YouTube限定のGoogleアドセンスアカウントを簡単に最短で取得する方法

この記事は7分で読めます

YouTubeアドセンスを実践するためにはGoogleアドセンスアカウントを取得し、YouTubeアカウントとGoogleアドセンスアカウントの収益紐づけを行う必要があります。

Googleアドセンスアカウントの取得は、年々、審査が厳しくなってきているという現実があります。

ただし、それはブログやウェブサイトでも使えるGoogleアドセンスアカウントを開設するときの話であって、YouTube限定で使えるGoogleアドセンスアカウントの場合は割と簡単に取得することができます。

今回はYouTube専用のGoogleアドセンスアカウントを最短、数時間以内に取得する方法について解説していきます。

※YouTubeアドセンスに関する最新動向を踏まえ、2018年4月7日に内容を加筆・修正しています。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTubeアドセンスを実践するためにYouTube限定で使用できるGoogleアドセンスアカウントの取得方法を解説しています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

YouTube限定のGoogleアドセンスアカウントとは?

まず、YouTube限定のGoogleアドセンスアカウントというものが何なのか?という部分を説明しておきます。

Googleアドセンスを利用して、広告表示をできるのは
1.ブログやウェブサイト
2.YouTubeチャンネル
という2つの掲載場所が存在します。

1、2の両方で広告収入を受け取りたい場合は、審査用ブログや審査用ウェブサイトを作成して、Googleアドセンスの審査を受ける必要があります。

 

しかし、YouTubeチャンネルだけで広告表示を行いたい場合、つまり、YouTubeアドセンスだけを実践したい方は、YouTube動画でGoogleアドセンスの審査を受けることが可能です。

この場合は、2のYouTubeチャンネル限定で使えるGoogleアドセンスとなりますが、収益額や待遇に関して違いがあるわけではないので、一旦、YouTubeアドセンスのみを実践する場合に関してはYouTube動画でGoogleアドセンスの審査を受けるのがおすすめです。

 

なぜ、このような仕組みになっているのかという事ですが、ブログやウェブサイトを制作して広告収入を得るためには、それなりの専門知識が必要になるからだと思います。

一方、YouTubeに関しては動画撮影さえできれば誰でも動画投稿ができます。

YouTubeだけで活動を行っていきたい方が多いのにもかかわらず、そういった方にもブログやウェブサイトの審査を求めてしまうと、YouTubeでの活動をあきらめる人が多くなってしまいます。

Googleとしては、YouTuberの活動を全面的に支援していますし、YouTubeをどんどん巨大な動画メディアにしていくためにも、YouTubeのみで審査が可能な仕様にしているのだと考えられます。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTube限定のGoogleアドセンスアカウントの開設・取得手順を画像付きで解説!

ここからは具体的にYouTube限定で使えるアドセンスアカウントの取得手順を、操作画面のキャプチャ画像を使って、ご説明していきます。

まずは、新規でGoogleアカウントを取得し、そのGoogleアカウントでYouTubeにチャンネルを作成しておきます。

そして、そのYouTubeチャンネルに無難な動画を1~3本でいいので、事前に投稿を行っておきます。

この無難な動画を審査用動画としてGoogle側に審査してもらうわけです。

 

無難な動画については全く難しく考える必要はなく、スマホのカメラで撮影し、無編集でアップするレベルでも問題ありません。

著作権違反を行っている動画などは審査に通らないので、自分が飼っているペットの動画、家の近くの風景などにしましょう。

審査用の動画に関しては、他人が権利を所有している動画、画像、BGMが入り込まないように注意します。

 

無難な動画を数本投稿できたら、まずはYouTubeアカウントにログインし、右上のアイコンの歯車マークからYouTubeの設定画面に入ります。

YouTubeトップページから設定画面へ

 

YouTubeの設定画面で「その他の機能を見る」をクリックします。

 

YouTube その他の機能を見る

 

「収益受け取り」の項目が「利用不可」になっていると思いますので、まずは「お住いの国を選択してください。」をクリックします。

YouTube 収益受け取り設定画面

 

「国」の項目で自分が住んでいる国を選択して、保存ボタンを押します。

YouTube 収益受け取り設定画面

 

再度、YouTubeの設定画面から「その他の機能を見る」をクリックすると、「収益受け取り」の項目に「有効にする」というボタンが表示されますので、こちらをクリックします。

YouTube 収益受け取りを有効にする

 

収益受け取りプログラムの画面に遷移したら「今すぐ開始」をクリックします。

YouTube 収益受け取りプログラムの開始

 

