【2019年】YouTubeでのお金の稼ぎ方・ノウハウ【最新版】

この記事は5分で読めます

2019年が始まって早くも1週間が経ちますが、「今年こそはYouTubeアドセンスで結果を出すぞ!」「2019年は副業ビジネスで稼ぎたい!」と決意を新たにしている方も多いのではないでしょうか。

そんな「2019年こそはYouTubeで成功したい!」と考えている方に向けて、最新状況を踏まえ「2019年にYouTubeで稼ぐためにはどうすればいいのか?」を解説していきます。

この記事を読めば、2019年現在のYouTubeで成功するための方法やポイントが分かります!

2018年はYouTubeアドセンス実践者にとって変化の大きい年だった

2019年のYouTubeの稼ぎ方について解説を行っていく前に、現在のYouTubeがどのような市場環境になっているのかをお伝えします。

この辺をしっかり理解していないと、2019年以降のYouTubeで稼ぐのは難しいからです。

一言でいえば、昨年2018年はYouTubeアドセンスに取り組んでいる人にとっては非常に変化が大きい1年でした。

具体的には下記の2つの大きな出来事がありました。

 

YouTubeチャンネルの収益化審査基準が変更

もっとも大きな変化は、YouTubeチャンネルの収益化基準が変更されたことでしょう。(収益化基準とは、投稿した動画に広告を表示させるための基準のことです)

昔のYouTubeは、チャンネルを開設したその日からでも、動画を投稿すればほぼ誰でも動画に広告を表示することが可能でした。

 

しかし、2018年2月の収益化基準変更により、登録者数1,000人以上&過去12ヶ月間の総再生時間4,000時間以上という基準を超えてから初めて、収益化審査が行われるようになりました。

この変化による影響については、下記の記事でも詳しく解説を行っています。

YouTube収益化の新基準をクリアするのは本当に大変なのか?登録者数1,000人以上、総再生時間4,000時間以上の広告掲載新基準を徹底解説!

 

ここでは詳細を割愛しますが、収益化基準の変更については特に悪影響ではないので、あまり気にする必要はありません。

むしろ、それに伴う下記の変化のほうが重要視すべきでしょう。

 

YouTubeチャンネルの収益化審査に大幅な遅れが発生

収益化基準の変更に関連してYouTube側のシステムも大きく変更されたため、収益化審査が大幅に遅れるケースも多くありました。

新しい審査基準をクリアしているのに、なかなか審査が開始されない事象が発生していたのです。

また、数ヶ月も審査を待った挙句、収益化審査に通過できなかった人も出てきています。

 

ただし、収益化審査の審査落ちに関しては、投稿していた動画に問題があるケースがほとんどで、収益化できないのはノウハウに問題があるだけです。

決してYouTube自体が稼げなくなったわけではないので、その点は勘違いしないようにしましょう。

なお、今でも全く問題なく100%収益化できているノウハウについては、こちらの無料メール講座でも解説しています。

 

上記のように、2018年はYouTubeがいよいよ本格的にスパムユーザーや違法動画をアップロードしている投稿者を排除しようと本気を出してきた1年だったと言えます。

これらの変化を踏まえて「今後はどんな動画を投稿していくべきなのか」をしっかりと考えていかないと、2019年以降のYouTubeで稼ぐのは難しいです。

 

2019年のYouTubeで広告収入を稼ぐために必要な事とは?

2019年以降もYouTubeで広告収入を得るために必要なのは「オリジナリティ」です。

詳細については後ほど解説しますが、まずは「オリジナリティがある動画を投稿すること」を徹底的に意識しましょう。

 

「オリジナリティ」と聞くと、難しく考えてしまう方も多いですが、そもそも2016年、2017年頃までのYouTubeが異常に稼ぎやすかっただけであって、今は徐々に普通の状態に整ってきている状態です。

 

それこそ、2016年頃までであればテレビ動画やラジオ動画、単純なコピペテキスト動画でも稼ぐことができてしまっていました。

これらは冷静に考えると、異常に稼ぎやすい状態であったと言えます。

なぜなら、それらの動画には一切「オリジナリティ」が存在しなかったのに稼げてしまったからです。

 

2019年もYouTubeで稼ぎたいのであれば「時代が変わり、YouTubeも変化している」ということを、まずは認識する必要があります。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

テレビ動画やラジオ動画など転載系ではもう稼げない

2019年現在、テレビ動画やラジオ動画の転載系ノウハウ(ノウハウと言えないレベルですが…)では稼げなくなっています。

なぜなら、先ほどもお伝えしている通り、収益化審査の基準が変更されたからです。

テレビ動画やラジオ動画などの場合、そもそもチャンネル登録者数1,000人を超えるのが非常に難しいですし、仮に新しい審査基準をクリアできたとしても「著作権的に問題のあるコンテンツ」と判断されてしまい、審査落ちしてしまう可能性が非常に高くなっています。

 

また、テレビ動画やラジオ動画に限らず、他人の動画を転載しているようなチャンネルは「重複コンテンツをアップロードしているチャンネル」と判断されて、審査落ちしてしまう可能性があります。

実際、最近では重複コンテンツで審査落ちしてしまうケースも増えてきています。

 

こういった状況であるため、違法動画・グレー動画で稼ぐ方法は、完全に「稼げない過去の手法」になってしまったと考えるべきです。

 

テキスト系動画は2019年現在も稼げるのか?

