高崎山自然動物園の「シャーロット」問題から考える集客の奥深さ

この記事は2分で読めます

 

大分市の高崎山自然動物園が

英王室の王女と同じ「シャーロット」という名前を

赤ちゃん猿に命名したことが話題になっていますよね。

 

まぁイギリス王室的には、

「そんなの動物園の自由でしょ」という心の広い対応らしく、

結局、変に騒いでいたのは、外野だけだったみたいです。

 

その話が連日、メディアに取り上げられた影響もあり、

高崎山自然動物園に訪れる観光客が増えているそうです。

 

動物園に、その気はなかったとしても、

今度は「炎上商法だ!」なんて批判も出てきたりするのかなーと思ってます。

 

で、確かに炎上パワーって凄いですよね。

 

ただ、この話を聞いて、

「よっしゃ、俺も炎上起こして集客しよう!」

という頭の悪い人はいないと思います。

 

確かに、動物園だったり、YouTubeアドセンスだったり、

そういったビジネスであれば、人が来てくれた時点で

利益につながる可能性があります。

 

だから、ちょっとばかし炎上させるのも

まぁアリといえば、アリかな、と。

 

でも、例えば、情報発信ビジネスとかの場合、

ブログやホームページに人を集めるだけじゃ、

お金にならないわけです。

 

そこから、メルマガ登録をしてもらうなりして、

商品・サービスを紹介して、購入してもらわないと

1円の利益も生まれません。

 

普通に考えて、炎上が起きてる現場にやってくる

やじ馬根性を持った人たちが

「なになに、副業で月収○万円?」

「え?全く新しいアフィリエイト!?」

とかって感じで、メルマガ登録とか行うはずもありません。

 

百歩譲って、メルマガ登録したとしても、

それもまた単なる、やじ馬根性であって、

学びたいとか、知識を得たいという高尚な意思は持っていないです。

 

ということで、あなたもご存じの通り、

アクセスとかリストとかってのは、

だれ彼かまわず、集めればいいってものではないです。

 

しっかりとあなたのお客さんになり得るような方、

あなたと価値観が合うような方を集めることが重要になります。

 

そんな感じなので、集客って、奥が深いなーと思います。

 






  • 2015 05.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る