YouTube動画の#ハッシュタグの付け方は説明欄に記載するだけでOK!

この記事は7分で読めます

ハッシュタグ

YouTube動画のタイトルの上にハッシュタグ(#)が設定されているのを見かける機会が多くなったと思います。

YouTubeにおけるハッシュタグの設定方法は非常に簡単で、動画の説明欄に任意のハッシュタグを記載するだけです。

設定の手軽さもあって、最近はハッシュタグを設定している人が増えてきていますが、改めてYouTube動画におけるハッシュタグの設定方法や、ハッシュタグを設定する意味・効果について解説していきます。

YouTubeにおける動画のハッシュタグ(#)とは

YouTube動画のタイトルの上に「#○○」といった青い文字で書かれているのがハッシュタグです。

この「#○○」の文字列は、リンクになっていてクリックできるようになっています。

例として、ヒカキンさんのゲーム実況の動画を見てみると、「#マインクラフト」「#マイクラ」「#ヒカクラ」という3つのハッシュタグが設定されている事が分かります。

ハッシュタグの設定例

 

このように、動画投稿者は好きなハッシュタグを、自分の動画に設定することができます。

この動画の動画説明欄を見てみると、説明欄に3つのハッシュタグが設定されている事が分かります。

ハッシュタグ 説明欄での表示

 

投稿した動画の説明欄に「#キーワード」と記載するだけで、自動で動画タイトルの上にハッシュタグが表示されるようになるので、とても簡単に設定できます。

 

YouTube動画にハッシュタグを付ける意味

動画投稿者が自分の動画にハッシュタグを付けることで、視聴者側が関連する動画を検索しやすくなるメリットがあります。

要は、ハッシュタグ機能は動画投稿者のメリットというよりも、視聴者側のメリットを考えて作られている機能です。

例えば、先ほどのヒカキンさんの動画の例で言えば、青い文字でリンクになっている「#マインクラフト」「#マイクラ」「#ヒカクラ」のいずれかをクリックすると、YouTube内で同じタグが付けられている動画を検索することができます。

ハッシュタグを使った検索結果

 

上の画像のように「#マインクラフト」をクリックすれば、「マインクラフト関連の動画」を一気に見ることができますし、「#ヒカクラ」をクリックすれば「ヒカキンさんがゲーム実況しているマインクラフト系の動画」を一気に見ることができます。

自分のチャンネルや動画に対して一定数のファンがいたり、何らかのシリーズものとして動画を公開していたりする場合は、ハッシュタグを上手く利用することで視聴者に自分の他の動画を見つけてもらいやすくなります。

 

ハッシュタグを付けることで動画の再生回数が増える効果が期待できる

個々の動画にハッシュタグを付けていれば、「自分の動画→自分の動画」や「他人の動画→自分の動画」へのアクセスの導線を意図的に増やすことができます。

例えば、「マインクラフト」のように人気のゲームタイトルであれば、マインクラフト関連の動画を見たいと考えている視聴者が「#マインクラフト」でハッシュタグ検索を行い、貴方の動画にたどり着いてくれる可能性があります。

ただし、現状ではハッシュタグを使った検索がそこまで多く利用されているわけではないですし、仮にハッシュタグ検索を行っても貴方の動画が確実に上位に表示される保証はないため、再生回数が増える効果はそこまで大きくはありません。

 

実際、私自身もいくつかの動画でハッシュタグを利用してみたことがあるのですが、ハッシュタグを利用している動画と利用していない動画で大きく再生回数が変わることはありませんでした。

このため、ハッシュタグの設定による効果は現時点ではそこまで大きくないと思っています。

とはいえ、全く効果がないわけではありませんし、設定自体はとても簡単なので、積極的に設定しておいても良いでしょう。

ハッシュタグ以上にもっと効果的に動画の再生回数のを伸ばす方法については、こちらでも詳しく解説しています。

 

YouTube動画のハッシュタグは何個まで付けていいのか?

2019年2月現在、YouTube動画に設定するハッシュタグの数は3個が推奨です。

現在のYouTubeハッシュタグの仕様上、5個付けても、10個付けても、実際に動画タイトルの上に表示されるのは最初の3個だけです。

 

10個のハッシュタグを付けても、動画タイトルの上には3つしか表示されず、残りの7個のタグは動画説明欄にのみ表示されます。

仮に10個のハッシュタグを設定した場合、視聴者に動画説明欄を見てもらえればハッシュタグは機能として有効になっていますが、わざわざ動画説明欄まで見てくれる視聴者は多くはないため、実際にハッシュタグとして効果を発揮してくれるのは3個のみです。

このため、動画に関連するハッシュタグを3個だけ設定するのがベストです。

それ以上の個数を設定してもハッシュタグとしての効果は非常に薄くなります。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

