収益化しないでYouTube動画の投稿は可能?あとで収益化したら広告収入の計算はどうなる?

この記事は6分で読めます

YouTubeへ動画投稿を行っている方の中には「純粋な趣味で動画投稿をしているので広告収入はいらない」という方もいるみたいです。

また、何らかの事情で自分の投稿した動画を収益化していない(したくない)方もいると思います。

今回は自分のYouTube動画を収益化していない方に向けて、収益化しないメリット・デメリットや収益化していなかった動画をのちのち収益化した場合に、広告報酬がどのように計算されるのか、について解説していきます。

収益化せずにYouTubeへの動画投稿を行うことは可能

結論からお伝えすると、収益化せずに(広告収入を得ずに)YouTubeへの動画投稿を行っていくことは可能です。

収益化している動画と収益化していない動画で再生回数に差が生まれるような事もありません。

収益化していない動画であっても、視聴者に支持されるような動画であれば再生回数はどんどん伸びていきます。

 

ただし、基本的にYouTubeへの動画投稿を行っている方々は、広告収入を目的の一つとしている場合がほとんどなので、収益化していない動画投稿者は稀です。

あくまでも体感ですが、収益化されていない動画はYouTube全体の2割以下くらいではないでしょうか。

それくらい「YouTube=動画投稿するだけで広告収入が得られるメディア」という認識が浸透しているのだと思います。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTube動画を収益化するために必須の条件とは

YouTube動画・YouTubeチャンネルを収益化するためには、年齢が18歳以上である必要があります。

これは、Googleアドセンス(YouTubeアドセンス)の利用規約に下記のように記載されているからです。

AdSense の利用規約に記載されているとおり、AdSense プログラムに参加するにはサイト運営者様の年齢が 18 歳に達している必要があります。

18 歳に達していない場合は、保護者の Google アカウントを使用してお申し込みを送信してもらってください。保護者のお申し込みが承認された場合、お支払いはすべてサイトの責任者である保護者の方に対して行われます。

引用:AdSense ヘルプ 年齢に関する要件

 

上記のように、自分自身の銀行口座で広告収入の支払いを受け取るためには、申込時の年齢が18歳以上である必要があります。

しかし、18歳未満であっても、保護者のGoogleアカウントを使用することでアドセンスを利用することはできるようです。

ただ、実際の動画投稿者とその支払いを受け取る人物が異なる場合、のちのち金銭問題に発展する可能性もゼロではないため、あまりお勧めはできません。

このため、YouTubeアドセンスを利用して広告収入を得るのは、自分自身が18歳以上である人に限られると考えるのが無難です。

 

動画から広告収入を得ていない某有名ユーチューバーが収益化していない理由

動画を収益化していないユーチューバーのほうが圧倒的に数が少ないのですが、ごく稀に有名ユーチューバーの中にも動画を収益化せず、広告収入を受け取っていない方もいます。

収益化をしていない代表的なユーチューバーとしては「レペゼン地球」です。

登録者数が100万人を超えているトップユーチューバーであるのにもかかわらず、2018年7月現在、動画には広告が表示されていません。(今までの動画を収益化するだけで、一気に月収ウン百万円は確実なのにもかかわらず・・・です)

 

個人的な印象としては「面白いことに挑戦しているユーチューバーグループ」という印象です。

DJ集団らしいのですが、本業(?)のDJ活動のためにYouTubeを使って、知名度や人気を獲得することが目的のようです。

「あくまでも自分たちはDJであって、ユーチューバーではない」という意識があるそうで、そういった理由から動画の収益化を行っていないそうです。

 

この辺の経緯については下記の動画で詳しく語られているのですが、長い動画なので時間がある時に見てみると良いと思います。

非常に素晴らしいお話をされていますので、お勧めの動画です。(ちなみに、再生回数は800万回超え、高評価数も41万超えと、とてつもない大ヒット動画になっています)

 

ただ、レペゼン地球の方々に関しても、DJイベントへの集客、各種グッズ販売、企業案件などを行っているので、YouTube経由の収益が全くゼロというわけではありません。あくまでも、動画からの広告収入は受け取っていない形です。

このように、自分自身や自分の所属するユニットのブランディングとしてYouTubeを利用している場合は、動画から直接的な広告収入を得ていない場合もあります。

 

しかし、我々のような一般人の場合、イベントの実施や企業案件などは難しいため、やはり、YouTube動画を収益化して広告報酬を受け取るのが良いと思います。

もし、貴方がYouTube動画を収益化して広告収入を得ることに興味があるのなら、こちらで解説しているノウハウを実践してみてください。効果抜群のノウハウなので、実際に再生回数&広告収入が激増する人が続出しています。

 

YouTube動画を収益化しなければ、著作権侵害で動画を削除されない?

