炎上マーケティングの効果的な使い方

この記事は2分で読めます

 

クラウドファンディングってあるじゃないですか。

 

確か、2年くらい前ですが、クラウドファンディングを使って、

結構な金額を集めていた女性がいました。

 

で、この方が何をやっていたかというと、炎上マーケティングなんですね。

 

他人から批判を浴びるような発信をして、

一気に注目を集めたみたいです。

 

とりあえず、注目さえ集めれば、

批判者だけでなく、賛同者も現れるので、

そういった賛同者から、資金調達を行ったらしいです。

 

 

で、これって頭がいいと思いますか?

 

 

正直、私は、これは思考が浅いやり方だと思いました。

 

発想自体は、いいと思いますが、使う場面や使う場所を考えないと、

炎上マーケティングって逆効果じゃないかな、と。

 

その後、その方が

どういったキャリアを形成していったのかが不明なので、

何とも言えませんが、

自己ブランディング的には炎上って、よろしくないですよね。

 

でも、炎上させて注目を集めてしまう、

という発想自体は凄くいいと思うんですね。

 

 

例えば、TwitterやYouTubeなどを

顔出し不要、自己ブランディング不要のメディアとして利用する場合、

炎上マーケティングは有効なんですね。

 

あれらの匿名性が高いサービスって、

残念ながら、あなたのようにマナーのいい方ばかりじゃなく、

マナーが悪い人もいらっしゃるじゃないですか。

 

彼らって平気で他人を傷つけるような言葉を

ためらいなく使ってきますからね。

 

残念ながら、それらのサービス利用者の

8割はマナーがよろしくない人たちです。

 

で、残りの2割があなたのようなマナーのいい方々です。

 

もちろん、リストマーケティングをやろうと思ったら、

この2割の方に絞ってアプローチするのがいいです。

 

ですが、薄い関わりでもマネタイズできる方法があるのなら、

思い切って8割にアプローチしたほうが純粋にパイが大きいですよね。

 

その際、重要になってくるのが、炎上マーケティングの要素なんです。

 

小奇麗なアプローチをするよりは、

批判や反感、不満を持つようなアプローチをした方が、

彼らの感情を刺激することができて、拡散などを促すことができます。

 

彼らは、いい意味でも悪い意味でも、非常に反応的だからです。

 

だから、あえて小奇麗さを捨てたアプローチを行うことで、

彼らの感情に波風を立てまくると、意外と稼げちゃったりするということです。

 

これを意識してやってみたら、いきなりいい感じの成果が出たので、

自分でもちょっとビックリしています。

 

つまり、炎上マーケティングは、

・マネタイズのタイミング

・炎上を起こす媒体の性質

・中長期的な展望

この辺をきちんと考えれば、非常に効果的な手法だと言えます。

 

ちょっと抽象的に言っていますが、

これはマジで効果的なことを言っていますよ。

 

うまく取り入れることができれば、稼ぎがグンと伸びるはずです。

 






  • 2014 09.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る