YouTube Premium(プレミアム)の影響でアドセンス報酬は激減するのか?

この記事は7分で読めます

YouTube Premium(ユーチューブ・プレミアム)

YouTubeが2018年11月14日にリリースしたYouTube Premium(ユーチューブ・プレミアム)は、月額料金を支払うことでYouTubeのさまざまな追加機能を使えるようになる有料会員サービスです。

そんなYouTube Premiumの特典の一つに「YouTube動画視聴時の広告を非表示にできる機能」が存在します。

YouTubeへアクセスする目的が動画視聴のみのユーザーにとっては嬉しい機能かもしれませんが、YouTubeに動画投稿を行ってアドセンス報酬を得ている動画投稿者にとっては不安な機能かもしれません。

「多くの人が月額会員になって動画に広告が表示されなくなったら、YouTubeアドセンス報酬が減ってしまうのではないか?」と心配している人も多いようです。

 

そこで、この記事ではYouTube Premiumの登場でYouTubeアドセンス(YouTubeの広告収入ビジネス)にどのような影響があるのかについて考察していきます。

なお、今回の記事は、動画投稿者向けの記事内容になっていますので、純粋にYouTube Premiumのサービス内容について、もっと詳しく知りたい場合は下記の記事を読んでいただくほうが良いと思います。

YouTube Premium(プレミアム)のお得な会員登録方法! YouTube Musicとの違いはなに?

YouTube Premium(プレミアム)の登場でアドセンス報酬が減ることはない!

まず、気になっている方が多いであろう疑問に対して結論からお伝えすると、YouTube Premiumの登場でYouTubeアドセンスの報酬額に悪い影響が出ることはないと予想されます。(少なくとも現状では実際のデータを見ても特に影響は感じていません)

なぜなら、YouTubeも公言している通り、YouTube Premiumの月額課金で得られた収益の一部はクリエイター(動画投稿者)に還元される仕組みになっているからです。

 

つまり、通常のユーザーが貴方の動画を見る場合は今まで通り広告が表示され、アドセンス報酬が今まで通り分配されます。

一方、YouTube Premium会員のユーザーが貴方の動画を見た場合、広告は表示されなくなりますが、そのユーザーの視聴回数や視聴時間によって貴方に対してYouTubeから報酬が分配される形になります。

結果的に、会員・非会員のどちらのユーザーが動画を見ても、動画投稿者側には報酬が発生する仕組みになっています。

 

この仕組みは当然といえば当然で、YouTube Premium会員からの視聴は一切報酬として還元されないとなれば、動画投稿者からの反発が物凄いことになります。

YouTube Premiumからの視聴による収益分配率や、どのようなロジックで分配されるのかまでは公開されていませんが、収益の減少に繋がることはないという認識で問題ありません。

 

ちなみに、YouTube Red(YouTubeの過去の有料会員サービス)が始まってからも、YouTubeアナリティクス上にはYouTube Red経由の報酬が表示される仕様になっていました。

今回のYouTube Premiumも同様に収益が分配される仕組みになっているので、安心しましょう。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

そもそもYouTube Premium(プレミアム)の月額会員数はそこまで増えないはず

YouTube Premiumの会員が爆発的に増えて、広告が表示されない状態でYouTubeを見る人ばかりになってくると、広告を出稿する側も広告の出稿量を制限する可能性は高いです。

広告が全然見られていない場所に対して、広告を出しても意味がなくなってしまうからです。

それこそ、YouTubeユーザーの80%や90%のユーザーがYouTube Premiumに登録している状態になれば、YouTubeの広告システムは崩壊すると思います。

 

ただ、現実的には上記のような事はまず起こらないです。

なぜかと言うと、YouTube Premiumの会員になるユーザーはどんなに多くても10パーセント前後でしかなく、ほとんどのユーザーは今まで通り無料でYouTubeを視聴し続ける(広告も一緒に視聴し続ける)からです。

 

YouTubeを熱心に見ているメインのユーザーは小学生、中学生、高校生、大学生といった若年層です。

YouTube Premiumは、Web/Androidが月額1,180円、iOSが月額1,550円と月額サービスとしては割と高額になっています。

大人にとってはそこまで高い金額ではないかもしれませんが、学生さんにとってはなかなかの金額でしょう。

 

