YouTubeで人気のASMR動画とは? ASMR動画を作る方法も解説!

この記事は10分で読めます

 

最近、YouTubeで人気の動画ジャンルの一つに「ASMR動画」があります。

「ASMR動画」とは、音フェチ動画などとも呼ばれており、聞いていて心地良いと感じる“音”にフィーチャーした「音を聞いて楽しむ動画」のことです。

特に中高生など若い世代の間で流行っている動画のジャンルであり、人気があるYouTubeチャンネルは登録者数が数万人以上のチャンネルも多くあります。

この記事ではASMR動画について詳細を解説すると共に、ASMR動画を作ってYouTubeで収益を得る方法についても解説を行っていきます。

「ASMR動画についてもっと詳しく知りたい!」という方はもちろん、「自分もASMR動画を作ってYouTubeにアップしてみたい!」と思っている方にとっても役立つ内容になっています。

“ASMR”の意味とは?何の英語の略語なのか

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response」の略語で、無理やりカタカナ読みするのであれば「オートノマス・センサリ・ミリディアン・レスポンス」といった読み方になります。

「Autonomous」は「自律性の、自主的な」、「Sensory」は「感覚」、「Meridian」は「絶頂」、「Response」は「反応」という意味なので、「自律感覚絶頂反応」という直訳になります。

ただし、ASMRに対する正確な日本語訳は存在せず、もはや日本語でもASMRはASMRとして認識されてきています。

 

具体的には主に聴覚を通じて心地良さを感じる日常の生活音などがASMRと呼ばれています。

例えば、パソコンのタイピング音やスライムを押しつぶした時の音、咀嚼音などがASMRに分類されます。また、波の音や自然界の音なども広義の意味ではASMRです。

これらの音の中には、すべての人が心地良いと感じるわけではなく、人によっては不快に感じる音も含まれているのも特徴的です。

咀嚼音などはまさに特徴的で、人が何かを食べているクチャクチャとする音を聞くのを不快に感じる人も少なくないと思いますが、その音を心地良いと感じる人もいるのです。

そういった意味でASMR動画は少しマニアックな動画のジャンルだと言えるでしょう。

 

おすすめのASMR動画まとめ

「ASMR」の概念についてはなんとなく理解いただけたと思いますが、実例を見ていただくのが一番分かりやすいと思います。

ちなみに、「ASMR」と「ASMR動画」はほぼ同じ意味だと思っていただいて問題ありません。動画形式としてYouTubeに投稿されているものを、便宜上「ASMR動画」と呼んでいます。

 

YouTubeに投稿されているASMR動画をいくつかご紹介していきますので、こちらで実際のASMR動画のイメージを掴んでみてください。

 

まずは世界的に有名な動画からご紹介します。

こちらはASMR的な要素も強いですが、ストップモーション動画としてもクオリティーがかなり高いので、誰もが楽しみながら見られると思います。途中途中での効果音に心地良さを感じるのではないでしょうか。

 

もっとASMR的な動画としては、包丁で何かを切る音も人気があるジャンルです。

 

もう少しマニアックになってくると、好き嫌いが分かれるところではありますが、咀嚼音も人気が高いです。(咀嚼音とは食べ物を噛んでいる時の音です)

先ほどYouTubeを検索して見つけてきた動画ですが、私は割と好きな音です。

咀嚼音に関しては、食べる物によって無数に動画が作れるジャンルでもありますので、YouTube上で「咀嚼音」と検索を行ってみると、色々な食べ物を食べている動画が出てきます。

動画を投稿する側としては、動画のネタが無数に存在するのはネタ切れにならなくていいですね。

 

スライムを触っている時の音もASMRとして人気が高いです。

スライムに関しては視覚的にも面白いので、動画形式のASMRには合っている気がします。

 

スライム以外にも、キネティックサンドと呼ばれる砂のおもちゃで音を楽しむASMR動画も存在します。

こちらの動画は視覚的にもASMRの要素たっぷりで個人的にはかなり面白いと思っているチャンネルの動画です。

 

このように一言で「ASMR」と言っても、種類・ジャンルはかなり豊富にあり、ベタな音フェチ動画から非常にマニアックな動画まで無数に存在しています。

YouTube内でも「ゲーム実況」や「チャレンジ系動画」など人気のジャンルが存在しますが、ASMR動画もそういった大きなジャンルの一つとして確立されています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

