実的な動画の長さは「30分以内」

「動画内容が面白ければ、どんなに長い動画でも見てもらえる」のは事実ですが、やはり限界はあります。

現実的なラインとして、私は30分以内で動画の尺を抑えることをお勧めしています。

あなたの動画の視聴者は、誰もが1日24時間しかありませんし、1日中ずっとYouTubeだけを見ているわけではありません。

 

ポイント

あなたのYouTube動画は、他のYouTube動画と視聴者の時間を奪い合うだけではなく、他のスマホアプリ、Webサイト、テレビなどとも時間を奪い合って、その競争に勝たなければいけません。

 

仮に、あなたが最高に面白い動画を作れたとしても、毎回投稿する動画が3時間の長さだったら、動画を最後まで見てくれる人はかなり少なくなるでしょう。

毎日、毎日、3時間もYouTubeを見られる人はそう多くはないからです。

現代人の忙しさを考えると、長くても30分以内くらい、できれば10分前後に収めるのが理想的です。

 

この辺は、もちろん動画の投稿ジャンルや自分のチャンネルの人気度によっても変わってきます。

 

例えば

ゲーム実況のジャンルでは動画の時間が長くなりやすいので、割と20分、30分といった長めの動画も多いです。

また、ゲーム実況の場合はボーっと流し見ることもできるので、長い時間の動画でも見てもらえる可能性が出てきます。

 

逆に、集中力を必要とするような勉強系やビジネス系の動画の場合、30分も長さがあると、見てもらえる可能性はかなり低くなります。

YouTubeの視聴者は暇つぶし目的での視聴が多いので、強い関心や動画内容に強烈な引きがない限り、30分も集中力を持続させることは難しいからです。

 

まとめると、基本的には動画は長くなりすぎないほうが最後まで見てもらえる可能性が高くなります。

目安として、私の過去の実践経験やデータからお伝えすると、動画の長さは10分前後にしておくと、暇つぶし目的の人にも最後まで見てもらえる可能性が高い動画になります。

 

YouTubeのシステムは動画の視聴時間も重視している!

2017年頃からYouTubeはチャンネル全体の視聴時間を重視している傾向があります。

ポイント

視聴者に、より多くの時間を使ってもらえている動画・チャンネルは評価が上がり、関連動画や検索結果に表示されやすくなる傾向があります。

 

「適切な動画の長さ」とも関連してきますが、YouTubeから高い評価を受けることだけを考えれば、「できる限り長い時間、視聴される動画が良い」ということになります。

 

例えば

・1分の動画は、最後まで見てもらえても視聴時間は1分です。

・10分の動画は、視聴維持率が50%であっても視聴時間は5分です。

 

※視聴維持率とは、その動画の最後を100%としたときに何%(どこまで)見てくれたのかを示す数値

 

つまり、視聴維持率100%の1分の動画よりも、視聴維持率が50%の10分の動画のほうが視聴時間は長くなり、YouTubeから高く評価される可能性があります。

そもそも、視聴維持率が100%(動画を見た人全員が動画の最後まで見てくれる状態)というのは、実現不可能です。

 

確かに、尺が短い動画は最後まで見てくれる可能性は高くなる傾向がありますが、短すぎる動画はどんなに最後まで見てもらってもトータルの視聴時間は短くなりがちです。

先ほどの例で言えば、視聴維持率100%の1分の動画より、視聴維持率50%の10分の動画のほうが5倍も視聴時間が長くなります。

 

このように考えると、あまりにも短すぎる動画ばかり作っていくのは、YouTubeから高い評価を受けにくくなってしまうので、少し勿体ないです。

かと言って、視聴時間を無理に伸ばそうとして、毎回1時間を超えるような動画を作っても視聴維持率は低くなります。

だから、10~30分程度のほどほどの長さの動画を作るのが一番です。

短い動画よりも視聴時間が長くなり、長い動画よりも視聴維持率が高くなるので、結果的に一番良い結果が得られます。

 

もし、あなたがこういった感じのYouTubeの再生回数を伸ばすノウハウをもっと知りたい場合は、こちらのYouTube攻略ノウハウをお伝えしている無料メール講座もチェックしてみることをお勧めします。

私のメール講座をきっかけに、チャンネルの再生回数が大きく伸びた方が続出していますので、自信を持ってお届けする内容です。

 

まとめ:視聴維持率が高く、視聴時間も長い動画を作るためには?

ここまでの内容をまとめると、YouTube動画1本あたりの長さに100%の正解はありませんが、目安としては、10~30分以内に収めるのが良く、できれば10分前後がベストです。

このくらいの尺であれば、最後まで動画を見てくれる視聴者もある程度の割合でいますし、視聴時間も伸びやすくなります。

 

もちろん、動画のベストな長さはチャンネル登録者数や動画の投稿ジャンルによっても異なります。

例えば

チャンネル登録数が多く、熱烈なファンもいるチャンネルなら、それこそ1時間の動画を投稿しても、ファンは喜んで見てくれる可能性が高いです。

 

YouTubeも立派なビジネスなので、「これだ!」という正解が最初から用意されているものではなく、試行錯誤しながら、あなただけの正解を見つけていく必要があります。

少し難しく感じるかもしれませんが、視聴データはYouTubeのアナリティクス機能で見ることができるので、そんなに難しく考える必要はありません。

この記事で推奨している動画の長さは、一つの目安として参考にしてただきながら、YouTubeの視聴データを見て改善していくことをお勧めします。

 

実際に得られたデータをもとに改善することが、視聴維持率が高く、視聴時間の長い動画を作っていく最短ルートです。

とはいえ、「自分一人で、うまく改善していけるんだろうか…」と不安に思う気持ちも分かります。

あなたがYouTubeで成功するための方法について、悩みや不安を抱えているのであれば、まずは下記のリンクをクリックして「圧倒的に効果が出るYouTube攻略ノウハウ」を無料で受け取っておいてください。

「正しいYouTube攻略ノウハウ」を知ったことで、YouTubeの広告収入がグンッと増えた方々はたくさんいます!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

【限定特別キャンペーン】YouTubeチャンネルの登録者数・再生回数を激増させる“本物のYouTube攻略ノウハウ”を無料プレゼント中!

今なら下記の無料プレゼントを希望者全員に差し上げています!

  • 【5分で分かる】YouTubeチャンネルから広告収入を得るための基礎知識
  • YouTubeで実際に稼げるジャンルの暴露ファイル
  • チャンネル登録者数・再生回数を激増させる7つの必勝ポイント
  • 無料メール講座受講者限定のシークレットコンテンツ


これらの無料コンテンツを見るだけで「YouTubeで広告収入が得られる仕組みとは」、「1再生で何円の広告報酬がもらえるの?」といった動画投稿初心者の人が感じている疑問が解決します。

さらに、YouTubeの広告収入だけで月収1,000万円を稼ぎ続けている人が、今も実践中の超極秘ノウハウも知ることができます!!

もし、貴方がYouTubeから広告収入を得ることに少しでも興味があるのなら、下記の緑色のボタンをクリックして、今すぐ無料プレゼントを受け取ってみてください!

  • 2017 03.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

このブログについて

2020年9月現在も7年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者が書いているブログです。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“7年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る

YouTube攻略 特別メール講座
【今だけ0円】初心者でも結果を出す人が続出中!
YouTube攻略 無料メール講座