YouTubeの広告収入が1月から激減している原因とは?

この記事は2分で読めます

先日から色々なところで、
「1月からアドセンス報酬が激減した!」
「広告収入が減少した!」と騒いでいる方々があまりにも多すぎるので、
今日はこの辺の話をしたいと思います。

まぁ私もGoogle内部の人ではないので、
100%正確ではないですが、98%くらいこれが正しい見解です。

 

まず、12月、1月の対比でアドセンス報酬が減っている要因ですが、
これは季節的なものです。

そもそもの話として、広告主の広告出稿量によって
アドセンス報酬は変わってきます。

全部をお話しすると長くなるので、かいつまんでお話ししますが、
Googleの広告はオークション形式になっています。

つまり、オークション参加者が多ければ、それだけ広告単価は高騰し、
アドセンス実践者への分配も大きくなるということです。

 

で、この辺からが深い話になります。

では、12月ってどんな時期だと思いますか?

クリスマスがあったり、年末商戦があったり、
バンバン物が売れる季節ですよね。

ということは、企業はどういう行動に出るでしょうか。

 

そう、広告をいっぱい出しますね。

さらに言うと、12月は企業の四半期が終わる月だったりもします。

世の中の企業の広告予算というのは、
四半期ごとで決められているケースも多いんですね。

ということは、
10月~11月で使い切れなかった広告予算を
12月に一気に消化する企業も多いんです。

 

実際、私が広告代理店で働いていた時は、
この残予算を狙った営業をしてバンバン予算をもらったりしていました。

それなりの企業規模になれば、
残予算だけで普通に100万円単位のお金が出てきますからね。

 

ということで、
アドセンス報酬激減事件の原因ですが、
1月がダメというよりも12月がバブルだったということです。

この辺のお金の流れが全然、分かっていない人は、
超パニックになっていて、あたふたしているみたいです。

逆に、しっかりと知識を持っていれば、
なにもビビることなんてないんです。

まぁ何事もそうですが、冷静に物事を判断するためには、
正しい知識が必要ってことですね。

 

あなたは大丈夫だと思いますが、
いまご自身がやられていることを本気で”ビジネス”として捉えているのなら、
自分が参入している市場の基礎知識くらいはきちんと身に付けておくべきです。

というわけで、YouTubeに関する最新情報なども
私のメール講座では配信していますので、興味があれば読んでみてください。

自分で言うのもなんですが、
たぶん、今回の記事のような視点を持って語れる人間は、
ウェブ業界でも少ないと思います。

ほとんどの人は、目の前のことで「稼ぐぜー!」という知識しか、
持っていないですからね。

もっと広い視野や高い視点を持ちたいと思っている
優秀な方にとっては、ピッタリのメール講座だと思います。

YouTubeアドセンスで稼ぐための本物の情報を配信する無料メール講座






  • 2015 01.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 電撃ランキング

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る