東証マザーズ上場で話題のUUUM(ウーム)とは何をしている会社なのか?YouTube関連ビジネスってそんなに儲かるの?

この記事は6分で読めます

2017年8月30日にYouTuberのマネジメント企業であるUUUM(ウーム)が
東京証券取引所マザーズに新規上場したことが大きな話題になっています。

今回、UUUMが上場を果たしたことにより、
さらにYouTubeは世間の注目を集めていくことでしょう。

そもそも、UUUMとは具体的に何をやっている企業なのか?
そして、YouTube関連ビジネスだけで上場まで行けてしまうということは
YouTubeってそんなに儲かるのか?といったことについて詳しく解説していきます。

UUUM(ウーム)とはどんな業務を行っている企業なのか?

UUUMは2013年に創業されたまだ新しい会社で
YouTubeに動画投稿を行うYouTuber(ユーチューバー)と呼ばれる方々の
マネジメント業務を行っている会社です。

最近はテレビでYouTuberを見かける機会も多くなり、
「YouTuber(ユーチューバー)」という単語もメジャーになってきました。

なにせ、小中学生のなりたい職業ランキングにYouTuberが入り込んでくる時代です。

4~5年前であれば「ユーチューバーって何?」というのが世間の声でしたが、
YouTubeのメディアとしてのパワーが増加するにつれて
もはやYouTuberは立派な一つの職業になっています。

そんなYouTuberの中でも
チャンネル登録者数が数十万人~数百万人いるトップの方々の
マネジメント業務を行っているのがUUUMなのです。

具体的には、最近はよくテレビにも出ているヒカキンさんや
単一のYouTubeチャンネルでは
日本で最もチャンネル登録者数が多いはじめしゃちょーさんなど
かなり有名どころのYouTuberの方々はUUUMに所属しています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

 

具体的にどうやって売上・利益を出しているのか?

UUUMは、大物YouTuberの方々が所属している
マネジメント事務所であることはご存じの方も多いと思いますが、
「具体的にマネジメント業務ってどんなものがあり、何で利益を出しているの?」
という疑問を持っている方も多いと思います。

あくまでも外から見て分かる範囲の収益モデルではありますが、

1.YouTubeからの動画広告収益(Googleアドセンス)
2.企業からの動画制作依頼の案件
3.グッズ販売による収益
4.イベント開催による収益

これら4つがメインになっていると考えられます。

それぞれ詳しく見ていってみましょう。

 

YouTubeからの動画広告収益(Googleアドセンス)

まず、YouTubeからの動画広告収益に関してですが、
これは所謂Googleアドセンス(YouTubeアドセンス)と呼ばれるものです。

Googleが提供しているアドセンスと呼ばれるサービスで
YouTubeに動画投稿を行うことにより、
再生回数に応じて広告収益を分配してくれる仕組みです。

YouTubeの動画1再生当たりの広告収入はチャンネルによって
0.05~0.4円くらいまで幅があります。

おそらく、トップYouTuberのレベルのチャンネルになってくれば、
間違いなく、最低でも1再生0.1円はあると考えられます。

 

仮に月間のチャンネル全体の再生回数が1億回再生だった場合、
月間のGoogleからのアドセンス報酬だけで1,000万円は超えます。

UUUM自体が行っているのは、あくまでもマネジメント業務なので、
UUUMがチャンネル運営や動画投稿を行っているわけではありませんが、
YouTuberのマネジメントフィーとして広告収益の20%程度を貰っています。

(フィーの割合もYouTuberによって異なると言われています)

この辺はまさに芸能事務所と同じような構造です。

実際にテレビ出演を行うのは芸能人であっても
そのテレビ出演のギャラは事務所と分け合うという形です。

UUUMには月間の再生回数が数千万回以上のYouTuberが多数所属していますので、
この広告収益だけでも相当な金額になっていると思われます。

実は、このGoogleアドセンス(YouTubeアドセンス)の仕組みは
UUUMなどのYouTuber事務所に所属せずに
個人でも十分に実践可能なビジネスモデルになっています。

実際、私自身はYouTube関連の収益はアドセンスが中心ですが、
毎月安定してサラリーマンのお給料以上の金額を
稼ぎ続けることができています。

具体的な方法については、こちらで詳しく解説していますので、
もし興味があれば是非どうぞ!

 

企業からの動画制作依頼の案件

YouTubeを見ている時に
企業タイアップ動画というものを見たことがある方も多いと思います。

あれが俗に言う“企業案件”というものです。

企業からの依頼を受けて商品やサービスを動画で紹介します。

例えば、スマホアプリを実際にプレイしてゲーム実況動画を投稿したり、
何らかの商品提供を受け、その商品を実際に使ったレビューを行ったり、
といった形です。

夜中のテレビでやっているテレビショッピングを
もっとナチュラルにしたようなイメージの動画です。

 

最近ではYouTuberの影響力が大きくなってくることもあり、
大手企業もこういった企業案件を依頼しているケースが多いです。

こちらもチャンネル登録者数によって
1本当たりの動画制作コストは変わってきますが、
トップYouTuberになってくると
1本の動画で商品紹介を行うのに数百万円前半の数字が動くそうです。

こういった業務を行う際に企業とYouTuberの間に入っているのがUUUMであり、
そのマネジメントとしてフィーを貰っています。

 

グッズ販売による収益

トップYouTuberになってくると、LINEスタンプやTシャツなど
キャラクターグッズを販売している方も多いです。

これらのグッズに関して、
個人で制作し、販売、発送を行うのはかなり大変ですが、
マネジメント事務所が間に入ることによって
個人ではできないグッズ販売も展開できるというわけです。

