YouTube動画の再生回数を爆発的に増やすタイトルの付け方とコツ

この記事は9分で読めます

YouTubeでより多くのアクセスを集めるために、動画タイトルの設定は非常に重要な役割を持っています。

どんなに素晴らしい動画であっても、その動画にあった適切なタイトルを付けることができなければ、思うようにアクセスを集めることはできません。

今回は、YouTube動画の再生回数を増やすための動画タイトルの付け方に関して、考え方と具体的なノウハウを解説していきます。

この記事で解説するコツをしっかりマスターした上で動画タイトルを付けていけば、貴方のYouTubeチャンネルの再生回数は大きく伸びていきます。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTubeで再生回数を伸ばす動画タイトルに関する基本的な考え方について解説しています。YouTubeの動画タイトルは2つの方向に向けて書いていく必要があります。
YouTubeで再生回数を伸ばすための効果的な動画タイトルの付け方について解説しています。
YouTube内検索からアクセスを呼び込むための動画タイトルの付け方を解説しています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

YouTube動画のタイトルは誰のために書くのか?

YouTube動画のタイトルを決定する際に重要なのは「動画のタイトルは誰に向けて書いているのか?」を意識することです。

誰もが「動画を見てくれる視聴者のためにタイトルを付ける」と考えますが、それだけだと半分正解で半分不正解です。

確かに、動画を見てくれるのはYouTubeの視聴者の方なので、視聴者のためにタイトルを書くのは正しい考え方です。

 

ただ、もう一つ考えなければならないのは「貴方の動画と視聴者を出会わせてくれるのは誰なのか」という点です。

YouTubeに動画を投稿した時に、誰かが貴方の動画を見に来てくれるのは、YouTubeのシステムが貴方の動画をタイトル、説明文、タグ、動画内容といった様々な要素から「どのような動画なのか」を判断し、適切に視聴者に届けてくれているからです。

だから、YouTubeでより多くの再生回数を稼ぐためには視聴者に向けてタイトルを書くことを意識するのはもちろん、YouTubeのシステムのことも意識してタイトルを付ける必要があります。

YouTubeのシステムを意識したタイトル付けを行ったほうが、YouTube内の検索からより多くのアクセスを呼び込むことができますし、他の投稿者の動画の関連動画にも表示されやすくなります。

まずは、YouTubeで再生回数が増えやすいタイトル付けを行うための基本的な考え方として

1.YouTubeの視聴者を意識したタイトルを付ける

2.YouTubeのシステムを意識したタイトルを付ける

という2点を意識しておきましょう。

 

YouTubeの視聴者を意識した効果的なタイトル付けとは

YouTubeの視聴者に受けるタイトルを付けるために重要なのは、自分も一人の視聴者になって考えてみることです。

そもそも貴方自身がYouTubeの動画を見るときに、どのような目線の動き、考え、マウスの動きで動画を見つけ出すかといった事を考えるといいでしょう。

おそらく、ほとんどの場合、パッと動画のサムネイルを見てみて気になるものであれば動画のタイトルを見て、その動画を見るかどうかを決定していると思います。

もちろん、先に動画のタイトルを見てからサムネイルを見るという場合もあると思います。

 

いずれにしても、この視聴者の動きから分かることは「動画のタイトルは思わず気になってしまうタイトルのほうがクリックされやすい」ということです。

「続きが気になるから動画を見て確認しよう」
「えっ!?そんなことがあるの?」
といった感情を呼び起こすことで、貴方の動画はクリックしてもらいやすくなります。

極論を言えば、アッと驚かせるような感情をグラグラと揺さぶるようなタイトルを心掛けるべきです。

当然、それをあまりに過激にやりすぎてしまい、タイトルと動画内容の差が大きくなりすぎてしまうと低評価が多くなってしまうので注意が必要です。

この辺は実際に動画のタイトルを付けていきながら、どんどんセンスを磨いていくのが良いです。

 

また、自分が参入しているジャンルにおける人気チャンネルのタイトルの付け方を研究してみるのも効果的です。

成功しているチャンネルには成功しているだけの理由があります。

その理由の一つとして、「タイトルの付け方が上手い」というのはありますので、上手なタイトルの付け方を徹底的に研究していくことをお勧めします。

 