なぜYouTubeでASMR動画の人気が急上昇してきているのか

ASMR動画自体はもう何年も前からYouTube上にアップされていましたが、世間的に注目を集めてきたのは2018年か、2019年になってからだと思います。

つい先日、2019年2月19日には日テレの朝の情報番組「ZIP!」で、ASMR動画特集が放送されており、ZIP!の中では「ASMRとは特定の音を聴くことによって脳が快感を覚える現象」と解説されていました。

さらに、その数日後の2月24日にはフジテレビ系「ワイドナショー」でもASMR動画に関する特集が放送されていたようです。

今まではネット上の少しマニアックなブームだったASMR動画が、ここ最近で一気にテレビで取り上げられたことにより、ハマる人が増えてきているのです。

 

ちなみに、ZIP!の特集については私もリアルタイムで視聴しており、「なるほど~」と思うこともありました。

ASMR動画を視聴しているユーザーの多くは中高生~大学生で、彼らは勉強や部屋の片づけをしている時のBGMとしてASMR動画を利用することも多いそうです。

 

一昔前にYouTube上でも「作業用BGM」というジャンルが流行っていました。

作業用BGMは特定のテーマに沿ったBGMを繋ぎ合わせて1時間や2時間の長さの動画にしているものです。(例えば、ジブリのBGM集など)

文字通り、それを聞きながら掃除や勉強などの作業をする目的のBGM(動画)です。

 

しかし、あれらは著作権的にNGなBGMを繋ぎ合わせて動画化しているものだったので、YouTube上から動画を削除されてしまったり、音源が無効化されてしまったりすることも頻繁に発生していました。

その点、ASMR動画は自分自身で収録した音源がメインになっているので著作権的にも完全オリジナルのものですし、消されてしまう心配も少なくなっています。

そうした背景もあり、若い人たちの間でASMR動画を作業用BGMとして利用するのが流行し始めているのだそうです。

 

ASMR動画は海外でも人気が高い!

2018年、2019年からさらに人気が高まってきているASMR動画ですが、日本だけではなく海外のYouTubeでも人気が高い動画のジャンルになっています。

というよりも、「ASMR」という単語自体が海外発祥のものであり、海外には何年も前からASMR動画をYouTubeにアップロードしているユーザーが存在します。

 

例えば、下記の動画を投稿しているオーストラリアのユーチューバーは、2013年の始め頃からすでに「ASMR」というキーワードを使って動画投稿を行っています。

この動画は10時間も(!)あるので、触りだけ見てみてください。

ちなみに、この方のYouTubeチャンネルは2019年3月時点で、登録者数が75万7千人となっています。おそらく、ASMR系ユーチューバーの中ではトップクラスでしょう。

 

海外でも人気が高いASMR動画ですが、なぜかお隣韓国で異様に人気があるイメージです。

実際、私がASMRという動画ジャンルを知ったきっかけは下記の動画を投稿している韓国のユーチューバーの方が最初だった記憶があります。

このLatte(ラテ)さんという方は韓国の方ですが、韓国語・英語・日本語の3ヶ国語を話せるらしく、動画内でも多言語で動画配信を行っています。

チャンネル登録者数は2019年3月現在、69万3千人となっており、この方もASMR系ユーチューバーとしてはトップクラスです。

 

こういった海外の実例を見ると、ASMR動画の大きな可能性を感じることができると思います。

登録者数が数十万人もいれば、YouTubeチャンネルからの広告収入も普通に毎月数百万円レベルになっていきます。

さすがに毎月数百万円レベルの広告収入を得るのはかなりの努力が必要になりますが、毎月数万円~数十万円くらいであればこのノウハウを参考にすることで十分に実現可能なので、挑戦してみるのも良いでしょう。

 

ASMR動画をYouTubeに投稿すれば海外からの視聴も期待できる!?

YouTubeへ動画を投稿する側の視点から考えたときにもASMR動画は魅力的なジャンルだと言えます。

先ほど紹介している通り、海外のYouTubeユーザーからもASMR動画は人気のジャンルですし、たとえ貴方が日本語しかできなかったとしてもASMR動画に言語はあまり関係がないからです。

 

包丁で何かを切るトントン音やスライムの音などは日本語や英語など関係なく、タイトルさえ適切に設定していれば海外のユーザーから視聴される可能性も十分にあります。

「英語ができるわけではないけれど、せっかくなら海外からも視聴されてみたい!」という動画投稿者にとって、ASMR動画は穴場のジャンルと言っても良いでしょう。

もちろん、日本国内だけでも十分な需要があるジャンルですし、言語の壁を超えて海外に進出していくことも可能なジャンルなので、ASMR動画に興味があれば動画投稿にチャレンジしてみるのもお勧めです。

