YouTubeに動画をアップロードできない時はどうすればいいのか?動画の処理が完了しない場合の対処法

この記事は5分で読めます

自分が作成した動画をYouTubeにアップロードした時に「なぜか全然アップロードができない!」という問題に遭遇してしまう方も多いと思います。

私も動画がアップロードできない事象には何度も遭遇しています。

基本的には時間を置くことで無事にアップロードが完了するのですが「YouTubeに動画がアップロードできない!」、「アップロード時にエラーが出てしまう!」と悩んでいる方もいると思いますので、YouTubeに動画を投稿した時にアップロードができない、あるいは、動画の処理が完了しない場合の対処法についてまとめておきます。

複数のケースとそれぞれのケースでの対処法を記載していきますので、コンテンツの目次からご自身の状況にあった状況をクリックして読んでみてください。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTubeへの動画のアップロードが完了しない場合、処理が完了しない場合の対処法について解説しています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

ファイル形式がYouTubeに対応しているかを確認する

意外とやってしまうミスとして、アップロードしようとしたファイル形式がYouTubeに対応していないケースがあります。

YouTubeへアップロードできる動画のファイル形式は、MOV、MPEG4、MP4、AVI、WMV、MPEGPS、FLV、3GPP、WebM、DNxHR、ProRes、CineForm、HEVC(h265)となっています。

見たこともないようなファイル形式も混ざっていますが、一般的にはMP4やWMVでアップロードすることが多いと思います。Windowsムービーメーカーや i Movie、アドビのプレミアなどは、基本的にMP4やWMVでの動画出力になっています。

割とミスしてしまいがちなのは、サムネイル用に用意した画像ファイル(JPGEやPNG)を動画のアップロード画面でアップしてしまうケースです。これだと当然、アップロードはできません。

まずは、自分がアップロードしようと思っているファイルがYouTubeでサポートされている形式なのかどうかを確認しましょう。

 

重複アップロードを行っていないかを確認する(「拒否されました」というメッセージが出る場合)

過去にYouTubeへアップロードした動画と全くの同じ動画をアップロードしようとすると、重複アップロードとして跳ね返されます。

この場合、動画をアップロードしようとすると「拒否されました」というメッセージが表示されます。

この警告メッセージが出た場合は、過去に同じ動画をアップロードしていないかを確認します。

ちなみに、ファイル名を変えても、同じ動画内容のファイルは重複アップロードに引っかかります。

もし、何らかの事情で過去にアップロードした動画を再アップロードしたい場合には、過去の動画を削除するか、新たにアップロードする動画を大幅に編集して新規の動画としてアップロードする必要があります。

 

アカウント確認前に15分以上の長さの動画をアップロードしていないかを確認する

YouTubeチャンネルは電話でのアカウント確認を行わないと、15分以上の長さの動画をアップロードできない仕様になっています。

アカウント確認を行わずに15分以上の長さの動画をアップロードしようとすると、YouTube側に拒否されてしまいます。

この場合は、動画のアップロードをする前にYouTubeのアカウント確認を行って、15分以上の長さの動画をアップロードできるようにします。

なお、常に15分以下の動画しかアップロードする予定がない場合は、特にアカウント確認は必須ではありません。

アカウントの確認を行わなくても、普通に広告の収益化もできますし、長い動画をアップロードできない以外のデメリットは特にありません。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTubeに動画を投稿した時にアップロード処理が完了しない場合の対処法

私が遭遇したケースでは、YouTubeに動画投稿を行った時に動画のアップロード自体はできたのですが、その後の処理が95%のところで止まってしまい、ずっと動かない状態になってしまいました。

その状態で、しばらく放っておくと「失敗しました (動画ファイルを変換できません)」というエラーが出てしまうという事象が起きました。

これに対して、私の場合どうしたかというと、一旦、動画のアップロードをキャンセルして少し時間をおいてから再度アップロードし直しました。

結果的に二回目のアップロードで無事にアップロードすることができました。

検索エンジンの関連キーワードを見てみても「youtube アップロードできない」や「youtube アップロード エラー」といった検索も多いので、この点で悩んでしまっている人も多いようです。

YouTubeに動画をアップロードできない場合、ほとんどのケースで下記の2つの原因が考えられますので、状況により2つの対処法を使い分けていきましょう。

 

