表参道のイタリアン「カッパス」のコース内容や行き方、メニューなどをレビュー!

この記事は6分で読めます

2018年10月上旬に、表参道にあるイタリアン「リストランテ カッパス(Ristorante káppas)」にランチに行ってきましたので、写真を交えてレポートします。

私はイタリアンが好きなので、そこそこイタリアンは食べに行くのですが、カッパスはここ最近のイタリアンの中ではかなり自分の中で高評価のお店です。

ちなみに、カッパスに訪問するのは2回目で、半年くらい前にも行ったのですが、また行きたくなったので再訪しました。

個人的にはとてもお勧めできるイタリアンです。

リストランテ カッパスのアクセスや営業時間

カッパスは表参道駅から徒歩1分のところにあります。

 

まず、表参道駅に到着したら、A1出口を目指します。

表参道駅 A1出口

 

A1出口から出て、そのまま進行方向に進むと、すぐにCOACH(コーチ)が見えてきます。

表参道 COACH(コーチ)

 

コーチの向こう側には、HUGO BOSS(ヒューゴ ボス)があります。

表参道 HUGO BOSS

 

コーチとHUGO BOSSの間の道を入っていきます。(上の写真にある“止まれ”の標識のほうに左折します)

100mくらい歩いていくと、右手にお洒落なファミマが見えてきます。表参道にあると、ファミマですらお洒落に見えますね・・・。

表参道 ファミリーマート

 

ファミマの反対側の道に入っていきます。位置関係としては「止まれ」が書いてある道の反対側にファミマがあります。

 

20メートルくらい進むと、右手にカッパスが見えてきます。

カッパス 外観

カッパス 外観

 

お店の外に置いてあるメニューの看板

カッパス 看板

 

表参道駅のA1出口からは、直進 → 左折(コーチとヒューゴボスの間の道)→ ファミマの反対に左折 → 右手にカッパス という道順です。

表参道のメインストリートから脇道に入ったところにありますが、駅からの距離も近いので、迷わずに行けると思います。

 

カッパスの営業時間は下記の通りです。

ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00/おまかせコースはL.O13:30) / ランチ営業 水・木・土・日

ディナー 18:00~23:00(L.O.22:00/コースはL.O21:00)

定休日:月曜日(祝日含む)第二日曜日

 

土日もランチ営業をやっているので、「まずはランチで行ってみよう!」といった感じで行きやすいお店だと思います。

 

リストランテ カッパスは予約なしでも行ける? 待ち時間や混雑状況について

カッパスは食べログでも評価が高い人気店なので、予約して訪問したほうが良いと思います。

私は過去2回とも予約して訪問しました。

今回の訪問時も満席でしたので、予約なしで訪問しても入店できなかったように思われます。

予約自体は、超絶人気店のように「全然、電話すら繋がらない・・・」とか「予約ができても半年先・・・」といったほどではないので、1ヶ月先くらいを目安に予約してみても予約は取れると思います。

 

今回、私は予約して行ったので入店の待ち時間はゼロでしたが、お店が混んでいたため、料理の提供には少し時間がかかった印象です。

その後の予定があったわけではないので全然問題はなかったのですが、予約なしで入店するのはおそらく難しいということと、混雑している日に関しては料理の提供までに少し時間がかかる可能性があることは認識しておくと良いと思います。

ゆったり、まったりと食事をするようなお店だと思いますので、スケジュールに余裕を持って訪問するのが良いでしょう。

 

リストランテ カッパスは一休.com経由では予約できない?

2018年10月現在、カッパスは一休.com経由では予約ができないみたいです。

前回の訪問時にも一休を見てみましたが、確かプランが表示されなかったように記憶しています。

このため、一休経由ではなく、直接お店に電話をして予約をするのが良いです。

ちなみに、カッパスの店員さんは訪問時はもちろん、電話対応も丁寧な印象です。

 

リストランテ カッパスのドレスコード

カッパスは特にドレスコードに関して厳しい決まりはないようです。

記憶があまり定かではないのですが、初回の訪問時に電話でドレスコードについて聞いてみたところ、特に何も言われなかったような気がします。

 

