YouTubeのチャンネル登録者数を非表示にする意味と設定方法を画像付きで解説

この記事は4分で読めます

YouTubeには、第三者からでもチャンネル登録者数が見えるチャンネルと外側からはチャンネル登録者数が見えなくなっているチャンネルが存在します。

YouTubeチャンネルの登録者数は表示するべきなのか、非表示にするべきなのか、それらのメリット・デメリットと具体的な設定方法について解説します。

YouTubeチャンネルの登録者数は表示or非表示どちらにするべきか?

YouTubeチャンネルの登録者数は表示したほうがいいのか? あるいは、表示しないほうがいいのか?と悩んでしまう方もいるかもしれませんが、実際にはどちらでも好きなほうを選択すれば問題ありません。

チャンネル登録者数が表示されていても、そうでなくても、面白い動画、チャンネルを作っていれば、自然とチャンネル登録者数は増えていきます。

私の過去の経験やデータから、表示 or 非表示どちらであってもチャンネル登録者の増加スピードは大きく変わらないです。

完全に同じチャンネル、同じ条件下で検証することはできないものですが、やはり、チャンネル登録者の伸びは動画内容やチャンネルコンセプトに左右されます。

ですので、基本的には貴方の好きなほうを選べば問題はありません。

チャンネル登録者数の表示・非表示に関係なく、YouTubeで人気チャンネルを作る秘訣はこちらで詳しく解説しています。

 

私がチャンネル運営初期は登録者数を非表示にしている理由

参考までに、私の場合はチャンネル登録者の表示をどうしているのかと言うと、私は基本的にチャンネル運営開始初期に関してはチャンネル登録者数を非表示設定にしています。

これは、視聴者から「チャンネル登録者数が少ない = 面白くないチャンネル」と思われてしまうのを防ぐためです。

当然、チャンネル運営初期はチャンネル登録者がゼロ人です。

視聴者の立場に立って考えてみればわかると思いますが、パッと見で「チャンネル登録者数0人」というチャンネルは少し興味を持たれにくいと考えられます。

これだと、動画内容以前に動画すら見てもらえない可能性もあるかもしれません。

 

あとは、これは個人的な感覚になるかもしれませんが、チャンネル登録者数がゼロ人のチャンネルに初めてチャンネル登録をするのは、少し勇気がいるような気もしています。

例えば、同じジャンルでチャンネル登録者数0人のチャンネルとチャンネル登録者数10万人のチャンネルがあったとしたら、チャンネル登録者数10万人のチャンネルのほうが登録しやすいですし、無条件で「面白いチャンネルなんだろう」と考えるはずです。

「多くの人が支持しているチャンネル」ということが一目で分かりますからね。

つまり、チャンネル登録者数というのは、少ないうちはそれが強みになることはほとんどないと考えていいですし、むしろ、弱みになる可能性すらあるということです。

 

逆に、チャンネル登録者数が多い事はそれがチャンネルにとって、確実にメリットとなります。

だから、私の場合はチャンネル運営初期は登録者数を非表示にしておき、ある程度、チャンネル登録者数が増えた段階で表示する場合が多いです。

その後もずっと非表示のまま、ということもありますが、基本的に運営初期から表示をしておくことはないです。

ただ、前述した通り、チャンネル登録者数が少ないうちから登録者数を表示していたとしても大きなデメリットにはならないので、表示or非表示については、そこまで気にする必要はありません。

特にこだわりがない場合は、私がやっているのと同じように非表示→表示の切り替え戦略を採用すれば問題はないでしょう。

というよりも、YouTubeで人気チャンネルを作り、爆発的な再生回数を呼び込むためには、チャンネル登録者数の表示・非表示よりも、もっと重要な要素が他にあります。YouTubeで稼ぐためのキモについては、こちらの無料メール講座で詳しく解説を行っています。

 

なお、非表示から表示に切り替えるタイミングですが、これは参入ジャンルによっても異なります。

例えば、チャンネル登録者数が1万人でも「凄い」と思われるジャンルもあれば、チャンネル登録者数1万人は「むしろ少ないほう」と思われるジャンルもあります。

自分が参入しているジャンルにおいて、ある程度「凄い」と思われるような数字になった段階で表示するのがいいでしょう。

 

登録者数を非表示にすることで生じるデメリットはあるのか?

自分が運営しているYouTubeチャンネルの登録者数を非表示にすることで生じるデメリットは特にありません。

このため、表示すべきか、非表示にすべきか悩んでしまっている方はそこまで難しく考えずに、とりあえず、非表示にしておけば良いと思います。

後ほど、チャンネル登録者数を非表示にするやり方は詳しく説明しますが、表示・非表示の切り替えは、特に回数制限などもないため、好きなタイミングですぐに表示・非表示を切り替えることが可能です。

YouTubeチャンネル名の変更などは一定期間での変更制限がありますので、そう頻繁に行うことはお勧めできませんが、チャンネル登録者数の表示・非表示は制限もないため、その時の気分で変えていっても特に問題は発生しません。

 

YouTubeチャンネルの登録者数を非表示に設定する方法を画像付きで解説

※ここから先の記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTubeには外側から見たときにチャンネル登録者数が表示されているチャンネルと表示されていないチャンネルが存在します。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTubeチャンネルの表示・非表示のメリット・デメリットとそれらに対する考え方については理解頂けたと思います。

それでは、具体的にYouTubeチャンネルの登録者数を非表示にする設定手順を解説します。

デフォルトでは、チャンネル登録者数は表示されるようになっていますので、これを非表示に設定していきます。

 

まずは、YouTubeにログインして、右上アイコンの歯車マークからYouTubeの設定画面へ移動します。

続いて、「その他の機能を見る」をクリックします。

 

左側のメニューにある「詳細設定」をクリックします。

 

「詳細設定」の下のほうにある「チャンネル登録者」の項目で表示 or 非表示が選べます。

 

そのままの意味ですが、上の「マイチャンネルに登録しているユーザーの数を表示する」が第三者から見て登録者数が見える設定で、下の「マイチャンネルに登録しているユーザーの数を表示しない」が第三者から見て登録者数が非表示になる設定です。

この設定はいつでも好きなタイミングで、何度でも変更可能なので、あまり難しく考えずに、表示したくなったら表示すればいいですし、非表示にしたくなったら非表示にすれば問題ありません。

 

今回のチャンネル登録者数の表示 or 非表示設定以外にもYouTubeにはあまり知られていない機能がたくさん存在します。

中には、その設定によって動画投稿作業がかなり効率的になったり、再生回数の増加に大きく貢献してくれたりする機能も存在します。

再生回数を増やす正しいノウハウと一緒にYouTubeの機能を活用すれば、YouTubeアドセンスで大きな報酬を得ることも十分に可能です。

YouTubeアドセンスで稼ぐための正しいノウハウについては、下記の無料メール講座でも詳しく解説を行っています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 






  • 2017 03.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る