YouTuberラファエルのアカBANの理由と投稿者が学ぶべき事

この記事は5分で読めます

YouTubeのアカウント停止・チャンネル削除画面

チャンネル登録者数200万人超えの大物ユーチューバーであるラファエルさんのメインチャンネルが、2019年1月22日にアカウントBAN(YouTubeチャンネルの削除)されてしまった件が大きな話題になっています。

チャンネルが削除されてしまった理由は、YouTubeのコミュニティガイドラインに違反していたからです。

Yahoo!ニュースで取り上げられるほどだったので、「最近のユーチューバーの影響力は凄まじいな・・・」とビックリしてしまう出来事でもありました。

この記事では、そんなラファエルさんのアカウントBANから、YouTubeの動画投稿者が学ぶべき事について解説していきます。

YouTubeチャンネルが削除されてもラファエルは余裕で復活できる

ラファエルさんは、どちらかと言うと過激な動画が売りだったため、そういった動画をよく思わない人たちも多くいました。

そういった所謂アンチの人たちからは「メインチャンネルが垢BANされたから、これでラファエルも終わりだな!」といった感じで見られているようです。

しかし、今回のアカウントBANから、その後の流れを見ていて私が思ったのは「YouTubeチャンネルが無くなったとしてもラファエルさんは今後も大きなお金を稼ぎ続けるだろうな」ということです。

 

ラファエルさんレベルのユーチューバーになってくると、「ラファエル」というキャラクター自体がブランド化されているため、そのキャラクターに対してファンが付いています。

それこそ、万が一、YouTube自体が無くなってしまったとしても、Twitterやインスタグラムなど他の媒体で「ラファエル」のキャラクターを展開すれば、その場所でお金を稼ぐことができるはずです。

確かに今回の一件でラファエルさんの収入は一時的には下がってしまうと思いますが、数ヶ月もすれば、また元の水準に戻っていくのではないかと思います。

 

なお、ラファエルさんのメインチャンネルが停止してから、ちょうど1週間程が経過しましたが、新しいメインチャンネルはすでに登録者が77万人を超えています。

他のユーチューバーの方々が「ラファエルさんの新しいチャンネルはこちら!」といった形で登録を促すように支援しており、それもあって77万人まで登録者数が回復してきています。

こうした他のユーチューバーからの支援を受けられるのも「ラファエル」というブランドがあってこそ、だと思います。

 

YouTubeはインターネット上で影響力を持つためのツール

YouTubeは多くの人々が集まるメディアであり、それ単体でも凄まじい金額を稼げる可能性があるメディアです。

実際、ラファエルさんはYouTubeの広告収入だけで毎月1,000~2,000万円くらいを稼いでいたそうです。

 

ただ、ラファエルさん程の影響力になってくると、YouTubeの中だけに留まらず、Twitterでもインスタグラムでも影響力を発揮していけるほどのブランドが出来上がっています。

世の中的には「ユーチューバーってYouTubeが無くなったらどうやって稼いでいくんだろうね?」とか「YouTubeなんて数年後にはどうなってるか分からないでしょ!」といった否定的な意見もありますが、それらの意見は的外れです。

もはや、ユーチューバーは芸能人のようなブランドになっているため、もし仮にYouTubeが無くなってしまったとしても、それまでに築き上げた知名度を利用して、他のメディアで活躍することができます。

 

個人的には、ラファエルさんの今回のアカウントBANは、「ユーチューバー」という存在が大きな影響力を持っており、その知名度があれば今回のようなトラブルに巻き込まれてしまったとしても、すぐに復活できるということを見事に証明してくれた出来事だと捉えています。

そういった意味でも、「有名になりたい!」とか「インターネットを使ってお金持ちになりたい!」という方にとって、YouTubeは自分の影響力を増すための有効なツールだと言えます。

だからこそ、動画投稿に興味がある場合は、ぜひ積極的に動画投稿を行っていくことをおすすめします。

 

YouTubeのコミュニティガイドライン違反とは?

アカウントBANからたった1週間で、再び影響力を取り戻してきているラファエルさんではありますが、動画投稿者として今回の件で学ぶべき事は「YouTubeのコミュニティガイドラインはしっかりと守るべき」ということです。

YouTubeには「コミュニティガイドライン」という動画に関するルールが存在しており、そのルールから逸脱した動画をアップロードしてしまうと、動画が削除されてしまう仕組みになっています。

そして、チャンネル内の動画を3回削除されると、チャンネルごと削除(アカウントBAN)されてしまいます。

 

下の動画でラファエルさんが語っているように、今回のアカウント削除はコミュニティガイドラインに違反したのが原因だったようです。

 

YouTubeのコミュニティガイドラインでは、「ヌードや性的なコンテンツ」や「有害で危険なコンテンツ」などの動画をアップロードすることを禁止しています。

ラファエルさんの場合、まさにこの禁止事項に当たってしまうような動画が多くの割合を占めていたので、YouTubeアカウントを削除されてしまったのだと推測されます。

 