一点、注意しなければいけないのは、有名YouTuberと呼ばれる方のタイトルは参考にならない場合もあるということです。

有名YouTuberの方の場合、そもそものチャンネル登録者数が多いので、そこまでタイトルの付け方にこだわりを持たなくてもどんどん再生回数が増えていく場合も多いです。

有名YouTuberの方の中にも「タイトルの付け方が上手い方」、「上手いタイトルを付ける時と、そうでない時がある方」、「タイトルはあまり気にせずキャラで売っている方」などがいらっしゃいます。

YouTubeアドセンス実践初期の段階で、それらを正確に判断するのは難しいため、最初のうちは、自分が参入しているジャンルで成功しているチャンネルのタイトルの付け方を研究していくのが一番です。

なお、YouTubeで成功しているチャンネルをしっかりと研究することを”リサーチ”と呼んでいますが、リサーチに関するより具体的なノウハウ・テクニックを知りたい場合は、こちらでも詳しく解説を行っています。

 

効果的なタイトルライティングはここで学ぶべし!

貴方が参入しているジャンルで成功しているチャンネルを研究し、タイトルの付け方のセンスを磨いていくのは非常に効果的な方法です。

なぜなら、それらは実際にYouTube内でアクセスを集められているタイトルの付け方だからです。

さらに上を目指したい場合、YouTube以外でも上手なタイトルの付け方を学べる場所はたくさんあります。

ヤフートップページのニュースの見出しも勉強になりますし、ネイバーまとめのタイトル、2ちゃんねるまとめのタイトルも勉強になります。

これらのサイトの見出しやタイトルは、数多くある記事の中から自分の記事をクリックしてもらえるように、一生懸命、考え抜かれたタイトルです。

 

特に、2ちゃんねるのまとめサイトなどは面白く、釣りタイトルと言えるくらい過激なものから、絶妙な勘違いを誘ってクリックをさせるものまで様々です。

そういった意味で2ちゃんねるのまとめサイトなどは、タイトル付けの勉強になることが多いです。

具体的な研究方法としては、そこまで難しく考えずに2ちゃんねるのまとめサイトを見て、関連リンクから気になる記事をどんどんクリックしてみます。

そして、実際にクリックした時に、「自分はなぜそのタイトルが気になってクリックしたのか」、「どのキーワードに反応してクリックしたのか」といったことを考えてみます。

そうすると、人の注意や関心を引きつける強いキーワードや気になるタイトルの構成が分かってくるようになります。

そこで学んだキーワードの使い方やタイトルの付け方を自分のYouTube動画のタイトルを付ける時にも使っていきます。

これにより、何も考えずにタイトルを付けていた時より遥かにクリックしてもらいやすいタイトルを付けることができるようになります。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTubeのシステムを意識した効果的なタイトル付けとは

続いて、YouTubeのシステム、検索エンジンを意識したタイトル付けに関して解説を行っていきます。

基本的なイメージは、第一優先として視聴者を意識したタイトル付けを行い、ある程度、タイトルが決まったら、YouTubeのシステムを意識してタイトルやキーワードを微調整していきます。

最初に「YouTubeのシステムを意識する」という意味についてですが、これは主にYouTubeの検索を意識してタイトルを付けていきます。

要は、できる限りYouTube内で検索されている(検索されやすい)キーワードを含むタイトルを付けるのが良いということです。

「YouTube内でどういったキーワードが検索されているか?」に関しては、実際にYouTubeの検索窓にキーワードを打ち込んでみるのが良いです。

 

例えば、マインクラフトというゲームの実況動画を投稿するときに、「マインクラフトで○○を作ってみた」というタイトルで動画を投稿すると仮定します。

※そもそも「マインクラフトで○○を作ってみた」というタイトル自体が視聴者の興味を引くタイトルではないですが、あくまでも例として見てください。

このとき、実際にYouTubeの検索窓に「マインクラフト」と入力してみます。

そうすると、下の画像のようにいくつかの検索候補が出てきます。

 

これらの検索候補として出てくるキーワードは、実際にYouTube内で「マインクラフト」というキーワードと一緒に検索されている関連キーワードです。

これを見てみると、上から二番目に「マインクラフト 建築」というキーワードがあります。

最初は「マインクラフトで○○を作ってみた」というタイトルで動画を投稿しようと考えていたとしても「マインクラフト 建築」がよく検索されているのであれば、「作ってみた」ではなく「建築」というキーワードを使ったほうがYouTubeの検索結果に出やすいと考えられます。

