YouTubeのチャンネル名を本名以外にしたい場合のYouTubeブランドアカウントの作成方法

この記事は6分で読めます

YouTubeへの動画投稿を行うときに「自分の本名以外のチャンネル名で動画投稿をしていきたい!」という人は多いと思います。

また、視聴者として動画へのコメントを残す場合も本名ではなく、ニックネームやペンネームで行いたいという人も多いと思います。

特に何も設定をせずに動画投稿を行ったり、動画へのコメントを残したりするとGoogleアカウントに登録したときの名前が反映される仕様になっています。

Gmail上では普通に本名でのメールのやり取りをしているけれど、YouTube上では別の名前で活動をしていきたいという場合はYouTubeのブランドアカウントを利用していくことをお勧めします。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTubeに動画をアップロードする際に、自分の本名やGmailアカウントに登録した名前ではないチャンネル名で動画投稿を行っていくためにはブランドアカウントを作成する必要があります。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

YouTubeのブランドアカウントとは?

YouTubeのブランドアカウントというのはGmailで使用している「姓 名」という形式のYouTubeアカウントではなく、「○○TV」や「○○のゲーム実況」という形式のYouTubeアカウントのことです。

ブランドアカウントという名前の通り、ブランドやお店、団体名など、人物名とは別の名称を使ったアカウントでYouTubeに動画をアップロードする際に必須になるアカウントです。

以前は、Googleアカウントを作った「姓 名」のYouTubeアカウントに対して動画投稿ができましたが、現在ではブランドアカウントを作成しないと動画投稿ができない仕様になっています。

※GoogleやYouTubeは、この辺の細かい仕様変更をしょっちゅう行っているので、また状況が変わっている可能性もゼロではありません。

どちらにせよ、動画投稿を行っていくのであればGmailで使っている普通の姓名ではなく、ブランドアカウントを使うほうがいいです。

 

ブランドアカウントの作成手順を画像で解説

早速、YouTubeのブランドアカウントを作成する手順について解説していきます。

まずは、Gmailアカウント(=Googleアカウント)を作成し、その状態でYouTubeへアクセスします。

すでにGoogleアカウントを持っている場合はそのアカウントでYouTubeにログインを行えば問題ありません。

ログインした状態でYouTubeの右上にあるアイコンをクリックし、「クリエイターツール」をクリックします。

クリエイターツールに入ると、「動画をアップロードするにはチャンネルを作成する必要があります。」と表示されます。

その右に表示されている「チャンネルを作成する」をクリックします。「YouTubeを利用するアカウントをどういった表示名にするか?」という表示がポップアップで現れます。

ここではGmailに登録した際の姓名が表示されていますが、このままチャンネル作成を押してしまうと、Gmailに登録されている姓名がそのままチャンネル名になってしまいます。

このため、「ビジネス名などの名前を使用」をクリックします。

クリックすると、次の画面で「新しいチャンネルを作成するには、ブランドアカウントを作成してください」と表示されます。

「ブランドアカウント名」のところに自分が使いたいチャンネル名を入力し、「作成」をクリックします。

下の画像では「テスト」という名称でYouTubeチャンネル(=ブランドアカウント)を作っています。

アカウントの確認画面が表示されるので、携帯電話のメールアドレスまたは電話番号を入力してGoogleからの確認コードを受け取ります。

「音声通話」よりも「テキストメッセージ(携帯電話のメール)」のほうが楽だと思います。

先ほど入力した携帯電話のメールアドレス宛てに noreoly@google.comというメールアドレスから「Google確認コードは○○○○○○です」とメールが来ます。

ここに表示されている6桁の確認コードを入力して「次へ」をクリックします。

 

確認が完了すると「アカウントにチャンネルを追加しました」と表示されます。

再度、YouTubeの画面右上のアイコンをクリックしてみると、先ほど新規作成したチャンネル(ブランドアカウント)が表示されます。

今回は「テスト」というチャンネルを新規で作成したので、こちらをクリックしてYouTubeチャンネルを切り替え、動画をアップロードすれば、自分の本名を表示させずに「テスト」というチャンネル名でYouTubeの動画投稿を行っていくことが可能です。