2019年1月15日にコミュニティガイドラインが変更されていた

ラファエルさんはYouTubeのコミュニティガイドライン違反すれすれの動画をアップロードすることで人気を博していた部分もあったと思います。

そういった過激な動画が“テレビでは見られないYouTubeらしさ”でもあったわけです。

 

ただ、2019年1月15日にYouTubeのコミュニティガイドラインが変更され、新たに下記のような禁止事項が盛り込まれました。

先日お知らせしたとおり、危険なチャレンジやいたずらに関するポリシーが変更されました。死亡のリスクが伴うチャレンジは、YouTube では許可されません。けがや身体的危害をもたらす差し迫ったリスクを伴う危険なチャレンジに未成年者が関与しているコンテンツも、YouTube では許可されません。

また、身体的な危険にさらされていると犠牲者に信じこませるいたずらや、実際に身体的危害をもたらすいたずらも、YouTube では許可されません。未成年者に精神的苦痛を与える危険ないたずらや虐待的ないたずらも許可されません。

 

引用:YouTubeヘルプ 有害で危険なコンテンツに関するポリシー

 

ここ数年、YouTubeでは再生回数を稼ぐために過激な行為を撮影した動画が増加傾向にあったのは事実だと思います。

海外では某ユーチューバーが自分の子供に下剤入りアイスを食べさせ、苦しむ様子を撮影してYouTubeにアップロードした動画が大問題になりました。

 

こういった問題を受けて、YouTube側も「危険なチャレンジやいたずら」をコミュニティガイドライン違反のコンテンツとして指定したのだと思います。

そして、ラファエルさんの動画もこの新しいコミュニティガイドラインに違反したとみなされ、アカウント削除に繋がってしまった可能性が高いです。

 

ラファエルのメインチャンネルは復活するのか?

ラファエルさん自身やファンの方々は、メインチャンネルが復活することを祈っているかもしれませんが、YouTubeチャンネルが復活する可能性は非常に低いと考えられます。

YouTubeチャンネルが削除されてしまう理由についてはいくつかありますが、その中でもコミュニティガイドライン違反は比較的重いペナルティです。

稀に、YouTube側のシステムの誤作動で「コミュニティガイドライン違反」としてYouTubeチャンネルが削除されてしまうケースもありますが、そういった場合はチャンネルを復活できる可能性があります。

しかし、今回に関してはラファエルさん自身も「コミュニティガイドラインに違反していた可能性」を認めていますので、復活する可能性はほぼゼロだと思います。

 

とはいえ、新しいメインチャンネルも登録者数が77万人を超えていますので、ラファエルさんが完全に復活する日もそう遠くはないでしょう。

ちなみに、これは知り合い経由で聞いた話ですが、YouTube(Google)の担当者が付いているような優良なYouTubeチャンネルであれば、何らかの手違いがあってYouTubeチャンネルを停止されてしまったとしても、すぐにチャンネルの復活ができるそうです。

 

過激な動画をアップしなくてもYouTubeアドセンスで稼ぐことは可能

ここまでラファエルさんのYouTubeアカウントBANについて、個人的に思ったことなどをお伝えしてきましたが、この記事を読んでいる貴方にぜひ覚えておいて欲しいのは過激な動画を投稿しなくてもYouTubeで大きな広告収入を得るのは可能ということです。

ラファエルさんの場合は、自分自身が過激な動画が好きで、楽しみながら投稿していた部分もあったそうです。

ですので、アカウントBANされてしまったことも「自分がやりたい事をやった結果」と割り切っている部分もあると思います。

 

しかし、もし貴方の目的が「チャンネル登録者数を増やすこと」や「より大きなYouTubeアドセンス収入を得ること」であるならば、無理をして過激な動画を投稿する必要は全くありません。

色々なYouTube動画を見てみれば分かる通り、YouTubeで人気のコンテンツは過激な動画ばかりではありません。

 

つまり、ラファエルさんのアカウントBANを見て「YouTubeはいきなりチャンネルが削除されてしまう可能性がある・・・」と怯える必要はないということです。

今回は、たまたまラファエルさんが過激な動画をメインで投稿していて、YouTube側も近年の過激な動画の問題に対処するために今回の措置を取っただけの話です。

 

このため、「どうしても過激な動画を投稿したい!」というこだわりがない限りは、誰が見ても楽しめるような平和な動画を投稿していくことをお勧めします。

誤解を恐れずに言えば、そういった“無難な動画”であっても爆発的な広告収入を得ているチャンネルはごまんとあります。

もし、貴方が子供から大人まで楽しんでもらえるような、いい意味で無難なチャンネルを作って爆発的にアドセンス報酬を稼ぐ方法に興味があるのなら、下記の無料メール講座も受講してみることをおすすめします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 






  • 2019 01.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2019年2月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る