Googleアナリティクスでは、自分のIPを除外するべき

この記事は2分で読めます

ブログやサイト運営を行う際に、

アクセス解析を導入するのは、もはや当たり前です。

 

アクセス解析を導入することで、PV数やUU数もそうですし、

ブログ訪問の際の検索ワードなども見ることができるので、

ユーサーが何を求めているのかを知ることもできます。

 

ただ、一点、注意しなければいけないのは、

自分のアクセス自体もデータ収集している場合があるということです。

 

ブログとかって、実際に記事投稿を行ってから、

実際の見た目を確認するために何度もリロードしたりすることがありますよね?

 

こういった数値もアクセス解析上では数値が上がってしまいます。

 

「やったー!作ったばかりのブログなのに、もう10PVもある!」

とか思ってたら、全部、自分自身のページビューだったなんてこともあり得ます。

 

というわけで、より正確なデータ分析を行うのであれば、

Googleアナリティクスを導入した後、

自分のアクセスに関してはデータを収集しないように設定を行っておきましょう。

 

 

まずは、自分自身のPCで

こちらのサイトにアクセスし、IPアドレスを調べます。

 

IPアドレスを調べたら、メモ帳などに張り付けておきましょう。

 

その後、Googleアナリティクスの管理画面にログインし、

画面上部の【アナリティクス設定】をクリックします。

GA1

 

設定を行いたいアカウントを選び、

画面の左下にある【すべてのフィルタ】をクリックします。

GA2

 

【新しいフィルタ】をクリック。

GA3

 

【フィルタ情報】の欄に必要項目を記入します。

GA4

フィルタ名:任意の名前を入力

フィルタの種類:既定のフィルタを選択

プルダウンメニューで「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択し、

IPアドレスの欄に先ほど調べた自分自身のIPアドレスを入力します。

 

これで、保存ボタンを押すだけです。

 

この設定を行っておくことによって、

自分自身のIPからのアクセスをデータ集計しないように設定できます。

 

 

ただし、当然ですが、ここで設定したIP以外の

スマホやタブレット端末で自分のサイトへアクセスした場合は、

データ集計の対象になってしまいます。

 

スマホに関しては、電源を再起動するたびに、

IPアドレスが変わりますので、除外するのはほぼ不可能に等しいです。

 

とはいえ、ほとんどの場合はPCからのアクセスでしょうから、

上記の設定だけをやっておけば問題ありません。

 

 

一日に何万PVもあるような大規模サイトであれば、

自分のアクセスである数PVは特に問題になりませんが、

個人メディアレベルのブログやサイトであれば、

PV自体がそこまで大きくならないでしょうから、

データ分析を正確に行う上でも、この設定は行っておいた方が良いでしょう。

 

アフィリエイトの世界でも、

テキトーにサイトを作って放置しておけばオッケーという時代は終わり、

しっかりとウェブマーケティングを行える人が勝ち残っていく時代が来ています。

 

アクセス解析の導入に関しては

ウェブマーケティングの初歩の初歩なので、必ず、やっておきましょう。

 






  • 2014 07.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

▼▼▼ 限定特別キャンペーン開催中!! ▼▼▼

このブログについて

2018年11月現在も5年以上ずっとYouTubeアドセンスで自由気ままにお金を稼ぎ続けている現役の動画投稿者です。
※ブログのTOP画像は“4年以上”となっていますが、気付いたら“5年以上”の実践経験になっていました。

このブログでは、私がまさに今現在も実践しているYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウ・ハウツー・テクニック・思考など有料レベルの情報を公開しています。

月別で記事を見る