YouTubeは頻繁にデザインや仕様が変更されていますので、今後も若干の仕様変更などはあるかもしれませんが、上記の大まかな流れは今後も変わらないはずです。

こういったYouTubeの細かい仕様や機能は今後も変更されると思います。

しかし、YouTubeで稼ぐための本質的なノウハウは3年、5年、10年・・・と使い続けることができます。

そんなYouTubeアドセンスで稼ぐための本質的なノウハウはこちらの無料メール講座でかなり詳しく解説を行っています。

 

YouTubeチャンネル名のおすすめの決め方は?ブランドアカウントのメリットを活かす

上記の手順でYouTubeチャンネルの名前の設定方法・変更方法は理解できたと思いますが、チャンネル名の決め方で悩んでしまう方も多いと思います。

チャンネル登録者数の多さや再生回数の大きさを全く気にせず、純粋な趣味としてYouTubeへの動画投稿を行っていくのであれば、YouTubeのチャンネル名は本当に自分の好きな名前を付ければ問題ありません。

しかし、YouTubeアドセンスの報酬(広告収入)を目的にYouTubeへの動画投稿を行っていくのであれば、分かりやすく、覚えてもらいやすいチャンネル名を付けることをおすすめします。

例えば、ゲーム実況のチャンネルであるのならば「ゲーム実況」というキーワードが入っていたほうが良いと思いますし、特定ジャンルの商品のレビューを行っているチャンネルであるのならば、その特定ジャンルのキーワードを入れたほうが良いでしょう。例:「○○のMac製品レビューch」など。

 

YouTubeで大きな報酬を得るためにはチャンネル登録者数を増やすことが重要になってきます。

そして、チャンネル登録者を増やすためには「どんな動画を投稿しているのかがすぐに分かるチャンネル」のほうがチャンネル登録してもらいやすい傾向にあります。

また、自分が投稿しているジャンルに関連するキーワードを入れたほうが良いのは、YouTubeのチャンネル名も検索結果に表示されるからです。

YouTube内で検索を行ったとき、できる限り露出が増えるように自分が投稿しているジャンルに関連するキーワードを入れ、YouTubeユーザーに見つけてもらいやすくなるのも効果的です。

このようにチャンネル名一つとっても人気チャンネルを作るためには色々なノウハウが存在しますが、チャンネル名は人気チャンネルを作るための一つの要素に過ぎません。

人気チャンネルを作るための本当のキーポイントを知りたい場合は、こちらから無料YouTubeビジネスメール講座を受講してみてください。

 

YouTubeチャンネル名の姓名が逆に表示されてしまう場合の対処法・変更方法

自分ではYouTubeへの動画投稿を行わず、他の人の動画へコメントをするだけのアカウントとしてYouTubeアカウントを使用している方も多いと思います。

そういった方の中には、誰かの動画にコメントをした時に姓名が逆に表示されてしまう現象に困っている方もいると思います。

コメント用アカウントの姓名が逆に表示されてしまう場合でも、上で解説を行っている手順でブランドアカウントを作成すれば問題は解決します。

また、コメント欄に自分の本名が晒されてしまうのはプライバシーの観点からも、あまりお勧めできるものではありません。

このため、YouTubeをより安全に使うために、コメントしか行わない人であってもYouTubeのブランドアカウントを作成することをお勧めします。

ブランドアカウントでハンドルネームやニックネームを設定しておけば、誰かの動画へコメントした時に自分の本名がバレてしまうこともなくなるので、より安心してYouTubeを楽しめると思います。

 

YouTubeのブランドアカウントは個人で使っても問題ないのか?

