Googleアドセンスアカウントをキャンセル(自主削除)して退会する方法

この記事は5分で読めます

何らかの事情により、Googleアドセンス(YouTubeアドセンス)で使用しているアカウントを自らキャンセルして、アドセンスアカウントを削除したい方も稀にいると思います。

今回、私の友人が諸事情により、YouTubeチャンネルを自ら閉鎖し、それに伴ってGoogleアドセンスアカウント自体も削除するということだったので、滅多にない貴重な情報だと思い、アドセンスアカウントの削除手順・退会方法を画像キャプチャに取ってもらいました。

ネット上にはアドセンスアカウントのキャンセル手順や注意点を詳細に解説している記事がなかったため、この記事で詳しく解説していきます。

Googleアドセンスアカウントを自らキャンセルするとアカウントの報酬は支払われるのか?

どのような事情にしてもGoogleアドセンスアカウントの自主削除を考えている方が一番気になっているのは、報酬に関する部分だと思います。

それまでに自分のアカウントに蓄積されたアドセンス報酬が支払われるのか、支払われないのかということですが、これに関しては条件をクリアしていれば支払われます。

通常、アドセンス報酬は支払時期の時点に日本円換算で8,000円以上になっていると支払いが行われますが、8,000円を超えておらず、支払い基準に達していなかったとしても、アカウントのトータル残高が1,000円を超えていればアカウントキャンセル時に支払いが行われます。

 

つまり、アカウントの残高が・・・

8,000円以上 ⇒ 通常プロセスで支払いが行われる

1,000~7,999円 ⇒ アカウントキャンセル時に支払われる

1~999円 ⇒ 支払いを受け取ることはできない

という基準になっています。

Googleアドセンスの支払い基準額

引用:AdSense ヘルプ お支払い基準額

 

上記の表のような基準で支払いが行われますので、アカウントの合計報酬額が1,000~7,999円で、アドセンスアカウントを自分で削除しようと思っている方は、今までの報酬を受け取ってからアドセンスの退会ができるということです。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

Googleアドセンスアカウントをキャンセルするときの注意点

実際にアカウントをキャンセルする手順の中でも注意点が表示されますが、今後、該当のアカウントを再度使う予定がある場合はキャンセルを行う必要はありません。

Webサイトやブログに表示させているアドセンス広告に関しても、YouTubeチャンネルの動画に表示される広告に関しても、そのまま放置していれば特に問題がないからです。

例えば、「本業の仕事が忙しくなってしまいYouTubeへの動画投稿ができなくなってしまう」といったケースでも、半年後や1年後に仕事が落ち着いて動画投稿を再開する予定があるのなら、アドセンスアカウントのキャンセルを行わずに放置していれば良いでしょう。

もし、「アドセンスの利用を再開する可能性はあるけれど、その場合であっても心機一転して新しいアカウントを取得しよう」と考えている場合などは、今回の手順でアカウントのキャンセルを行っても良いと思います。

アドセンスアカウントは原則として一人1アカウントまでとなっています。今使っているアドセンスアカウントを放置し続けて、その存在を忘れていると、数年後に新規アドセンスアカウントを取得しようと思っても重複アカウントになってしまい取得できない可能性もあります。

なお、アドセンスアカウントの取り直しや複数アカウント取得については、下記の記事で詳しくまとめています。

Googleアドセンスアカウントを2つ以上複数取得する正しい方法!YouTubeチャンネルが停止されてアドセンスを取得し直したいのなら…

 

Googleアドセンスアカウントのキャンセル手順を画像付きで解説

ここからは具体的にアドセンスアカウントをキャンセル方法を解説していきます。

まず、キャンセルを行いたいGoogleアドセンスアカウントへログインし、左メニューの「設定」をクリックします。

Googleアドセンス ホーム画面

 

続いて「アカウント情報」をクリックします。

Googleアドセンス アカウント情報

 

アカウント情報に表示される「アカウントをキャンセル」をクリックします。

Googleアドセンス アカウントをキャンセル

 

アカウントキャンセルに関する注意事項が表示されますので、本当にキャンセルして良いのかをしっかりと確認します。

Googleアドセンス アカウントキャンセル前の注意事項

 

アカウントを削除する前に必要なレポートはダウンロードしておきましょう

注意事項にも表示されていますが、アドセンスアカウントをキャンセル(削除)してしまうと、今までのレポートなどもすべて見られなくなってしまいます。

このため、今後、レポートを見る必要がある場合はキャンセル前に必ずレポートをダウンロードしておきます。

キャンセル前の注意事項のページ内にある「パフォーマンスレポートをエクスポート」というリンクからも、レポートページへ移動できます。

Googleアドセンス アカウントキャンセル前の注意事項

 

左メニューから「パフォーマンスレポート」→「一般的なレポート」→「プロダクト」という順番でも、YouTubeアドセンスのレポートを確認することができます。

Googleアドセンス パフォーマンスレポート

 

すべての期間のレポートをダウンロードするために、画面の右のほうにあるレポート期間を指定する箇所をクリックし、「全期間」を選択します。

Googleアドセンス レポート期間を選択

 