 

上記のように考えた結果、
「マインクラフトで○○を作ってみた」

↓↓↓

「マインクラフトで○○を建築してみた」

といった形で、より検索されやすいキーワードを盛り込んだタイトルへと変更できます。

 

これがYouTubeのシステム、YouTube内検索を意識したタイトル付けです。

基本的にはYouTubeの検索窓にキーワードを入力すれば問題ないですが、さらに多くの関連キーワードを見たい場合には、Googleの検索エンジンにキーワードを入力してみるのもいいでしょう。

実際に同じタイミングで、Googleの検索エンジンでも「マインクラフト」と入力してみると、下記の結果になりました。

先ほどの画像と見比べて頂くと分かる通り、YouTube内の検索キーワードとGoogle検索エンジンでの検索キーワードは違った結果になります。

これは同じキーワードであってもYouTube内で検索を行う人たちと検索エンジンで検索を行う人たちでは、求めるものが異なるためです。

検索エンジンの場合は、「マインクラフトのゲーム自体を購入したい!」という人も多いでしょうが、ゲームを購入したい人はYouTube内で購入に関する検索は行いません。

検索エンジンの3番目と6番目の関連キーワードに「マインクラフト pc」と「マインクラフト ps4」と出ているのは、おそらく、ゲームを購入したい人たちの検索だと思われます。

これらのキーワードはYouTube内の関連キーワードには出てきていません。

 

少し余談になりましたが、YouTube内の検索と検索エンジンでの検索では同じキーワードであっても利用者の求めているものは異なるという点は覚えておいても良いでしょう。

ただ、実際にはYouTubeの動画もGoogleの検索結果に表示されるので、検索エンジン側に表示される関連キーワードを参考にして自分の動画タイトルのキーワードを調整するのも効果的な考え方です。

▼人気関連リンク▼
誰にでも作れて広告収入が得られるYouTube動画の具体例を無料で暴露!!

 

動画タイトルの最適な文字数は何文字なのか?

YouTube動画のタイトル文字数については、これが100%正解というものはありませんが、私がコンサル会員の方へ推奨しているのは30~40文字程度のタイトルにすることです。

YouTube動画のタイトルに付けられる最大の文字数は全角100文字となっています。この数字はYouTubeの細かい仕様変更により、今後変更される可能性もありますが、かなりの文字数をタイトルに入れることができるのは確かです。

ただし、全角100文字までタイトルを設定できるからと言って、文字数を最大限使うことがベストかと言うと、そんなことはありません。

全角100文字すべてを使おうと思ったら、色々なキーワードを半ば無理やりタイトルに詰め込むことになるでしょう。

動画タイトルでのむやみなキーワードの羅列はYouTube側からスパムとみなされ、動画を削除されてしまう危険性もゼロではありません。

このため、タイトルの文字数に関しては常識の範囲内にとどめておくほうが無難です。

 

私は色々な実験も兼ねて、80文字近くの動画タイトルも設定したことがあります。

もちろん、キーワードの羅列などではなく、できる限り自然な形でのタイトル設定を行いました。

この時は特に動画を削除されてしまうような事はありませんでしたが、タイトルが長いからと言って多くのキーワードで表示されて、再生回数の増加に大きく貢献するといったデータは見られませんでした。

 

動画タイトルの文字数に関して最も重要なのは、スマホで見たときに動画タイトルがどのように表示されるのか?ということです。

現在のYouTubeは、スマホからのアクセスが割合として多くなっているため、スマホユーザーに対して的確なアプローチができているかどうかが成功のカギを握ります。

パソコン版YouTubeの場合、動画の検索結果に表示されるタイトルは80~90文字程度まで表示されます。一方、スマホ版YouTubeアプリの場合、動画の検索結果に表示されるタイトルの文字数は23~25文字程度です。

また、パソコン版、スマホ版ともに、関連動画として表示された場合のタイトル文字数は30文字以下です。

こういった表示形式から考えると、動画タイトルの文字数の理想は23~25文字程度にし、スマホの検索結果や関連動画に表示された際に、タイトル文字数のすべてが表示されるのが理想です。