YouTubeのブランドアカウントを利用すると様々なメリットがありますので、積極的に活用していくことをお勧めします。

ただ、「ブランドアカウント」と聞くと、企業やビジネス向けのチャンネルでしか使ってはいけないと思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、ブランドアカウントは個人で使っても問題はありませんし、ブランドアカウントを使っているからといって動画投稿をしなければいけないわけでもありません。

視聴専用のアカウントでも、コメント専用のアカウントでも、ブランドアカウントを使うことは可能なので、安心して使っていきましょう!

▼おすすめ▼
全く動画投稿をしたことがない初心者でも次々と稼ぎ始めているYouTubeノウハウ

 

YouTubeアドセンス実践時は必ずブランドアカウントを使うべき理由

この記事ではYouTubeアカウントに新規のブランドアカウントを追加する方法について解説しました。

YouTubeアドセンスを実践する場合、ブランドアカウントを使うことは必須です。

YouTubeアドセンスでより大きな広告収入を得ていくためにはチャンネル登録者を増やしていく必要がありますが、一つのチャンネルに対して、色々な動画が混ざっている状態ではチャンネル登録者が付きにくくなってしまいます。

ゲーム実況のチャンネルに関してはゲームの実況動画だけ、おもちゃの商品レビューのチャンネルには商品レビューの動画だけ、というやり方のほうが視聴者がファンになってくれる可能性が上がります。

「山田太郎」というチャンネル名でゲーム実況を投稿するよりも「山田太郎のゲーム実況ch」といったチャンネル名のほうが視聴者に「ゲーム実況を投稿しているチャンネルだ」とすぐに分かってもらえます。

動画投稿を行っていく側としても、ジャンルごとにチャンネルを分けたほうが管理しやすいと思います。

 

また、現在はブランドアカウントを作成しないと動画投稿ができない仕様に変更されていますが、以前はGmailアカウントに直接、動画投稿ができる仕様になっていました。

要は、GoogleアカウントをAとすると、

A ⇒ Gmailに登録を行っている姓名がチャンネル名

B ⇒ 別の名前を設定したチャンネル

C ⇒ 別の名前を設定したチャンネル

という形式になっていて、Aにも動画投稿ができていました。

 

しかし、この状態でAのYouTubeチャンネルが停止されてしまうと、停止されていないBやCのYouTubeチャンネルにもログインできなくなってしまう仕様になっていました。

YouTubeアドセンスを実践する際にはGoogleアカウントをAとしたとき、

A ⇒ 動画投稿やコメントなどなにも行わない

B ⇒ 別の名前を設定したチャンネル(動画を投稿するチャンネル)

C ⇒ 別の名前を設定したチャンネル(動画を投稿するチャンネル)

といった形でYouTubeアカウントの運営を行っていくことをお勧めします。

 

AのアカウントでYouTube上の活動を一切なにも行わなければアカウントが停止されてしまう可能性もありません。

また、万が一、Bのチャンネルが停止されてしまったとしてもAのログインが可能な状態になっていれば、Aにログイン後、CのチャンネルへアクセスしてCで動画投稿を続けるといったことが可能です。

 

ちなみに、YouTubeのブランドアカウント(YouTubeチャンネル)に関しては一つのYouTubeアカウント(Googleアカウント)に対して最大50個まで作成できる仕様になっています。

さすがに50個もチャンネルを作成する人はそう滅多にいないでしょうし、50個もチャンネル作成ができれば、問題なくYouTubeアドセンスの実践は可能です。

ということで、YouTubeアドセンスを実践する際にはしっかりとブランドアカウントを作成してチャンネル登録者が付きやすいようなチャンネル名を設定していきましょう。

今回は基礎的なYouTubeチャンネルの作成方法でしたが、YouTubeアドセンスで稼ぐための具体的なノウハウやテクニックについて、もっと詳しく知りたい場合は下記の無料メール講座がお勧めです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

経験ゼロからでもYouTubeアドセンスで毎月30万円以上を得続ける方法を学んでみる!

 






  • 2017 03.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る