インデペンデンス・デイ:リサージェンスのYouTube広告が凄かった件

この記事は2分で読めます

 

インデペンデンス・デイという映画をご存じの方も多いと思います。

 

宇宙人が地球に侵略してくるのを食い止める、というストーリーで、

映画の後半のほうで大統領が「今日が人類の独立記念日だ!」といった名セリフを言います。

 

だから、映画のタイトルがインデペンデンス・デイなのだと思います。

 

で、この映画の続編が今週の土曜日から公開されるので、

昨日、YouTubeのトップページ広告に

インデペンデンス・デイのバナー広告がドカーン!と出ていました。

 

そのバナー広告は、

YouTubeのトップページを見ているユーザーのIPアドレス情報を取得し、

そのユーザーの近辺にある有名な場所のストリートビューが

表示される仕様になっていました。

 

例えば、東京スカイツリーの近辺からアクセスしているかたは、

スカイツリーの画像が表示され、そこにUFOが浮いている

バナーデザインになっているというものです。

 

要は、住んでいる地域によって、

馴染みのある観光名所がバナーに表示される仕組みです。

 

こんな形での地域ごとに出しわける広告は効果が高く、

広告のクリック率が上がります。

 

「へー、そうなんだ」って思うだけでなく、

この手法はPPC広告やFacebook広告でも使うことができます。

 

具体的には、

自身が提供してる商品やサービスが全国対応であったとしても、

地域ごとに出稿を絞ります。

 

その上で、

「○○県にお住いのあなたへ!」とか

「○○県で△△をお探しなら」などの広告文にします。

 

冷静に考えれば、広告の文脈と地域の関係性はゼロですが、

それでも自身が住んでいる地域や場所の文言が入っていることで

注意・興味を引くことができます。

 

ネット上には広告が溢れているので、

「いかに目立たせるか?」

「いかに注意を引くか?」

という観点から考えると、

地域をターゲティングした上で、該当の地域名を入れるのは、

効果的な手法になります。

 

事実、私自身は

昨日、YouTubeのトップを見たときに

自分が住んでいる近くの観光地が表示されていたので、

気になって、クリックしました。

 

そんなわけで、広告関連の少しマニアックな話ですが、

PPC広告やFacebook広告などをやっているかたにとっては、

上記の考え方は、かなり役立つ話です。

 

広告のクリック率が低いという場合は、

一つの手法として、「地域ターゲティング×地域名」をやってみるのもいいです。

 

今回の記事は、割と上級者向けの内容でしたが、

インターネットビジネス初心者の方であっても

今からビジネスを始めて、収入を得ることは十分に可能です。

 

ゼロから始めて、月30万円以上の安定収入を得たい場合は、

下記の無料メール講座がお勧めです。

ゼロからでも月30万円以上の収入を得る方法とは?

 






  • 2016 07.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年12月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る