Googleアドセンス以外にYouTubeで稼ぐ方法は存在するのか?

この記事は5分で読めます

YouTubeは動画メディアの中心的な存在であり、
今後、ますます動画マーケティングが
重要になってくることは間違いないため、
YouTubeをビジネスに活用しようと考える方は多いです。

YouTubeでビジネスを展開しようと考える方の中には
「YouTubeアドセンス以外の方法でお金を稼ぎたい」
と考えている人も一定数いるようです。

今回はそんな方々に向けて、
「YouTubeにおいてアドセンス以外の稼ぎ方は存在するのか?」
というテーマでお話ししていきます。

※この記事は動画または文章のお好きな形式でご覧いただけます。

YouTubeを利用してお金を稼ぐ場合、アドセンスを利用して広告収入を得る以外の方法があるのか?ということについて解説しています。

▼おすすめ▼
ビジネス初心者でも稼ぎ始める人が続出!YouTubeで稼ぐ本物のノウハウを無料公開!!

YouTubeからアフィリエイトサイトへの誘導は可能なのか?

YouTubeアドセンス以外の稼ぎ方で多くの方が思いつくのは、
YouTube動画のアノテーションリンクや
終了画面、説明欄やコメント欄から
外部サイトへ誘導して何らかの商品・サービスを販売するという方法です。

ここで用意する商品・サービスは
自社商品だけでなく、アフィリエイトでも問題ありません。

実際、この方法で稼げるのか?というと、
「そこそこの金額であれば稼げなくもない」という程度です。

 

この手法の課題点はいくつかあるのですが、
そもそもの話として、
YouTubeに来ているユーザーの目的は動画を見ることです。

外部サイトへ誘導できたとしても
Amazonや楽天で商品検索を行っているのではなく、
「動画を見よう!と思っていたけど、たまたまサイトへ飛んでみた」
というレベルの興味しかないので、成約率は低くなります。

もちろん、動画の中で
それなりに該当の商品を取り上げてアピールしていれば話は別です。

しかし、
「この動画を見る人はきっとこの商品に興味があるだろう」
というレベルでの誘導のみで
商品・サービスを販売することは難しいです。

 

また、YouTube動画から外部サイトへの誘導は
きちんと導線設計を行わないと難しいです。

動画の説明欄を読むユーザーは多くはないため、
説明欄にURLを貼って誘導を行うだけだと
動画の視聴回数に対して、
説明欄のURLをクリックしてくれる割合は低いです。

このため、外部サイトへの誘導を行いたいのであれば、
動画内容もしっかりと考える必要がありますし、
説明欄だけでなく、終了画面やカード機能も使って誘導を行う必要があります。

つまり、YouTubeの動画を利用して、外部サイトの集客を行いたい場合は、
動画内容と外部サイトへの導線設計が重要になります。

正直、ビジネス初心者の方にとってはハードルが高いお金の稼ぎ方になるので、
難しい方法で苦労するよりも、
こういった方法でYouTubeアドセンスに取り組むことをお勧めします。

 

YouTubeから外部サイトへ誘導する時に注意すべき事

YouTubeの説明欄に外部リンクを貼る(外部誘導を行う)ときの注意点について解説しています。 YouTubeの説明欄から外部誘導を行うこと自体は禁止されていませんが、注意しないと規約違反になってしまう可能性もゼロではないので気を付けてやっていきましょう。

 

YouTubeを使い、アドセンス以外で稼ぐことを考えた場合、
外部サイトへ誘導することは必須です。

ただし、YouTubeは外部サイトへの誘導を禁止こそしていませんが、
決して歓迎はしていません。

これはYouTubeのビジネスモデルを考えれば当然です。

YouTubeとしては、ユーザーをYouTube内にとどめて、
できる限り多くの動画を視聴してもらいたいと考えています。

そうやってYouTube全体の動画の視聴回数や視聴時間が伸びれば、
それだけYouTubeのメディアとしての価値が上がり、
広告出稿をしてくれる企業も増えていくからです。

だから、YouTubeとしては動画を1回再生しただけで
外部サイトへ移動してしまい、
外部のサイトで時間を使われてしまうよりも
動画を1回再生したユーザーには、2回、3回と再生してもらいたいわけです。

外部サイトへの誘導に関して
YouTubeのコミュニティガイドラインには下記のように記載されています。

 

コンテンツの主な目的が人々を YouTube から別のサイトへ誘導しようとするものである場合、そのコンテンツは YouTube のスパムポリシーに違反すると見なされます。

 

外部誘導自体は規約違反ではないのですが、
動画に中身がなく、外部誘導のみを行っている動画に関しては
YouTubeからスパムとみなされ、
動画削除やアカウント停止を受ける可能性があります。

 

例えば、YouTubeを利用して
ダイエットサプリのアフィリエイトをやりたい場合、
そのダイエットサプリの商品名を動画のタイトルにして、
動画内容はASPから拾ってきた画像だけを流し、
「この商品の詳細はこちら!」といった形で外部誘導を行う形式だと、
動画の中身がないので削除される可能性が高いです。