動画の収益化を行わなければ、テレビやアニメのワンシーンなどの著作権に違反している動画を投稿しても問題ないと思っている人も少なくないようです。

しかし、著作権侵害を行っている動画をYouTubeにアップロードする行為は、動画の収益化に関係なく禁止されています。

 

例えば、テレビ番組の面白いワンシーンを切り取った動画がYouTubeにアップロードされていたとします。

この動画に広告が付いていても付いていなくても、権利を持っているテレビ局がYouTubeへ著作権侵害の申請を行い、受理された時点で、該当の動画は削除されます。

つまり、基本的には、YouTubeの著作権侵害による動画削除のシステムと、広告収益のシステムには関連性がないのです。

動画の収益化の有無にかかわらず、誰かの著作権を侵害する行為はやめたほうが良いでしょう。

 

収益化していない動画を、あとから収益化した場合の広告収入の計算方法とは?

今まで収益化していなかった動画を、後から収益化した場合、広告収入の計算は収益化した時点から計算されるようになります。

 

例えば、貴方が1月1日に投稿した動画あったとします。この動画が6月30日時点で100万回再生されていたとしましょう。

7月1日に動画の収益化を行い、7月1日から広告が表示され始めたとします。そして、その年の12月31日の時点で、合計200万回再生されていたと仮定します。

この場合は、7月1日~12月31日の期間の100万回分のみ広告が表示されるため、100万回分のみの広告収入となります。1月1日~6月30日までの100万回分の再生回数は広告収入の計算としてカウントされません。

つまり、広告収入の計算は過去にさかのぼって計算はされないということです。

 

上記の例では、せっかく200万回も再生されて、1再生0.1円で考えた場合、20万円の広告収入がもらえるはずだったのに、10万円分受け取り損ねた形になります。

こういった形で、本来受け取れるはずだった広告収入を受け取れない損失が発生する可能性がありますので、YouTubeへ投稿した動画については投稿した時点から収益化しておくことをお勧めします。

機会損失を最小限に抑えて、できるだけ効率的に広告収入を得ていく方法はこちらの無料メール講座でも分かりやすく解説しています。

 

YouTube動画を収益化しないメリットはあるのか?

この記事を読んでいる方は、何らかの事情で「YouTube動画を収益化しない」という選択を考えているのかもしれません。

しかし、ずばり言うと、YouTube動画を収益化しないメリットは存在しません。というよりも、むしろ、デメリットしか存在しないようにも思えます。

 

確かに、企業のブランディング広告としてYouTube動画を利用する場合は、動画の収益化を行わないほうが良いでしょう。

企業が制作したYouTube限定動画や、映画の予告編動画などには広告が表示されていないことが分かると思います。

これらは動画自体を見てもらうことに意味があり、自社の動画再生前に他社の広告が表示されてしまうことを避ける目的で、動画を収益化していないのです。

例えば、映画Aの予告動画が再生される前に、映画Bの予告の動画広告が表示されてしまったら、映画Aの宣伝のさまたげになりますよね。

このように、企業がYouTubeを活用する場合には、動画の収益化を行わないのが一般的です。

YouTube動画の収益化を行わない場合のメリットはこれくらいです。

 

一個人がYouTubeへの動画投稿を行うときには、収益化しないメリットは特に存在しないのです。

「広告が表示されるより、表示されないほうが動画が見やすい」という意見もあるかもしれませんが、今ではYouTubeに広告が表示されるのは当たり前になっているので、その点を過剰に気にしている人はごくごく少数です。

だから、広告が表示されることでの見づらさのようなものは気にする必要がありません。

 

また、「自分は趣味で動画投稿をしているだけだから広告収入には興味がない」という方もいるかもしれません。

ですが、そういった方に向けてお伝えしたいのは「自分が好きな趣味の動画を投稿しているだけで毎月数万円~数十万円のお小遣い稼ぎが出来たら嬉しくないですか?」ということです。

実際にそういったことを実現している方々は、貴方が思っている以上に多いです。

 

例えば、趣味のゲームを実況しているだけで年収ウン千万円の動画投稿者もいれば、趣味のDIYの動画を投稿するだけで十分に生活できるレベルの収益を得ている動画投稿者もいます。

そこまで大きく成功しなかったとしても、趣味の動画を投稿しているだけで月に5万円でも広告収入がもらえたら絶対に嬉しいと思うのです。

その5万円で、さらに自分の趣味が充実していきますからね!

そして、毎月趣味に使えるお金の額が大きくなればなるほど、投稿できる趣味の動画の幅も広がっていくはずなので、さらに大きな再生に繋がっていく可能性があります。

当然、さらに大きな再生が生まれれば、さらに多くの広告収入が・・・といった形で、好循環が生まれます。

 

ということで、「自分は趣味で動画投稿を行っているから・・・」という方にこそ、ぜひYouTube動画を収益化して広告収入を得ることにチャレンジして欲しいと思っています。

もちろん、「自分には動画にできるような趣味なんてないし・・・」と思っている方も、YouTubeに動画を投稿して収益化することは簡単にできます。

いずれの場合でも、この記事を読んでYouTube動画を収益化して広告収入を得ることに興味を持ったのであれば、下記の無料メール講座もチェックしてみることをお勧めします。

下記の無料メール講座では、ゼロからYouTubeで人気チャンネルを作るノウハウや、いま運営しているYouTubeチャンネルをさらに大きくするためのテクニックなどを解説しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

貴方の好きな動画を投稿してYouTubeで毎月安定した広告収入を得る方法とは?

 






  • 2018 07.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る