YouTube アップロードのデフォルト設定で動画投稿を効率化する方法

この記事は4分で読めます

YouTubeで人気のチャンネルを作るためには定期的な動画投稿が重要です。

理想は毎日投稿ですが、それができなかったとしても、できる範囲で可能な限り定期的な動画投稿を心掛けるといいでしょう。

定期的に動画投稿を行っていく場合、YouTubeの便利な機能であるアップロードのデフォルト設定を使うと、動画投稿作業の効率化を図ることができます。

そこで、今回はアップロードのデフォルト設定の使い方に関して画像付きで解説を行っていきます。

1回1回の短縮時間は小さいかもしれませんが、半年、1年と動画投稿を行っていった場合、何十時間もの大きな差が生まれるので必ず利用するべき機能です。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTubeの便利な機能として「アップロードのデフォルト設定」があります。 アップロードのデフォルト設定を利用すると、毎日の動画投稿が効率化できるようになるので便利な機能です。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

YouTubeのアップロードのデフォルト設定とは?

アップロードのデフォルト設定とはYouTubeの便利な機能の一つで、タイトルやタグ、説明文などを事前に設定しておくことで動画投稿の際の設定の手間を減らすことができる機能です。

一つのチャンネルに対して色々な動画を投稿していく場合であっても説明文やタイトルに固定して表示しておきたい文言などがあると思います。

例えば、動画投稿を行っている貴方のSNSへのリンクなどです。

こういったものは、動画投稿を行う度に毎回設定するのではなく、アップロードのデフォルト設定を利用して固定で設定を行っておいたほうが作業効率が上がります。

 

アップロードのデフォルト設定の使い方を画像付きで解説

文章で説明するよりも、実際の設定方法を伝えながらアップロードのデフォルト設定の使い方を解説したほうが分かりやすいかと思います。

まずは、YouTubeにログインを行い、YouTubeの設定画面へ移動します。

YouTube ホーム画面

 

YouTube設定画面に移動したら「その他の機能を見る」をクリックします。

YouTube アカウント設定画面

 

左側のクリエイターツール内にある「アップロード動画のデフォルト設定」をクリックします。

YouTube ステータスと機能

 

「アップロードのデフォルト設定」が表示されますので、必要な項目を設定していきます。

YouTube アップロードのデフォルト設定

 

まずは、設定の上部の項目についてそれぞれ解説を行っておきます。

 

▼プライバシー▼

こちらは動画の公開設定を「公開」「限定公開」「非公開」から選択できます。YouTubeアドセンスで稼ぐ場合、基本的に動画は公開していくはずなので、「公開」のままで問題ないでしょう。

 

▼カテゴリ▼

こちらは動画がどのジャンルに属する内容なのかカテゴリーを選択します。「エンターテインメント」、「ゲーム」、「コメディー」など選べるので自分が投稿する動画にマッチするものを選択しておきましょう。

例えば、ゲーム実況をやっている場合は、基本的にすべて「ゲーム」になると思いますので、アップロードのデフォルト設定で設定を行っておくことで毎回設定する手間が省けます。

 

▼ライセンス▼

こちらは「標準のYouTubeライセンス」を選択しておけば問題ありません。

 

▼タイトル▼

必ず動画タイトルに設定するキーワードなどがある場合は事前に設定しておくことで時間短縮を図れます。

 

▼説明▼

ここを活用している方は多いです。すべての動画の説明欄に自分のツイッターやFacebook、ウェブサイトなどの情報を記載する場合、毎回、コピペするだけでも手間になってきます。

事前にそれらの項目を設定しておくことで新規の動画を投稿すれば自動でここに入力した情報が自動挿入されます。

動画ごとに個別で説明を記入する部分と共通する部分が生まれてくると思いますが、共通説明部分はデフォルト設定の活用をお勧めします。

 

▼タグ▼

タグについても、すべての動画に共通するタグは事前に入れておくと便利です。

 

▼コメントと評価▼

コメントの投稿が可能かどうかと評価をユーザーに表示するかどうかは動画ごとに選択可能です。

チャンネルの基本方針を決めて事前に設定しておけばいいでしょう。

 

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

続いて、後半部分の設定項目です。

YouTube アップロードのデフォルト設定

▼動画の言語▼

コンテンツの言語を設定することができます。ただし、この項目の設定は必須ではありません。

最近のYouTubeは精度が上がってきているので、動画内で日本語を話していれば、勝手に日本語のコンテンツだと認識してくれます。

 

視聴者からの翻訳や字幕の提供を受け付ける場合はチェックマークを入れましょう。

 

▼字幕の認定▼

こちらは特に選択する必要はありません。

 

▼動画の改善点の提案▼

編集候補を表示するか、しないかを選択できます。YouTubeに動画をアップした後で、YouTube側が自動で動画の改善ポイント(画質のピンボケなど)を指摘してくれる場合があります。これは好きなほうを選択すれば問題はありません。

 

▼動画の撮影場所▼

文字通り、動画撮影を行っている場所を設定できますが、特に設定を行う必要はないでしょう。

 

▼動画の統計情報▼

動画再生ページで動画統計情報を視聴者向けに公開するかどうかを設定できます。動画の統計情報とは、下記のように動画再生ページで統計情報を見られるかどうかです。

YouTube 動画の統計情報

 

この項目にチェックマークを入れて一般公開を行っていると、動画再生ページの「その他」→「統計情報」から視聴回数の推移や共有回数などが誰でも見られる設定になります。

どちらでもを選択しても良いのですが、ライバルが貴方のチャンネルや動画をリサーチする際に参考にできる情報なので、あえて公開する必要もないと私は考えています。

 

上記のように、それぞれの項目で事前に設定できる部分に関しては、アップロードのデフォルト設定を活用することによって時間短縮ができます。

ここで設定を行っておいたとしても、動画投稿を行った際に書き換えることは可能なので、そこまで深く考えずに気軽に設定を行っておけば良いでしょう。

 

なお、YouTubeの動画投稿に関しては下記の記事も併せてチェックしておくと良いと思います。

YouTubeの「限定公開」と「非公開」の違いとは?限定公開なら誰かに動画を見られる心配はない?

 

アップロードのデフォルト設定で効率化ができた後は・・・?

YouTubeに継続的に動画投稿を行っていくためにアップロードのデフォルト設定は必須の便利機能です。

一つ一つの動画で設定する作業が1~2分だったとしても、毎日1本の動画を投稿する場合は1ヶ月で30~60分もの時間短縮になります。

ただし、アップロードのデフォルト設定はYouTubeアドセンスで稼ぐためのごくごく一部の要素でしかありません。

YouTubeアドセンスで結果を出すためには視聴者に求められている動画を提供し、チャンネル登録者を増やして、動画の再生回数を伸ばしていく必要があります。

逆に言うと、そういった重要な業務に専念するためにアップロードのデフォルト設定などをうまく活用してアドセンス報酬に直結しない部分は可能な限り時間短縮をしていくといいでしょう。

そして、下記のような稼ぐためのキモとなる情報をしっかりと入手し、YouTubeアドセンスに取り組んでいきましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeアドセンスで稼ぎ続けるためのキーポイントを無料で公開しています!!

 






  • 2017 04.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年8月現在も4年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。まさに今も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ、ハウツー、テクニック、思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る