副業でYouTubeアドセンスをやる場合、作業時間はどれくらい必要か?

この記事は5分で読めます

YouTube市場の盛り上がりと共に「副業ビジネスとしてYouTubeアドセンスに取り組みたい!」と考える方も増えてきました。

YouTubeアドセンス実践初心者の方は「1日の作業時間は何時間くらい必要か?」という疑問を持つかたも多いと思います。

そこで、今回はYouTubeアドセンス実践における作業時間について解説していきます。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTubeアドセンスの実践において「1日の作業時間はどれくらい必要なのか?」という疑問にお答えしました。

1日30分からでも実践可能ですが・・・

「YouTubeアドセンスを実践する際にどれくらいの作業時間が必要なのか?」という問いに対する答えは、「投稿していく動画のジャンルや動画の構成によって異なる」です。

例えば、有名YouTuberの方のように、企画 → 撮影 → 編集 → 動画投稿という形でのこだわった動画の場合、1つの動画を投稿するだけでも多くの時間を必要とします。

撮影に関しても家の中で出来るものもあれば、ロケのような形で外まで撮影に行く場合もあります。

1本5~10分程の動画で、有名YouTuberの方々は多くの広告収入を貰っていますが、その1本の動画を投稿するために最低でも数時間はかけています。

また、ゲーム実況などのジャンルに関しても、30分のゲーム実況動画を作成しようと思ったら、最低でも30分はゲームをやる必要があります。

 

ただし、有名YouTuberの方の中には、ほとんど動画の編集をせずに動画の前で一人語りを行う形式で動画投稿をしている方もいます。

一人語り形式ならば、カメラの前で話すだけなのでそれなりのトークスキルが要求されますが、比較的、短時間で動画作成が可能です。

一方で、テキスト動画、スライドショー動画と呼ばれるような形式のものであれば、1本あたりの作成時間は10~20分でも十分に可能です。

テキスト動画、スライドショー動画であれば、撮影の手間もないので、短時間で動画を投稿していくことが可能です。

※補足※
具体的なテキスト動画、スライドショー動画の実例はコチラで暴露しています。

 

また、テキスト動画、スライドショー動画といった形式のものでも内容や形式によっては、1本の動画に1~2時間の時間をかけることもできます。

このため、「貴方がどういった動画を作成して収益を得たいのか?」、「どのジャンルで動画投稿を行っていくのか?」によって、実際の作業時間は大きく異なってきます。

有名YouTuberの方の中には、1日中動画撮影と編集を行っているという方もいるほどです。

 

副業サラリーマンにはテキスト動画、スライドショー動画がお勧め!

いま、この記事を読んでいる多くの方は、本業としてサラリーマンのお仕事をしながら、副業としてYouTubeアドセンスに取り組もうと考えていると思います。

副業ビジネスとして取り組む場合、やはり、普通のYouTuberの方のように顔出しをして撮影をして、という形式はなかなか難しいと思います。

ご自身の会社の雇用契約や規定にもよりますが、「会社にはバレずに副収入を得たい!」と言う方がほとんどのはずです。

バレずに副収入を~と考えるのであれば、YouTube上で顔出しを行って全世界に自分の動画を配信することはリスクが大きいです。

このため、副業ビジネスとして、サラリーマンの方がYouTubeアドセンスに取り組むのであれば、絶対にテキスト動画、スライドショー動画をお勧めします。

 

テキスト動画、スライドショー動画であれば、ご自身の顔を出す必要は一切ないので、YouTubeに投稿された動画を見られても、他のかたからは、それが貴方の動画だとバレることはありません。

また、撮影→編集を行う動画よりも簡単に作ることができるので、時間がないサラリーマンの方にはピッタリです。

サラリーマンとして本業のお仕事がある場合、家に帰ってきてからの少ない時間を有効に活用して動画投稿を行う必要があります。

そんな状況で、撮影に2時間、動画編集に5時間といった動画を継続的に投稿し続けることは難しいでしょう。

だからこそ、私はサラリーマンの方にはYouTubeでテキスト動画、スライドショー動画をお勧めしています。

テキスト、スライドショー動画について、さらに詳しく知りたい場合はコチラをクリック

 

重要なのは、どのくらいの収入を得たいのか?

