Twitterアカウント凍結騒動とTwitter広告

この記事は2分で読めます

Twitterにはプロモツイートという有料広告があります。

アカウントでツイートした内容を
ターゲティングしたユーザーのタイムラインに流すというものです。

これは、URLがクリックされたり、フォローされたり、
ユーザーが何らかの行動を起こすと課金されるという課金体系になっています。

 

ちなみに、広告代理店側の売り文句としては、
「直接、商品が売れなかったとしても、
Twitterのフォロワーが増えるので、継続的にアプローチできますよ!」
といった感じです。

で、面白いのは、ターゲティングのやり方に
ハンドルターゲティングというものがあり、
これは特定アカウントをフォローしているユーザーに広告配信を行うものです。

これって、フォロー系ツールで該当アカウントを軸にして
ユーザーをフォローできる機能に似ていますよね。

というか、フォロワーを増やすのが目的なら、
フォローツールのほうが安上がりです。

たかだか、2~3万円で半永久的に使えるので。

それがTwitterに広告出稿しようと思ったら、
50万円~とかになるわけですからね。

しかも、フォロワーもちょっとしか増えないですし。

 

そう考えると、フォローツールとか、
Twitter社からすると害悪でしかないですよね。

だって、何十万円もかけて広告出稿をしなくても、
同じようなことができちゃうんですから。

もちろん、Twitter広告には違うメリットもありますが、
フォロワー増加だけで言ったら、Twitterツールのほうが費用対効果は高いです。

もしかしたら、今回の凍結騒動の裏には、
そんなTwitter広告の事情も絡んでいるのかもしれませんね。

 

実は、某ツールの凍結の波は免れましたが、
次に来たライバルツールのほうの凍結の波に飲まれて、
私のアカウントも2~3個凍結されました。

まぁTwitterはメインではなかったのでいいですが、
他人のメディアだけで稼ぎ続けるのは、やっぱり危険だなーと思った出来事でした。

 

なお、これ以降の文章を加筆している2017年現在、
私はTwitterアフィリは一切やっていません。

何故ならTwitterアフィリよりも稼げて
将来性もあるビジネスの実践に切り替えたからです。

そのビジネスが何かを知りたい場合は、
こちらのページで詳しくご案内していますのでどうぞ!






  • 2014 09.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る