YouTubeパートナープログラム規定が表示されますので、こちらを確認して問題がなければ、項目にチェックマークを入れて「同意する」をクリックします。

ちなみに、上の3つの項目チェックは必須ですが、4つ目の項目は必須ではないので、どちらを選んでも問題ありません。

なお、おそらく、YouTube側のバグでGoogleアカウントに登録した生年月日が18歳以上になっているのにもかかわらず、稀に「お客様は18歳未満です。」という表示が出る場合があります。

下記の画像を取得した時もこの表示が出ていますが、無視して進めて問題ありません。 ※本当に18歳未満の場合は無視してはダメです。

Googleアドセンスの規約上、18歳未満はGoogleアドセンスを使用できないことになっています。

YouTubeパートナープログラム規定への同意

 

「動画の収益化を開始するには、AdSenseカウントが必要です。」という表示が出ますので、「AdSenseカウントを設定する」をクリックします。

YouTubeとアドセンスアカウントの連携

 

今度はGoogleアドセンス側のページへ遷移するので、「ログイン」をクリックします。

Googleアドセンスへようこそ

審査用の動画をアップロードしたYouTubeチャンネルのGoogleアカウントにログインします。

そうすると「ウェブサイト」の表示の部分に審査用の動画をアップロードしたチャンネルのURLが表示されます。

「コンテンツの言語」を選択したら、「保存して次へ」をクリックします。

YouTubeアカウントとGoogleアドセンスを連携

続いて、Googleアドセンスに登録する際の連絡先情報を入力する画面が出ますので、名前や住所を記載していきます。

Googleアカウントの登録名やYouTubeチャンネルのチャンネル名称は本名以外でも問題ありませんが、Googleアドセンス側に登録を行うのは本名と正しい住所を記入する必要があります。

のちのちGoogleアドセンスからの支払いを受け取るために銀行口座を登録するのですが、ここで登録した名前と銀行口座名義が一致しないと、報酬の振り込みが行われません。

なお、「アカウントの種類」は「個人」と「ビジネス」のいずれかを選択できますが、ほとんどの方は「個人」を選択すれば問題はありません。

「ビジネス」は法人や個人事業主としてGoogleアドセンスアカウントを取得する場合に選択します。

Googleアドセンス 連絡先情報の登録

 

すべて入力を完了して保存ボタンを押すと、登録情報に入力した電話番号に対して確認コードを送信する画面に遷移します。

電話番号が間違っていない事を確認して「確認コードを送信」をクリックします。

Googleアドセンス 電話番号の確認

数分以内に確認コードが送られてくるので、そこに記載された確認コードを入力して「確認」をクリックします。

Googleアドセンス 確認コードの入力

電話番号の確認までが完了すると、アドセンスの利用規約が表示されますので、確認を行って問題がなければ、「はい、利用規約を確認し、内容に同意します。」にチェックを入れて「同意」をクリックします。

Googleアドセンス 利用規約への同意

ここまで完了すると、貴方のYouTubeチャンネルの動画をGoogleアドセンス側の審査に出した形になり、「AdSenseのお申し込みは現在審査中です。お申し込みの結果はメールでお知らせします。」と表示されます。

早ければ数時間以内に、遅くとも数日以内には審査結果が登録したメールアドレス宛てに届きます。

普通の無難な動画を投稿していれば、まず審査に落ちる事はありません。

おそらく、審査についても他人が「権利を持つBGMが使われていないか?」といったレベルのプログラムによる自動審査を行っているだけだと思われます。

Googleアドセンスの新規審査中表示

 

数時間~数日後に審査通過のメールが届いたら、再度、審査用動画をアップロードしたYouTubeアカウントにログインしてみます。

審査通過のメールに関しては「審査が通過しました」といったメールが届く場合もあれば、ただ単に「動画を収益化してください」といったメールだけの場合もあるようです。

この辺の細かい仕様変更は頻繁に行われていますが、きちんと審査に通過しているかどうかを確認する方法についても後で解説します。

YouTubeアカウントにログインしたら、YouTubeの設定画面から「収益受け取り」の項目へ移動し、「動画を収益化」のボタンをクリックします。

YouTube 動画を収益化

ポップアップが表示されますので、チェック項目を入れて「収益化」をクリックします。

すべての広告フォーマットにチェックを入れれば問題ありません。

YouTube 動画の収益化フォーマットの選択

収益化後に動画の管理画面へ移動してみると、収益化マークが表示されています。

この緑色の$マークがきちんと表示されていれば、問題なく収益化ができています。

※あとで詳細に解説を行いますが、2018年2月20日以降はすぐに緑色の$マークが出る仕様ではなくなっています。

念のため、YouTubeチャンネルがきちんとGoogleアドセンスアカウントと紐づいているかを確認してみましょう。

YouTubeの設定画面から「収益受け取り」の画面に移動し、「AsSenseの関連付けを確認/変更する」という部分をクリックします。

YouTube アドセンスの関連付けを確認

 

