ビジネスで稼ぎたいのなら「お客さんは嘘つき」だと認識しましょう

この記事は2分で読めます

 

セールスの経験がある方なら体感的に分かっているかもしれませんが、

「多くのお客さんは嘘つき」です。

 

もっと丁寧な言い方をすると、

「お客さんは、自分の欲望・要望について、正しく認識できていないので、
結果的に嘘をついていることが多々ある」

ということです。

 

これは自分自身に当てはめて考えてみると、よく理解できるはずです。

 

例えば、貴方が、どうしても欲しくて

長年ずっと探し続けていた物があったとします。

 

手に入れることを夢見て、

手に入れることができたら、最高に嬉しい物だとします。

 

その物を「10万円であれば、即断即決で買いたい」と思っていたとしましょう。

 

でも、実際には、

それが12万円や15万円で売られていたとしても、普通に買うはずです。

 

理由は単純で、

「貴方にとって本当に欲しいものだから」です。

 

その時点で、

「○○が10万円なら買いたい」

という要望は嘘だったことになります。

 

自分自身の成長のチャンスや成功するキッカケを

逃したくないのであれば、

この性質をうまく活用したほうがいいです。

 

例えば、

「いまビジネスに使えるお金は30万円」と考えていたとして、

それだけを忠実に守っていると、成長のチャンスを失います。

 

その状況において、

貴方の人生を変えられるチャンスが

100万円で手に入るのならば、

自分の考えを覆したほうが絶対にいいわけです。

 

また、貴方がセールスを行う立場になったときも、

この“嘘つき理論”を理解しておくといいです。

 

貴方のお客さんが

「○○を5万円で売ってください」と言ってきたとしても、

その金額というのは結果的に、嘘である場合が多いです。

 

それは、あくまでも要望としての5万円なので、

実際は、5万円以上でも販売することは可能です。

 

ということで、

まとめると、

売り手側の立場のときは「相手が嘘つきである」と認識することで、

利益を増やすことができます。

 

買い手側の立場のときは、

「自分が嘘つきである」と認識することで、

成長や成功のチャンスが増えます。

 

上記は、自己成長においても、セールスにおいても

非常に重要な考え方です。

 






  • 2016 04.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年8月現在も4年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。まさに今も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ、ハウツー、テクニック、思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る