今回はYouTube経由での報酬レポートをすべてダウンロードしていきますので、「ホストされているコンテンツ向け AdSense」をクリックします。

Googleアドセンス レポート

 

「全期間」を選択した上で「ホストされているコンテンツ向け AdSense」を選択すると、該当のアカウントが運用を開始されてからのすべての日別レポートが表示されます。

Googleアドセンス 日別レポート

 

日別レポートを表示したら、画面の右上にある下矢印のダウンロードボタンをクリックし、好きな形式でレポートをダウンロードします。特にこだわりがなければ「Excel 用 CSV ファイルにエクスポート」を選択すれば良いでしょう。

Googleアドセンス レポートのエクスポート

Webサイトやブログに表示しているアドセンス広告のレポートなども必要であれば、上記の手順を参考にして必要なレポートを事前にダウンロードしておきます。

アカウントキャンセル後は、アドセンスの管理画面でレポートが完全に見られなくなりますので、必要なレポートはパソコンに保存しておくことをお勧めします。

 

Googleアドセンスアカウントのキャンセルを確定する

必要なレポートのダウンロードが完了したら、先ほどのアカウントキャンセルの画面に戻ります。

アカウントをキャンセルする理由を「ウェブサイトの閉鎖」「収益額に不満」「広告フィルタに不満」「広告のターゲット設定に不満」「その他」の中から選択します。これは、どの理由を選択しても特に問題はありません。

アカウントのキャンセル理由の下にある「AdSense 利用規約を含め、上記の内容を確認し、理解しました。」にチェックマークを入れて「続行」をクリックします。

Googleアドセンス アカウントのキャンセル理由を選択

 

次の画面で、登録メールアドレス宛てに確認メールが送られている旨が表示されますので、24時間以内にメールを確認して、メール内のリンクをクリックします。

Googleアドセンス アカウントキャンセルメールの送信

 

アドセンスに登録しているメールアドレスを確認すると、「AdSense アカウントのキャンセル リクエスト」というメールが届いているので、そのメールを確認して、メール内のリンクをクリックします。

このリンクをクリックすると、アカウントのキャンセルが確定しますので、本当に削除して良いか、必要なレポートのダウンロードが終わっているかを最終確認して問題がなければメール内のリンクをクリックします。

Googleアドセンス アカウントのキャンセルリクエスト

「アカウントはキャンセルされました。」というメッセージが表示されれば、アカウントのキャンセルは完了です。

Googleアドセンス アカウントのキャンセル完了

もう一度メールアドレスを確認すると、アカウントが閉鎖されたことがメールでも通知されます。

Googleアドセンス アカウントのキャンセル完了メール

 

それと同時に「アカウントがキャンセルされました」というメールも届いています。

このメールにも、アカウント残高が1,000円を超えている場合は次回の支払い時期に支払いが行われると書かれています。

Googleアドセンス アカウントがキャンセルされました

 

アカウントキャンセル後は支払い情報にのみアクセス可能

上記の手順でGoogleアドセンスアカウントのキャンセル処理は完了しています。

キャンセル処理完了後、該当のGoogleアドセンスアカウントへログインしてみると、「このGoogleアカウントにリンクされているAdSenseアカウントは閉鎖されています」というメッセージが表示され、レポートなどにはアクセスできないようになっています。

閉鎖済みGoogleアドセンスアカウント

この状態からアカウントの再開をリクエストすることもできるようですが、その場合は、改めて通常の審査が行われます。

また、アカウントをキャンセルしたからといって、もう二度とGoogleアカウントの取得ができないかと言うと、そういうわけではないようです。ただし、新規でGoogleアドセンスアカウントを取得する場合は、今回キャンセルしたGoogleアカウント(メールアドレス)では申請できないので、別のメールアドレスで申請を行う必要があります。

 

ちなみに、閉鎖されたアカウントであっても、支払い情報にはアクセスできるようになっています。

「お支払い情報」をクリックしてみると、支払い前のアカウント残高を確認することができます。

閉鎖されたGoogleアドセンスの支払い情報画面

 

以上の手順でGoogleアドセンスアカウントを自分で削除することができます。

例えば「アドセンスアカウントに紐づけていたYouTubeチャンネルがすべて削除されてしまって、もうYouTubeに取り組む予定はないけれど、アカウントに残っている残高の支払いを受け取りたい」といったケースなどでは、この手順でアドセンスアカウントのキャンセルを行ってみると良いのかもしれません。

色々な事情により、YouTubeアドセンスの実践をあきらめてしまう人もいるかもしれませんが、YouTubeは今後もどんどん成長していくメディアなので、簡単にあきらめてしまうのは勿体ないです。

「もう一度、YouTubeアドセンスに関するノウハウを学び直してみたい!」という場合は、下記の無料メール講座も受講してみることをお勧めします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

実際に私がずっと稼ぎ続けているYouTubeノウハウを伝授する無料メール講座

 






  • 2018 04.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTube動画をワードプレスに埋め込む時におすすめのプラグイン

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年8月現在も4年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。まさに今も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ、ハウツー、テクニック、思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る