ただ、実際のお店に来ているお客さんは、割と綺麗目な格好をしている方が多いです。

スーツまでいかなくても、男性ならジャケットを着用していたほうがいいのかもしれません。

ちなみに、私の場合はジャケット着用ではなく、綺麗目なシャツで訪問しましたが、浮いてしまうほどではありませんでしたし、私と同じくらいの恰好のお客さんもいらっしゃいました。

とはいえ、不安であればジャケットくらいは着用していくと良いでしょう。

 

女性も綺麗目なワンピースを着ている方やジャケットを羽織っている方などがいましたので、ドレスコードはないと言っても多少は綺麗目な格好をしていくのが正解だと思います。

 

リストランテ カッパスのメニュー(写真あり)

入店後は、奥のほうにあるテーブル席に案内されました。

上のほうで写真をお見せした入り口付近の席は、綺麗目なワンピースを着たマダムたちがランチを楽しんでいましたので、もしかすると外からも見える入り口付近の席は、綺麗目な格好をしていないと座れないのかもしれません。(ただの人数の関係かもしれませんが)

 

テーブル席はこんな感じです。

カッパス テーブル

 

最初にドリンクのメニューを渡されます。上の写真がアルコールで、下の写真がソフトドリンクです。

ドリンクメニューは良心的な価格設定だと思います。

もちろん、単純に比較できるものではありませんが、カッパスと同じか少し上のクラスのイタリアンの場合、アルコール類は1杯1,500~2,000円以上するところもある印象ですので、ドリンク類はお手頃な印象です。

カッパス ドリンクメニュー

カッパス ドリンクメニュー

 

続いて、ランチコースのメニューです。

ランチは3,000円のコースが、付き出し・冷たい前菜・温かい前菜・本日の鮮魚のアクアパッツァ・デザートと食後の飲み物となっています。

これにプラス800円でパスタを追加でき、さらにプラス500円で魚料理を肉料理に変更できます。

カッパス メニュー

 

もう一方の6,000円のコースは、デフォルトでパスタが付いていて、メインも魚料理と肉料理の2品が出てきます。

カッパス メニュー

 

今回は、3,000円のコースにパスタをプラス(800円)して、肉料理へ変更(500円)をしました。(合計4,300円)

なお、3,000円のコースと6,000円のコースでは、メインの魚料理と肉料理の内容が異なるようです。(おそらく、前菜とパスタは同じ)

 

後ほど、写真で詳細をレビューしますが、結構ボリュームがあるので、小食な人だと6,000円のコースはお腹いっぱいで食べられないかもしれません。

かなり小食の人は、そのまま3,000円のコースでも良いのかもしれませんが、私はそこそこ量も食べたかったので、パスタを追加+肉料理への変更にしました。

 

リストランテ カッパスのコースのレビュー(写真あり)

以下のコース内容は、ランチの3,000円コースにパスタをプラスして、魚料理を肉料理へ変更したものです。

最初の付き出しは、鶏レバーがタルト生地の上に乗っているものです。上に乗っているのはチーズです。

直径4~5cmくらいの小さな食べ物ですが、とても美味しいので、これなら余裕で10個くらいパクパク食べられると思います。

鶏レバーのタルト

鶏レバーのタルト

 

こちらは次に出てきたパンです。

いいイタリアンのパンって美味しいですよね。こういうレベルの美味しいパンを売っているパン屋が家の近くにあったら、しょっちゅう通うと思います。

カッパス パン

 

続いて、冷たい前菜は「生ハムとサラミのサラダ」です。(左側がサラミで、右側が生ハム)

生ハムも、サラミも、ドサッと気前よく乗っていて見た目もゴージャスです。味ももちろん美味しいです。

カッパス サラダ

 

温かい前菜は、秋の味覚 サンマです。

詳細は忘れてしまいましたが・・・サンマがフランスパンのような食感のパンの上に乗っています。

100%確実に、私が人生で食べたサンマの中で一番おしゃれな食べ方だと思います。

カッパス 魚料理

カッパス 魚料理

 

おそらく、「温かい前菜」に関しては、毎回、魚料理が出てくるようです。前回の訪問時にも、温かい前菜は魚料理でした。

メインを肉料理に変更しても、コースの途中で魚料理が食べられるので、個人的にはこのコース内容は好きです。

 

続いて、パスタです。

パスタはトマトベースの豚肉が入ったパスタでした。これももちろん美味しいです。

カッパス パスタ

カッパス パスタ

 

メインの肉料理は豚肉でした。確か、ロースだった気がします。

写真からも肉汁がジュワーッと染みだしてきそうな、美味しそうなお肉です。(実際、めちゃめちゃ美味しいです)

カッパス メインの肉料理 カッパス メインの肉料理

 

見てください、この美味しそうなピンク色!!