ハッシュタグの付け過ぎはスパムになる可能性もあるので注意すべき

動画のタグと同様に、ハッシュタグに関しても無関係なハッシュタグを付けたり、不必要に過剰なハッシュタグを設定しすぎると、スパムとみなされる可能性があります。

スパムとみなされた場合、最悪のケースでは該当の動画を削除されてしまう危険性もありますので、ハッシュタグの付け過ぎには注意しましょう。

 

なお、YouTubeの仕様上、ハッシュタグを15個よりも多く設定すると、その動画のすべてのハッシュタグは無効化されます。

つまり、ハッシュタグを10個設定した場合は前から3つが有効化されて動画タイトルの上に表示されますが、20個のハッシュタグを設定した場合は動画タイトルの上には一つもハッシュタグが表示されないということです。

この仕様については、YouTubeの公式ヘルプページにも明確に記載されています。

 

YouTubeでは過去に動画のタグスパムが横行してしまい、タグが効果的に機能しなくなってしまった過去がありますので、ハッシュタグについては制限を設けてスパムを排除したいのだと思います。

YouTubeの公式発表では「15個を超えるハッシュタグがNG」となっているので、15個までは設定可能なようです。

しかし、3個以上のハッシュタグはほぼ意味がないですし、スパムとみなされてしまう危険性を考えると、やはりハッシュタグのベストな数は3個以内です。

 

ハッシュタグの具体的な設定方法を画像付きで解説

YouTube動画にハッシュタグを設定する方法を具体的に解説していきます。

ハッシュタグについては、動画投稿初期に設定を行うことはもちろん可能ですし、過去に投稿した動画に関しても後から追加で設定することができます。

ここでは過去に投稿した動画にハッシュタグを実際に設定してみます。

 

YouTubeのクリエイターツールにアクセスしたら、ハッシュタグを設定したい動画の「編集」ボタンをクリックします。

ハッシュタグの設定方法

 

「基本情報」のタブで、動画の説明欄に設定したいハッシュタグを記載します。ハッシュタグの記載方法は「シャープ」+「好きなキーワード」です。

下の画像では「#動画アップロード」と「#YouTube動画投稿」というハッシュタグを設定してみました。

なお、複数のハッシュタグを設定したい場合は、改行を行うか、「#」と「#」の間に半角スペースを入れます。

ハッシュタグの設定方法

 

実際に動画再生画面にアクセスしてみると、クリエイターツールで設定したハッシュタグが反映されており、動画タイトルの上に青い文字で表示されています。

ハッシュタグの設定実例(2個)

 

もう一度、クリエイターツールに戻って、今度は試しに4個のハッシュタグを設定してみます。

ハッシュタグの設定方法

 

再び、動画再生ページを見てみると、上から3つまでのハッシュタグだけが青い文字リンクで反映されています。

このように、4個以上のハッシュタグを設定しても、有効に機能するのは記載した順番で最初から3個のみです。

ハッシュタグの設定実例(3個)

 

ちなみに、この状態で動画の説明欄を見てみると、しっかりと4個のハッシュタグが設定されている事が分かります。

画像下の赤枠の説明欄内では4個のハッシュタグが機能していますが、動画タイトル上では3個しか機能していません。

ハッシュタグがタイトル上で機能するのは3個まで

 

また、複数のハッシュタグを設定する場合、下の画像のように半角スペースを空けて並べて記載しても問題なく機能します。(改行する形でも機能します。)

複数ハッシュタグの記載例

 

ハッシュタグを設定しても反映されない・表示されない場合の対処法

YouTube動画の説明欄にハッシュタグを記載しても、動画の再生ページで上手く反映されない場合、いくつかのポイントをチェックして対処していきましょう。

 

しばらく時間を置いてから動画再生ページにアクセスしてみる

私がこの記事を書くために試しにハッシュタグを設定した時もそうだったのですが、クリエイターツール側でハッシュタグを記載して「変更を保存」ボタンを押しても、即時反映されない場合があります。

YouTubeのサーバー側の混雑状況にもよると思いますが、ハッシュタグの設定後はせめて数分間は待ってから動画再生ページにアクセスしてみましょう。

また、動画再生ページにアクセスしてからは「リロード(F5)」を行って、ページを更新してみることをお勧めします。

 

#(シャープ)がきちんと半角になっているかチェックする

ハッシュタグを記載する場合の「#(シャープ)」は半角で記載する必要があります。

間違って全角で記載してしまっている場合は、ハッシュタグが正しく機能しません。

 

ハッシュタグの途中でスペースが入っていないかを確認する

ハッシュタグとハッシュタグの間には半角スペースを入れる必要がありますが、ハッシュタグの途中ではスペースを入れてはいけません。

例えば「#YouTube Video」という記載方法でタグを入れてしまうと、前半の「#YouTube」しかうまくハッシュタグとして認識されません。

この場合、正しくは半角スペースをなくして「#YouTubeVideo」と記載する必要があります。

 