YouTubeアドセンスの作業時間を考える際に重要なもう一つの視点は「どのくらいの収入を目標とするのか?」です。

もし、貴方が「月5万円くらいプラスでお小遣いが欲しい」、「会社の給料と同じくらい(月20~50万円)副収入が欲しい」と思っているのであれば、テキスト動画、スライドショー動画に取り組むことをお勧めします。

なぜなら、そのくらいの収入であれば十分に実現可能だからです。

 

一方で、「YouTubeアドセンスだけで年間1億円以上を稼ぎたい!」といった大きな野望があるのならば、テキスト動画、スライドショー動画では難しいでしょう。

月間数千万円や年間1億円以上をアドセンス報酬で、と考えた場合、しっかり自分のキャラクターを立てて「YouTuber(ユーチューバー)」として動画投稿を行っていかないと難しいです。

ただ、安心して頂きたいのは、テキスト動画、スライドショー動画であっても、サラリーマンの副業として十分すぎるほどの報酬は得られますし、独立して自分自身で人生の舵を取って生きていけるくらいの報酬は得られます。

ですので、「とてつもない金額をYouTubeアドセンスだけで稼ぎたい!」という大きな野望がない限りは、テキスト動画、スライドショー動画のほうが圧倒的にお勧めです。

 

最初のステップとして、テキスト動画をやってみるのもアリ

テキスト動画、スライドショー動画で生きていけるくらいの収益を得ることは十分に可能ですが、別にそこだけに固執する必要もありません。

例えば、貴方のライフプランとして「今後、独立起業したい!」と考えているのであれば、サラリーマンをやりながら、空いた時間で副業として
テキスト動画、スライドショー動画に取り組み、独立して生きていけるくらいの収益を確保することを最初のステップとしてもいいと思います。

いざ、独立をして時間に空きができたり、会社にバレないように・・・という制約が取れたりしたら、YouTuberとして活動を行っていてもいいわけです。

 

YouTubeで人気のチャンネルを作る方法や再生回数の大きな動画を作る方法の本質的な部分はテキスト動画でも、ゲーム実況動画でも、顔出しYouTuberでも同じです。

むしろ、テキスト動画、スライドショー動画はとてもいい勉強になります。

いわゆる撮影系と呼ばれる動画に関しては、カメラなどの機材や撮影対象のゲーム、おもちゃなど、どうしても初期投資がかかってきます。

最初から継続的な初期投資ができる場合は問題ないと思いますが、全員が全員、最初から初期投資ができるわけではないと思います。

であれば、最初はお金をかけずに作成できるテキスト動画などを作り、YouTubeでアクセスを集める感覚やチャンネル登録者を増やす感覚を養っていくことをお勧めします。

そこで経験を積み、YouTubeを攻略する感覚を身に付けることができた段階で、ゲーム実況や商品レビューなど、継続的な経費が出て行くジャンルに挑戦していくのもいいと思います。

テキスト動画で練習を行いながらも、それと同時に十分な収益も得られるので、このやり方は、とても賢い方法です。

 

副業サラリーマンこそ正しいノウハウが必要です!

副業ビジネスとして取り組むのであれば、遠回りや無駄を排除して、YouTubeアドセンスに取り組むことが大切です。

ビジネスの試行錯誤やノウハウ開発などは、ビジネスにおける醍醐味の一つでもありますが、「結果(収入)」を第一目的に考えるのなら、可能な限り、試行錯誤をせず最短距離でゴールまで走り続けたほうがいいです。

最初から自分ひとりでビジネスを立ち上げ、軌道に乗せようと思ったら、多くの試行錯誤と挫折が待っています。

しかし、正しいノウハウを学び、それを実践していくことができれば、自分ひとりでYouTubeアドセンスに取り組むよりも、何十倍、何百倍も楽をして、ビジネスを軌道に乗せることができます。

「正しいノウハウなんてどこにあるの?」と心配になるかもしれませんが、下記の無料メール講座を購読すれば、YouTubeアドセンスで稼ぐための正しいノウハウが手に入ります。

今回、記事の中でお勧めしているテキスト動画、スライドショー動画についても、さらに詳しく解説を行っています。

YouTubeで稼げるテキスト動画の詳細を暴露している無料メール講座

 






  • 2017 02.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る