トップランキングや電撃ランキングのようなナレーションを入れたYouTube動画を作成する方法

この記事は6分で読めます

YouTubeでは、顔出しをして動画投稿を行っているYouTuberだけでなく、ナレーションを入れた形式で、声のみ出演するYouTubeチャンネルも人気になっています。

ここ1~2年で生まれたYouTubeチャンネルの中で人気のナレーションチャンネルと言えば、トップランキングや電撃ランキングなどがあります。

トップランキングの動画

電撃ランキングの動画

今回は、上記のような形式のナレーションを入れたYouTube動画の作成方法について解説します。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

最近のYouTubeでは、顔出しをせずに声だけの出演のみで人気を得ているチャンネルが多く存在していますが、そういったナレーション形式の動画の作成方法について、3つのやり方を解説しています。

▼おすすめ▼
ナレーションなんて使わずにYouTubeアドセンスで稼ぐ方法とは!?

トップランキングや電撃ランキングのナレーションの声優は誰なのか?

トップランキングや電撃ランキングを見て「自分もナレーションを入れた形式の動画を作りたい!」と思う方もいるでしょう。

そもそも、ああいったYouTubeチャンネルの動画のナレーションは、どのようにして収録を行っているのでしょうか?

あれらのナレーションをボイスロイドなどによる機械音声だと思っている方もいますが、間違いなく、あの声は人間の声を使っています。

実際の動画を見てみれば分かると思いますが、ボイスロイドなどの機械音声ではあそこまで正しいイントネーションを実現することは不可能だからです。

 

ただし、あのYouTubeチャンネルの所有者がナレーションの声もやっているかと言うと、その可能性は非常に低いと言えます。

では、どうやってナレーションを入れているかと言うと、ナレーション部分をネット声優、ボイスコーポレーター(ボイスコ)と呼ばれるような方に依頼しているのです。

「声優」という職業はとても人気の職業で多くの方々が目指しているので、声優募集のサイトも多く存在しています。

そういったところで募集した人材を使っていたりします。

また、クラウドワークスやランサーズといった外注マッチングサイトでもナレーション案件を見かける機会は多いです。

 

要は、トップランキングや電撃ランキングといった声出し系のYouTubeチャンネルは何らかの方法でナレーションをやってくれる人材を見つけた上で、その方と協力して動画作成を行っているのです。

もし、貴方も同じような形式の動画を作りたい場合は、声優さんの募集サイトや外注マッチングサイトを使って人材を集めてみるといいでしょう。

とはいえ、ナレーションをやってくれる方を見つけてその方をマネジメントしながらYouTube動画を作成するのはそれなりに大変な作業にもなります。

慣れないうちは、どうやって人材を募集していいのかもわからないですし、どんな編集ソフトを使っていいのかもわからないと思います。

もし、貴方がもっと簡単に自分だけで完結できる動画で稼いでいきたいのであれば、こちらで公開している稼げるジャンルの暴露ファイルから自分だけで作成できる動画を選択して稼いでいくことをお勧めします。

 

音声読み上げソフトを使ってYouTube動画にナレーションを入れる方法

ネット声優、ボイスコーポレーター(ボイスコ)と呼ばれるような方に依頼を行い、YouTube動画を作成していくことも可能ですが、外部の方にナレーションをお願いする場合、継続的に費用が発生します。

「そこまで本格的にナレーション入りの動画を作成したいわけではない」という場合は、ボイスロイドなどを使うのも一つの選択肢としてアリです。

 

ボイスロイドとは、いわゆる音声合成ソフト、音声読み上げソフトと呼ばれるものです。これは、貴方が書いた文章をソフトに読み込ませることで、その文章を読み上げてくれるソフトです。

無料・有料のものがありますが、仮に有料のものであっても、基本的には買い切り型のソフトとなっていますので、一度購入すれば、その後はお金をかけずに継続的にソフトを使用することができます。

また、外部の方と業務を進める上でのスケジュール調整も不要で自分だけで作業を完結できる点もメリットだと言えます。

 