 

ASMR動画の撮り方・作り方

YouTubeの動画投稿ジャンルとして考えたときに非常に面白く、大きな可能性を秘めているASMR動画ですが、この記事を読んでいる方の中には「どうやってASMR動画を作ればいいんだろうか」、「高価なマイクや機材がないと制作できないんじゃないだろうか」と思っている方も少なくないと思います。

もちろん、かなり本格的にやろうと思ったらお金をかけてASMR動画を作る必要がありますが、最初の段階では最低限の設備投資だけでASMR動画を作っていくことが可能です。

ここでは実際にASMR動画の制作方法について解説していきます。

 

すでに持っているスマホやデジカメで撮影・収録を行う

実は、ASMR動画は特別な機器を新たに揃えなくても撮影や収録を行うことができます。

ASMR動画は「音」が重要になるわけですが、最低限の音を拾うことができるカメラさえあれば動画制作ができるのです。

それこそ、現在持っているスマホやデジカメを使うことで、それっぽい動画を作成することは可能です。

例えば、まな板で野菜を切っている音のように単純なものであれば、その様子をスマホのカメラで撮影するだけでもASMR動画として成り立ちます。

 

もちろん、より良い音を収録しようと思ったらマイクや性能の良いカメラが必要になってきますが、試しにYouTubeへの動画投稿をやってみる最初の段階では今持っているカメラを使うのがお勧めです。

まずは実際に撮影を行ってみれば「ASMR動画を作ることが自分自身で楽しめるのか」、「少しでも再生されるのか」といった事が分かります。

本格的なマイクやカメラを購入するのは、動画投稿に少し慣れてきてからでも遅くはありません。

 

ボイスレコーダーへ最小限の設備投資を行う

次のステップとしてお勧めできる設備投資はボイスレコーダーを購入してみることです。

ボイスレコーダーとは、インタビューや会議の場で音声を収録する機会で、価格も2,000円くらいから十分に性能が良いものが売られています。

私の場合はビジネス系の音声コンテンツを作るために数年前にボイスレコーダーを購入しましたが、3,000円くらいで購入した記憶があります。

しかも、今だに現役バリバリで使えていますので、ボイスレコーダーは1つ買えば、3~5年くらいは余裕で使い続けられます。

 

ASMR動画に関しても、いわゆるセリフ系の動画であったり、声フェチ系の動画であれば、ボイスレコーダーを使って収録することが可能です。

実際、私が知っている人の中にもボイスレコーダーを使ってセリフ音声を収録し、その音源を動画化してYouTubeにアップロードしている人がいます。

そして、その人は結構な再生回数を稼ぐことができています。

声優の卵の方などはボイスレコーダーで音声を収録してYouTubeやその他のボイス系投稿サイトへアップしている方も多いです。

 

本格的なバイノーラルマイクでASMR動画を撮影・収録する

最初のうちは手持ちのスマホやデジカメ、ボイスレコーダーなどを使ってASMR動画を作っていけば十分だと思いますが、少しずつでも動画の再生回数が増えてきたり、動画への高評価が出てきたりしたら、バイノーラルマイクなどの機材に積極的に投資していくのもお勧めです。

 

バイノーラルマイクとは、まるでその場にいて音を聴いているような感じで音源を録音できるマイクのことです。

バイノーラルマイクで収録された音源をイヤホンやヘッドホンで聞くと、右の耳から音が聞こえてきたり、左の耳から音が聞こえてきたり・・・といった感じで面白い体験ができます。

イヤホンやヘッドホンを使って、下の動画を見てみると、バイノーラルマイクのイメージが分かりやすいと思います。

セリフ系・声優系のASMR動画をやっているユーチューバーの方々は、バイノーラルマイクで収録をしていることが多いです。

 

ちなみに、こういったバイノーラルマイクは1万円くらいから購入することもできますが、性能が良いものになってくると数万円~10万円を超えるようなものまであります。

ASMR系で有名な某ユーチューバーの方は、2万5千円くらいのバイノーラルレコーダーを使っているそうなので、予算としては3~5万円くらいを考えておけば良いのではないでしょうか。

 

5万円と聞くと、動画投稿を始めていない方からすると結構な初期投資になると感じるかもしれませんが、良い動画を作るための設備投資は積極的に行っていくほうが良いです。

カメラもマイクもそうですが、なんだかんだで数年は十分に使い続けられますので、最初は高いと思っても今後も2年、3年と本格的にYouTubeへの動画投稿を行っていくつもりであれば、少し頑張って買ってみるのも良いと思います。

真剣に動画投稿を行っていけば、月に数万円くらいは誰でも稼げるようになりますので、個人的な意見としては最初に5万円、10万円の初期投資を行ったとしても、いつかは必ず回収できる初期投資だと思っています。

より確実に稼いでいきたいのであれば、こちらの無料メール講座で人気のYouTubeチャンネルを作る方法を学んでみるのも良いでしょう。

 

ASMR動画はYouTubeの収益化審査に通過できるのか?