最近の子供がいくらのお小遣いをもらっているのか分かりませんが、仮に毎月5,000円をもらっている子だったとしても、毎月お小遣いの20%以上の金額をYouTubeという一つのサービスに使うのは負担が大きいと思います。

もちろん、YouTubeヘビーユーザーの学生さんの中には課金する人もいるとは思いますが、そういう人は確実に少数派でしょう。

 

「毎月の収入(学生さんの場合はお小遣い)の20%」という割合を社会人に置き換えて考えてみると、手取り20万円の社会人が月額会員費として4万円を毎月支払い続けている・・・といった状態と同じことです。

置き換えて考えてみると、ハードルの高さが分かると思います。

 

よって、YouTube Premiumに課金するユーザーが爆発的に増え過ぎることは考えにくく、YouTubeの今までの広告ビジネス(アドセンスの構造)が破たんする可能性は限りなくゼロに近いです。

いま現在、YouTubeに動画投稿を行ってアドセンス報酬を得ている場合は、YouTube Premiumによる悪影響はないと思って大丈夫ですし、今から動画投稿を始めてみようという方も安心して取り組んでいきましょう。

ちなみに、これからYouTubeへの動画投稿を行っていくのであれば、こちらのノウハウが圧倒的におすすめです。

 

YouTubeのフリーミアム戦略

YouTube Premiumのリリースは、フリーミアム戦略と言っても良いでしょう。

多くのインターネットサービスで取り入れられているので、「フリーミアム」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

フリーミアムとは、基本的なサービスを無料で提供し、その中の何%かの人たちに対して付加価値のある有料サービスを提供して稼ぐビジネスモデル・ビジネス戦略のことです。

 

スマホのゲームアプリなどは、まさにフリーミアムのモデルです。

基本的には完全に無料で遊ぶことができますが、ガチャやアイテムを購入するためには課金が必要になります。

実際には課金するユーザーよりも、課金しないユーザーのほうが圧倒的に多く、構造としては課金ユーザーが非課金ユーザーへのサービス提供費用を負担している形です。

 

諸説ありますが、フリーミアムを取り入れているサービスにおいて、有料会員:無料会員の割合が10:1くらいであれば成功だと言われています。

当然、サービス内容や月額費用によって異なりますが、それでもやはり有料会員の割合は全体の10%にも満たない程度にしかならないのだと思います。

少しだけ我慢をすれば無料で使えるものに対して、お金を支払う人は少数派であることは想像しやすいと思います。

 

特にYouTubeに関していえば、現段階で有料でなければできないことは少なく、我慢すればほぼ有料会員と同じようなサービスを受けられる状態です。

このため、YouTube Premiumにお金を支払うユーザーはそこまで多くはならないと予想されます。

 

もちろん、YouTubeの運営側もそんなことは想定済みのはずです。

そもそも、YouTubeは無料のみで広告収入モデルだけでも十分うまくいっているので、そこまで必死になって有料会員を集めなくても問題ないのだと思います。

 

今後もYouTubeからの収益分配モデルが絶対になくならない理由

「YouTubeのヘビーユーザー層が若年層であること」、「フリーミアムモデルでは有料会員のほうが圧倒的に少数派であること」という2点から、私はYouTube Premium会員が爆発的に増えることはないと思っています。(要は、今まで通りのアドセンス報酬が続いていく)

 

仮にYouTubeがとんでもなく魅力的なサービスを打ち出し、YouTubeユーザーのほとんどがYouTube Premium会員になったとします。

その場合でも、動画投稿者に対してYouTubeが収益を分配するモデルは絶対になくならないはずです。

 

これはYouTubeのメインコンテンツを作っているのが、クリエイター・ユーチューバー・動画投稿者といった一般ユーザーたちだからです。

この点が、他の有料動画配信サービスとは異なっています。

Netflix(ネットフリックス)やHulu(フールー)は、プロが制作した映画やドラマを有料で見るサービスです。

しかし、YouTubeは素人が金銭的なメリット(広告収入)を感じて動画投稿を行っているプラットフォームです。

金銭的なメリットだけが動画投稿のモチベーションではないですが、金銭をモチベーションにしている動画投稿ユーザーも多いでしょう。

 