実際、こういったやり方をしているアフィリエイターもいますが、
ほとんど稼げないと思っていいでしょう。

一方で、例えば、ダイエットサプリを実際に購入して
そのダイエットサプリの質感(匂いや味など)をレビューしたり、
実際に飲んでみて経過を報告したり、といった動画内容にすれば、
動画の中身があるので、外部誘導を行っても問題ありません。

重要なのは、
「その動画だけを見て視聴者が満足するか?」という点です。

この視点を持って動画を作成すれば、
外部誘導を行っても特に問題はありません。

ただ、結局はその動画がスパムかどうかはYouTube側の判断になるので、
動画の中身を作り込んだからと言って、
100%外部誘導を行っても大丈夫というわけではありません。

 

動画で価値を提供して、さらなる価値は外部サイトで!

ここまでご説明してきた通り、
YouTubeを使ってアドセンス以外で稼ぐ場合、
「しっかりとコンテンツ(動画)で価値を提供した上で
更なる情報が欲しい相手にはYouTubeの外で提供する」
という形式が必要になります。

個人的にこれを見事に実現できていると感じるのは
「B.R.CHANNEL Fashion College」というYouTubeチャンネルです。

このチャンネルは、アパレルの実店舗とファッションECサイトを運営する会社が
運営しているチャンネルでファションに関する動画を投稿しています。

 

動画の中で旬なコーディネートやファッションに対する考え方を解説し、
そこで使用したアイテムをECサイトで販売している形です。

ECサイトに訪れなくても、この動画だけで十分楽しめる内容になっているため、
こういった形式であれば、YouTubeの利用規約に違反することもないです。

上の動画は、さすがにクオリティが高いですし、
企業がお金をかけて作っているチャンネルなので
個人で全く同じ事をやるのは難しいですが、
一つのビジネスモデルの参考例としては面白いと思います。

もし、貴方が個人で副業としてYouTubeでお金を稼ぎたいのであれば、
やはり、このノウハウを使ったYouTubeアドセンスが一番です。

 

本当に外部サイトへ誘導する意味はあるのか?

貴方の目的が、いま行っているビジネスにYouTubeを絡めて
アクセスアップを実現したい、売上・利益を伸ばしたいということであれば、
外部サイトへ誘導することは必須になります。

しかし、全くゼロベースでビジネスを作っていくのであれば、
わざわざ外部サイトへ誘導を行って、お金を稼ぐ方法はお勧めできません。

正直、それらの方法は稼ぐまでのハードルが高いからです。

 

YouTubeでお金を稼ぐ一番の方法は、やはりYouTubeアドセンスです。

そして、YouTube側が唯一公認している
YouTubeを利用した稼ぎ方もYouTubeアドセンスのみです。

おそらく、ないとは思いますが、
今後、YouTubeの規約が変更されて
外部サイトへ誘導が一切禁止になる可能性もゼロではありません。

そういった規約変更があったとしても
YouTubeアドセンスでの稼ぎ方だけは公認であり続けるはずです。

なぜなら、今のYouTubeのビジネスモデルを支えているのは
YouTubeアドセンスだからです。

YouTubeアドセンスという仕組みがあるから、
YouTubeは企業から広告出稿を受けることができ、
広告収入を得ることができています。

そして、YouTubeアドセンスという収益分配の仕組みがあるから
YouTubeに面白い動画を投稿する人たちが存在するわけです。

YouTubeからアドセンスの仕組みを取ってしまったら、
月額制などにして維持費を賄う必要が出てきますし、
アドセンスの収入がなくなってしまったら、
大物YouTuberのほとんどは動画投稿をやめてしまうでしょう。

彼らが動画投稿が好きでYouTubeをやっているのはもちろんですが、
それはもう趣味の領域ではなく、仕事だからです。

そう考えると、YouTubeでお金を稼ぐ方法として
唯一、YouTubeアドセンスだけが
YouTubeが存在する限り稼ぎ続けられる方法だと言えます。

 

「YouTubeを使ってGoogleアドセンス以外で稼ぐ方法を知りたいです」
という方がたまにいますが、
せっかく、YouTube側が公認してくれている素晴らしい稼ぎ方があるのに
わざわざハードルが高い方法を選択する必要はありません。

ビジネスで効率よく結果を出したいのであれば、
同じ労力で、より大きな結果を得られる方法を選択すべきです。

もし、貴方が
「YouTubeを使って何らかの方法でお金を稼ぎたい!」
と思っているのであれば、
絶対にYouTubeアドセンスの仕組みを活用することをお勧めします。

事実、その方法が最も簡単に、そして継続的にYouTubeで稼げる方法です。

今回の記事を読んで、
貴方が「YouTubeアドセンスで稼いでみたい!」と思ったのであれば、
下記の無料メール講座が役立つはずです。

YouTubeが存在する限り稼ぎ続けられるビジネスモデルでお金を稼ぐ!!






  • 2017 03.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る