【朗報】審査中が長かったYouTubeの収益化審査がやっと通った!!(2018年6月)

この記事は4分で読めます

 

当ブログでも何度か取り上げているYouTubeの収益化審査について、収益審査中の方に朗報です!

私が運営しているYouTubeチャンネルの一つがずっと審査中のままだったのですが、先日、ついに収益化審査が完了しました!!

依然としてYouTubeチャンネルの収益化審査が続いている方や、これから収益化の新基準を超えていく方に向けて、2018年6月27日現在のYouTube収益化審査の現状をお伝えします。

やっとYouTubeチャンネルの収益化審査が完了!!

ネット上で話題にしている方々と同じように、私が所有しているあるYouTubeチャンネルに関しても、登録者数1,000人&過去12ヶ月間の総再生時間4,000時間をクリアしてから、ずっと審査中の状態が続いていました。

しかし、2018年6月20日に審査が完了し、広告が表示され始めました!

▼所有チャンネル内のYouTubeアナリティクスの推定収益グラフ▼

※詳細は割愛しますが、アドセンスの利用規約に違反しないように上の画像は数字をぼかしています。今回の記事に関しては明確な数字は重要ではなく、「審査が通過した」という事実だけが分かればいいので、上の画像だけでも分かっていただけると思います。

 

画像を見ていただくと、6月20日から広告が表示され始めているのが分かります。

他の日と比較して20日は推定収益がかなり低いため、20日の夜から表示され始めて、21日以降は1日を通じて完全に広告表示がされるようになったのだと思います。

 

もちろん、個別の動画管理の画面を見ても、きちんと収益化マークが表示されています。

※こちらの画像に関しては、YouTube上に公開されている誰でも見られるデータなので特に数字をぼかしていません。

このチャンネルに関しては、時間をかけてじっくり育てている途中なので、再生回数や収益額は大したことありませんが、とにかく、収益化審査が取ったのは純粋に嬉しいですね。

 

結局、収益化審査が通過するまでにどれくらいの期間がかかったのか?

上記のYouTubeチャンネルに関しては、登録者数1,000を超えたのは2018年3月9日のことでした。

3月9日に審査中になり、6月20日に審査が通過したので、実に104日間も審査に時間がかかりました・・・。

ここまで審査に時間がかかってしまっているのは、私のチャンネル特有の問題ではなく、YouTube全体(世界全体)で起きている問題でした。

もっと言えば、私よりも前からずっと審査中になっていた方もいましたので、そういった方々はもっと審査に時間がかかっていたのかもしれません。

通常フローであれば、1週間前後で審査が完了するものなので、それに比べれば「だいぶ時間がかかったな・・・」というのが正直な感想です。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

おそらく、6月末までにはどんどん審査通過していくはず

私のチャンネルを含め、私が知っている方のチャンネルに関しても、だいぶ時間がかかって審査が完了したのは事実ですが、おそらく、ここからはどんどん審査が完了していくと考えられます。(実際、徐々に審査が通った報告も聞いています)

YouTubeは5月の前半に公式ヘルプページで「審査のための人員を拡大した」、「6月末までに審査が完了する予定」と伝えていました。

何度か審査完了までの時期が延期されてきましたが、今回はYouTubeが本気を出したようです。

さすがに今回の審査完了予定時期までさらに伸ばしてしまうと、信用を失ってしまいますからね。

ということで、今はまだ審査中の方であっても、6月末までには審査通過していくと考えられますので、気長に待っているのが良いと思います。

 

6月中に収益化審査が完了しなくても焦らずに待ちましょう!