15個を超えるハッシュタグを設定していないかチェックする

YouTubeの仕様上、1つの動画に対して15個を超えるハッシュタグを設定すると、すべてのハッシュタグが無効化されます。

これはハッシュタグを悪用したスパムを防ぐためだと考えられます。

推奨のハッシュタグ数は3個なので、多くのタグを設定してしまっている場合は3個に絞ってみましょう。

 

ハッシュタグはだいぶ前から機能としては存在していた

2018年の下半期くらいから動画タイトルの上にハッシュタグを見かけるようになったので、ハッシュタグが最近導入された新機能のように思っている方も多いと思います。

ただ、ハッシュタグの機能自体はかなり昔から存在していたようです。

 

下の画像は有名ユーチューバーであるバイリンガール英会話 Chikaさんのハッシュタグが設定されている動画ですが、動画の公開日を見てみると「2016年4月27日」となっています。

バイリンガール ハッシュタグ設定動画

 

今から約3年も前に投稿されている動画ですが、こちらの動画にはハッシュタグが設定されていました。

動画説明欄を見てみると、ハッシュタグが記載されているのが分かります。

バイリンガール 説明欄のハッシュタグ

 

ちなみに、この動画のハッシュタグを数えてみると、20個も設定されています。

それでも動画タイトルの上に3個のハッシュタグが有効になっている事を考えると、15個上限が生まれる前に設定されたものなのではないかと予想されます。

 

うっすらとした記憶ですが、2~3年前から動画の説明欄にハッシュタグを記載している人はいたように私も記憶しています。

ただ、その当時はあくまでも動画説明欄内でのハッシュタグリンクが有効になっていて、そこから関連動画を検索できる仕様だったと思います。

動画タイトルの上に3個のハッシュタグが表示されるようになったのは2018年の途中からだったと思いますので、最近ハッシュタグを設定する人が増え、ハッシュタグを見かける機会も増えたのでしょう。

 

YouTubeにおけるハッシュタグの効果的な使い方

ハッシュタグの効果的な使い方は2つのパターンが考えられます。

自分自身のチャンネルの状況によって、使い分けていくことをお勧めします。

 

シリーズ動画や企画物において独自のハッシュタグを設定する

それなりの人数のチャンネル登録者数がいて、固定ファンが付いているような状態であるならば、自分のチャンネル独自のハッシュタグを設定してみるのも効果的です。

自分のチャンネル内で人気シリーズ物の動画を作成した場合などは、そのシリーズに関する独自のハッシュタグを作り、それを設定しておきます。

一定数のファンがいれば、その動画シリーズを「面白い!」と思って、そのシリーズの「他の動画も見たい!」と思ってくれる視聴者も出てくるでしょう。

そういった時に、ハッシュタグからすぐに他の動画へたどり着ける導線を作っておけば、自分のチャンネル内の動画を効率的に複数見てもらうことができます。

ただし、これはある程度チャンネル登録者が多い場合に有効な使い方です。

 

人気チャンネルや人気動画のハッシュタグに便乗する

どのようなチャンネル規模であっても実践できるハッシュタグのノウハウは、人気動画・人気チャンネルが使っているハッシュタグを自分の動画でも使うことです。

当然ですが、いくら人気動画だからと言って自分の動画と全く無関係なタグを使ってしまうのはNGです。

自分が動画投稿を行っているジャンルにおいて人気のチャンネル・人気の動画が使っているハッシュタグで、かつ、自分自身が投稿している動画内容と関連性が高いハッシュタグを自分の動画にも設定します。

これを行うことで、人気チャンネル・人気動画のハッシュタグ経由で貴方の動画を見つけてくれる可能性が生まれます。

 

ハッシュタグを使うより、もっと効率よく動画の再生回数を増やす方法

YouTube動画でハッシュタグを使う方法について解説してきましたが、すでにお伝えしている通り、ハッシュタグによる動画再生回数の増加効果はそこまで大きくはありません。

ハッシュタグに関しては“必須で絶対に設定していくべきもの”というよりは、“設定しないよりは設定しておいたほうが良い”といったレベルの認識で問題ありません。

とはいえ、説明文に少し記載するだけなので、過去の動画にすべてハッシュタグを付け直す必要はありませんが、今後、投稿していく動画には積極的に設定していくのが良いでしょう。

 

ただ、ハッシュタグはYouTubeで再生回数を伸ばしていくための要素としては小手先のテクニックと言えます。

YouTube動画の再生回数を伸ばし、チャンネル登録者をどんどん増やしていくためには、もっと本質的なYouTube攻略ノウハウを知るほうが効果的です。

もし、貴方がより効果的の大きいYouTubeノウハウを知りたいのであれば、下記の無料メール講座をチェックしてみることをおすすめします。

こちらの無料メール講座を受講することで、YouTubeで再生回数を伸ばすための小手先のテクニックではなく、YouTubeで稼ぐための本質的なノウハウを身に付けることができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTube動画の再生回数を爆発的に伸ばすための本質的なノウハウを無料で学んでみる!

 






  • 2019 02.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2019年8月現在も6年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者が書いているブログです。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“6年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る