子供にウケる芸人の共通点とビジネスの話

この記事は2分で読めます

 

先日、ちょっと用事があり、実家に帰ったのですが、

その時、1歳半の甥っ子と遊びました。

 

いやー、私の甥っ子は本当に可愛いんですよ。

本当に、本当に、可愛いです。

 

完全に身内びいきの感情が入りまくりですが、でも、本当に可愛いんです。

 

で、甥っ子には、しばらく会っていなかったので、

ちょっと私に対して緊張してたんですが、すぐに仲良くなることができました。

 

どうやって仲良くなったかというと、思いっきり笑わせたんですね。

 

子供を笑わせるポイントは、

・変な音(奇声?)

・謎の動き

これを同時に行うことです。

 

私の研究では、この2つを満たせば小さい子供は笑います。

 

実際、別の子供にもこれをやったことがありますが、

物凄くウケるんですよね。

 

 

で、これって、小さい子供の間で

人気になる芸人さんに、共通することなのです。

 

事実、偉い研究機関の方が

「子どもは芸人の響きの良い新鮮な言葉、動き、リズムに引かれる」

と言っています。

 

「そんなの関係ねぇ!」とか、「ゲッツ!」とか、

まぁ心当たりがあると思うんですね。

 

つまり、どんな物事に関しても、

共通する成功法則というものがあって、

それを踏襲することで、ほぼ確実に成功できるんだなー!

 

ということが言いたいわけではありません。

 

 

まぁそれもそれで事実ですが、もうちょっとこの事象を考察してみます。

 

これらのリズムと動きで売れていた芸人さんって

ほとんどが一発屋的な感じになっていますよね。

 

小さい子供にウケて一気にテレビに出たまでは良かったのですが、

小さい子供は飽きやすいんですよね。

 

だから、一回ウケたとしても、すぐに飽きられてしまうというわけです。

 

一方で、有吉さんなんかは、

あの方の面白さって、2歳児とかじゃ理解できないと思うんですよ。

 

そもそものターゲットが違うんですね。

だから、飽きられない、と。

 

 

つまり、爆発的に売れるための法則や瞬発的に上に行く方法はあったとしても、

それを選択することで、長く稼ぎ続けられるかというと、また別のことだと言えます。

 

 

例えば、情弱相手の商売とか、そんな感じじゃないですか。

 

感情に訴えて煽りまくれば、一時的に売上は上がるかもしれません。

 

ですが、彼らは成長する見込みがないので、

その後のリピートセールスには向きません。

 

さらに、責任を他人に押し付ける傾向が強いので、

下手したらクレーマーになりかねません。

 

だから、安易に一気に売上が立つからと言って、

その層を相手にしてしまうのは、いかがなものかなーと思うわけです。

 

やっぱり、中長期的な展望を考えれば、

成長見込みのある頭のいい方だけを対象にしてビジネスをしていくのが、

効果的だと言えます。

 

だから、私は、優秀な方々だけにしか

メルマガを送っていないというわけなのです。

 

 

とにかく、何を言いたいのかというと、

私の甥っ子は本当に可愛いという話です。

 

ちなみに、姪っ子もいるんですが、

もう7歳になってしまっていて、

あまり私のことを相手にしてくれなくなりました・・・。

 

女の子は精神的な成長が早いなーと思います。

 

ですので、今は甥っ子びいきしてしまっている自分がいます。

 






  • 2014 08.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る