iTunesの売上は落ちてきている?

この記事は1分で読めます

 

iPhoneやiPadを使っている方であれば、

iTunesでデジタルコンテンツを購入した経験がある方も多いと思います。

 

私もたまにiTunesで映画をレンタルして、

iPadで見るのは好きです。

 

ただ、最近、iTunesを見ていて思うのは、

「売上が落ちてるんだろうな」ってことです。

 

というのも、

以前は、ほとんどの映画が400~500円レンタルでしたが、

最近は、200円くらいの価格でレンタルできる作品も増えてきているからです。

 

おそらく、HuluやdTVといった定額映像配信サービスの勢いに押され、

価格を下げざるを得ないのだと予想されます。

 

そもそも、映画1本で500円って、

月に2~3本も借りたら

定額配信サービスの月額費用を払えます。

 

ですので、iTunesの映画部門については、

少し時代の流れに取り残されている印象です。

 

そんな感じで、映画や音楽のように

どこで手にしても変わらないコンテンツの場合、

当然、安いところで購入される確率が上がります。

 

一方、貴方が作ったコンテンツの場合は、

世の中に生み出した時点で唯一無二の存在になります。

 

YouTubeの稼ぎ方を伝えるにしても、

物販での稼ぎ方を伝えるにしても、

ノウハウにも独自性が出ますし、

ノウハウ、ハウツーの伝え方は、人それぞれ異なります。

 

つまり、本質的には、

貴方という人間が生み出すコンテンツには

競合が存在しません。

 

いつ、どのタイミングでコンテンツビジネスを始めても

稼ぐことが可能なのは、上記のような性質があるからです。

 

こういった点も

個人で行うコンテンツビジネスの大きな魅力だなー

ということを

夜中にiTunesを見ていて思いました。

 






  • 2016 06.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る