YouTubeユーザーがYouTube Premium会員ばかりになったとして、その会員費用をYouTube運営側だけで受け取って動画投稿者へ還元しなくなると、動画を投稿する人は確実に減っていきます。(金銭的メリットがなくなれば、動画投稿のモチベーションが下がるため)

そうなると、YouTube上のコンテンツ自体が魅力的ではなくなり、YouTube Premium会員の数も減っていきます。

結果的にYouTubeも儲からなくなってしまいます。

だから、YouTubeの収益モデルがYouTube Premium会員からの月額収入のみになったとしても、収益の分配モデル自体は絶対になくなりません。

 

ということで、YouTubeが今まのように企業の広告を掲載することで収益を得ていても、YouTube Premiumのようなサービスで月額会員費から収益を得ていても、クリエイターに対する収益分配は今後も続いていきます。

それこそ、クリエイターへの収益分配がなくなる時は、YouTube自体がサービスとして終わる時です。

とはいえ、今の勢いを見れば分かる通り、YouTube自体のサービスがなくなってしまうのは非常に考えにくいです。

そういった意味でも、5年、10年と稼げる可能性があるYouTube市場に今から参入しておくことは大きなメリットがあります。

YouTubeへの具体的な参入方法については、こちらの無料メール講座でも詳しく解説を行っています。

 

むしろ、これからどんどんYouTubeで稼ぐビジネスモデルは盛り上がっていく

今後、YouTube Premium会員が爆発的に増えていったとしても、動画投稿者に対しての収益分配が減らされることはないと考えられます。

今まで通りアドセンス報酬は支払われていくでしょうし、報酬が激減することもないでしょう。

そして、そもそもの話としてYouTube Premium会員が爆発的に増えていくことは考えにくく、あくまでもYouTube利用者の数%程度が有料会員になるレベルだと予想されます。

 

これからYouTube Premium会員がどの程度の伸び率になっていくかは分かりませんが、確実に言えるのは、YouTube Premiumの登場でYouTubeが今後もどんどん盛り上がっていくということです。

 

YouTube Premium会員になると広告を非表示にできるわけなので、視聴者視点で考えれば、より快適にYouTubeの動画を見られるようになります。

今までであれば、広告を見たり、スキップしたりするのが面倒だったわけですが、そういったわずらわしさがなくなるので、YouTube Premium会員はより多くの時間をYouTubeに使う可能性があります。

 

また、有料会員として毎月お金を支払っているユーザーは、もっとYouTubeを利用するようになると考えられます。

毎月1,000円ちょっとの金額を課金していたら「もっと見ないと、なんだか勿体ない!」という気持ちが生まれるはずです。

結果的に、課金ユーザーはより多くの時間をYouTubeで過ごすようになるでしょう。

というか、これこそがYouTubeの狙いなんじゃないかな?と思っています。

 

とにかく、YouTube Premiumの登場によってヘビーユーザーはより一層YouTubeに時間を費やすようになります。

結果的にYouTubeはメディアとして、さらに成長していきます。

メディアとして、さらに成長(PV数が伸びたり、滞在時間が増えたり)すれば、より多くの広告主が広告を出稿するようになります。

YouTubeに対して、より多くの広告が表示されるようになれば、動画投稿者にとっては広告収入が増えることになります。

 

今後、上記のような流れが生まれてくると思いますので、動画投稿者にとってYouTubeはさらに魅力的なメディアになっていくはずです。

実際、私がYouTubeへの動画投稿を始めた2013年と比べると、明らかにYouTubeに表示される広告の量が増えましたし、1再生あたりの広告収入も確実に増えてきました。

 

ということで、2019年以降もYouTubeはさらに成長していきます。

もし、貴方が今後も成長していくYouTube市場で広告収入を稼いでみたいのであれば、下記の無料メール講座をチェックしてみることをお勧めします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今後も爆発的に成長するYouTubeで稼ぐための本物のノウハウを無料で公開中!!

 






  • 2018 12.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeで稼げない人

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年12月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る