ただし、音声読み上げソフトの中には有料のものであっても商用利用が禁止されているものが存在するので、その点だけ注意しましょう。

商用利用の範囲は、その音声を使った作品を販売するといったものだけでなく、YouTubeに動画投稿を行い、その動画に広告を付けて収益化している場合も商用利用とみなされる場合があります。

この辺については、自分が使おうと思っている音声読み上げソフトの利用規約を読み、必要であれば購入前に問い合わせを行ってみると良いでしょう。

 

ちなみに、余談ですが、YouTubeでかなり多くの人が使っている某有料読み上げソフトは、利用規約に「収益化しているYouTube動画での利用は禁止」と記載されています。

こういった場合、ソフトの製作会社がYouTubeに報告を行うことで収益の無効化や動画削除のリスクの可能性もゼロではありません。

このため、音声読み上げソフトを使用する際には利用規約をよく読んで、どのソフトを使用するのかを決めましょう。

なお、音声読み上げソフトを使ったYouTube動画よりも、もっと簡単に稼げるYouTube動画の具体例については、こちらで暴露しています!

 

自分の声でYouTube動画にナレーションを入れる時の準備とやり方

少額の初期投資、かつ、自分完結でナレーション動画を作成する方法として貴方がナレーターとなって自分自身の声を収録する方法があります。

自分の声を使うのであれば、外部パートナーの方に依頼をする時のような継続的な出費もありませんし、音声読み上げソフトのような利用規約に縛られる必要もありません。

自分の声を使って動画作成を行っていくのは、ある意味、もっとも良いナレーション動画の作成方法だと言えます。

 

自分の声をナレーションとして使っていく場合、必要になるのは

1.音声収録用のマイク

2.音声収録ソフトや動画編集ソフト

の2つです。

 

まず、音声収録用のマイクに関して、こちらは数千円から数万円するものまで様々な種類が存在します。

いきなりそこまで高いマイクを購入する必要はありませんが、数千円程度の出費は必要になります。

さすがに数百円で売っているようなマイクは雑音が入りすぎます。

また、音声収録用のマイクを選ぶ時の注意点としては、音声端子で接続するものではなく、USB接続のものを選ぶことです。

丸い形の端子で接続するタイプのマイクより、USB接続のマイクのほうがPC内部の雑音を拾いにくくなります。

実際、私は端子接続タイプのマイクとUSB接続タイプのマイクを持っていますが、USB接続タイプのマイクのほうが音声収録時の雑音が少ないです。

 

続いて、音声収録ソフトや動画編集ソフトに関してです。

どういった形式の動画を作成するかによって、音声収録ソフトを使うべきか、動画編集ソフトを使うべきかは異なります。

音声収録ソフトを使用する場合、一度、音声収録を行ってmp3ファイルなどの形式で書きだしたものを動画編集ソフトのBGMとして読み込ませて動画作成を行います。

音声収録ソフトについては、無料でも高機能なものがたくさんあります。

私の場合、音声収録や音声編集に関しては、「Audacity」という音声収録・編集ソフトを使っています。

特にこだわりがあるわけではありませんが、最初に使い始めてから使いやすかったので今でも使っています。

 

動画編集ソフトによっては、動画編集を行いながら、その場で該当箇所のナレーションを収録できる機能があるソフトも存在します。

アドビ社の動画編集ソフトであるプレミアには、ナレーション収録機能が付いていますし、Windowsムービーメーカーにもナレーション収録機能が付いています。

あとは、PC画面の操作説明を収録する動画などでは、Camtasia(カムタジア)などの画面録画ソフトを使いながら音声収録を行う方法もあります。

音声収録ソフトについては無料でもいいものがありますし、動画編集ソフトについても無料のものがありますので、自分の声を使ってナレーション形式の動画を作成する場合に絶対に必要になるのは音声収録用のマイクだけです。

