YouTube Kidsアプリの登場でYouTubeアドセンス実践者にはどんな影響があるのか?YouTube Kidsの真の狙いとは?

この記事は6分で読めます

2017年5月31日に子供向けのYouTube視聴アプリである「YouTube Kids(ユーチューブ キッズ)」がリリースされました。

私もYouTubeアドセンス実践者としてYouTube Kidsをスマホにインストールしています。

今回のYouTube Kidsアプリのリリースに関しては、実はYouTubeアドセンス実践者にとって大きな変化であるのにもかかわらず、この点に関して言及している人がいません。

そこで、リリースから少し時間が経っていますが、今回はYouTube Kidsのリリースは「YouTubeアドセンス実践者にとって、どんな影響が発生するのか?」そして、「YouTube KidsをリリースしたYouTube側の本当の狙いとは?」といったことについて解説していきます。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

2017年5月31日に日本でもYouTube Kids(ユーチューブ キッズ)がリリースされました。 今回はYouTube KidsがリリースされたことによってYouTubeアドセンス実践者にどんな影響があるのか?また、YouTube KidsアプリをリリースしたYouTube側の真の意図とは?といったことについて解説しています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

YouTube Kids(ユーチューブ キッズ)アプリとは?

そもそも「YouTube Kids」とは2017年5月31日にYouTubeがリリースしたスマホ用アプリのことです。

海外ではすでに以前からリリースされていたそうですが、この度、日本語版もリリースされた形になります。

子供向けの視聴アプリということで、検索結果に表示される動画自体も制限されていますし、保護者向けの機能としてタイマーによる視聴時間制限機能や視聴させたくない動画のブロック機能などを備えています。

 

YouTube Kidsがリリースされた目的は企業の社会貢献?

最近の子供はYouTubeが大好きで親のスマホを使ってしょっちゅうYouTubeを見ている子供が多いと聞きます。

なんなら自分でスマホのパスコードを解除してYouTubeのアプリを開いて、動画を見始める・・・なんて子供もいるくらいです。

それくらい「YouTube」という存在が身近になってきている点はYouTubeのメディアとしての価値がどんどん高まってきていて今後も価値が高まっていくことを如実に表していると思っています。

 

しかし、その一方で、YouTubeには本当に色々なコンテンツが投稿されていて中にはテレビではできないような少し過激な動画や危険な動画なども存在しています。

もちろん、そういったテレビの地上波では絶対にできないような企画の動画がある事もYouTubeの一つの魅力であり、YouTubeの価値だとも言えます。

ただ、子供を育てる親としては「それらの過激なコンテンツを小さい子供に見せるのは嫌だ」という気持ちも理解できます。

 

そこで、子供が視聴するときには通常のYouTubeアプリではなく、YouTube Kidsを使って視聴させることによって、できる限り教育上よろしくない動画から子供たちを守ることができるわけです。

実際、YouTube Kidsアプリで検索を行うと、有名YouTuberの中でも少し過激な動画をアップしているシバターさんやラファエルさん、そして、明らかに対象年齢が大人であるパチンコの動画などは検索結果に表示されないようになっています。

「自分の子供がYouTubeにハマってしまっているけれど、できる限り、影響のない平和な動画のみを見せていきたい」という親御さんにとってYouTube Kidsは役立つアプリだと言えます。

 

このため、メディアとして大きな影響力を持つYouTube(Google)にとってYouTube Kidsアプリをリリースすることは立派な社会的貢献にもなっていると思います。

そして、YouTubeも表向きは、そういった社会貢献的な色合いを強めにプレスリリースなどを行っているようです。

 

YouTube KidsをリリースしたYouTubeの真の狙いとは?

YouTube Kidsが使われることによって小さな子供たちが平和なコンテンツにだけ接することができるようになるのはいい事ですし、それはそれで意義がある事です。

しかし、そういった企業の社会貢献のような目的だけでYouTube Kidsがリリースされたわけではありません。

「Googleってやっぱり頭がいい会社だなー」と思うわけですが、今回のYouTube Kidsアプリのリリースによって、Google(YouTube)がやりたいことはYouTubeの視聴者層をより明確に分けることです。

つまり、「視聴者属性をより明確に把握したい意図」があるわけです。

 

どういうことなのか詳しく解説を行います。

Google(YouTube)は何で儲けている企業かと言うと、ご存じの通り「広告収入」で稼ぎを得ている会社です。

だから、Google(YouTube)側としてはより広告収入を増やせるような仕組みを求めており、より多くの広告出稿主に、より多くの広告を出してもらいたいと思っています。

 

そのために重要になってくるのは広告の配信精度を高めて、より大きな広告効果を得られるメディアを作ることです。

例えば、貴方がダイエットサプリを売っている会社のウェブ広告担当者だったとして、

1.ダイエットに興味関心が強く、実際にダイエットを行っているユーザー

2.ダイエットに全く関心がないユーザー

のいずれかにアプローチできるメディアがあったとしたら、確実に1のメディアに広告を出稿したいと考えるはずです。

 

特に、YouTubeは2017年3月に海外においてYouTube内の広告配信先に対する問題が発生し、「どの場所に広告を出すか?」、「誰に広告を出すか?」
といった部分に対して、非常にシビアになってきています。

このため、より一層、YouTube内の視聴者層を分ける目的でYouTube Kidsがリリースされたという事なのです。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

3歳の子供に向けて髭剃りの広告を出して意味なんてあるの?

