サイトアフィリエイトとYouTubeなら初心者におすすめなのはどっち?

この記事は10分で読めます

「アフィリエイトを始めてみたい!」と考えているビジネス初心者の方は「アフィリエイトにも色々な種類があって、どのアフィリエイトから始めればいいのか分からない…」と悩んでしまっている方も多いと思います。

年々、アフィリエイト市場は拡大し続けており、昔に比べれば色々な種類のアフィリエイトが登場してきています。

今回はアフィリエイトの中でも代表的な「サイトアフィリエイト」と、最近ユーチューバーが人気になるにつれて話題になってきている「YouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)」について、それぞれの違いやメリット・デメリットをインターネットビジネス初心者の方にもわかりやすくお伝えしていきます。

サイトアフィリエイトとYouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)の違いはどこにある?

「アフィリエイト」と聞くと、多くの方が想像するのは自分のブログやウェブサイトにアフィリエイト広告を貼って収益を得るビジネスモデルです。

例えば、貴方が趣味で筋トレに関するブログを運営していたとして、ブログ記事の中で「プロテインの選び方」に関する記事に多くのアクセスが集まっていたとします。

「プロテインの選び方」に関する記事を見ているユーザーは「適切なプロテインを使って筋肉をさらに増やしたい」、「筋トレにはプロテインが必要なのか知りたい」といったニーズを持っていると考えられます。

この場合、品質が良いお勧めのプロテインのアフィリエイト広告と提携して、自分のブログにそのプロテインの広告を貼ることで、商品が売れる可能性が出てきます。

これが多くの方が想像するアフィリエイトだと思います。

 

つまり、通常のサイトアフィリエイトの場合は「どういったサイトやブログを作っていくのか」を考えるだけでなく、「適切な広告を選択し、かつ、どうすればその広告経由でアフィリエイトしている商品を購入してもらえるか」まで考える必要があるのです。

集客だけでなく、商品選定やセールスまで必要になるということです。

 

一方、YouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)はもっとシンプルなビジネスです。

YouTubeアフィリエイトの場合、Googleが提供している「Googleアドセンス」という広告掲載システムを活用することで広告報酬を得る形になります。

先ほどと同じ例えで考えてみると、貴方がYouTube上で筋トレに関する情報やレビューを投稿しているYouTubeチャンネルを運営していたとします。

YouTubeの場合は動画が再生されたときに表示される広告が視聴されることによって、チャンネル運営者に広告報酬が入る仕組みです。

ただ、先ほどのサイトアフィリエイトと違うのは、YouTubeの場合は「どの商品・サービスを売るかを一切考えなくて良い」という点です。

 

「Googleアドセンス」という仕組みを使うと、貴方が運営しているチャンネルの動画を見たユーザーに適した広告が自動で配信されるようになります。

貴方が投稿した同じ動画を見たAさんとBさんでは、表示される広告が異なっている仕組みです。例えば、Aさんにはスポーツジムの広告が表示され、Bさんにはプロテインの広告が表示されるといった形です。

この辺の裏側の仕組みについて解説を行うと長くなってしまうので割愛しますが、YouTubeの場合、視聴者の興味関心によって表示される広告が異なるとだけ覚えておけば良いでしょう。

 

つまり、YouTube経由でアフィリエイト報酬を受け取ろうと考えた場合には「自分のブログやウェブサイトにどの広告が適しているか」といった事を考える必要が一切なく、単純に「より多くの人を集める(=より多くの視聴回数を集める)」ことだけに集中すれば良いのです。

そういった観点から言えば、やるべき事、集中すべき事が少なく、シンプルなビジネスモデルになっているYouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)のほうがインターネットビジネス初心者の方にとってはお勧めのビジネスだと言えます。

なお、YouTubeアフィリエイトのノウハウを学びたい場合はコチラがお勧めです。

 

サイトアフィリエイトのメリット

私個人として、現時点で「インターネットビジネス初心者が取り組むのならどのアフィリエイトがお勧めか?」と聞かれれば、迷わずYouTubeアドセンスをお勧めしていますが、決してサイトアフィリエイトが取り組んではいけないビジネスというわけではありません。

もちろん、サイトアフィリエイトにはサイトアフィリエイトの良さがあります。

ここではそんなサイトアフィリエイトのメリットについて解説します。

完全放置でも稼げるようになる可能性がある

しっかりと価値のある記事が存在するサイトであれば、記事更新やメンテナンスを行わなくても稼ぎ続けられる可能性があります。

どういったジャンルのサイトなのかにも寄りますが、インターネットで検索を行った際にもう何年も更新が行われていないのにもかかわらず、検索結果の上位に表示されているウェブサイトを見たことがある人もいると思います。

 