カッパス メインの肉料理 カッパス メインの肉料理

 

肉質は、口の中に入れるとジュワーッっと肉汁が出てくるような感じで、比較的濃い目の塩っ気がある味付けがされています。

個人的には、これくらいしっかり目の味付けのほうが、「肉を食ってる!」感があって好きです。

いま思い出しても美味しいレベルの豚肉です。

 

最後に、デザートです。

名前は忘れてしまいましたが、パンナコッタに似ているデザートです。チョコ系の味で自分好みの味でした。

カッパス デザート カッパス デザート カッパス デザート

 

私は甘いものが大好きなので、美味しいイタリアンに行った時はデザートも結構楽しみだったりします。

その観点で言っても、カッパスのデザートはかなり美味しく、印象に残る部類でした。

こういうレベルの美味しさのスイーツがコンビニやスーパーに売っていたら、大量に買いたくなりますね・・・。それくらい美味しいです。

 

食後の飲み物は、紅茶・コーヒー・カフェラテ・エスプレッソの4種類から選べます。(たぶん)

私はコーヒーを頂きました。

カッパス 食後のコーヒー

 

どれも美味しかったのですが、個人的にはメインの豚肉料理、サンマ、デザートあたりが特に印象に残っています。

結構ボリュームがあるので、今回のコース内容であっても、小食の人はだいぶお腹いっぱいになってしまって肉料理まで完食するのは大変かもしれません。

 

リストランテ カッパスの総評

この価格のコースだと考えると、ボリュームも多く、ドリンクも良心的な価格設定であるため、コスパが高いように感じています。それもあって、割と短期間で2回目の訪問となりました。

 

ただし、実は前回も同じコース(パスタ追加&肉料理へ変更)を頼んだのですが、付き出し、冷たい前菜、メインの肉料理、デザートは同じコース内容でした。

メインの肉料理は、豚肉の種類が異なっていたような気もします。

温かい前菜(魚料理)とパスタは前回と違ったメニューでしたが、他は基本的に同じメニューでしたので、その辺をちょっと物足りないと感じてしまう方もいるかもしれません。(個人的には大満足でしたが)

 

6,000円のコースは頼んだことがないので分かりませんが、もしかすると、6,000円のコースは時期によってコース内容が変わるのかもしません。

そういった意味でも、次回は6,000円のコースを頼んでみたいと思いました。

 

あと、ちょっとした注意点(?)として、基本的にコース料理はゆっくり目なペースで運ばれてきます。オペレーション的なものなのか、お店側の方針なのかは分かりませんが、1品1品の間はゆっくり目です。(この点は前回も同じ)

このため、ワインをガンガン飲めるようなお酒が強い人のほうが、より楽しめるかと思います。

 

私の場合はお酒が強くないので、最初にスパークリングワインを飲んで、2杯目はノンアルコールのドリンクを飲んでいました。

こういう時に、ちょっとだけ「お酒をたくさん飲める人ってうらやましいなー」と思ったりもします。

 

色々とお伝えしてきましたが、総合的にはとても良いお店だと思いますし、また行きたいと思っているお店です。

誰かに「表参道あたりでいいイタリアン知らない?」と聞かれたら、自信を持って推薦すると思います。

 

ちなみに、もし貴方が、美味しいイタリアンのフルコースを食べている間にも、勝手に食事代以上のお金が稼げている・・・という副業ビジネスに興味があるのなら、下記の情報もチェックしてみることをお勧めします。

これだけを聞くと少し怪しく感じるかもしれませんが、YouTubeに動画投稿を行って広告収入を得るビジネスモデルであれば、貴方が食事をしている間でも、遊んでいる間でも、過去に投稿した動画が貴方のために勝手に広告収入を稼ぎ続けてくれます。

副業として顔出しや声出しをせず、ユーチューバーのようにYouTubeでお金を稼ぐことも可能です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeを使った副業でお金を稼ぎ、美味しいものを思う存分たくさん食べたい場合はこちらから無料メール講座をチェック!!

 






  • 2018 10.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る