せっかくYouTubeへの動画投稿を行うのであれば、チャンネルを収益化させて動画から広告収入を得たいと考えている方も多いと思います。

2018年2月の収益化基準の変更以降、一部の動画ジャンルに関しては収益化が以前より難しくなっている現実もあります。(嫌韓系や危険なチャレンジが伴う動画など)

ASMR動画に関しては2019年3月現在でも問題なく収益化できており、動画に広告を表示して収益を得ることが可能です。

 

しかし、ASMR動画の中でも一部のジャンルでは収益化できない可能性もありますので注意が必要です。

収益化しにくいASMR動画とは少し大人向けの内容に寄っている動画です。

スライムをこねる音や包丁で何かを切る音などは全く問題ないのですが、咀嚼音やセリフ系の動画の中には18禁系の内容になってしまっているもの(あるいは、そのように勘違いされてしまいかねないもの)も存在します。

そういった系統の動画をアップしてしまうと、収益化できない可能性もあります。

 

ご存じの通り、YouTubeは18禁系の動画を投稿することを明確に禁止しています。

どこからがそう判断されてしまうのか線引きが難しいところではありますが、私の経験上、YouTubeの18禁のラインは割と厳しめです。

このため、ASMR動画に挑戦する場合は注意して健全な動画だけをアップロードしていく意識を持つことが大切です。

 

ASMRチャンネルをやるならアカウントBANに気を付けましょう!

YouTubeの規約やコミュニティガイドラインに違反した場合、YouTubeチャンネルの一部の動画を収益化できないだけならまだしも、最策のケースでは動画やチャンネルを削除されてしまう、いわゆるアカBANを食らってしまう危険性もあります。

ASMR動画に関しては、その性質上、どうしても18禁系の内容をアップしている人もいるため、YouTube側も内容をシビアに見ている傾向があるように感じています。

 

実は私自身、過去に外注パートナーさんと協力してASMR系の動画チャンネルを作成したことがあったのですが、そのチャンネルは何の警告もなしに一発でチャンネルを削除されてしまいました。

その当時はYouTubeチャンネルの削除祭りと呼ばれるような状況が発生していたため、結局、私のYouTubeチャンネルの明確な削除原因は分かりませんでした。

もしかすると、削除祭りに巻き込まれて消されてしまっただけだったのかもしれません。

 

ただ、同じ時期に同じようなASMR系のYouTubeチャンネルを運営している人がチャンネル削除を受けてしまっていたので、「もしかするとコミュニティガイドライン違反が原因だったのでは?」と考えています。

誤解のないようにお伝えしておくと、私は決してそれ系を攻めていただけではなく、至って真っ当で健全な内容を投稿していたつもりです。

それでもチャンネルが削除されてしまったことを考えると、ASMR系の動画に関しては動画内容が18禁系と判断されないように相当シビアに考えていく必要があると思っています。

 

ちなみに、私が運営していたASMR系のYouTubeチャンネルはめちゃめちゃチャンネル登録者の伸びが良く、グッド評価もかなり付きやすかったので、かなりの需要があったことは確かです。

このため、動画内容さえ気を付ければ、ASMR動画はかなりチャンネル登録者の伸びが良く、お金になるジャンルなのでしょう。

 

今回はASMR動画にフォーカスして動画作成方法やチャンネル作成時の注意点などをお伝えしてきましたが、どんなジャンルであってもYouTubeチャンネルを成功させるための原理原則は同じです。

もし貴方が、YouTubeチャンネルで成功するための王道ノウハウを知りたいのであれば、下記の無料メール講座を受講してみることをお勧めします。

この無料メール講座に参加することで、チャンネルの再生回数をどんどん伸ばして、大きな広告収入を得る人が続出しています!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeチャンネルを成功させるための原理原則を学べる無料メール講座

 






  • 2019 03.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Google Stadia

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2019年9月現在も6年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者が書いているブログです。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“6年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る