YouTube Kidsアプリは、YouTubeの広告の精度を高めるためにリリースされたということは前述した通りです。

例えば、現実問題、YouTube上で起きていることとして「3歳の子供に向けて髭剃りの広告が出ている」といったことが十分にあり得るわけです。(まぁテレビCMなどは普通にこういう事が起きてしまっているわけですが・・・。)

インターネット広告の強みとして広告配信を行うターゲット(年齢、性別、趣味、嗜好)を切り分けられる点があります。

 

例えば、髭剃り(カミソリ)の販売を行っているメーカーが20代~60代の男性に向けて新製品のカミソリを告知していきたい場合に、当然、その精度は100%ではありませんが、「女性には配信しない」とか「年齢層を区切って配信していきたい」といったことができます。

これらのターゲティング情報をGoogleやYouTube側がどうやって入手しているかと言うと、該当の端末、ブラウザ、アプリでの検索履歴や閲覧履歴から入手しています。

当たり前ですが、自分のスマホを購入した時の年齢や性別などの登録情報が携帯会社からGoogleやYouTubeに売り渡されているなんてことはないです。

インターネット広告におけるターゲティング情報は、あくまでもデータから割り出した推測によるものが多いです。(Facebookなどは登録時の生年月日などもターゲティングに利用されています)

 

で、ここからが本題になりますが、例えば、30代の男性がいたとして、その方に3歳のお子さんがいたとします。

この場合、3歳のお子さんは間違いなくスマホを持っていないはずなので、30代のお父さんのスマホを使ってYouTubeを見ることになります。

ただ、そのスマホは、普段は30代の男性がGoogleで検索を行い、YouTubeで動画視聴を行っている端末です。

YouTube側のターゲティング情報としては「30代の男性が所有しているスマートフォン」になっています。

このため、「30代の男性に向けた動画広告」が配信されることになります。

結果的に今回の例で言えば、「3歳の子供が見ている動画に対して髭剃りの広告が出てしまっている」といったことが十分に考えられます。

3歳の子供がカミソリを必要とすることはあり得ないので、当然、その広告視聴は“無駄”になってしまいます。

 

YouTube Kidsの登場でYouTubeの広告効果はさらに高まり、YouTubeアドセンス実践者はさらに稼げるようになる

上記のように、ある一つのスマホであっても、そのスマホが利用される状況によっては広告の効果はまるで異なってきます。

そんな状況を打破するためにも、YouTube Kidsアプリは効果的だと言えます。

先の例で言えば、30代のお父さんがYouTubeを見る時は通常のYouTubeアプリで視聴し、3歳の子供がYouTubeを見る時はYouTube Kidsアプリで視聴するといった形でアプリの使い分けをしてもらえるようになれば、広告出稿主としては、広告の無駄な露出を抑えることができます。

小さな子供たちが通常のYouTubeアプリ経由ではなく、YouTube Kidsアプリ経由で動画を見てくれるようになれば、YouTube内の動画広告における無駄な広告露出が減っていきます。

 

一方で、例えば、未就学児童を対象とした商品・サービスの広告配信を行う場合にはYouTube Kidsアプリ側のみに広告配信を行っていけばいいわけです。

こういった形で無駄な広告露出が抑えられれば、同じ広告予算でも、より多くの人に自社の広告を届ける事ができるようになります。

結果的に販促やブランディング効果も高まっていくので、商品・サービスが売れる可能性が高まり、売上・利益が増えます。

売上・利益が増えれば、より大きな利益を得るためにさらに広告への投資が増えます。

広告出稿費用が増えれば、Google(YouTube)側も収入が増えます。

YouTube側の収入が増えれば、YouTubeアドセンスを実践している私たちにとってもアドセンス報酬が増えることになります。

 

もちろん、YouTube Kidsアプリがどんどん普及して広告効果が高まり、企業の広告出稿金額が増えていくまでにはそれなりに時間がかかるので、数ヶ月後にどうこうといった類の話ではありません。

ただ、1年後、3年後、5年後には、間違いなく、今回のYouTube Kidsアプリのリリースによる良い影響が出てきます。

そして、現在のYouTube市場で稼ぎたいのであれば、1年後、3年後、5年後を見据えたチャンネル作りが重要になってきます。

事実、私も数ヶ月以内といった短期間で稼げるようになるチャンネルと短期的にはなかなか稼ぐのが難しいけれど、1年後、3年後、5年後に圧倒的に稼げるチャンネルの両方を運営していますし、コンサルティング会員の方に対しても、どちらも伝えています。

Googleという最高に頭がいい天才頭脳集団が作り上げているYouTubeというメディアは今後も確実に大きくなっていきますので、このチャンスに乗らないのは本当に勿体ないです。

今後も大きな市場拡大が期待できるYouTubeで、初心者でも稼ぐ方法はこちらで解説しています。

 






  • 2017 06.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る