アドテクの進化とお金の流れ

この記事は2分で読めます

 

アドテクノロジーと呼ばれるネット広告の配信技術は、

まさにネットの最先端分野です。

 

もうどんどん進化していますからね。

 

結局、ネット上のほとんどの媒体は、広告媒体なわけです。

 

ですので、そこの収益率をいかに上げるか?ということで、

Googleやらヤフーやらは、色々なテクノロジーを開発しています。

 

やっぱり、すごいのは、Googleのアドテクですね。

ぶっちゃけ、ヤフーはGoogleのあとを追いかけているだけなので。

 

 

最近ではバナー広告とYouTube動画が

合体している広告が出てきました。

 

ページを開くとバナー内の動画が音声オフの状態で再生されます。

 

そして、その動画で商品詳細が気になった人は、

バナー部分をクリックすると、

普通にLPにリンクするというものです。

 

これなんかは面白い広告だなーと思いました。

 

まぁそんな感じで、Googleのアドテクの進化は凄まじいので、

今年も新たな広告手法とかが、生まれてくるでしょう。

 

アドテクの進化などを意識すると、

ネット上のお金の流れがわかって、

ビジネスをする上でも確実に有利です。

 

だって、結局はアドセンスだって、

広告出稿主がいて、

その広告出稿主が試してみたいアドテクがあって、

そこにお金が流れるわけです。

 

ということは、アドテクを学ぶことは、

そのお金が流れる先を見極められるようになるということです。

 

 

おそらく、YouTubeの動画広告に関しても、

今後も色々な配信方式が出てくるはずです。

 

あそこまでメディア自体が育ってきたら、

より広告出稿主が出したくなるような

アドテクを開発すれば、Googleにはバンバン広告収入が入りますからね。

 

ちょっと俯瞰して、この辺にも注意を払ってみると、

非常に面白いかと思います。

 






  • 2015 01.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年8月現在も4年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。まさに今も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ、ハウツー、テクニック、思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る