23~25文字に収めるのが難しかったとしても、重要なキーワードやフレーズは前半部分に収めるのが良いでしょう。スマホで見た場合、26文字目以降に書かれているキーワードは動画再生ページでしか見られないからです。

前半部分に興味深いキーワードや目を引くフレーズを入れておかないと、検索結果や関連動画に表示された時点でスマホユーザーに対して的確にアプローチすることはできません。

このため、23~25文字程度を目安にタイトルを設定していくのが理想的です。

 

公開後にYouTube動画のタイトルを変更して再生回数を伸ばす

YouTube動画のタイトルは公開後に変更を行うことも可能です。

あまりにも頻繁にタイトルを変更しすぎると、何らかのペナルティを受ける可能性もゼロではありませんが、数ヶ月に1度変更する程度であれば全く問題はありません。

もちろん、動画内容と離れすぎるタイトルを再設定するのは問題ですが、動画内容をより的確に表すタイトルやより魅力的な表現を思い付いたのであれば、公開後にタイトル変更を行うのも良いでしょう。

ただ、YouTube動画は動画公開から数ヶ月後に急激にアクセスが増えていく場合も多々ありますので、どのタイミングで「再生回数が伸びないからタイトルを変更する」という判断を行うかは難しいところです。

 

私の場合、基本的にはタイトル変更はほとんど行わず、最初に付けたタイトルでずっと勝負していくスタイルを取っています。

しかし、動画公開から3~4ヶ月経過した時点で、一定の再生回数まで到達していない動画はタイトルを変更していくという戦略を取る方もいますので、この辺は個人の戦略によって異なってきます。

私は「一度、動画を公開したら基本的にはメンテナンスが不要」という点にYouTubeの大きな魅力を感じていますので、タイトル変更をほとんど行いません。

また、タイトル変更を行うくらいであれば、変更後に考えているタイトルで新たな動画を作成してしまうほうが良いとも考えています。

そのほうが動画の投稿本数も増えて、チャンネル自体のパワーが強くなりますし、最終的に変更前タイトルと変更後タイトルのどちらが良かったのかのデータも蓄積されていきます。

もちろん、動画の内容やジャンルによっては、同じテーマで複数本の動画を作成することが難しい場合もあるとは思いますが、もし、AとBといった2つの動画を作成できるのであれば、安易にタイトル変更を行ってしまうのではなく、別の新規動画を作ってしまうのも効果的な戦略の一つです。

YouTube動画の再生回数を伸ばす効果的な戦略をもっと知りたい場合は、こちらの特別企画もチェックしてみてください。

 

YouTube動画のタイトルライティングを最短・最速で身に付ける方法

ここまでご説明してきたYouTubeのタイトル付け(タイトルライティング)は、かなり重要であり、効果的な方法なので、ぜひ身に付けて頂きたいと思っています。

ただ、YouTubeのタイトルライティングは本当に奥が深く、私もまだまだ日々新しいノウハウやテクニックを研究しています。

 

やはり、YouTubeのタイトル付けのセンスを磨くためには実践が一番です。

10本の動画のタイトルしか考えたことがない人よりも、100本、1000本の動画タイトルを考えたことがある人のほうが、よりクリックされやすく、より再生されやすいタイトル付けができます。

そして、ただ闇雲に100本の動画タイトルの付け方を実践した人よりも、タイトルライティングが上手い人からの添削指導などを受けて軌道修正を行いながら100本の動画タイトルを付けた人のほうがセンスは磨かれていきます。

 

私自身、コンサルティング会員の方には、そういったタイトルライティングの添削指導も行っていますが、やはり、添削指導を行ったほうが確実に成長が早いです。

次回のコンサルティング会員の受付は未定となっていますが、もし、YouTube動画のタイトルライティングの添削指導を受けたい場合は下記の無料メール講座を受講しておいて頂ければと思います。

コンサルティング会員の受付を行っても、一瞬で参加枠が埋まってしまうためブログでの受付は行わずにメルマガ読者の方にのみお知らせしています。

稼ぎに直結するプレゼントも多数用意していますので、下記の無料メール講座も受講してみることをお勧めします。

YouTubeアドセンスの稼ぎがどんどん伸びる無料メール講座

 






  • 2017 03.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTuberと税金

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る