「テキスト系動画・スライドショー系動画は収益化できるのか?」について気になっている方も多いと思います。

テキスト系動画に関しては、2019年現在も稼げるケースと稼げないケースが存在します。

 

テキスト系動画で2019年現在も稼げるケース

いま現在、すでに収益化できていて、しっかりと広告表示されているテキスト系YouTubeチャンネルを持っているのであれば、そのチャンネルに動画投稿を行うことで広告収入を得ることは可能です。

実際に単純なテキスト系動画であっても、未だに広告表示がされているチャンネルは存在します。

これが2019年現在でもテキスト系動画で稼げるケースです。

 

テキスト系動画で2019年現在では稼げないケース

今から新規で単純なテキスト系動画を投稿するチャンネルを作ったとしても、収益化できない可能性が高いです。

2018年の時点から、単純なテキスト系動画を新規作成して、新しい収益化審査基準をクリアしても収益化審査にクリアできないケースが頻繁に報告されているからです。

審査落ちしてしまうチャンネルや、いつまで経っても収益化審査のステータスに変化がないチャンネルがあります。

 

これらは単純なコピペテキストで構成されていることが多く、「オリジナリティがない」と判断されてしまっているため、重複コンテンツをアップロードしているチャンネルとして審査通過できなくなってきていると考えられます。

 

動画構成にこだわったテキスト系動画であれば収益化できる可能性はある

単純なコピペテキスト系動画に関しては上記のような状況になっています。

このため、もし今からテキスト系動画にチャレンジしていくのであれば、動画構成にこだわった形で動画制作を行っていく必要があります。

テキスト内容にオリジナリティを持たせるのはもちろんのこと、画像の切り替わりを多くしたり、動画と組み合わせてみたり、ナレーションを入れてみたり、といった工夫が必要になってきます。

 

「テキスト系動画がNG」というよりは、「オリジナリティがない、重複コンテンツのような動画は収益化できない状況」になっているため、数年前のように「何も考えずにコピペで作業量を追求する!」といったやり方は完全に通用しなくなっています。

もし貴方がいま現在、単純なコピペテキスト系動画に取り組んでいて行き詰っているのであれば、一工夫くわえていく必要があります。

 

2019年こそオリジナル撮影系動画にチャレンジすべし!

2019年以降もテキスト系動画で稼いでいきたいのであれば、動画構成の工夫などは必須です。

ただ、はっきり言って、動画構成にこだわり始めると非常に手間が増えます。

単純なコピペテキスト動画しか作った事がない人であれば、手間の多さ、作業の大変さに心が折れると思います。

 

そこまで労力をかけてテキスト系動画を作るのであれば、オリジナルの撮影系動画を投稿するほうが簡単です。

オリジナル撮影系動画と言っても、顔出しや声出しをしなくても稼ぐことは可能です。

何よりもオリジナル撮影系動画であれば、撮影した時点で「オリジナリティ」が生まれますし、動画を削除されてしまうようなリスクも限りなくゼロです。

だからこそ、2019年はオリジナル撮影系動画にチャレンジしてみることをお勧めします。

 

ここまで解説してきた通り、2018年はYouTubeのシステムが大きく変更された年でした。

2019年以降は新しいYouTubeのシステム、市場環境とうまく付き合っていかなければ稼ぐことができません。

ただ、逆に言えば、ライバルが脱落していっているので、正しいノウハウを身に付け、正しい方向に努力していくだけで稼げる可能性は高くなっています。

 

YouTubeは年々影響力を増してきているメディアですし、ユーチューバーと呼ばれる方々は年を追うごとに年収が増えてきています。

未だにライバルが旧来のノウハウで悪戦苦闘している中で、貴方は新しい時代にマッチしたノウハウを身に付け、YouTubeで稼いでいきましょう。

YouTubeにおいてオリジナル撮影系動画で圧倒的に稼ぐための情報は、下記の無料メール講座でも詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2019年以降もずっと稼ぎ続けられる本物のYouTubeノウハウとは?

 






  • 2019 01.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2019年6月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る