YouTubeに動画投稿後、動画のアップロード自体が完了しない場合

YouTubeに動画をアップロードすると、アップロード完了 → 動画処理の完了という流れになります。

動画ファイルをアップロードすると、進捗状況を表すバーが表示され、パーセンテージが増えていきます。

この時にアップロード自体が完了しない場合は、インターネット回線に原因があると考えられます。

要は、貴方側の機器やネットワークに問題があるということです。

 

何十分もあるような容量の大きな動画であれば別ですが、10分前後の動画であれば、一般的な光ファイバー回線の場合、数分もかからずに動画のアップロードは完了します。

しかし、このアップロードの表示バーが、ずっと数%から進まなかったり、何分もかけて1%ずつしか進まなかったりする場合はインターネットの回線速度が遅くてアップロードに時間がかかっている場合がほとんどです。

毎回、この事象が起きてしまっている場合に関しては、そもそものインターネット回線の速度が遅い可能性がありますのでインターネット回線自体を見直す必要があるでしょう。

 

一方で、「いつもはすぐにアップロードできるのに、今日だけはなかなかアップロードが進まない・・・」という場合は動画のアップロードをキャンセルして、一旦、ネットワークの接続を切り、再接続してみることをお勧めします。

Wi-Fiを飛ばして無線でインターネットをやっている場合、一度、Wi-Fiとの接続を切ってから再接続すると回線速度が元に戻ることがあります。

もし、それでも速度が改善されない場合は、一度モデムやルーターを再起動することをお勧めします。

それらを行った後で再度アップロードを行ってみると、すんなりとアップロードが完了する場合がほとんどです。

 

YouTubeに動画投稿後、動画のアップロードは完了するが動画の処理が完了しない場合

続いて、動画のアップロード自体はすぐに完了するけれど、動画の処理がなかなか100%にならない場合の対処法です。

こんな時はどうするべきかと言うと、「アップロードは止めて、時間をおいてアップロードし直す」のが一番です。

動画のアップロード自体が完了しているのであれば動画処理に関してはYouTube側のシステムやサーバーの問題です。

このため、こちら側でどうこうすることができません。

 

残念ですが、YouTubeのシステムは割と頻繁にアップロードエラーが起きることがあります。

追記:2018年現在、だいぶ回数は減ってきている印象があります。

最近は、だいぶエラーが出る数は減ってきた印象がありますが、私が記憶しているだけでも過去に3回くらいは経験したことがあるような気がします。

これはどうしてもやむを得ないことだと思います。

YouTubeは、動画再生回数もそうですし、1日でアップロードされる動画の量も相当な数なので、サーバーやシステムに負荷がかかるのは仕方がないのです。

ここに関してはYouTube、Googleのサーバー補強や技術革新に期待するしかありません。

というわけで、少し拍子抜けな解決法かもしれませんが、YouTubeに動画をアップロードできない時は、アップロードするのをあきらめて他のことをやるのが正解です。

早ければ数時間、遅くとも丸1日程度待てば、またアップロードできるようになるはずです。

「全然、動画をアップロードすることができなくてやることがない!」という場合は、少し動画投稿はお休みして、こちらの無料メール講座でYouTubeで人気チャンネルを作り出すノウハウを学んでみてはいかがでしょうか?

 

YouTubeへのアップロードが途中で止まってしまった動画は削除しても良いのか?

動画のアップロード自体は完了しているけれど、動画の処理が完了していないケースの場合、そのままの状態で放っておくのが嫌な人もいると思います。

もし、処理中がずっと続いているけれど、そのまま放っておくのが嫌な場合は、該当の動画を一度削除してしまっても問題ありません。

処理中の状態になっている動画をそのままにして、クリエイターツールの動画一覧のページに遷移すると、該当の動画にチェックを入れて削除できるようになります。

この時の手順は、クリエイターツールの動画一覧から、普通に動画を削除するのと同じです。

 

YouTubeへ動画をアップロードできない場合は、一旦、該当の動画を削除してから時間を置いてアップロードするのが最も良い解決方法です。

もし、YouTubeに動画をアップロードできずに時間を持て余してしまっている・・・という場合はその間に下記の無料メール講座を受講してみることをお勧めします。

YouTubeへ順調に動画をアップロードできたとしても、再生回数を稼げる動画、視聴者から高評価を得られる動画でないと動画投稿する意味がありません。

下記の無料メール講座ではYouTubeで大きな再生回数を稼ぎ続けるために必要な事を包み隠さずに公開していきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeで視聴者に喜ばれながら広告収入を得られる方法を公開しています!

 






  • 2014 08.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeで稼げない人

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年8月現在も4年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。まさに今も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ、ハウツー、テクニック、思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る