ZOZOTOWNのゼロ円無料販売キャンペーンは成功か?

この記事は1分で読めます

 

ファッション通販サイトのZOZOTOWNが、

キャンペーンと題して、

商品2万点を0円で販売していたことが話題になっています。

 

ネットニュースやTwitterでも取り上げられています。

 

お一人様一点限り、だったらしいので、

一瞬にして、2万人の顧客リストが集まったということになります。

 

でも、勉強熱心なあなたなら、お気づきの通り、

ここで集まった顧客リストって、

ぶっちゃけ、顧客属性的にどうなんだ?

って思いますよね。

 

だって、これに関するツイートとかを少し見てみましたが、

「欲しくないけど、とりあえず、もらっといた」

とか、

「試しにテキトーにカートに入れたら買えた」

とか、そんなのばっかでした。

 

まぁ要は、懸賞ハンターとか、

無料ならもらってやるよ系の人が、

たくさん集まったっぽいんですよね。

 

この人たちが

その後、継続的に購入する顧客になり得るかというと、

どうなんでしょうねー、と思うわけです。

 

既存顧客のロイヤリティーを高めるために

とかならまだしも、

ここで取った新規は微妙なんじゃないかな、と。

 

まぁ話題性を、という意味では、

いいキャンペーンだったのかもしれませんけどね。

 

それか、単なる在庫処分とかだったのかもしれませんが。

 

おそらく、あなたも、

0円販売系のことをやったことがあるなら、

それに対して、

「(0円なのに)購入しました!」

とか、

「(0円なのに)商品はまだですか?」

って平気で言ってきちゃう人たちが、

どういう属性かはご存じかと思います。

 

いずれにしても、強烈なオファーは話題性を呼ぶ一方で、

微妙な属性を引きつけるものだと、改めて、思いました。

 

ということで、何事も、さじ加減って大切ですね。

 






  • 2015 04.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る