YouTubeの動画作成でお勧めの動画編集ソフトはこれだ!

この記事は6分で読めます

YouTubeアドセンスを実践する時に
必要になってくるものの一つが動画編集ソフトです。

動画編集ソフトは無料のものから有料のものまで数多くのソフトが存在します。

有料の動画編集ソフトに関しても、
1万円以内で購入できるものから5万円を超えるようなものまであります。

今回は「どの動画編集ソフトを使えばいいのか?」と悩んでいる方に向けて
無料・有料に分けて
YouTubeアドセンス実践時にお勧めの動画編集ソフトをご紹介します。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTubeアドセンスの実践において動画編集ソフトは必須アイテムです。無料と有料それぞれお勧めの動画編集ソフトについて解説しています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

有料の高機能な動画編集ソフトは「操作方法が難しそう」というイメージがありますが、今回の考え方で学習することにより、無駄な時間をかけずに、効率的に動画編集ソフトの操作を覚えることができます。

 

Adobe(アドビ)の動画編集ソフトには、Adobe Premiere ElementsとAdobe Premiere Pro CCの2つがあります。 有料の動画編集ソフトの導入が初めての方にとっては、どちらのほうがお勧めなのか?について解説しています。

YouTubeアドセンス実践時にお勧めの無料で使える動画編集ソフト

YouTubeアドセンスを実践する際にお勧めの無料動画編集ソフトは、
WindowsであればWindowsムービーメーカー、
MacであればiMovieがお勧めです。

私は、Windowsを使っているので
無料の動画編集ソフトはムービーメーカーを使っていますが、
ムービーメーカーだけでも十分な広告収入を得られます。

もちろん、無料の動画編集ソフトなので、
出来ることは限られていますが、
稼ぎを生み出すために必要な最低限の機能は備わっています。

また、YouTubeアドセンスで勘違いしがちなこととして、
「動画編集が行動であれば高度であるほど稼げる」
と思っている方もいるようです。

動画編集が得意でさまざまな編集スキルを持っている場合、
確かにそのスキルは有利にはなりますが、
編集スキルがないからと言って稼げないわけではありません。

YouTubeアドセンスで稼ぐためのキモは
動画編集スキルの有無ではないからです。

本記事では割愛しますが、
もし貴方がYouTubeアドセンスで稼ぐためのキモを知りたければ、
こちらもチェックすることをお勧めします。

 

少し話がそれましたので、話をもとに戻しますが、
私は今でもWindowsムービーメーカーをバリバリ使っていますし、
Windowsムービーメーカーで作った動画だけでも十分な収益を得ています。

動画のジャンルや内容によっては、特に有料の動画編集ソフトは必要なく、
Windowsムービーメーカーのみで、ずっと実践していくことも可能です。

また、動画編集が初めての方ほど、
Windowsムービーメーカーを最初に使っていくことをお勧めします。

後で詳しくご説明しますが、
動画編集ソフトは基本的な構造、インターフェイスは同じです。

私もそうでしたが、
「動画編集ソフト」と聞くと難しい印象を持ってしまいがちですが、
Windowsムービーメーカーに慣れて
基本的な動画編集ソフトの使い方を学んでおくと、
有料の高機能な動画編集ソフトを使い始めた際に
スムーズに使っていくことができます。

そういった入り口的な意味でも
Windowsムービーメーカーはお勧めできる動画編集ソフトです。

 

ただ、残念ながら、Windowsムービーメーカーは
Windows10には対応していないらしく、
ダウンロードが終了してしまっているそうです。
(私はもともとインストールされていたムービーメーカーを使っています)

このため、マイクロソフトの公式サイトからは
すでにダウンロードが終了してしまっていますが、
下記のサイトであればダウンロードが可能です。

Windowsムービーメーカーがダウンロードできるサイト

 

こちらはSoftonic(ソフトニック)というソフトウェアダウンロードサイトで
日本で有名な「Vector」や「窓の杜」と同じようなサイトです。

日本での知名度はそこまで高くありませんが、
欧州ではシェア率がもっとも高いソフトウェアのダウンロードサイトです。

私自身はソフトニックを使用して問題が起きたことはありませんが、
外部のサイトですので、ダウンロードは自己責任でお願いします

 

YouTubeアドセンス実践時にお勧めの有料の動画編集ソフト

WindowsムービーメーカーやiMovieを使うことに慣れてくると、
無料版の動画編集ソフトだけでは物足りなさを感じたり、
もっと色々な編集をやってみたくなったりすると思います。

そういった段階になった方は
有料の動画編集ソフトを導入することをお勧めします。

有料の動画編集ソフトはピンからキリまでありますが、
私の場合、1万5千~2万円程度までの予算での導入を考えました。

いきなり5万円以上の動画編集ソフトを購入して
自分の編集スキルでは使いこなせなかった場合、
勿体ないと思ったからです。

一方、2万円くらいであれば、
仮にまったく使いこなせなかったとしても
諦めがつく金額かな、と感じていたからです。

おそらく、初めて有料の動画編集ソフトを導入する方も
同じように考えている方が多いと思います。

 

私の場合、知り合いに動画編集のプロの方がいたので、
その方に有料の動画編集ソフトの導入に関して相談させて頂いた結果、

・アドビ社のAdobe Premiere Elements 15(アドビ プレミア エレメンツ)