マイクも数千円で買えますので、初期投資としては安いです。

自分の声を使った動画を作れれば、外注さんが辞めてしまうリスクなども排除できます。

外注さんにお願いする場合でも、自分の声を使う場合でも重要なのは、人気の出る動画を作ることです。

そのための具体的なノウハウについては、こちらの無料メール講座で公開しています。

 

動画のナレーション収録時の注意点とコツ

必要な準備が整ったら、動画用のナレーションを収録していくわけですが、注意点とコツについても説明していきます。

初めて自分でナレーションの収録を行う場合、「声を張る」ことを意識します。

世の中の99%の方は、ナレーションとして音声を収録した経験がないので、気恥ずかしさや不慣れさから声が小さくなりがちです。

声が小さくなってしまうと、聞き取りにくくなってしまい、どうしても動画にした時のクオリティーが低くなってしまいます。

音声収録時は、自分の部屋で一人で話をしている形になりますので、最初は恥ずかしかったり、慣れなかったりする気持ちはよく分かります。

ただ、ナレーションのクオリティーを上げるためには、声量を意識したほうがいいです。

 

また、どうしても避けられないこととして、リップノイズが入る場合があります。

リップノイズというのは、声を出すときに口内で発生する音です。

当然、口の中は濡れているため、口を開け閉めすれば少なからず音が出ます。

これをマイクが拾ってしまうと、出来上がった音声に雑音のような形で入り込んでしまいます。

これに関しては、リップノイズが鳴らないように対策を行ったり、ポップガードを使ったり、編集でカットしたりしましょう。

ただ、リップノイズに関しては、そこまで大きな音でなければ動画作成の際にナレーションにBGMを重ねてしまうことで目立たなくすることも可能です。

お金、時間、手間をかけずにリップノイズを目立たなくするには編集の段階でBGMを重ねてしまうのが一番です。

こういった編集テクニックだけでなく、本質的な稼ぐためのノウハウを学びたい方はこちらもお勧めです。

 

YouTubeで自分の声を出したら知人・友人にバレるのか?

YouTubeで声出し動画をやろうと思っている方の多くが不安に思うのは「YouTubeの動画内で自分の声を晒すことで友人・知人にバレるのではないか?」という事だと思います。

特に、副業ビジネスとしてYouTubeアドセンスに取り組んでいるサラリーマンの方は、この点を不安に思っている方が多いと思います。

この点に関しては「バレる可能性は0%ではないけれど、その可能性はかなり低い」といった感じでしょう。

 

YouTubeの利用者数は日本だけでも4,000万人を超えています。

その中で自分の友人・知人の割合は相当低いでしょうし、もし万が一、貴方の動画を知っている人が見ていたとしてもその声が貴方の声だと気付く人は少ないと思います。

かなり親しい間柄でもない限り、声だけを聞いて「この声は、あの人の声だな」と思うことはほとんどないと思います。

もちろん、貴方が周りの方に対して、YouTubeへの動画投稿を行っていると公言していれば話は別ですが、動画投稿を行っていることを言っていないのであれば誰かに気付かれる可能性は、さらに低くなると考えられます。

 

とはいえ、自分の声を出している以上、誰かにバレない可能性を完全にゼロにすることはできないので、その点がどうしても不安であったり、バレた瞬間に絶対に会社をクビになる仕事をしていたりする場合は、自分の声を出さない形式でナレーション形式の動画に取り組むといいでしょう。

もっと言えば、ナレーション形式の動画でなくてもYouTubeアドセンスで大きな金額を稼ぐことは可能ですので、他の動画形式でアドセンス報酬を得ていくことも考えるといいです。

なお、YouTubeにおいて、顔出し・声出し・撮影不要で稼ぐ方法については下記の無料メール講座でもお伝えしています。

ちなみに、今なら期間限定で“具体的にYouTubeで稼げるジャンルの暴露ファイル”をプレゼントしていますので、そちらを見てもらえれば、ナレーション形式以外の動画での稼ぎ方も分かります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

複数の稼げるジャンルを暴露していますので、貴方の状況や目標に応じて最適なジャンルを選択していきましょう!

 






  • 2017 05.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeの広告収入が激減

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る