現在関連付けられているアドセンスアカウントの情報が記載されています。

「ステータス」の部分が「アクティブ」になっていれば、有効なGoogleアドセンスアカウントと問題なく接続されているということです。

関連付けられているGoogleアドセンスアカウントの確認

 

以上をまとめると、

1.YouTubeチャンネルに審査用の無難な動画を1~3本アップする。

2.審査用YouTubeチャンネルからGoogleアドセンスへ申し込みを行う。

3.審査が通過したら動画の収益化を行う。

という手順になります。

 

画像で解説すると、手順が長いように思うかもしれませんが、実際にはとても簡単ですぐにアカウント開設ができます。

上記のアドセンスアカウントに関しては、YouTubeのみで使用可能なものですが、最短で即日にアドセンスアカウントを取得することも可能です。

なお、上記の手順を踏んで問題なくアドセンスへの審査が通過すれば、審査用のYouTubeアカウント(Googleアカウント)のログイン情報でGoogleアドセンスの管理画面にもログインができるようになります。

YouTubeから広告収入を得るためにはGoogleアドセンスアカウントが必須なので、上記を参考にして、サクッとアドセンスアカウントを取得しておきましょう。

取得したGoogleアドセンスアカウントを活用して毎月YouTubeから安定した広告収入を得るためのノウハウについては、こちらの特別企画でも詳しくお伝えしています。

 

2018年2月20日以降のYouTubeパートナープログラムの規約変更と新規アドセンス取得について

YouTubeチャンネルの収益化に関しては、2017年4月に総再生回数1万回以上という新基準が設定されました。

その後、2018年2月20日にチャンネル登録者数1,000人以上&過去12ヶ月間の総再生時間4,000時間以上という新基準に変更されています。

【YouTubeの仕様変更情報】2018年2月20日以降のルール変更と対策をまとめて徹底解説!
YouTube収益化の新基準をクリアするのは本当に大変なのか?登録者数1,000人以上、総再生時間4,000時間以上の広告掲載新基準を徹底解説!

 

2017年4月以前は、前述した方法でYouTube専用のアドセンスアカウントを取得し、審査が通過すれば、その日から即日自分の動画に広告が表示されました。

しかし、YouTubeパートナープログラムの基準が変更された関係で「アドセンスアカウントの新規審査 → チャンネルの収益化 → 収益化の基準をクリア → 実際に動画に広告が表示される」という流れに変更されています。

YouTube限定で使えるアドセンスアカウント取得自体は今まで通りの手順で問題ありませんし、そこの審査ハードルは上がってはいないのですが、実際に広告が表示されるまでには少し時間がかかるようになりました。

 

これに対して「YouTubeはもう稼げなくなった・・・」と主張する人もいますが、実は全くの逆で、「稼げる人はさらに大きな金額を稼げるようになった!」というのが正しい認識です。

なぜなら、チャンネル登録者数1,000人以下のチャンネルに表示されていた広告が表示されなくなり、それらの広告は新基準を満たしているチャンネルに掲載されるようになっているからです。

このため、2018年2月20日以降の時点で広告が掲載されているチャンネルの1再生あたりの広告収入単価はアップしている傾向があるのです。

また、新基準の導入以前と以後では、確実に新規参入者の数が減っているでしょうし、動画投稿を継続していくことができずに挫折してしまう人も多くなるはずです。

つまり、今のYouTubeはチャンネル登録者数1,000人&総再生時間4,000時間をクリアできた人たちには、めちゃめちゃ美味しい稼げる市場になっているということです。

今のYouTubeの状況をピンチと捉えるか、さらに稼げるビッグチャンスと捉えるかは個人の自由ですが、私はビッグチャンスだと捉えて、引き続き、どんどんYouTubeでの稼ぎを伸ばしていきます。

もし、貴方も今回の収益化基準の変更をチャンスと捉え、一気にライバルに差を付けたいのであれば、下記の無料特別企画にも参加してみることをお勧めします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeで稼ぐためのノウハウを知れる複数のコンテンツを無料でプレゼント!!

 






  • 2017 03.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTuberの収入と税金

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る