確かにYouTuberのファンは若年層が多いですが、
数万円のグッズを売っているわけではなく、
数千円のTシャツや数百円のLINEスタンプが売られており、
お小遣いで買える範囲なので
ここでもそれなりの売上・利益が出ているはずです。

 

イベント開催による収益

UUUM主催のYouTuberとファンの交流イベントなども行われています。

会場手配や当日の観客整理など個人ではほぼ不可能ですが、
マネジメント事務所に所属することで実現できるというわけです。

私はYouTuber関連のイベントに行ったことはありませんが、
聞くところによると、小中高生が結構多く来て、楽しんでいるようです。

AKB48や好きなロックバンドのライブのようなノリなのでしょう。

 

新規上場で資金を得たUUUM(ウーム)の狙いは?今後どんな事業を展開するのかを予想

ここまで解説してきたように、すでにかなり儲かっているUUUMですが、
上場で資金調達を行って、今後はどんな事業を展開していくのでしょうか?

ニュースによると
「今後、高齢層向けコンテンツやこれまでよりも長い動画の展開にも取り組んでいく」
としています。

YouTubeは世間的な認知度が上がってきたといえ、
やはり、多くの時間を費やしているのは小中高生などの若年層です。

このため、30代、40代、50代、60代以上~といった視聴者層を
もっと取り込んでいきたいと考えているようです。

具体的な施策までは明らかにされていませんが、
大人の層までYouTubeに夢中になってくれれば、
より高単価な別のビジネスに繋げていくことができる
と考えているのだと思います。

 

あとは純粋にYouTubeの視聴者層が広がり、視聴者数が増えれば
企業もより多くの広告費を投下してくれるようになります。

そうすれば、今まで以上にYouTuberの広告収入も増え、
彼らをマネジメントしているUUUMの売上・利益も増えるというわけです。

当然、YouTube自体の利用者数がどんどん増えていけば、
個人でYouTubeアドセンスに取り組んでいる人も得をします。

それこそ市場が2倍に伸びれば、
今までと同じ努力をしていても結果が2倍になるわけです。

UUUMの上場はYouTubeアドセンスに取り組んでいる方にとって
大きなチャンスの到来だと言えるのです。

もし、貴方がまだYouTubeアドセンスに取り組んでいないのなら
まずはこの方法から始めてみることをお勧めします!

 

そもそもYouTube関連ビジネスだけでそんなに儲かるものなのか?

YouTuberマネジメント事務所として初めて上場を実現したUUUMですが、
そんなUUUMを見て、
「YouTube関連のビジネスだけで、そんな利益が出るものなのか!」
と驚いている方も多いと思います。

小売業や店舗型ビジネスと違い、
インターネット関連ビジネスは利益率が高いことで知られています。

特にUUUMのようなYouTuberマネジメント事務所の場合、
外部サービス(YouTube)を使って利益を出している企業なので、
システムの開発コストやサーバー維持費なども少ないと考えられます。

 

また、何よりもYouTubeの仕組み自体が
非常に高レバレッジのビジネスモデルだと言えます。

YouTubeのチャンネル登録者が
10人のチャンネルでも、100万人のチャンネルでも、
動画投稿者側の労力は変わりません。

つまり、YouTuberのビジネスモデルは
やればやるほどリターンが大きくなるビジネスモデルだと言えるわけです。

今回、上場によって所属クリエイターの知名度も上がったでしょうし、
“YouTuber”という名称自体の知名度も上がったと考えられますので、
今後もUUUMは売上・利益を拡大させ続けていくことでしょう。

 

UUUM(ウーム)の上場で今後のYouTube市場には確実に大きなチャンスがある!!

上場や株式公開と聞くと、遠い話のように思えますし、
「自分には関係の無い世界の話だ・・・」と思ってしまいがちですが、
UUUMが実践しているビジネスモデルの一部は個人レベルでも実践可能です。

先ほどご説明したYouTubeに動画投稿を行って再生回数に応じて収益を得る
YouTubeアドセンス(Googleアドセンス)というビジネスモデルは
個人でも副業でも実践可能なビジネスモデルなのです。

実際に、個人レベルで副業、兼業という形でYouTubeアドセンスを実践し、
毎月数十万円~数百万のお金を稼いでいる人は存在します。

 

そして、今回のUUUMの上場によって
“YouTube”というもの自体が改めて注目を集めていますし、
資金調達を行ったUUUMが新たな視聴者層をYouTubeに連れてきてくれるはずです。

そうなると、個人レベルでYouTubeアドセンスを実践している方にとっても
それらの恩恵を受けて自分の所有しているチャンネルの
再生回数がどんどん増えていく可能性も高いです。

再生回数が増えていけば、当然Googleから受け取れる広告収入も増えます。

ということで、UUUMなどの大手YouTuber事務所に所属していない方にとっても
実は今回のUUUMの上場は歓迎すべきニュースだと言えます。

 

とはいえ、
「YouTubeに動画投稿を行って稼ぐのなんて難しいんじゃないか?」
という方がほとんどだと思います。

そんな方にこそ、私が提供している無料メール講座を受講して頂きたいです。

下記の無料メール講座を受講して頂ければ、
個人レベルでも毎月ウン十万円以上をYouTubeで稼ぎ続ける方法を
具体的に知ることができます。

今後ますます盛り上がっていくYouTube市場において副業収入を得る方法とは?






  • 2017 09.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る