Googleが、更新性や情報の新しさも重視してウェブサイトの価値を判断しているのは事実です。

しかし、頻繁に更新される価値の低いウェブサイトよりも、ほとんど更新されていないけれど、価値が高いウェブサイトのほうが、Googleは優先的に検索結果に表示をしてくれます。

このため、一度、本当に価値のあるウェブサイトを作り上げることができれば、記事更新やメンテナンスにそこまで時間をかけずに完全放置やほぼ放置で報酬が上がり続ける仕組みを持つことも可能です。

 

運営しているサイトを売却して利益を得ることもできる

ウェブサイトを運営するメリットの一つは、売却益を得られる可能性もあるという点です。

仮にそのウェブサイトからあまり収益が出ていなかったとしても、アクセスが集まっていたり、コンテンツが充実していれば、売却できる可能性もあります。

他人のウェブサイトを購入する側は、自社の商品・サービスと関連性があるウェブサイトであるならば、自社サイトへの誘導を行うこともできるため、そういった意図でウェブサイトを購入するケースが多いです。

 

実際、私自身も過去に複数のウェブサイトを売却することで、それなりの利益を得たことがあります。

何らかの事情でまとまったお金が必要になった場合やリソースの問題で運営を続けられなくなったとしても、利益を得ることができるのは大きなメリットだと言えます。

 

サイトアフィリエイトのデメリット

続いてサイトアフィリエイトのデメリットについて解説を行っていきます。

一つ目と二つ目のデメリットについては、その人の得意分野や考え方によっては特にデメリットになり得ないかもしれませんが、三つ目のデメリットについては必ず認識しておくべきデメリットだと言えます。

記事を書くのが苦手な人には向かないビジネスモデル

ウェブサイトやブログなどを使ってアフィリエイトを行う場合、メインのコンテンツとなるのは「文章」です。

小説家のように感性豊かな文章や大学教授のように頭の良さそうな文章が書ける必要はないのですが、ある一定以上の文章力は必ず必要になります。

 

「文章力」と聞くと、ハードルを高く感じてしまうかもしれませんが、実際にはそこまで凄い文章力は要求されません。

しかし、世の中には文章に対して極端な苦手意識を持っている方も多く、簡単な文章を書くのすら辛いという方も少なくありません。そういった方にとっては、さすがにサイトアフィリエイトで稼ぐのは難しいでしょう。

逆に言えば、文章書くのが好きな方や、文章で相手に何かを伝えることを得意としている方にとっては楽しみながら取り組めるビジネスモデルだと思います。

 

htmlやCSS、デザインの知識など覚えることが多い

ウェブサイトやブログを運営する場合、htmlやCSS、デザインの知識などを持っていたほうが有利であることは間違いありません。

近年では、簡単にブログやホームページを作成できるサービスやワードプレス(ブログを簡単に作れるシステムのこと)も充実してきていますので、そんなに身構える必要はないのですが、簡単なhtmlなどは知っておいたほうが良いでしょう。

 

10年前などと比べれば、世の中のウェブサイトの数が増えた影響で、サイトのデザインも重視されてきています。

全く同じ情報が載っているサイトであれば、時代遅れのデザインのサイトよりも、洗練されたデザインのサイトのほうが「しっかりとコンテンツを読んでみよう」という気持ちになってもらえます。

htmlやデザインについては外注化することも可能なので、そこまで心配する必要はないのですが、外注化する場合であっても、ある程度の基礎知識を持っている必要はあります。

 

掲載しているアフィリエイト広告が終了する可能性がある

先の二つのデメリットに関しては、文章を書くのが好きで、新しい物事を勉強するのが苦にならない人にとっては特にデメリットではないと思います。

しかし、サイトアフィリエイトにおいて最も大きなデメリットは「掲載しているアフィリエイト広告が終了する可能性がある」という点です。

 

貴方が自分のウェブサイトにアフィリエイト広告を掲載して報酬を得られているのは、商品・サービスを販売している企業が存在するおかげです。

極論、その企業が潰れてしまえば、貴方が報酬を得ていたアフィリエイト広告は二度と使えなくなってしまいます。倒産までいかなかったとしても、提携していた企業がアフィリエイト広告の出稿を取りやめてしまうことは頻繁にあります。

貴方がアフィリエイトを行い報酬を得ていた商品自体の販売が中止されてしまえば、その商品をアフィリエイトすることはできなくなります。

万が一、掲載できるアフィリエイト広告がなくなった場合、他に掲載できそうな広告がなければ、貴方が運営しているウェブサイトは収益を得る方法を失ってしまうことになります。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

YouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)のメリット

サイトアフィリエイトと比較した場合、サイトアフィリエイトのデメリットを補完できるのがYouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)だと言えます。

ここではYouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)のメリットについて解説していきます。

文章を書くことが苦手でも収入を得ることができる

インターネットを使ったビジネスでお金を稼ごうと考えた場合、基本的には「文章を書くスキル」が必要になります。

ブログやウェブサイトを運営して利益を得る場合はまさに文章力が重要になってきますし、SNSを通じて何らかの商品・サービスを販売する場合でも、文章で見込み客とのコミュニケーションを取る必要があります。

 

この点、YouTubeを使ったビジネスモデルであれば、文章力は全く必要ありません。

文章よりも動画のほうが、より多くの情報を分かりやすく相手に伝えることが可能です。要は、動画は文章よりも表現することが簡単な表現方法なのです。

 

例えば、どこか旅行に行った様子を相手に伝える場合でも、文章だけで「楽しい様子」を伝えるのは難しいと思います。しかし、動画であれば、旅行に行った場所の風景や食べた物、貴方が楽しそうに笑っている姿を撮影するだけで、「楽しい様子」が伝わってきます。

文章を書くことに対して苦手意識を持っている方こそ、ぜひYouTubeを使ったアフィリエイトに取り組んでみることをお勧めします。

 

収入源となる広告が終了してしまう可能性がない

サイトアフィリエイトも、YouTubeアドセンスも、貴方が集客したお客さんに対して商品・サービスの案内を行い、その対価として報酬を得る構造は同じです。

しかし、前述した通り、サイトアフィリエイトの場合は掲載していたアフィリエイト広告が終了してしまう可能性もあります。

 

一方、YouTubeアドセンスの場合は、特定の広告を掲載して報酬を受け取るのではなく、あくまでも貴方のYouTubeチャンネルの広告掲載場所をGoogleに貸しているイメージです。

特定の広告を掲載しているわけではないので、広告が掲載できなくなってしまう可能性はほぼゼロです。

 

もちろん、Googleアドセンスの仕組み自体が終了してしまえば、YouTubeにも広告が掲載されなくなってしまうのですが、Googleアドセンスが終了する可能性は限りなくゼロに近いです。

なぜなら、GoogleアドセンスというのはGoogleのメインの収益源でもあるので、それが終了するということはイコールGoogleが潰れるということです。

今のインターネットの状況を見れば、Google潰れてしまうことはまずあり得ない話です。(Googleがなくなってしまうときはインターネット自体の仕組みがなくなって別の何かが生まれたときだと思います)

 

なお、ブログやウェブサイトにもGoogleアドセンスの広告を掲載することはできるので、Googleアドセンスをメインの収益源としているブログやウェブサイトであれば、広告掲載終了のリスクを考える必要はありません。

ただ、私の知っている限り、ブログやウェブサイトで大きなアフィリエイト報酬を得ている方は、ほぼ間違いなく特定のジャンルにおいて、特定の商品・サービスをアフィリエイトしている方々です。

本記事ではそういった特定ジャンルに特化したサイトアフィリエイトとの比較を行っているため、アフィリエイト広告掲載終了のリスクをサイトアフィリエイトにおけるデメリットだと伝えています。

 

適切な広告選定や広告の掲載方法などに頭を悩ませる必要がない

先ほどから何度かお伝えしている通り、YouTubeアドセンスは「どの広告を掲載するか」といった広告選定の手間が一切不要です。この点もYouTubeアドセンスの大きなメリットです。

 

例えば、貴方が自分のウェブサイトにダイエットサプリのアフィリエイト広告を掲載したいと考えたとします。

このとき、ダイエットサプリのアフィリエイト広告を提供している企業がA、B、C、D、Eと5社あった場合、「本当にお勧めできるのはどの会社のダイエットサプリなのか?」「報酬がもっとも大きくなる売れやすい商品はどの会社の商品なのか?」などを考える必要が出てきます。

その企業が提供している商品の販売ページ(ランディングページ)をチェックして、購入されやすい広告を選定するスキルも必要です。

 

また、仮によく売れる商品がどれか分かったとしても、そこで安泰ではなく、「広告をどのように掲載するのか(記事の最上部?最下部?)」「アフィリエイト広告へ誘導するための誘導文はどのように書くのか」といったことを考え、テストし続ける必要があります。

これらを通じてウェブで物を売るための総合的な力が身に付くのは良い点ですが、インターネットビジネス初心者の方にとっては「まずは出来るだけ早く報酬を得る」ことが最も重要だと思いますので、色々と難しい事を考えずに実践できるYouTubeアドセンスのメリットは大きいでしょう。

 

YouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)のデメリット

多くのメリットがあるYouTubeアドセンスですが、当然、YouTubeアドセンスにもデメリットは存在します。

更新やメンテナンスを行わずに稼ぎ続けることは難しい

ブログやウェブサイトを使ったアフィリエイトの場合、しっかりと価値のあるコンテンツを掲載しているサイトであれば、ほとんど記事更新を行わなくても継続的にアクセスが集まり続けることもあります。

しかし、YouTubeチャンネルの場合は、全く動画投稿を行わずに何ヶ月も休んでしまうと、再生回数が落ちてしまう傾向があります。

 

YouTubeはブログやウェブサイトと違ってエンターテインメントの要素が強いメディアです。このため、YouTube自体が新しい動画や投稿頻度の多いチャンネルを優遇している傾向が見られます。

ですので、動画更新をほとんど行わずに稼ぎ続けるのはなかなか難しいのが実情です。

 

外注化を行って動画更新を誰かに任せることもできるので、そういった方向でYouTubeチャンネルを作っていくことも可能ですが、特に外注化を考えていないのであれば、稼ぎ続けるために、ある程度の頻度での動画投稿は必要になってきます。

 

参入するジャンルによっては初期投資が必要になる場合もある

YouTubeに動画投稿を行う場合、参入するジャンルによってはデジカメやビデオカメラなどの撮影機材が必要になる場合もあります。また、楽器を演奏するのなら楽器が必要になりますし、何らかのレビューを行うであればレビューする商品が必要になります。

こういったジャンルに取り組む場合、初期投資が必要になります。

初期投資の金額は、貴方が取り組んでみたい動画のジャンルによるので、個人個人で異なります。

 

ただし、初期投資が必要なジャンルほど、ライバルが参入しにくくなるため、ゆくゆくはそのジャンルで美味しく稼ぐこともできます。そう考えると、いずれかのタイミングではある程度お金をかけて、ライバルが参入しにくいジャンルに挑戦していくのがお勧めです。

もちろん、初期投資を全くかけずに始められるジャンルもありますので、最初はそういったジャンルから取り組んでいき、徐々に参入障壁の高いジャンルに参入していくのがいいでしょう。

初期投資をかけずに始められるジャンルについては、こちらの無料メール講座で詳細に暴露しています。

 

まだまだ発展途上の市場なので市場の大きな変化が存在する

YouTubeは、今後まだまだ拡大していく市場です。「ユーチューバー」という存在が世間的に認められ始めたのも本当にここ最近の出来事です。

市場が発展することで、稼げる金額は大きくなっていくのでその点はメリットだとも言えます。しかし、発展途上の市場であるがゆえに、大きな市場の変化が起きる可能性も否定できません。

 

事実、2017年に関してはYouTube内部の仕組みやシステムが大きく変わった1年でもありました。

市場が伸びているがゆえに規制を強化しなければいけない部分も出てくるでしょうし、システムを変更しなければいけない部分も出てくるでしょう。

ただ、この点に関しては、しっかりと正しいノウハウを身に付け、常に最新情報を手に入れることで市場の変化に踊らされずに、市場の伸びに乗って大きく稼ぎ続けることができます。

 

インターネットビジネス初心者が実践するならサイトアフィリエイトとYouTubeアフィリエイトのどちらがおすすめ?

ここまでブログやウェブサイトを使ったサイトアフィリエイトとYouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて解説してきましたが、私がインターネットビジネス初心者の方にお勧めしているのはYouTubeアドセンスです。

これは「ビジネス初心者の方こそシンプルなビジネスに取り組むべき」だと考えているからです。

文章を書く能力を磨いたり、適切な広告を選ぶ能力を磨いたり、効果の高い広告の掲載場所を考えたり、といった感じで最初から色々な点に気を配り続けるのは正直大変すぎると思います。

その点、YouTubeアドセンスはシンプルに「いかに再生回数を伸ばすか?」という部分だけを追求していけば良いのです。

 

また、お客さん(YouTubeの場合は視聴者)にお金を支払ってもらわなくても報酬を得ることが出来る点も、初心者の方にとってはお勧めです。

サイトアフィリエイトの場合は、お客さん(サイトへの訪問者)に購入や登録のアクションを起こしてもらわないと報酬を得ることができません。これは初心者の方にとってハードルが高いと思います。

 

ということで、サイトアフィリエイトも非常に素晴らしいビジネスモデルですが、インターネットビジネス初心者の段階では、まずはYouTubeアドセンスから始め、その後、色々なビジネスに手を出していくのがお勧めです。

もし、貴方がYouTubeアドセンスに興味を持った場合は、下記の無料メール講座もチェックしてみることをお勧めします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

インターネットビジネス初心者にお勧めのYouTubeアドセンスで稼ぐ方法

 






  • 2018 01.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeのアカウント停止・チャンネル削除画面

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る