元HKT48のモテYouTuber ゆうこす(菅本裕子)の月収や年収は?プロフィールや成功要因をまとめてみた

この記事は6分で読めます

2017年12月26日にTBSテレビ「明日は我がミーティングSP」に出演していた
人気ユーチューバー「ゆうこす」こと菅本裕子さんが話題になっています。

テレビ番組を見て、
「菅本裕子さんについて、さらに詳しく知りたい!」と思った方や
「菅本裕子さんの月収は結局いくらくらいなの?」と思った方に向けて
彼女の年収やユーチューバーとしての成功要因をご紹介していきます。

ただ単純にインターネット上の情報をまとめるわけではなく、
この記事を書いている私自身も、YouTubeで広告収入を得ていますので、
実際のYouTube事情も踏まえた上で独自の視点から解説していきたいと思います。

ゆうこす(菅本裕子)の月収・年収はいくらなのか?

多くの方が気になっているであろう菅本裕子さんの年収に関して、
テレビ出演時には「アイドル時代の100倍くらい」とぼかされていました。

その上で「月収1,000万円を頑張りたい」との発言まで飛び出していました。

このため、月収1,000万円を十分に狙える金額である月数百万円程度が
現在、すでに稼いでいる金額だと予想されます。

 

ただし、これはあくまでも発言からの予想に過ぎないため、
もう少し根拠のある数字の部分から、現在の月収・年収を推測してみます。

菅本裕子さんが動画投稿を行っている「ゆうこすモテちゃんねる」は
2017年12月26日現在、チャンネル登録者数が273,928人となっています。

動画の投稿本数がたったの72本でチャンネル登録者数27万人超えなので
ファンの付き方がかなり早いペースだと言えます。

 

そんな菅本裕子さんのYouTubeチャンネルの総再生回数は
29,845,091回(2017年12月26日現在)です。

仮に、動画1再生当たり0.1円として計算を行ったとしても
このチャンネル一つで累計300万円近く稼いでいる計算になります。

もちろん、この数字は十分凄いのですが、
この金額だけ聞くと、思っていたより少ないと感じる方もいるかもしれません。

ただ、YouTubeに関しては最初の頃は再生回数がなかなか伸びず、
チャンネルの運営歴が伸び、動画投稿本数が増えていくことで
どんどん動画1本当たりで稼げる広告収入の金額が上がっていきます。

このため、半年前に比べて今のほうが
YouTube経由の広告報酬は増えていっているはずです。

 

なお、2017年11月の「ゆうこすモテちゃんねる」の再生回数は約407万回でした。

1再生0.1円の場合で407,000円、0.15円の場合で610,500円です。

1再生当たりの単価についてはチャンネルによって異なりますが、
私の経験上、「ゆうこすモテちゃんねる」は
1再生0.1円以上にはなっていると考えられるため、
現在のYouTube経由の広告報酬は月間50万円以上くらいだと思います。

 

人気ユーチューバーの中には
YouTube経由の広告報酬だけで毎月数百万円になる方もいますので、
それに比べると、菅本裕子さんの場合は
まだまだ伸びしろがあるユーチューバーだと言えます。

この数字だけを見ると、テレビでの「月収1,000万円を頑張りたい!」という発言は
現在の月収や年収から、というよりも、
YouTube市場の可能性を知った上での発言だったのかもしれません。

ちなみに、月間50万円くらいの広告報酬であれば、
顔出ししなくても、ここで解説している方法で十分に実現可能です。

 

ゆうこす(菅本裕子)は企業案件動画やタイアップ企画での収入が凄い?

純粋なYouTube経由の広告報酬に関しては
まだまだ伸びしろがある数字だということが分かりましたが、
菅本裕子さんのように知名度、ビジュアル、キャラを
見事に持ち合わせているユーチューバーは
企業とのタイアップ動画からの報酬も貰える可能性があります。

企業とのタイアップ動画というのは、
企業から商品提供を受けて、それを実際に使ってみてレビューを行う
といった類の動画です。

企業側としては、若い世代に人気のある菅本裕子さんのような方に
商品を紹介してもらうことで自社ブランド・自社商品の認知拡大を狙っています。

 

実際に、菅本裕子さんのYouTubeチャンネルを見てみると、
こうした提供企業からの動画以外にも
アパレル系企業とコラボして洋服を出していたり、本を出版していたり、
多方面で活躍されているようです。

他にもイベントへの出演なども行っているようなので、
むしろ、YouTube経由の広告報酬よりも、
YouTubeを通じて得た知名度を使った他の仕事経由のほうが
大きな収入に繋がっている可能性が高いです。

 

ゆうこす(菅本裕子)のプロフィール・経歴

YouTube経由の広告報酬で毎月50万円以上、
その他の仕事で月数百万円(?)の菅本裕子さんですが、
彼女の収入事情を探る上では、
テレビ出演時に答えていた「アイドル時代の100倍くらい」という発言が
非常に参考になります。

 

そもそも、菅本裕子さんは1994年5月20日生まれ、
福岡県出身の元HKT48メンバーです。

2011年7月にHKT48に加入後、2012年8月にグループから卒業しているので、
ご本人もインタビューでおっしゃっているように
HKT48ではそこまで目立って活躍をしていたわけではなかったようです。