私のチャンネルの場合、3月9日に審査中に入り、6月20日に審査が完了しましたが、4月~6月から審査中になっている方は「本当に6月末までに審査が完了するんだろうか?」と不安になっているかと思います。

こればかりはYouTube側の審査体制が、どの程度、強化されているのかにもよるので何とも言えません。

 

ただ、万が一、6月末の時点で審査が完了しなかったとしても悲観する必要はないと思っています。

なぜなら、事実として徐々に審査が通過し始めているからです。

今までだと、「YouTubeチャンネルが収益化された!」という報告自体がネット上にほとんどなかったわけですが、私も含めて、審査通過の報告が増えてきていますので、現在溜まっている審査中のチャンネルもどんどん審査通過していくはずです。

 

審査中になった時期や現在のYouTubeチャンネルの再生回数・登録者数によっては、審査完了が7月以降にずれ込む可能性もあると思いますが、それでも今までのように全く先が見えないわけではなく、だんだんと審査通過していく可能性が高いです。

なお、運営中のYouTubeチャンネルが収益化審査を通過したら、再生回数&チャンネル登録者数をどんどん伸ばしていきたい場合は、こちらの無料メール講座も参考にしてみることをお勧めします。

 

2018年7月以降、今後のYouTube収益化審査も時間がかかるのか?

あくまでも予想ですが、7月以降は通常通り1週間程度で収益化審査が完了するスケジュールに戻っていくと考えられます。

これは先程もお伝えしている通り、YouTubeが審査体制を強化していますし、実際にその効果が出てきているからです。

もちろん、7月以降すぐに審査期間が通常通りになるのは難しいかもしれませんが、100日以上かかっていたものが30日くらいに、30日かかっていたものが2週間くらいに、2週間かかっていたものが1週間に・・・といった形で、徐々に審査期間が通常スケジュールに戻っていくのではないでしょうか。

そうやって審査期間を通常通りに戻していかないと、新規で投稿を行う動画投稿者が減ってしまうのでYouTubeとしても困るはずです。

ですので、今後については審査期間を通常フローに戻っていくと思います。

 

YouTubeの収益化審査遅延に関しては、コンサルティング受講者の方やメルマガ読者の方からも結構な数の問い合わせが来ていました。

中には「収益化審査が通るか分からないので(ずっと審査中のままなので)YouTubeに動画投稿をするモチベーションが湧きません・・・」といった方もいらっしゃいました。

ただ、これはすごく勿体ないです。

なぜなら、YouTubeのビジネスモデルを考えたときに、このままずっと収益化審査が一切通らないことは考えられなかったからです。

収益化審査が通らなくなれば、YouTubeに動画をアップロードする人が激減し、YouTubeのビジネスモデルも崩壊してしまいます。

だから私は、収益化審査がなかなか通らなかったとしても、継続的に動画投稿を行っていくことをお勧めしていました。

 

また、YouTubeに動画投稿を行っている方や今から動画投稿を行おうと思っている方の中には、今回の収益化審査遅延の影響でYouTubeへの動画投稿を止めてしまった方も多いと思います。

逆に考えれば、そうした状況の中でも淡々と動画投稿を継続できていた方は、ライバルがあきらめてしまった場所でライバルに一気に差を付けることができたわけです。

 

今後もYouTubeのルール変更などが起きる可能性も十分に考えられますが、そんな時に「YouTubeはもう終わった・・・」と思って動画投稿を止めてしまうのは本当に勿体ないです。

今までもYouTubeのルール変更や広告収益基準などが変わってきましたが、そういった変化に動揺せず、淡々と動画投稿を続けている方は、やはりYouTubeで大きな結果を出しています。

もし、貴方がYouTubeで成功することを望んでいるのなら、市場の変化に惑わされずに、淡々と価値ある動画を作り、投稿していくことをお勧めします。

そうすれば、必ず、貴方のYouTubeチャンネルは人気チャンネルになっていくはずです。

なお、YouTubeチャンネルを成功させるためのより具体的なノウハウ・テクニックに関しては、下記の無料メール講座でも公開しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

YouTubeで成功するためのノウハウが無料で学べるメール講座(プレゼント付き)

 






  • 2018 06.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeのアカウント停止・チャンネル削除画面

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る