・サイバーリンク社のPower Director(パワーディレクター)

のどちらかを導入することにしました。

 

この2つの動画編集ソフトは、
どちらも価格が1万5千円程度と同じくらいなので、
自分の作りたい動画のイメージと操作性の好みで選べばいいと思います。

あとは、パソコンのスペックや
パソコンとの相性で問題なく動作するか、という点も重要です。

Adobe Premiere Elementsも、Power Directorも、
どちらも体験版をダウンロードすることができるので、
どちらを導入するかは、
実際に使ってみてから判断するのがいいと思います。

私は実際にどちらも自分のパソコンにインストールを行い、
自分が作ろうと思っている動画構成と同じような動画を
簡単に作ってみました。

その結果、私が作りたい動画をよりスムーズに作れそうという理由から
Adobe Premiere Elementsを導入しました。

この辺は完全に好みの問題だと思いますので、
一度、どちらもダウンロードして使ってみることをお勧めします。

 

ちなみに、Adobe Premiere Elementsは
買い切り型(一度、ソフトを購入すればずっと使える)ですが、
「Creative Cloud」という月額制のクラウドサービスもあります。

この「Creative Cloud」というクラウドサービスは、
アドビ製品の動画編集ソフト(Adobe Premiere Pro CC)だけでなく、
フォトショップやアフターエフェクトといったソフトも使え、
さらに常に最新版のソフトが使えるようになるものです。

おそらく、Adobe Premiere Elementsは15までで終了となり、
それ以降は「Creative Cloud」を使っている利用者にのみ
使用権利があるという感じだと思います。

サービス内容だけで言えば、Creative Cloudは魅力的ですが、
月額4,980円のお金がかかるので、
ランニングコストとしては、それなりの金額になります。

有料の動画編集ソフトを導入した最初の段階では、
「どんどん新機能を使いたい!」というより、
「まずはこの編集ソフトの使い方を覚えよう!」という感じだと思いますので、
買い切り版のAdobe Premiere Elementsで十分だと思います。

私自身は、Adobe Premiere Elementsを使っていますが、
今のところ不便を感じたことはありません。

もっともっと動画編集を極めて色々な事をやりたくなったら、
Creative Cloudを使うことはあるかもしれませんが、
「YouTubeアドセンスでお金を稼ぐ」という目的を第一に考えると、
現状のままで十分だと感じています。

ビジネスにおいて重要なのはプロセスではなく、結果です。

動画編集ソフトやスキルばかりに捉われ過ぎるのは良くないので、
その点は注意していきましょう!

▼参考リンク▼
YouTubeで稼ぐために動画編集スキルよりも重要なことはこちらで学べます!

 

有料の動画編集ソフトは操作方法が難しいのか?

私もWindowsムービーメーカーしか使ったことがなく
初めてAdobe Premiere Elementsを導入しようと思ったときには
「有料の動画編集ソフトなんて自分に使いこなせるかな?」
と不安に思っていました。

しかし、Windowsムービーメーカーなどで
動画編集ソフトの基本構造を学んでいる方であれば、
有料の動画編集ソフトも全く難しくはありません。

動画編集ソフトの構造、ユーザーインターフェイスは
ほとんどすべてのソフトにおいて同じようなものです。

複数のタイムラインがあり、その上に編集する素材を載せていく形です。

 

・動画、画像素材のタイムライン

・テキストのタイムライン

・BGM、音声のタイムライン

といった形で複数のタイムラインが存在しており、
Windowsムービーメーカーと同じように
その上に素材を載せて編集を行っていくだけです。

また、今回お勧めの有料動画編集ソフトとして取り上げた
Adobe Premiere ElementsやPower Directorについては、
有名な動画編集ソフトなので、
解説サイトを作ってくれている方や
解説動画をYouTubeに投稿してくれている方も多いです。

 

私は、自分で動画編集ソフトをいじりながら使い方を覚え、
やってみたい編集やエフェクトがあれば、
「○○ 使い方」や「○○ BGMの時間調整」といった感じで検索して
ネット上の情報だけで使い方をマスターできました。

本を買って操作方法を学んでもいいですが、
正直、本で一から学ぶのは効率的ではないと考えています。

なぜなら、すべての機能を覚えたとしても
実際の動画編集の際には、すべての機能を使うわけではないからです。

それよりも、自分が作りたい動画の構成を考え、
それに必要な編集スキルだけを学んでいくほうが効率的です。

ですので、私は
Premiere Elementsのすべての機能をマスターしているわけではないですが、
自分が作りたい動画を作るだけの編集方法はすべて知っています。

こういった学習方法のほうが絶対に効率的なので、
無料、有料問わず、動画編集ソフトの使い方をマスターしたい場合は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

ということで、
動画編集ソフトの使い方をマスターすることは
YouTubeアドセンスで安定的な広告収入を
稼ぎ続けるための最重要項目ではないですが、
動画編集スキルがあるほうが有利であることは確かです。

なお、YouTubeアドセンスで稼ぎ続けるための最重要項目については
下記の無料メール講座で包み隠さずにお伝えしています。

YouTubeアドセンスで稼ぐために最も重要な事とは?






  • 2017 03.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YouTubeのアカウント停止・チャンネル削除画面

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る