私も、菅本裕子さんを初めて知ったのはユーチューバーとしてだったので、
もちろん、一般人と比べれば多くのフォロワーやファンがいたと思いますが、
ユーチューバーとしては地道な努力を続けてきたのだと思います。

 

HKT48加入後、約1年で卒業をしているので、
アイドルの年収としてはそこまで高くなかったことが予想されます。

そう考えると、駆け出しのアイドルとして月数万円だったお給料が
今は数百万円まで増えている(=100倍くらい)というのが信憑性が高く、
本当のお給料事情なのだと思われます。

 

HKT48の脱退が2012年8月で
今のYouTubeチャンネルへの動画投稿を開始したのが2016年11月6日なので、
アイドルからユーチューバーになるまでには4年間の空白期間があります。

この間の期間についても、「料理タレント」として芸能活動を行ったいたり、
講談社が主催する女性アイドルオーディションであるミスiD(ミスアイディー)で
準グランプリを取ったりと様々な方面で活躍し、
その後、2016年11月にユーチューバーとしても動画投稿を開始しました。

このため、HKT48在籍時のファンや
料理タレントとして活動していた時のファンも徐々に増えていき、
結果的にユーチューバーとしても好スタートを切ることができたのだと思います。

 

ゆうこす(菅本裕子)はどんな動画をYouTubeに投稿しているの?

現在では月収数百万円レベルになっているらしい菅本裕子さんが
YouTubeに投稿している動画は、俗に言うビューティー系の動画です。

自分のメイク(化粧)テクニックを紹介する動画や
ファッションコーディネートに関する動画を主に動画投稿しています。

YouTubeでは、こうした女性向けのメイク動画にも人気があります。

 

日本のトップユーチューバーの中にも女性向けのメイク動画を投稿している方は多く、
チャンネル登録者数が100万人に到達する勢いのチャンネルもあります。

そして、菅本裕子さんのチャンネルも
すでにチャンネル登録者数が27万人超えとなっているため
100万人を超えていく可能性は十分にあるでしょう。

 

基本的にはチャンネル登録者数が多ければ多いほど、
動画の再生回数は増えていきますので、半年後、1年後には、
さらにYouTube経由の広告報酬が増えていることは間違いありません。

そして、チャンネル登録者数の増加と再生回数の増加は影響力の増加でもあるため、
結果的に、企業とのタイアップ動画の報酬増加や
コラボする機会も増えていくと思います。

そうなってくると、テレビ番組で菅本裕子さん自身が目標として掲げていた
「月に1,000万円」という数字も十分に現実味を帯びてきます。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

ゆうこす(菅本裕子)がYouTubeで成功した要因とは?

HKT48在籍時よりも、知名度も上がり、収入も増えた菅本裕子さんですが、
そんな彼女のユーチューバーとしての成功要因はどこにあるのでしょうか。

私は今までに数多くのYouTubeチャンネルをリサーチして
その成功要因を分析してきましたので分かるのですが、
YouTubeへの動画投稿開始から約1年で投稿本数が72本しかないのにもかかわらず、
チャンネル登録者数が27万人を超えているのは異常な数値です。

はっきり言って、参考にならないレベルの凄さだと言えます。

 

無名な一般人が本気でユーチューバーを目指そうと思った場合、
基本的には毎日ほぼ欠かさずに動画投稿を行っているケースも多いです。

それでも最初の1年間は大きな収入には繋がらない方もいるくらいです。

そんなYouTube市場において、菅本裕子さんがここまで成功できたのは
「ビジュアルの良さ」「知名度の高さ」「キャラクター」
といった成功に必要な要素が見事にマッチしたからです。

 

特にビューティー系ユーチューバーの方に多いのですが、
最近では元雑誌モデルやファッションモデル、芸能人が
YouTubeに進出しているケースもあります。

そういった方々は、元々の知名度があったり、
すでにツイッターやインスタグラムで多くのフォロワーを抱えていたりします。

要は、一般人とは違っていて
すでにファンがいる状態からYouTubeチャンネルを始めることができるのです。

 

もちろん、フォロワーが多かったとしても
ユーチューバーとして動画の質が低かったり、面白くない動画を投稿していたりすると
なかなかチャンネル登録者数は伸びていきません。

しかし、菅本裕子さんの場合は、単にフォロワーが多くいただけでなく、
ユーチューバーとしてもしっかりと質の高い動画を投稿できていたので、
今の結果が得られているのです。

 

今回のテレビ出演がキッカケになり、
菅本裕子さんのチャンネル登録者数はさらに増えていきそうですが、
冷静に成功要因を分析してみると、
一般人がゼロからYouTubeで広告報酬を得るのは難しく感じるかもしれません。

実は、そう思っている人が多いからこそ、
逆にYouTubeはチャンスが大きい市場なのです。

今回は、ビューティー系ユーチューバーの中でも、かなりの特殊な事例として
菅本裕子さんの「ゆうこすモテちゃんねる」について分析を行ってきましたが、
YouTubeでは顔出しをしなくても、知名度がなくても、稼ぐ方法はあります。

もし貴方が、今回の記事を読んで
YouTubeの大きな可能性に少しでも興味を持ったのであれば
顔出し無し、知名度なしでもYouTubeで稼ぐ方法について解説している
下記の無料メール講座を受講してみることをお勧めします。

↓↓↓↓↓

サラリーマンの副業としても最適なYouTubeでの稼ぎ方






  • 2017 12.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 電撃ランキング

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る